« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

無線子機のLAN設定

先日、無線LANの子機が安かったので、買ってきて早速無線の設定を行いました。

プラネックスというメーカーの11nの速度対応のGW-USMicroNというモデルです。

Dsci0533

Planex

1470円で出ていて 自分は無線子機の最近の相場をよく知らなかったので

すごい安いなあ!と思って買ったら、フェイス のネットショップでも1579円で出ていました。

iconicon

自分が無線LANルーターを買った頃は高速の11nだと4000円くらいしたと思ったんですけどね。

今ではバッファローの子機でも2000円もあれば買えるようですね。

iconicon

それだったら 無線機はバッファローなので揃えればよかったんだけど、

安かったし、子機を使ってLAN設定をしたいと思っていたので まあ 良しとします。

無線の設定はNECのノートで電話サポートで聞きながら設定したことがあって、メモも取ってあったので余裕で終わるかと思ったけど

結構手こずりました。(-_-;)

まず 最初にこのプラネックスのソフトをインストールです。

インストールするパソコンはNECのノートと同じOSのVistaです。

Wireresslan

NECのノートは標準で搭載されていたので、すぐに設定に入りましたが、

無線機能が搭載されていないパソコンはこういうソフトで無線機能を使えるようにするんですね。

子機を挿せば認識してくれと思っていたので甘かったです。

インストールはすぐに終了して、この子機のユーティリティアプリがタスクバーに常駐されました。

このアプリで設定してみたんですけど、システムの設定や暗号などを入力しても使えないので

Planex2

前に設定したときみたいにパソコン本体の方で設定してみました。

たしか手順だと コントロールパネル→ネットワークとインターネット→ネットワークと共有センターに行くと、

無線のソフトをインストールしたので「ワイヤレスネットワークの管理」という項目が左のタスクに表示されるようになりました。

それをクリックして管理画面に行くと緑色の十字ボタンの追加をクリックして、

Wireresslan3

上から2つ目の「ネットワークプロファイルを手動で作成します」をクリックして、そこでセキュリティキーを入力して接続のボタンを押します。

Wireresslan4

そうすると接続ウィザードが起動して使えるようになりました。

やはり パソコン本体で設定する方が楽ですね。

使用手順を知っていればアプリで設定した方が便利かもしれないけど、普段使っているので本体での設定の方が使い勝手がいいです。

これで無線で繋がるようになったのでひとまず完了です。

そして 久々にバッファローの無線ルーター内のエアステーションを見ておこうと思って、ブラウザのアドレスバーにIPアドレスを入力してみたら、

以前は簡単にエアステーションの管理画面に入れたんですけど、入れなくなってしまいました。

たしか IPアドレスを入力すればユーザー名とパスワードを入力する画面が出てくるはずなんですけど、出てこなくなりました。

いろいろと調べて思考錯誤やってみたけどわからなくて、翌日バッファローのサポート窓口に電話で聞いたところ

IPアドレスを合わせなければエアステーションには行けないようです。

NTTの電話回線でひかり電話を使用しているので、このバッファローの無線ルーターはルーター機能をオフにしてアクセスポイントとして使っているので

NTTのONUがルーターになっていて、そのNTTのONUのIPアドレス内にいるからアクセスできないようです。

前にスムーズにエアステーションに行けたのはまだONUを使っていなかったからなんですね。 たぶん

U

このIPアドレスのことは未だにわけがわからないです。

一般にネット回線をしているグローバルIPアドレスや家庭内で振り分ける・・・IPアドレス 名前忘れた

まあ このIPアドレスに関してはもう少し勉強しないと

ということで、ネットワーク共有センターで左の項目の「ネットワーク接続の管理」に行って、

ローカルエリア接続を右クリックしてプロパティをクリック

そして インターネットプロトコルバージョンの4の方(TCP/IPv4)を選択してプロパティのボタンを押して

Ipadress_2

「次のIPアドレスを使う」の丸いチェックボックスをクリックして、手動でIPアドレスを入力して設定の完了です。

Ipadress2

これでめでたくエアステーションに行けました。\(~o~)/

Airstation

この手動で入力するIPアドレスも最後の数字は特定の以外ならなんでもいいと言われましたけど、よく理解できませんでした。

まあ あんまりいじくることないところなので、わからなくなったらまたバッファローに電話しよう

そして IPアドレスを自動で取得するに戻しておきました。 これを戻しておかないとネットが繋がらないですからね。

ということで 簡単に終わると思っていた一連の作業が半日近くかかりましたね。

最近パソコンの知識がだいぶついてきましたが、ネットワーク関連がどうしても理解しづらいです。

前にパソコン検定の試験を勉強しているときも、このネットワーク関連が一番わけわからなかったです。

だから ほとんど丸暗記状態で試験に臨みました。

これからはハードやソフトだけでなくネットワークも勉強しないと・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PCDEPOTの週末セール

昨日はPCDEPOT でいつもの週末セールをやっていて、欲しいアイテムが安く出ていたので買ってきました。

Pcdepot

まずは一番お目当てのメモリです。

CFDのPC-6400の2GBx2が3980円で出ていて 最近はメモリが安いのでそれ程お買い得ではないけど丁度欲しかったので買ってきました。

Dsci0532

メインで使っているVostroを2GBから4GBにアップさせるためです。

ちょっと前まではXPで使っていたんですけど、せっかくダウングレード版でVistaもあるので最近使っていたところ、

XPよりも動作が多少重いと感じることがたまにあるので、メモリをアップさせました。

Dsci0536

ブラウザ上でアクションをすると一瞬動作が止まったりするんですけど、それはたぶんVista特有の鈍さのような気がするから変わらないような気がしますけどね。

それに 32bitなので3.25GBしか認識しないし、とりあえず積めるだけ積んでおいたって感じです。

メインのパソコンなので、これくらいは贅沢させたあげないと。

それに このCFDのメモリはよく見るし、多くの店舗で扱っているので、使ってみたかったんです。

Dsci0541

やはり 名が通っているブランドのメモリだと相性が悪くて使えないということがノーブランドよりも少ないとショップの店員に前に聞いていたので、

多少高くてもブランドのメモリを使ってます。

早速搭載したところ 容量も認識して正常に使えているので相性は・・バッチリ!! でしょう! メモリにバッチリもないか・・・

ちなみにデルのVostroのメモリはKingstonでした。

Dsci0540


それから バッファローのワイヤレスキーボード&マウスが2470円とワイヤレスにしては激安で出ていたので、とりあえず買っておきました。

Dsci0531

この前マイクロソフトのワイヤレスを買ったばかりなのに、また買ってしまいました。(*_*)

これで 壊れたデルの純正を合わせると4つになりました。

もうワイヤレスのマニアみたいなものですね。

Dsci0530

パソコンが一気に増えてコード類をなるべく無くしたかったから丁度よかったんですけど。

でも この前買ったマイクロソフトのは打ちやすいですけど、

このバッファローの方はキーが薄っぺらいし浅いので、自分は打ちにくいです。

Dsci0542

まあ 安いからこれくらいはいいでしょう メインでは使いませんし。

でも 上部に付いているアプリケーションのボタンはかなり充実して、どこかのメーカー製キーボードよりは全然便利です。

Dsci0543

そして これは買う予定ではなかったのですが、1470円と安いし一度使ってみたかったので買っておきました。

プラネックスというメーカーの無線子機です。

Dsci0533

自宅ではアクセルポイントとしてバッファローの無線LANルーターを使用していますが、

実際無線を使えるのが、NECのノートだけで そのノートもほとんど使っていないから、せっかく無線が使えるのに勿体無いのでデスクトップに繋いで使おうと思いました。

それに ワイヤレスキーボードみたいにコードが省けるのもいいです。 結構LANケーブルって邪魔なんですよね。

無線の設定はNECのノートで電話サポートに教えてもらいながら一度設定してメモしてあるので簡単に終わるかと思ったんですけど、以外と手古摺りました。

これは後日、日記に書きます。

まあ こんな感じでまた7910円も出費してしまいました。

今回もどうしても必要だったというわけではなかったから見るだけにしようとも考えていたんですが、

「使ってみたい!」という好奇心に勝てずに買ってしまいました。

さあ そろそろ節約しようかな といってWindows7のアップグレード版がまた半額で出たら即効買いますけど

懲りねーな・・・(-_-;)

PCDEPOT WEB本店/OZZIO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Windows7のアップグレード版半額キャンペーンの早期完売で終了

一昨日、Windows7の発売記念キャンペーンで6月26日~7月5日の期間限定でアップグレード版が半額の値段で先行予約できることを書きましたが、

iconicon

キャンペーンを開始して1日も経たないうちに全部完売になってしまいました。

自分は購入しようか検討していて、購入するにしてもキャンペーン終了の7月5日くらいにしようかと思っていたんですが、

そんな余裕もなく即効でどこも完売らしいです。

この半額で買えるキャンペーンは12店舗(ユニットコム系の3店舗が加わるので、実質14店舗)のオンラインショップでしか購入できないみたいで、どこのオンラインショップに行っても売り切れでした。

このキャンペーンは26日の朝にメールで知って、 自分がこのブログで紹介したマイクロソフトやフェイスだと朝の時点ではまだ購入できたんですけど、

夜帰ってきて各オンラインショップを覗いてみたら全部売切れでした。

Dsci0366

まあ このときは、そんなに使えるかどうかはっきりわからないOSだしまだ買うか迷っていたので、そんなに気にしませんでしたけど、

自分がパソコンのことでよく相談する方は予約したらしく 「このキャンペーンはおいしい」と言っていたので、

すごく損した気分に陥りました。(-_-;)

みなさんもこういったことってありますよね? 人の意見を聞いて後悔の念が・・みたいな

Dsci0353

というのは アップグレード版のシステムや自由度がよくわからなかったので、そのよく相談する方にコメントで聞いて返事待ちしているところでした。

DSP版だと付属のパーツと使い続けなければいけない不自由さがあるけど、

アップグレード版はパッケージ版と同じ自由度だと思ったので、

DSP版の上にアップグレード版をインストールしたら、アップグレード版のような自由度になるのかということです。

iconicon

そうすればパーツ交換も好きなだけできるから、自作ユーザーにとっては安心ですよね。

そして質問の答えは、やはり、旧OSが犠牲になるけどアップグレードしたアップグレード版の自由度、つまりパッケージ版と同じルールになるようです。

それを聞いてアップグレード版の貴重さを知って本当に後悔しましたね 買っておけばよかったと。

でも パッケージ版でもパーツ構成を大幅に変えたりすると、2台目に入れたかもしれないということで、再びアクティペートを求められるようです。

パッケージ版も譲渡したり、全然違うパソコンに使えたりと自由度が高いけど、1ライセンス1台ですからね。

だから DSP版とそんなには変わらないということですね。

DSP版もフロッピーを付けておけば一番無難だけど、たとえそれがハードディスクで壊れたとしても、繋げていればいいみたいだから

そう考えると やはり一番高いパッケージ版は買う気にならないですね。

Dsci0365

とにかく聞けば聞くほど損した気分になりましたが、多少の望みはあるかも

このアップグレード版の早期予約数到達はマイクロソフトとしても10日間も期間を設定をしているんですから予想外なので、

もしかした追加販売するんじゃないかということです。

海賊版とか使っている人でも7777円だったら買う人も増えますよね。

それに 確保してある在庫分だけを売るというのでなく、あくまで予約でこれから生産するんだから数を増やそうと思えば容易にできますよね。

だから 自分みたいにゆっくり10日間検討しようと思った方はまだ諦めない方がいいかもしれないです。

iconicon

と 自分がよく相談している方が仰ってました。

まあ これは推測なので、追加されなくて当たり前だと思って期待しすぎないようにオンラインショップのチェックだけをこの1週間しようと思います。

もし追加販売されなかったら、ショップで販売しているWindows7のアップグレードクーポンが付いたDSP版を買おうと思います。

これは期間が来年の1月末日までと長いし、数量も限定されていないのでゆっくり検討できます。

昨日、このDSP版がオンラインショップの中で一番安く販売されているドスパラ に行ったので、ついでに店員に聞いてみたところ

Windows7が発売されたらマイクロソフトから送ってくるそうです。

それに 通常のアップグレード版と同じなので、普通にWindows7のDSP版が出たら買うよりいいんじゃないかなと思います。

Dsci0367

どっちにしろまだ発売されてもいないOSに踊らされないで、動向を見ながら決めるのがいいような気がします。

最近のパソコン事情や値段はコロコロ変わりますからね。

ま とりあえず 今週は半額アップグレード版の追加のチェックだけは怠らないようにします。

もし 追加になったらすぐにこのブログでアップします。

ちなみにこの半額のアップグレード版キャンペーンに参加して予約販売しているオンラインショップで自分が知っているのは

マイクロソフト

フェイス

TWOTOP

パソコン工房

ソフマップ・ドットコム

◆ビックカメラ.com

NTT-X Store

ヤマダ電機

ケーズデンキオンラインショップ

パソコン専門店PCDEPOT WEB本店 です。

半額のアップグレード版が欲しい方はこのオンラインショップを要チェックです。

iconicon

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Windows7のアップグレード半額キャンペーンとDSP版の無料アップグレードクーポン

Windows7の発売が10月22日発売が発表されましたね。

これは米国の発売日なので、日本ではまだ未定だけど、そんなに遅くはならないでしょう。

もう予約販売も始まりました。

販売元のマイクロソフトのオンラインショップでは、6月26日から7月5日の期間のキャンペーンで、

今、Windows7のアップグレード版を予約すると半額の値段で買えます。

これはなかなかおいしいキャンペーンですね。

Windows7のグレードは一般家庭用のHomePremium、仕事用などのVistaでいうBusinessにあたるProfessional、そして最上級グレードのUltimateの3種類です。

今回の半額で購入できるアップグレード版はHomePremiumとProfessionalの2種類のようです。

HomePremiumが通常16590円のところ7777円、

Professionalが通常27090円のところ14777円で購入できます。

HomePremiumなら10000円以下でWindows7に切り替えることが出来るので、新しいもの好きの人にはかなり嬉しいキャンペーンですね。

しかも 7にちなんで7が4つ・・・ なんかいいことありそうな 気がしないでもないかな・・・ 自分にはないな

現在、試用のRC版を使っていますが、使っていて特別問題もないので、このRC版の時点で完成度がかなり高いような気がします。

F_333

とにかく デスクトップのグラフィックがVistaよりもきれいだし、WEBページを全体的に文字や画像をを大きくできる機能のおかげでCSSなどのレイアウトを崩さずにサイトを見れて、しかも見やすいです。

それと XPがWinodws7のOS上で使える「Windows XP monde」も便利です。 Windows7が合わなかったり、使えないアプリケーションがあっても この機能のおかげで今まで通りに使えますからね。

Windowsxpmodekanryu

キャンペーンの期間が今日から7月5日までなので、期間が短いので購入するんだったら早めがいいです。

このWindows7のアップグレード半額iconの販売はフェイスでもやっていて、

iconicon

それと今現行のVistaのDSP版を買うとWindows7のアップグレードクーポンが付いていて、

Windows7の提供が開始されたら無料でOSをVistaからWindows7に替えることができます。

iconicon

VistaのHomePremiumはWinodows7のHomePremiumにといった感じで、各グレードのアップグレードになるようです。

価格がフェイスだとHomePremiumで17980円なので、いつもの価格よりは少し高めになるけど、Vistaに飽きたらWindows7に替えられることを考えれば安いと思います。

ちなみにドスパラ でもDSP版のアップグレードをやっていて、こちらは同じHomePremiumで15480円とフェイスよりも安いのでお勧めです。

それと もっとお得なキャンペーンをやっているのがクレバリーです。

こちらはHomePremiumと無料アップグレードに、さらにウィルスバスター2009を1年分つけて、なんと16221円です。

クレバリーが一番お得かな

Windows7の発売日が発表されて各ショップが動き出しましたね。

マイクロソフトフェイスでやっているアップグレード半額の予約キャンペーンは10日間だけですけど、

各ショップでやっている7の無料アップグレード付きのDSP版は来年の1月末くらいまでやっているので、

Windows7が発売されてからでも遅くないですから、あわてて買わなくてもいいですね。

とにかく一気にWindows7の話題一色になりましたけど、発売はまだまだなので、焦らなくてもいいと思います。

でも 今のVistaを使いたくないから、Windows7を買う予定の人は 10日間の間にアップグレード版を予約した方がお得だと思います。

iconicon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マイクロソフトのワイヤレスキーボード

昨日、バッファローのNASハードディスクを買いに行って、

一緒にマイクロソフトのワイヤレスのキーボード&マウスを買ってきました。

Dsci0409

珍しく真っ白なキーボードできれいなので、前から気になっていたんですよね。

家には7つもキーボードがあるので必要ないんですけど、

台数が多いとコードがたくさん入り混じって邪魔なので、ワイヤレスがもう一個欲しかったんです。

Dsci0410

コードレスのキーボード&マウスはデルの純正とロジクールを持っているんですけど、

デルの方はマウスを落として壊れたので、キーボードの方もキーが浅くて打ちにくいこともあって使っていません。

090328_183101

でも ロジクール は打ちやすいしお気に入りです。!(^^)!

Dsci0419

マイクロソフトの製品って高いってイメージがあるけど、このキーボードは4980円でした。

買ってきてよく見ると高級感があります。 白だからかな

結構大きめなので幅を取るけど、打ちやすそうです。

Dsci0415

そして 早速、ワイヤレスのレシーバをUSBに差し込みます。

ロジクールもレシーバがあるので、市販されているワイヤレスのキーボードってほとんどレシーバで受信するんですかね。

Dsci0414

デルの純正ワイヤレスはUSBに無線LANの子機みたいなのを挿すだけで手軽に使えたのがよかったんですけど。

レシーバの設定をする前にマウスやキーを押してみたら使えましたね。

ロジクールはレシーバでマウスとキーボード両方を認識させないと使えなかったんだけど、これはお手軽でいいです。

早速、メモ帳に文字を打ち込んでみたら 予想通り打ちやすいです。!(^^)!

キーも結構深いし感触もなかなかです。

それに マイクロソフトだけあって 付属のボタンが豪華です。

Dsci0485

メールやホームページボタンはもちろん、電卓、スリープ、メディアプレイヤーもあります。 まあこれくらいはどこのキーボードでもあるけど、

マイドキュメント、マイミュージック、マイピクチャまであります。

それとメディアプレイヤーを操作するための一時停止やスキップボタンまであります。

この辺の細かいボタンは付属のCDをインストールしてないので、まだ使えないですけど、

これだけキーボードにボタンが充実しているとマウスがあまり必要なくなりますね。

そのマウスも結構感触いいです。

Dsci0413

まあ さすがマイクロソフトといったところかな

でも やっぱりデザインが一番いいかな。

上の方はクリアかかっていて、下の部分は本当に真っ白のツートンです。

Dsci0487

一緒に買ったNASハードディスクも白なので合わせたみたいです。

Dsci0407

ここまで集まると ホワイト系のパーツで揃えたくなりました。

でも この前、自作で最初に買ったサイズのホワイトのケースは売ってしまったんですよね。

今考えると ちょっと残念・・・

ネットで調べてみたら、ドスパラ で3980円で出てました。

1000円も安いのでちょっと悔しいですけど、これはブラックしかないようなので、

ブラックだったら買わないので、まあ いいお買いものをしたと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NASハードディスク

パソコンが現在6台もあるので管理が面倒です。(-_-;)

まあ すぐ使えるようにセッティングしてあるのは その半分の3台だけですけど。

Dsci0276_2

とりあえずはファイル共有などのネットワークを築いているので、ファイルの受け渡しは容易にできるんですが、

もっと簡単にできるサーバーみたいなのがあると便利だと思うようになりました。

最近よく聞くのがWindows Home Serverですね。

自分が自作パソコンを始めた頃、秋葉原に行ったときにWinodws・HomeSaverのイベントみたいなのをやってました。

その時はサーバどころか自作でパソコンを組めるかわからなかったし、安いパーツを探すのに夢中で行かなかったけど

今考えると、DSP版のOSを3つも買うくらいならひとつくらいサーバのOSを買えばよかったです。

たしか Windows Home ServerのOSって、DSP版で16000円くらいで買えるんですよね。

まあ 今はまだサーバの知識がないので、OSはそのうちってことで。

なので 手っ取り早くファイル専用サーバに使える外付けのハードディスクに目をつけました。

NASってやつですね。

Network Attached Storageというのが正式名称らしく、

普通のバックアップに使う外付けハードディスクはUSBに繋ぐので その繋いでいるパソコンだけでしか使えないけど、

NASハードディスクはLANなどのネットワークに直接接続して利用するタイプのHDDのことで、

同じルーターやハブに繋がっているパソコン全部で使えるので便利です。

このNASの詳しいことはパーツショップのクレバリーのサイトに出てます。

昨日、近所のヤマダ電機に寄った時についでに見ておきました。

いくつか置いてありましたけど、やっぱり高かったです。

たしかバッファローでもアイオーデータでも500GBのNASハードディスクだと20000円くらいです。

これだけ高いとOSで組んでもいいかなと思っていたら・・・

250GBのバッファローのリンクステーションが4980円で出てました。

Dsci0404

これだったらお手頃だと思ったんですけど、さすがに値段の差がありすぎるので、箱に書いてある仕様の詳細を読み比べてみました。

とりあえず 方が古いのと、ファンなどの冷却性の差で安いみたいです。

これくらいの差だったら安いし、ためしに使ってみるのもいいかなと思ってレジまで行ったら

値段の貼り間違いで5980円でした。

まあ 1000円高いだけなんですけど、もしかしたらオンラインショップでもっと安いのがあるかもしれないと思ったので、

とりあえずは「5980円だったら いいや」と見送りました。

そして 帰ってきてネットで調べていたら・・・ やっぱり10000円以上がほとんどですね。

それに高性能のNASばかりで、お手頃モデルはあまり見つかりませんでした。

ネットで高額で出ているモデルよりは機能はだいぶ落ちるんだろうけど、自分の仕様環境だったら十分なので、

今日再びヤマダ電機に行って買って来ました。

Dsci0407_2

そして 早速取り付けです。

とりあえずLANケーブルでルーターに繋いだんですけど、通常の外付けハードディスクみたいに繋いだだけでは認識しないようです。

Dsci0488

なんで 付属のドライバCDをインストールしました。

Dsci0486

結構簡単終わるかと思ったけど、意外と時間がかかりました。

Nashdd

そして インストールが完了したらマイコンピュータやネットワークに型番のLS-L250GLの名前で反映されてました。

それと ほかのパソコンにもインストールしなければいけないかと思ったけど、

他のパソコンは何もしないで認識してくれてましたね。

ネットワーク上の1台にインストールすれば存在することができるんですね NASって。

これでファイル共有でファイルのあるパソコンを起動しなくても、このNASの電源を入れておけばファイルを引っ張り出せます。

それに このNASは電気の消費量が少ないらしいので、パソコンの電源を入れているよりも電気代の節約ができます。

それと 不安だった冷却の方もリアにちゃんとファンがついているし、

しかも 普通の外付けハードディスクみたいに熱を持ちません。

外付けハードは電源を入れているだけでかなり熱くなるので、ファンなどで冷却してないとすぐ壊れそうな感じがするけど、

このNASはほとんど常温なので長持ちしそうです。

それに 自分は外付けハードディスクは3台持っていて、全部ブラックなので、

Dsci0091

このホワイトがかなり新鮮に感じて かなりお気に入りです。!(^^)!

Dsci0408

| | コメント (0) | トラックバック (1)

HPの20000円台デスクトップ

今日の朝は本当に最近はパソコンが安くなったなあとつくづく思いました。

HPから20000円台のデスクトップが本日から販売されます。

モデルは前からあるPavilion Desktop PC p6020jpです。

このPavilion Desktop PC p6020jpが値下がりをしたようです。

気になるスペックは

・Windows Vista Home Basic with Service Pack 1 (SP1) 正規版
・インテル Pentium プロセッサー E2220
・メモリ2GB(2GB×1)
・250GB HDD
・DVDスーパーマルチドライブ
・NVIDIA GeForce 7100

価格は29820円です。

スペックも20000円台とは思えないほど充実してます。

CPUはPentiumのデュアルコアだし、メモリも2GBがあるのでVistaも快適に動きます。

グラフィックもGeForce 7100のチップセット内臓だから、映像も悪くないと思います。

それに このモデルはスリムやコンパクト系のケースではないので、場所を取りますけど、

パーツの追加などの拡張性に優れているので、古くなっても使っていけると思います。

唯一 モニタが付いてないのが難点ですけど、

HPの一番安いモニタは18.5インチで10500円であるので、他で買うより一緒に買った方がいいです。

このモニタは光沢パネルでスピーカー内臓なので、自分には最適なので ちょっと前まではモニタだけでも買おうとしてました。

このモデルは昨日までは39900円で出てました。

このモデルは期間限定のキャンペーンではなく価格改訂と表記してあったので、ずっと29820円だと思いますけど、

HPは販売台数がある程度に達すると突然終了したりするので、購入するんだったら早い方がいいと思います。

購入画面に行くと32970円になってますけど、これはリカバリディスクが付いている値段だからです。

これを「なし」にすれば29820円になりますけど、いざというときにリカバリはあった方がいいですからね。

このリカバリを付けて、送料が加算されると合計36120円になります。

だから 合計で30000円は切らないようですね。 うまく騙されいるみたいですけど ハハハ


でも パソコンがどんどん安くなっていきますね。

自分は最近は自作パソコンに凝っていて、パーツをセールなどを狙って出来るだけ安く仕入れて組んでいるけど、

D_230

やはり 国外メーカーのパソコンと同じスペックで作ると 自作の方が高くなりますね。

まあ 自由度が高いからいいんですけど、壊れたときは自分で直さなければいけないです。

それを考えると 無理して自分で組上げなくても メーカー製の拡張性の高いモデルを買うのが一番だと思うようになりました。

HPやデルはそういう拡張性の高いモデルを安く販売しているのでお勧めですね。

しかも 20000円台ですから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

XPでGeForce9800GTが使えない?

自分が構築した自作パソコンのゲーム仕様のマシンはVistaのUltimateとWindows7のRC版が入ってます。

Dsci0258

XPは別の自作機に入れてあるので、このゲーム仕様には導入しないつもりでしたが、

オンラインゲームは未だにVistaに対して動作環境がイマイチなのが多いので、せっかく作成したゲーム仕様が勿体ないので、この前XPをインストールしました。

Dsci0425

まあ すでにXPが入っていた自作機にもCore2DuoのE7400とGeForce9600GTが入っているので、よっぽどハイスペックを要求するゲームでない限りは十分なんですけど

Dsci0477

iconicon

ゲーム仕様にはCore2Quad・Q9550とリードテックのGeForce9800GTを搭載しているので、こっちの方がより厳しい動作環境に対応できることもあり、ほとんどのオンラインゲームができるXPを導入しました。

そして XPのインストールが完了した後に、マザーボードのドライバをインストールして、最後にグラフィックボードのドライバのインストールをしようとしたら・・・

こんな表示が出てきました。

Gbdriva

「Windowsロゴテストに合格していません」という警告が出てきて、システムに障害を起こす可能性があるらしいです。

Gbdriva2

Vistaでは何も表示されずに問題なくインストール出来たのに、XPには適応できないんですかね。

でも ドライバをインストールしないと使えないので、必ずしも不具合が起こるということもないだろうと思い そのままインストールしました。

Leadtec

そして 少しの間いろいろと操作をしても何も問題なさそうでした。

でも やっぱり気になるので、リードテックのサイトに行って ここにXPのSP3用のドライバがあったのでダウンロードして、付属ディスクからインストールした方を消して、再度サイトからダウンロードしたドライバをインストールしました。

Leadtec2

でも 同じようにロゴテストに合格していないと表示されました。

さすがにこれではお手上げだったので、ギガバイトのマザーボードの時のように 販売している代理店にメールで問い合わせてみることにしました。

このリードテックの製品を扱っている代理店はASKとMVKの2社あるようで、

自分の買ったリードテックのPXwinfast9800GTはASKという代理店が担当していると箱に記載されていたので、

早速、ASKのホームページに飛びました。

Ask

初めてこのサイトに来たんですけど、結構扱っているメーカーが多いです。

自分の知っているのでは MSI、ELSA、SAPPHIIRE、ZOTECなどのボード系が多いですね。

後は、高性能PCケースで有名なThermalTakeなどもありました。

とりあえず ここのサポートの 問い合わせに行こうとしたら、緑色のボタンで「NVIDIA GeForce ドライバ ダウンロード」というのがありました。

Nvidiadown

クリックして飛んでみると、ここでリードテックはもちろん ELSAやZOTECにも適応できるドライバをダウンロードできるみたいです。

Nvidiadown2

対応製品を見てみるとGeForceの200、9、8、7、6とすべてのGPUがダウンロードの区別がされていないで一緒になってるんですけど、ドライバってGPUメーカーが同じなら全部一緒なのかな?

まあ とにかく「Windows XP SP3 ドライバ」をクリックしてダウンロードして、インストールを開始しました。

すると このドライバのインストール時には「Windowsロゴテストに合格していません」の警告が表示がされず、何も問題なくインストールが完了しまいた。

そして ゲームなどをして使っていても何も問題なさそうです。

これで大丈夫なんだろうけど、GeForceのシリーズを区別しなかったのも気になったので、

当初の目的通りにASKにメールで問い合わせてみました。

Ask2

そして これが帰ってきた質問の回答です。

Ask3

付属のドライバやリードテックのサイトからダウンロードするドライバでも大丈夫のようですね。

一番間違いないのは NVIDIAのサイトからダウンロードするのが一番間違いないようです。

Nvidiadown4

とりあえずASKのサイトからダウンロードしたので大丈夫そうなので、何も不具合がなければそのまま使うつもりですけど、

念のためにNVIDIAのサイトでダウンロードのところを見てみました。

そしたら やっぱりドライバは特別に区別してないようでした。

Nvidiadown3

グラフィックボードのドライバって結構アバウトなんですね。 てゆうかイマイチこのグラフィックボードのドライバやGPUのことが把握できていないので、よく調べないと。

なにはともあれ現在は無事ゲームに励んでいます。

やりたかったけど、Vistaだと動作環境がよくないらしいのであきらめていたR.O.H.A.Nも問題なく動作しているので満足です。

やっぱり この9800GTを搭載したゲーム仕様にXPをインストールしてよかったです。!(^^)!

そういえば このリードテックのwinfastPX9800GT S-FanpipeはT・ZONE で10000円くらいで安く出ていたんですけど、古いらしくて新品を見かけなくなりました。

D_120

WinFast PX9800GT 512MB Power Efficient がリードテックの9800GTの現行モデルらいしです。

また新しく改良されて使いやすくなっているんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マザーボードのちょっとした不具合

現在、自作のパソコンが3台あって、そのうち2台はギガバイトのGA-EP45-DS3Rのマザーボードを使用してます。

Dsci0301

Dsci0299

上の方がバージョンが新しいみたいだけど、機能は変わらないみたいです。

このマザーを搭載しているパソコンは2台ともXPが入ってます。

その2台ともWindowsXPを起動すると、最初にこのような表示が出ます。

Gsvrexe

ちなみに片方にはVistaも別々のハードディスクにインストールして使っているんですが、

Vistaではこの表示は出てきません。

この表示が出たからといって不具合がおこるわけではないけど、気になるので、検索で調べたところ

このマザーボードに付属している省電力機能アプリケーションの「Dynamic Energy Saver」(DES)という機能が関係しているようです。

Des

ネットの事例では ゲームをしていると勝手にワープしてしますなどの不具合がでるようです。

自分はまだ使い始めたばかりなので、何もないですけど これから不具合が出る可能性もあるので、対策を調べました。

対策は2つ当てはまりそうなのがありました。

一つ目は DESをアンインストールすること

二つ目は 修正されているかもしれない新しいBIOSのバージョンをアップデートする

でした。

一つ目の対策は アンインストールしても、まだおかしいという事例もあり、完全ではなさそうです。

二つ目は・・・ その事例は去年の8月くらいの口コミ掲示板で そうすれば不具合が解消するのではないかという推測論で、新しくなったBIOSが、そのバグを修正してくれるか確認できる事例は見つかりませんでした。

なので ギガバイト製品の国内正規代理店のリンクス・インターナショナルにメールで問い合わせてみました。

Linksinternational

この代理店はギガバイトの他にもケースや電源のAntec、高性能電源で有名なENERMAX、メモリのブランドのCORSAIR、光学ドライブのLITEONなどのメーカーも扱ってます。

このリンクス・インターナショナルに問い合わせるのは3回目です。

ここのサポートの返答はわかりやすくて親切です。

とりあえず これがこの件についてのメールでの返答です。

Linkssuport

対策としては DESのアンインストールか、ソフトの新しいバージョンを更新の二つらしいですね。

こんな感じで適切な対応をしてくれるので助かります。

でも 所詮メールでの問い合わせなので、書いてあるとおり返答に何日かかるのが難点ですね。

電話サポートもあるんですが、まず繋がらないのでメールでの問い合わせしかないです。

だいたい返答が2日くらいかかるので、気長に待つくらいの気持ちでいるのがいいですね。

富士通などのパソコンメーカーや、ソフトのメーカーにメールで問い合わせたことはあるんですけど、

パソコンの内部パーツのことで問い合わせたのはここが初めてでした。

パーツを組むのはかなり知識がある人ばかりなので、こういう初心者的な問い合わせにパーツメーカーの代理店のサポートがまともに対応してくれるか心配でしたけど、とてもわかりやすく説明してくれるので助かりました。

また このリンクス・インターナショナルにはお世話になりそうです。

ここが扱っているメーカーでは、Antecのケースと電源を使っているので、何かあったときに気が楽です。!(^^)!

iconicon

ちなみに ギガバイトの製品の代理店はリンクス・インターナショナルだけではないので、代理店のシールをよく確認してください。

Linksinternational

ということで 話はそれてしまいましたけど、アンインストールかソフトのバージョンアップということですね。

アンインストールでは不具合が解消されないという事例もあったから これは試してみないと。

けど BIOSのアップデートは必要なさそうです。

考えてみれば、DESって省電力機能を管理するソフトだからBIOSはあまり関係なさそうですよね。

まあ でもBIOSのアップデートがからまなくてよかったです。

失敗したらサポート外なので有償で直す羽目になりますからね。

でも 最近のギガバイトのマザーボードはDUAL・BIOSという機能のおかげでアップデートの失敗などでBIOSが使用不能になっても自動的にセカンダリーBIOSに切り替わり修復が行われるようです。

だから アップデートを失敗しても壊すことはなさそうです。

それから 昔は面倒だったファイルのダウンロードからアップデートなどの作業が、@BIOSなどのソフトにより簡単になったらしいですね。

それだけ安全になったと言われていても、やはり出来ればやりたくない作業の一つです。

それに アップデートしたからといって必ず良くなるとは限らないらしいですからね。

でも そのうち挑戦したいと思います。 失敗の覚悟ができたら・・・

こんな感じで、DESの不具合はあるけど、便利で安全な機能が豊富なこのGA-EP45-DS3Rは使いやすいマザーボードだと思います。

その他、OSをインストールした直後にバックアップをして、OSがおかしくなった時にリカバリのようにバックアップ時に戻すことのできる「Xpress Recovery2」や、

簡単にオーバークロックの設定が出来る「Easy Tune」などの便利な機能もあります。

丁度1年前くらいに出たので、もう古い部類に入るマザーボードだから新品で販売しているをあまり見ないけど、

後継版のGA-EP45-UD3LR などがこういった便利な機能を引き継いで、さらに機能アップしているのでお勧めですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オンラインゲーム ROHANをプレイ

前からプレイしてみたかったR.O.H.A.N:ロハンをようやく始めました。

一番最初にプレイしようと思っていたんですけど、Vistaでは動作環境が保証されてなかったので、とりあえずは保留にしておきました。

というのは ゲーム専用で作成したパソコンのOSはVistaだったからです。

Dsci0257

なので とりあえずはVistaでもきちんと動作するシルクロードオンラインをプレイしていました。

Silkroadonline8

そして このゲーム仕様のパソコンに新たにハードディスクを増設して、XPをインストールして 念願のROHANをダウンロードしました。

だから このゲーム仕様マシンはVistaとXPの2つのOSで使用しているんですが、

今回はデュアルブートにはしませんでした。

というのは 最初にXPがインストールされていて、後からVistaをインストールするなら 2つのOSが使えるデュアルブート環境が簡単に作れますけど、

最初にVistaをインストールしていて、後からXPをインストールするとVistaが使えなくなるからです。

まあ ちゃんと使えるようにする設定方法はあるみたいですけど、面倒なので避けたいところです。

それに デュアルブート環境だとXPを起動するとVistaのシステム復元ポイントが消されてしまうというバグがあるので、出来れば使いたくなかったからです。

だから ハードディスクは搭載しておいて、使う用途によって電源コードとSATAコードを付け替えてます。

面倒くさいですけどね。

それに メインで使っているデルのVostroをデュアルブート環境で使っているので、そんなにたくさんデュアルブートマシンがあってもしょうがないですから。

さあ ダウンロードも完了したので、早速プレイです。

Rohan

まずはキャラクター作成ですね。

Rohan2

エルフや人間などいろいろなキャラクターがいて、自分はデカンというわけわかんないキャラクターにしたんですけど、

ドラゴンに関係ある種族らしくて、かっこいいから選択してよかったです。(*^_^*)

このゲームの序盤はいろいろな「知識の玉」というのが宙に浮いており、それにアクセスするとゲームの進め方や操作方法などを教えてくれます。

Rohan3

Rohan4

だから 自分みたいにオンラインゲームのビギナーには向いているゲームだと思います。

こうやって進みながら知識の玉に聞いていけるのでわかりやすいですね。

そして お楽しみの戦闘です。

最初は戦闘の練習用みたいな幼いウルフがいます。

まあ 普通にやっていれば余裕で勝てます。 ここで戦闘を体験しておくといった感じです。

Rohan8

このゲームも戦闘シーンは迫力があります。

Rohan9

この剣みたいな武器を振り回すとこなんかサイコー\(~o~)/

やはり オンラインゲームの醍醐味は戦闘シーンのビジュアルですね。

そして いきなり光だしたぞ!?  なっ なんだろう

Rohan10

レベルが上がったようです。 レベルが上がるとこのように発光するようです。

Rohan11

まあ こんな感じでビジュアルもいいし、わかりやすいし オンラインゲームが初めての方にもお勧めです。

今のところ不満といえば 走るのが遅いですね。

Rohan6

「ちんたら走ってるんじゃねーよ(`´)」って感じです。 レベルが上がると速くなるのかな?

後、武器の合成の仕方がよくわからないです。

まあ その辺はゲームを進めながら覚えていくとします。

このゲームをプレイしたくなった理由はグラフィックがきれいだからです。

かなりグラフィックはきれいだと思います。それに神秘的なのもいいですね。

これからゲームを進めていって、この神秘的なキャラクターに会いたいです。

Rohan7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PCケースの特徴

現在、いろいろなパソコンケースを使っていますが、

みんな様々なメリット、デメリットがありますね。

一番好きなケースは このオールアクリルのケースです。

Dsci0362

中のパーツがすべて見渡せるし、夜になるときれいです。

Dsci0394

大きさもある程度あるので、9000番台くらいのGeForceくらいなら搭載できるし、

ハードディスクも6つ搭載できるので、デザインの割には拡張性に優れています。

フェイス のオンラインショップで7997円の送料無料で出ていたので、前から欲しかったこともあり飛びつきました。

iconicon
デメリットは オールアクリルだからスチールのケースに比べると熱に弱いということですね。 今のところは普通に使っているので全然大丈夫ですけど。

それと このケースはプラモデルみたいに自分で組み立てるタイプなので、

多少ネジ穴がずれたりして調整が必要なので面倒です。

自分のケースの場合はI/Oスイッチとフロントパネルの穴がうまくフィットせず

Dsci0355

スイッチが引っ掛かってしまいます。

まあ そのうち削ってうまくフィットするようにつけようと思います。

それらを除けばいいケースだと思いますが、とりあえずは見ているだけでいいです。

それくらいきれいなケースなので!(^^)!

次は2番目に気に入っているNZXTのALPHAです。

Dsci0231

近所のZOAというパソコンショップで7980円で出ていたので、これも即効で購入を決めました。

このケースは派手さはなくシンプルで シブいって感じのケースです。

内部のパーツの取り付けが楽ですね。

得に一番下の3.5インチペイは アクリル版の付いている左サイドの方に取り付け口が向いているので、ハードディスクを取り付けるのが楽です。

Dsci0480

それと 各ベイへのドライブの取り付けはネジでなく、ブラケットで固定するので楽です。

Dsci0483

最近のケースはこのブラケットで固定するタイプが多いみたいだけど、

アクティブで使用しているケースではこのALPHAだけです。

後は、5インチベイがむき出しにならないので、光学ドライブが隠せるのがいいです。

Dsci0481

他のケースはむき出しなので、このALPHAだけはメーカー製パソコンみたいでおしゃれです。

デメリットは ファンの搭載が少ないので、熱が他のケースよりこもるような気がします。

この前オンラインゲームをやっていた時に他のケースよりも熱くなっていたような気がします。

フロントにファンを取り付けられるみたいだけど、狭くて入らないんですよね。

まあ 難点はそれくらいなので、かなりお気に入りのケースです。

それから もう売ってしまったんですが、最初に買ったサイズのホワイトのケースもよかったです。

Dsci0004

最初に自作をするにあたって秋葉原のT・ZONE である程度揃えたときに一緒に買いました。

中のスペースが広くて、持っているケースの中では一番作業しやすいです。

Dsci0007

それと 白いケースを使ってみたかったので買いました。

これは電源付き(500W)が9980円、電源なしが7480円という比較的安いケースで、

電源を買わなくて済むので、電源付きを買おうと思ったんですが、

中のブルーに光るクリアのケースファンが普通の黒のファンだし、フロントファンも付いてないので、それだったら電源をもう少し大きいのを付けようと思って、電源なしのタイプを買いました。

まあ ファンくらい後からつければいいんだろうけど、このケースは内部のケースファンがかなりきれいなのがポイントなので、この電源なしを買ってよかったと思います。

Dsci0183

内部にファンを多く取り付けられるし、機能的にも優れていると思います。

ほとんどデメリットは感じなかったんですけど、シンプルすぎてデザインに飽きたのと この後、6台もケースを買ってしまったので、手放すことにしました。

上の二つのケースよりもこのサイズのケースの方がよくオンラインショップに出ているように 安くて使いやすいケースだと思います。

初めて自作を組む時にはショップなどの一式セットを買った方がいいという事例が多かったので、Vスペックで揃えようとした時に、

ケースのオプションで上のオールアクリルケースとNZXTのALPHAがあったので、このどちらかにしようと思ってました。

けど、両方とも10000円以上したので、最初の自作にそんなに高いケース入らないと思ったのと、パーツはもっと安いところで揃えられるからVスペックの一式セットをやめて

値段が手頃なサイズのホワイトケースにしたというわけです。

その後に、欲しかったいろいろなケースが安く出るようになったので、一気に買ってしまったので、結局手放すようになってしまったけど、

1か月くらいしか使ってないので、もう少し使ってみたかったですね。

そして 最後に自分が持っているケースの中では 普通に買えば一番高いANTECのNineHundredです。

Dsci0226

実はこのケースはBストックと言って 新品で販売してクレームで修理した商品なので、

TWOTOPのオンラインショップで7980円で買いました。

マザーボードやハードディスクなどの精密なパーツだったら、さすがに修理した商品は買わないけど、ケースなので支障があってもフロントパネルのコード暗いと思ったので、買いました。

ゲームをやるつもりはなかったんですけど、グラフィックボードが安く出ていて買ってしまったので、

せっかくだったらゲームをやろうと思って ケースもこのゲームに適しているNineHundredが一番いいかなと思いました。

とにかく使っていて感じたのは、通気性がよくて熱を持ちにくいです。

まず 上部の大型のファンはすごいですね。

Dsci0228

他のケースはこの部分が密閉されているから熱を持つんですね。

まあ 誇りがケース内に入りやすいというデメリットもありますけど。

この上部の大型ファンだけでなく、とにかくファンが多いのが特徴ですね。

フロントには2基のファンが搭載されています。

Dsci0258

このブルーに光るのがかっこよくて このケースの機能で一番お気に入りです。!(^^)!

そして リアにも当然ファンが付いてます。 これも青く光るのでかっこいい

それと 他のケースは電源の搭載位置が上なんですが、

このNineHunredは下部に搭載します。

Dsci0234

まあ これについてはどちらがいいのかわかりませんけどね。

デメリットは上に電源ボタンやUSBコネクタなどのフロントパネルボタンが付いているので、マザーボードによってはフロントパネルのコードが届かないかもしれないです。

このケースに使っているマザーボードはギガバイトのGA-EP45-DS3Rなんですが、コードははっきりいってギリギリ届きました。

Dsci0250

だから マザーボードがケースの左下の方にフロントパネルのコードが来るタイプはとどかかないかもしれないので注意が必要です。

それと 真ん中にあるベイはファンを付けられるようにファンプラケットみたいなのが付いているので、ファンを付けるとハードディスクが増設できません。

このようにデメリットが多いケースですけど、通気性やゲームっぽいデザインを考えると 値段が高いだけあって優れているケースだと思います。

ちなみに自分の買ったBストックはフェイスTWOTOPのキャンペーンでよく出ているので、安く買いたいならチェックしておいてください

iconicon

ちょっとケースを買いすぎちゃいましたね。

かっこいいのをショップなどで偶然見つけたり、前から欲しかったのが安く出ていると すぐ買ってしまうんですよね。

他のパーツと違ってケースは場所を取るので、邪魔になるから買うのはほどほどにしておかないと・・・(*_*)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トレンドツールバー また おまえか (`´)

現在メインで使っているデルのVostroはXPとVistaのデュアルブートで使ってます。

XPの状態で出荷されてきたので、しばらく使っていたんですが、

この前ハードディスクを増設してVistaをインストールしたので、今はVistaの方を多く利用してます。

もちろん セキュリティソフトもVistaの方にも導入しました。

XPで使っているのと同じウィルスバスター2009を、古い富士通のパソコンから外してVistaの方にインストールしました。

2つのOSが存在するとはいえ一台のパソコンに2台分のセキュリティソフトをインストールするのは勿体ないよなあ・・・・

でも メインで使うのに裸の遠足は厳しいから しょうがないです。

そして しばらく使っていたんですが、ブラウザのFirefoxでネットサーフィンしていてページをジャンプして切り替わりが遅いので左クリックボタンを押したら

ページが半透明な真白な状態になって、ブラウザが使えなくなりました。(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

まあ 左クリックのボタンを押さなければこの状態にはならないんだけど、

やはり気になるので考えてみたら もしかしたら またトレンドツールバーが悪さしているのではないかと思って、アンインストールしたら この現象は起こらなくなりました。

XPで使っている時も不具合があって、このトレンドツールバーをアンインストールしたんですよね。

アンインストールの仕方は

まずメイン画面を開いて左下の「その他のツール」ボタンをクリックします。

Buster2009

そしてツールの画面が出たら、左下の「機能と管理」のボタンをクリックします。

Buster20092

そして インストール済みのタブでチェックボックスにチェックを入れて「削除」ボタンを押せばアンインストールが始まります。

Buster20093

すでにアンインストールしたので、上の画像には表示されてないけど、通常だと一番下にトレンドツールバーが表示されるはずです。

まあ アンインストールまでは簡単でしたけど、XPの時はアンインストールして再起動しようとしたときには、パソコン終了のところでフリーズして電源ボタンで強制的に終了させたんだよなあ・・・

とにかく 本当に余計なものを作ってくれるよなあ トレンドマイクロって

今までずっとノートンを使っていたんだけど、ダウンロード版だとウィルスバスターの方が安かったのと、セキュリティソフトの中では一番有名なので一度は使ってみようと導入してみたんですけど、、

たぶん もう2度と使わないでしょう。

アフィリエイトで紹介していたんですけど、さすがに自分が使っていて良くないものを紹介できないですからね。

4月の終わりにアフィリエイトのリンクシェアの大見本市に行った時に トレンドマイクロのブースがあったので、とりあえず文句は言っておいたんですけど(*^_^*)

Dsci0026

すぐにでも替えたいんだけど、来年の3.月31日まであるんですよね。

やはり ノートンを裏切った罰かな

ノートンは自作パソコン方で使ってます。

ギガバイトのマザーボードには90日試用版のノートン・インターネット・セキュリティが付いてます。

Norton1

マザーボードはギガバイトしか持っていないので、現在3台ある自作パソコンは全部ノートン・インターネット・セキュリティです。

Dsci0257

Dsci0231

Dsci0391

ノートンのインターネット・セキュリティは、自分が前使っていた一番安いアンチウィルスよりも機能が優れているので、値段はウィルスバスターよりも高いのが難点ですね。

でも ウィルス検知が一番優れているといわれているノートンの上位バージョンなので、安心してどこのサイトでも行けます。

一番上位バージョンにノートン360というのがありますけど、かなり高いし ここまですごいのを入れなくても大丈夫でしょう。

アダルトサイトを毎日探索して訪問するとか、ワンクリック詐欺のサイトに嫌がらせに行くとか、とにかく怪しいリンクをクリックしまくるなどの遊びをする人にはいいかも

わざわざ感染しに行く人もいないと思うけど・・・

まあ 自分はまたノートンを、出来ればインターネット・セキュリティを購入して3台に導入するつもりです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オンラインゲームの動作環境・2

さっきの続きで オンラインゲームのシルクロードオンラインの動作環境を調べました。

先程の検証だと、Core2Quad Q9550とGeForce9800GTを搭載しているゲーム仕様のマシンと

Dsci0258_2

Celeron E1200とオンボードの低スペック仕様マシンでは

Dsci0391_2

オンラインゲームのシルクロードオンラインのゲーム内の動作が全然違いました。

低スペックの方は走れば遅いし、戦いも動きがカクカクしてぎこちないし

Silkroadonline18_2

低スペックの方はCPUもデュアルコアの中では一番下の性能だし、グラフィックボードも搭載してないので 当り前ですよね。

でも CPUの性能だけである程度はスムーズに動作するんじゃないかと思って、

今度はメインのデルのVostroにインストールしてやってみました。

これにはCore2Duoの中でもスペックの高いE8400を搭載してます。

それと さっきの日記にも書いたRH3450LE256G のグラフィックボードも付いてます。

まあ このグラフィックボードは3Dゲームを快適にプレイするほどの性能は持ってませんけど。

そして プレイしてみたら ゲーム仕様マシンの動作とほとんど変わらなくスムーズに動いてます。

Dsci0452

Silkroadonline20

やはり CPUにパワーがあれば そんな高いスペックを要求しないオンラインゲームも余裕なのかな

グラフィックボードはそんな大したもの付けてないし。

でも スペックが低いとはいえグラフィックボードの力が大きいのかなと思い、

先ほど検証して動きがかなりぎこちなかった低スペックのマシンにグラフィックボードを搭載して再びプレイしてみました。

Dsci0392

搭載するグラフィックボードはデルのVostroに付いているの同じRH3450LE256Gです。

Dsci0455

そして プレイしてみたら・・・

ゲーム仕様のマシンやデルのVostroと同じようにスムーズに動作しました。

Dsci0454

Silkroadonline19_2

やはり グラフィックボードが一番影響力が大きいんですね。

CPUがCeleron E1200でもグラフィックボードを付ければゲームは可能ということですね。

このゲームはそんなに高いスペックでなくても動くんですかね。

それとも まだゲームの序盤だから これから進んでいくと高いスペックを要求されるのかな。

とにかく 低スペックとはいえグラフィックボードとオンボードはかなりの差があるということがわかりました。

このRH3450LE256Gは2つ持ってます。

最初はクレバリーで2980円で買って、デルのVostroに搭載しました。

Graboon

今思えば そこから自作の道に入ったんですよね。

そして 2個目はケーズデンキのオープンセールで1500円で買いました。

Dsci0458

別に必要なかったんだけど、1500円で新品のグラフィックボード なんてなかなか無いので、買っておいたんですけど、こんなとこで役に立つとは・・ 買っておいてよかった。

ちなみにCeleron E1200もケーズデンキで新品で2900円で買いました。

二つ合わせても5000円いかないのに これでオンラインゲームができるのは超得した気分ですね。!(^^)!

この低スペックマシンで一番高かったパーツはケースですね。

iconicon

このオールアクリスケースは自作を初めて組む時に一番欲しかったんですけど、

熱に弱いなどのデメリットと値段も10000円以上したので、ひとまず断念したんですが、

フェイス のオンラインショップで7970円で出ていたので、速効で通販で注文しました。

NineHundredやAMOのALPHAなどもっと高いケースを持っていますが、

このオールアクリルケース iconが一番好きです。!(^^)!

中のパーツがいつでも見渡せるし

なんといっても 夜はチョーきれい

Dsci0394

この低スペックマシンで使っている15インチのバッファローのモニタもクレバリーでメーカー再生品ということで4200円という安値で買いました。

Dsci0457

もちろんワイドでないし、端子もアナログしか付いてないけど、スピーカー内臓だし、画質も悪くないので これも買っておいて得しました。!(^^)!

この低スペックマシンは最初に組んだ時はギガバイトのGV-R4350C-512I のグラフィックボード を付けてました。

でも このバッファローの15インチモニタが使えないので外して オンボードで使ってました。

他のモニタは使えるのに、なぜかこのバッファローのモニタだけは使えないんですよね。

もしかしたら このグラフィックボードは低解像度のモニタは使えないのかな。

でも ゲーム仕様のマシンに組んでるスペックの高いWinfast PX9800GTではつかえるんだよなあ・・・

まあ ギガバイトのGV-R4350C-512Iの使い道はこれから考えるとします。

とにかく 今回はいろんなことがわかってよかったです。

やはり ゲームには少なくともグラフィックボードは必要だということですね。

最近のオンボードはかなり良くなったと言っていたけど、インテルのG41くらいではまだまだみたいです。

このシルクロードオンラインも今は、低スペックでもグラフィックボードを付けてれば快適に動くけど、先に進むと高いスペックを要求されるかもしれないですね。

とりあえずは9800GTを搭載していれば大丈夫でしょう。

そこまで進められるかわかんないし・・・

でも 結構迫力があっておもしろいですよ このシルクロードオンライン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オンラインゲームの動作環境

昨日は夕方からシルクロードオンラインをずっとプレイしてました。

Silkroadonline8

このゲームはクエストと呼ばれる人から頼まれたことをこなしながら進めていくらしいので、

とりあえず 薬屋のおじいちゃんから頼まれたクエストを遂行しに行きました。

川の近くにいる水鬼を50匹倒すと何かもらえるみたいなので、張り切って出かけたんですが、

自分はまだレベル5なのに 相手の水鬼はレベル7なので、最初はかなり苦戦しました。

Silkroadonline9

それに このゲームのモンスターは一般と呼ばれる部類はまだいいんですが、

チャンピオンという部類になると かなり強いです。\(◎o◎)/!

Silkroadonline10

このチャンピオンに何回殺されたかわからないです。(*_*)

Silkroadonline11

それに このモンスター達と闘っていると、度々毒に侵されます。

Silkroadonline13

毒に侵されとHPがどんどん減っていくので、座ったりして休むしかないです。

こんな感じで戦闘を繰り返していて、自分もレベルが上がってきたので、戦いも楽になって

やっと 50匹倒して薬屋のじいさんのところにいったらスキルなどのステータスやアイテムをもらって ちょっとご機嫌

Silkroadonline15

その他、門の守衛や雑貨屋の珍珍からクエストをこなしながら進めていきました。

Silkroadonline17

Silkroadonline16

女の子なのに珍珍か・・・・ 

やっぱり このシルクロードオンラインの風景はきれいですね。!(^^)!

この滝なんかサイコーです。

Silkroadonline14

ま こんな感じで5時間くらいやってたのかな 相変わらずゲームをすると止まらないです(*_*)

このゲームはゲーム仕様に作ったパソコンでプレイしているので、今のところ動作などの不安定がないんですが、

Dsci0258

これぐらいの動作だったら普通のスペックでも動くんじゃないかなと思ったので、

一番低スペックのパソコンにインストールしてみました。

Dsci0391

OSはゲーム仕様と同じVistaのUltimateで、メモリが2GBありますが、

グラフィックはG41のオンボードで、CPUはCeleronのE1200です。

どれだけ差があるのか、こっちの低スペックマシンの方でプレイしてみました。

そしたら・・・

やっぱり全然違いますね。

動作はぎこちないし、戦闘シーンもただのコマ送りみたいですね。

Silkroadonline19

それに 走るのが超遅いし

Silkroadonline18

やっぱり ある程度のスペックでないと軽快に動作しないんですね。

まあ ゲーム仕様の方はCore2QuadのQ9550で、低スペックの方はデュアルコアといえどもCeleronだし CPUの差が大きいのかも

次は低スペックですけど、RH3450-LE256G のグラフィックボードを付けて、オンボードとグラボ搭載でどれだけ変わるか検証してみます。

とりあえず これからまた検証して すぐにアップします。

 




| | コメント (0) | トラックバック (0)

Windows7検証

この前ダウンロードした RC版のWindows7の機能の探索を久々にやってみました。

Dsci0366

最近、このWindows7を触っていなかったのは 適用できるセキュリティソフトを探していたからです。

手持ちのマザーボードのドライバメディアに付属している仕様版のノートンと、カスペルスキーは使えませんでした。

Just MyShop(ジャストシステム)

安く買ったマカフィーの古いパッケージ版を持っているんですけど、

まだ使っていないので、勿体ないからやめておきました。

マカフィー・ストア

なんとかセキュリティソフトを導入しないと感染してしまいますからね。

かといって リリース候補版のOSのためにセキュリティソフトを買うのは勿体ないですからね。

そして 思いついたのがKingsoft Internet Security Uです。

無料だし、ネットの検索で見てもWindows7でも使えるようなのでインストールして、現在使ってます。

このキングソフトセキュリティは家のパソコンで一番古い富士通のパソコンでも使っているんですけど、

Kingsoft2

あまり稼動していないけど、今のところは何も不具合もなく順調に動いてます。

広告がウザイという人もいるけど、すぐ消えるし しかもタダだから全然いいと思います。

もちろん まだウィルスに感染したことないしね。

キングソフトインターネットセキュリティU

これで 安心してネットに繋ぎながらWindows7で遊べます。

まず 最初に前から不思議に思っていたんですが、このWindows7をインストールしただけで、すぐ使えるようになったんですよね。

自作のパソコンにインストールしたので 普通マザーボードやグラフィックボードのドライバをインストールしなければ機能しないんですけど、

なんか ちゃんと動いているので、デバイスマネージャを開いてみました。

Devicew7

とりあえずディスプレイアダプタを開いてみたら ちゃんとGF9800GTを認識していました。

XPやVistaだったらインストールしてないと表示されないですよね。 たしか

そして マザーボードからのLANやAUDIOなども認識しているようです。

これから発売される製品版もこんな便利なんですかね。

それとも RC版だから面倒なことは省いて使えるようになっているのか。

これだと 64bitのドライバなどはメーカーからダウンロードすることが多いので、その手間が省けるから便利だと思います。

それから 大事なバックアップの機能ですね。

Backup

Vistaと同じWindowsCompletePCバックアップと同じ機能のものがあります。

そして システムの復元ですね。

Fukugen

自分は4年前にXPでシステムの復元ができる復元ポイントを作っていたんですが、

ハードディスクが壊れると復元ができないので、意味がないから その機能をつかわなくなったんですけど、

Fukugen2

この Winsows7では自分は何もしてないのに、復元ポイントがいくつかできあがってましたね。

Fukugen3

もしかしたら デフォルトの状態でそういう設定になっていたのかもしれないけど、

とりあえずは便利ですね。

Fukugen4

Fukugen5

まあ 自分は使わないと思いますけどね。 現在メインで使っているVistaで復元ポイントを作成していたけど、

XPとデュアルブートで使っているので、XPを起動すると復元ポイントが消えるし。

自分はバックアップは他の機能を利用してます。

最後にデュアルブートなどの設定などに使うコマンドプロンプトを開いてみました。

Comandpronpt

見た目はVistaとほとんどおなじですね。

だから bcdeditと記述して設定するんでしょうね。

XPからVistaはこのブートの設定が、bootiniから変わったのでいろいろと不都合がありましたけど、

今回は同じようなので 心配なさそうです。

今回見た感じは なにも設定したり、インストールしてないのに使えたりすので、とても便利になっているように思います。

RC版だから てっとり早く使えるようになっているのかもしれないですけどね。

Vistaからの引き続きの機能も多いので、XPからよりもVistaからの移行の方が使う分には楽だと思います。

また 他の機能面を調べてアップしていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゲーム仕様PCでシルクロードオンライン

ゲーム仕様のパソコンを作ってから一か月くらい経って、やっとゲームをやり始めました。

Dsci0251

他の作業で忙しかったのと、ゲームって最初に入るまでは操作方法などを把握しなければいけないから面倒くさいんですよね。

とくにオンラインゲームとなるとテレビゲームよりも覚える項目が多いみたいだし。

でも せっかくゲーム仕様に構成したのでやらなければ意味がないので、

早速、昨日ダウンロードしてやってみました。

前にモンスターハンター フロンティア オンラインをダウンロードしたんですけど、インストールされているOSを消したので、これはまたダウンロードしてプレイするつもりです。

どのゲームにしようか迷いましたけど、とりあえずは以前にも日記に書いたR.O.H.A.Nをやろうと思ったんですけど、

ゲーム仕様に作ったパソコンのOSはVistaなので、

このゲームはVistaの動作環境がイマイチみたいだったので、とりあえずはやめておきました。

なので ネットで調べてVistaでプレイしているけど問題ないというゲームがいくつかあった中から 前から興味があった

シルクロードオンラインを選びました。

 

このゲームの舞台はヨーロッパとアジアをつなぐシルクロードの世界を旅するゲームです。

商人、盗賊、ハンターの3つの職業があって そのどれかの職業で頂点を目指すというのが目的らしいです。

そして スタートが2か所あって、アジアの中国と ヨーロッパの東ローマ帝国のどちらからかの国からスタートします。

自分はとりあえず中国からスタートしましたが、このゲームは5つの世界(?)があるみたいで合計5人作れるようです。

ちょっと この説明ではわからないですよね。 自分も調べたんですけど、この辺がよくわからないんですけど、

とにかく アジアスタートとヨーロッパスタートの2パターンでやってみました。

ヨーロッパの方では、初めてオンラインチャットでプレイヤーの方と話しました。

Silkroadonline1_3

こういう方々にやり方を聞いていった方が早いかもしれないですね。

そして 今日は中国のスタートで長い時間プレイしてみました。

Silkroadonline2

最初は全然わけわからなかったけど、段々システムがわかってきたので、

とりあえずは ゲームの醍醐味である戦闘をしてみたいので、建物から放れてフィールドに行きました。

フィールドは草原が広がっていて何も居そうもない雰囲気だけど、少し進むとウヨウヨいました。

とりあえず格闘ゲームみたいに難しい操作はなさそうなで、自動モードになっていたらしく

自分がマウスボタンを連打しなくても勝手に剣を振ってくれました。

Silkroadonline3

う~ん さすがオンラインRPGのバトル 迫力ありますね。

アクションもストレスを感じずきれいに描画されますね。

いちよ グラフィックボードはリードテックのWinfast9800GTを搭載しているので、映像に関してはほとんど大丈夫だと思いますけど。

Dsci0126

でも 序盤のこれくらいの映像だったら昔の低スペックパソコンでも再現できるんでしょうね。

それから 時が経って夜になったようです。

Silkroadonline4

このシルクロードオンラインの特徴は 時間で変わる空の色や

朝の光の眩しさや 夕焼けの美しさなど幻想的な月夜の光景がとてもゲームとは思えないグラフィックが魅力らしいです。

自分もそれが一番見たくてやり始めたんですよね。

まだ序盤でそこまできれいな景色をお目にかかってないけど、この辺だけでも結構満足です。!(^^)!

ここでレベルを少し上げておきました。

戦闘は自動だし、この辺の敵は弱いので楽でした。

でも 油断してると・・・  あっ 近くにいたのか!!

Silkroadonline5

やばっ! 間に合うかな!!

Silkroadonline6

うん! まだ弱い敵しかいないので助かりました。!(^^)!

そして 倒すとゴールドやアイテムが落ちてるので拾えます。

Silkroadonline7

それと このゲームは敵にやられてHPが減っても 時間が経つと元に戻るみたいです。

これは結構助かります。 てゆうか この便利なシステムがないとすぐに死にそう(*_*)

とりあえず 今日はこの辺で終わりにしておきました。

東ローマ帝国よりも中国の方のスタートの方がわかりやすかったです。

まだこのゲームのことをよく把握していないんですが、最初の進め方としてはクエストといって人から頼まれた仕事をこなして経験値やお金を増やしていくみたいです。

まあ これからはそのクエストをこなしてゲームを進めていこうと思います。

オンラインゲームは前に「ラスト・カオス」というゲームをダウンロードして少しやってみたけど、さすがにさっぱりわからなくてそのままになってしまったので、

オンラインゲームをまともにプレイするのは初めてです。

これからあまり熱中しすぎないように 少しずつ進めていきます。

そういえば やりはじめてわかったんだけど、オンラインゲームも未だにVistaへの環境が遅れているみたいですね。

適応できないと書いてないけど、あまり良くないことや不具合の報告も入っているようです。

映像などはXPよりもVISTAで再現した方が奇麗になると思うんですけど、そういうもんじゃないんですかね。

でも XPも自作機があるので、9600GTを搭載してゲームしてみようと思います。

Dsci0053

いくつかのゲームをダウンロードしてみて、オンラインゲームをしばらくは堪能したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EIZOのゲーマー向けモニタ

EIZOの直販サイト「EIZOダイレクト」から また新商品が販売します。

今度のモデルはゲームに適したモニタということで、

またセミナーを開催したので、昨日詳しい仕様などを聞いてきました。

Dsci0235

Dsci0208

ゲームに適していると聞いていたので、パソコンでプレイするオンラインゲームに適しているかと思ったんですけど、

家庭用ゲームに適したモニタらしいです。

Dsci0429

Dsci0430

今回のモデルは「FORIS」というモデルです。

まあ 自分はあまりよく知らなかったんですけど、テレビのモデルらしいです。

それで今回は パソコン用にモニタを作ったらしいです。

正式名称はFORIS FX2431とTVFX2431です。

Dsci0431

とりあえず 入力端子の話から聞いてんですが、4つもあるので4台のパソコンに繋げられるみたいです。

Dsci0435_2

今では主流になっているデジタルのDVI端子、一昔前の(自分は最近まで使っていたけど)アナログのD-SUB端子、

それから 自分は使っていないから イマイチどれほどのものなのかわかりませんけど、

テレビなどにつないで映像が一番きれいらしいHDMI端子が2つ付いてます。

Eizotansi

4台のパソコンに繋げらるんだけど、何かメリットあるのかなって感じなんですけど、

メリットがあるからこういう機能を付けているんでしょうね。

Dsci0432

そして このモニタのセールスポイントであるゲームに適した機能なんですけど、

昔のゲームなどを高性能モニタで再現すると、多少は修正されてきれいに再現されるみたいだけど、

このモニタでは 「リアルイメージ機能」を有効にすると昔と同じドット絵で表示されるみたいです。

Eizodot

つまり 解像度の高い画面で再現すると角々しいレトロなキャラクターを再現できるということらしいです。

レトロゲームが好きなゲームマニアなどが好みそうな機能ですね。

それと スピーカ内臓にしては、音質はかなり良いと思います。

Dsci0448

この下の部分がスピーカーらしいけど、全体的に音が広がる感じを受けるし、ボリュームを上げても音が割れません。

外付けの高性能スピーカーにはさすがに及ばないだろうけど、内臓だと場所を取らないし 自分は内蔵タイプが好きです。

ちなみに 自分が持っている安い外付けスピーカーよりは全然音質は良かったです。

それから PSPなどのポータブルゲームを繋げると、このモニタの大画面でゲームを楽しめるようです。

もちろん PSPと同じ画面サイズでも出来るようですけど、せっかく大画面に繋いでいるのに小さい画面でやる人もいないですよね。

Dsci0433

この「FORIS」のパソコン用モニタは、サイズが24インチで 普通のタイプと地デジ搭載タイプの2種類です。

Dsci0438_2

この写真の左側が地デジのコードの接続部分です。

LANポートや電話回線の差し込み口もあるんですよね。

自分はなぜ回線の差し込みがあるのかわかりませんでしたけど、

今は、紅白歌合戦などで電話線をテレビに繋いで投票をしたりするということを教えてもらいました。

地デジってこんなことができるんですね 使ったことがないので初めて知りました。

自宅はまだソニーのアナログテレビが現役で頑張っているので。

カラーはブラックとシルバーの2種類みたいです。

Dsci0444

Dsci0436

Dsci0447

自分が買うんだったら シルバーですね。

ほこりなどの汚れが目立たないし、自宅にある22型のモニタは全部ブラックですから。

まだまだ優れた機能があるようですけど、自分が把握して説明できるのはここまでです。

発売日も7月1日とまだ時間があるので、また特徴を調べてアップしたいと思います。

予約はもう出来るようです。

予約購入すると、発売日前に届いたりなどのいろいろと特典があるみたいなので、

今回は購入するんだったら早い方がいいですね。

それから今回のセミナーではトートバックをもらいました。

Dsci0449

EIZOさんは太っ腹なのでなにかしらプレゼントをくれますね。

前回はおいしいお菓子で、今回は必需品のバッグなので助かります。

いろんなセミナーにいくんですけど、もらえる物ってだいたい必要ないのが多いですからね。

だから 頑張って宣伝をしておかないと。

そのうちモニタ1台くれないかな・・・ くれるわけないよな(*^_^*)

EIZOといえばモニタ業界のルイ・ビトンみたいなものですからね。

自分も安いモデルでいいからEIZOのモニタが1台くらい欲しいんですけど、

22型が3台に、17型と15型が1台ずつの計5台あるので もう置くところが・・・・ なーい です。(*_*)

EIZOダイレクト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋葉原ショッピング

この前の日曜日はジム仲間のキックボクシングの試合で新宿に行ってきたので、

帰りにアキバに寄ってきました。

また 掘り出し物の安いアイテムがあるか見てきました。

最初に中古ショップを見て回ってきました。

おもしろそうなものも少しありましたけど、また買いすぎてものが多くなるのでとりあえずは我慢しておきました。

一通り中古ショップやジャンク屋などを見てまわって

その後はフェイスクレバリーTWOTOPT・ZONE ドスパラなどの自分がよく利用するPCショップをまわってきました。

まあ 日曜だけあって どこの店舗も安いパーツがありましたね。

全部バラバラで買えばかなり経費を節約できそうです。

とりあえず 新品のパーツには興味がないので、ソフマップの中古部門のところを覗いたら、

DVDドライブが480円で出ていたので買いました。

Dsci0406

ドライブ類はパーツを組んで試すときにいくつか持っておきたいので買っておきました。

スーパーマルチドライブではなく、書き込みスピードも遅いけどないよりかはマシなので。

それから 別のソフマップの別館に行ったら、NECのキーボードが100円だったので買っておきました。

Dsci0400

まあ どこにでも安く出ているキーボードなのでわざわざ遠くの秋葉原で買うほどのものではないんですけど、

中古のキーボードでは珍しくUSB接続だったので、使い勝手がよさそうなので買っておきました。

Dsci0398

最近はUSBキーボードって多いですけど、古いのは珍しいですよね しかもNECだし

キーの間隔が狭くてうちにくいノートパソコンあたりで活躍できそうです。

そして ほとんどの店舗も廻って、最後のまた ソフマップの本館の方に行きました。

そしたら acerの22インチのモニタが展示処分で10800円で出てました。

展示品とはいえ激安です。

前にドスパラで展示品のバッファローの22インチモニタも12000円で安かったけど、さらにその上をいく安さです。

もちろん1台しかなかったので、すぐに店員を呼びました。

そしたら パソコンにつなぐAVケーブルと電源ケーブルがないから これだけ安く出していたみたいです。

まあ ケーブルくらい安いからいいだろうと思ったんですが、電源ケーブルは安いですけど、AVケーブルってデジタル端子のDVI-Dは新品で2000円位するんですね。

アナログ端子なら余っているんですけど、せっかく繋ぐんだったらデジタル端子ですよね。

Dsci0415

だから 結局全部揃えると14000円位になるので、展示品に14000円も出すのは馬鹿らしいと思い、とりあえずはその場を去りました。

夜の7時半だったので、 もう一軒 TUKUMOを見て帰ろうと思ったんですけど、

どうしても あのモニタのことが気になって AVケーブルが安く手に入れば買おうと思って、まだ開いている中古ショップを探しました。

そして ネットでも有名な中古ショップのイオシス を覗いてみたら

中古のAVケーブルが500円であったので、飛びつきました。

Dsci0403

探してみるもんですね。

それから デル製の100円マウスと

Dsci0401

家にあるけど、電源ケーブルも頭に差し込み口がある珍しいタイプがあったので買っておきました。

Dsci0404

この中古パソコンショップのイオシス は品揃えも豊富だし、かなり使えますね。

店員も他のPCショップみたいに偉そうに説明するような勘違いしてるバカみたいなやつもいないし、店員の対応はかなり好感もてましたね。

 

ということで モニタに必要なアイテムが揃ったので、急いでソフマップに戻りました。

安いから売れていても不思議ではないので、かなり急いで戻ったら

なんとか まだありました。

そして 再び店員を呼んで購入しました。

しかも 無料で配送してくれるみたいなので、すぐに使いたかったけど 22インチにもなると結構重いので送ってもらうことにしました。

今日はあまり高いアイテムは買うつもりなかったんだけど、また買ってしまいましたね。

これで22インチのモニタも3台になったので、この辺でほどほどにしとかないと(*_*)

でも 週末のアキバは見逃せないアイテムが必ずありますね。

そして このacerのモニタはスピーカーが付いてないので、「あきば~お」でエレコムのスピーカーを買いました。

Dsci0418

このモニタで5台目ですけど、スピーカーが内臓されていないのは初めてです。

なので スピーカーも電源が必要だと初めて知りました。

これだと電源の差し込み口がいくらあっても足りないですよね。

だから USBから電源がとれるタイプにしました。

そして 次に日の月曜日の夕方に各パーツをチェックしていたら、480円で買ったDVDドライブがパイオニアのはずがLITE ONだし、それにCDしか使えない感じだったので、外から接続して試してみたら

Dsci0405

やっぱり CDしか認識しないです。

この中古品は動作保障なしの返品不可の商品ですが、全く違うのでこれはさすがに詐欺ですね。

だから ムカついたのでソフマップのに電話しました。

結構渋っていたけど、交換してくれるということになったけど、

自分の家から秋葉原までは往復1500円はかかるんですよね。

480円のものを返品しに交通費1500円かけるほどアホらしいことはないので、

仕方ないからほかに使い道を考えることにしました。

こういう中古品は近くで購入した方がいいですね。 勉強になりました。

そして 次の日の火曜日にモニタが届きました。

Acer

正規のモニタの箱ではなくソフマップのでかい箱で届いて ちょっとビックリ

展示品だから箱は捨てたんでしょうね。

そして 中を開けてみたら ほんとにモニタだけで何も入ってません。取説も

いくら展示品とはいえ新品だから保証書くらいは入っていてもいいじゃないかと思って

再びソフマップに電話です。

そしたら 保証書も手元にはないので、メーカーから発注して郵送してくれることになりました。

まあ 新品なんだし 当り前だよな

ということで 今回のお買いものの対処がひと段落つきました。

まあ 買えば買うほど対処が大変ですね。

まだ 不良品というのがないだけマシですけど。

パーツもほとんど揃ったんだし、そろそろ本当にお買いものを程々にしないと・・・(*_*)

まあ そのおかげでブログのネタには困らないんだけど。

これからは また研究に励みます。

Windows7もまだよく把握してないし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インターネット・エクスプローラー・8の新機能

インターネット・エクスプローラー・8をダウンロードしてみて、機能がどう変わったか調べてみました。

Ie814_2

メニューバーの項目の機能を一通り見てみましたが、7とそんなに変わりはないですね。

とりあえずは「ファイル」メニューから ブックマークをインポートしてみました。

Ie8filemenu

7ではなぜかできなかったので、再びこの8でやってみたら

ちゃんと無事インポートできました。

次は サイトのレイアウト構成などを見るためのHTMLソースを見てみました。

Ie8htmlsouce

前の7よりも表示の仕方がわかりやすく、きれいになりましたね。

タブブラウザも引き続き健在です。

Ie8newtab

そして 自分が一番使えると思う新機能です。

アクセラレータという機能で、調べてみたい文字や専門用語などをドラッグすると、矢印のアイコンがでます。

Ie8kensaku_2

この矢印をクリックすると いろいろな検索メニューのボックスが表示されます。

Ie8kensaku2

翻訳や地図の検索はもちろん、ショッピング情報や相談箱まで表示されます。

これはかなり便利な機能だと自分は思います。

自分は検索で調べることが多いので、ドラッグしてコピー&ペーストして検索ボックスまで持っていく手間が省けますからね。

このアクセラレータの使い方はユニークなビデオで見れます。

Ie8video

Ie8video2

Ie8video4

Ie8video3

まあ あんまりおもしろくなかったけど(*_*)

いちよ わかりやすいと思います。

とりあえずは触り程度で機能面を覗いてみました。

前の7みたいな不具合がなければメインに使っていきたいですね。

しばらくは様子を見て、また何か面白い機能や不具合などが生じたらアップしていきます。

Ie8logo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インターネット・エクスプローラー・8のダウンロード

自分がメインに使っているブラウザはFirefoxです。

Firefox

前はインターネット・エクスプローラー・7(IE・7)をメインに使ってましたが、

いろいろと不具合が多く、余計にセキュリティなどを強化しているんで、使いづらいので

現在はFirefoxをメインに使ってます。

Firefoxのいいところは表示したページを保存して終了できるので、次回立ち上げたときに前回のページが表示されるのが、自分は一番メリットを感じます。

それから 最近のブラウザにはほとんどついている機能ですけど、タブブラウザの機能のおかげでひとつのブラウザの機動で複数のページを見れるし、

ブラウザ移行のときのお気に入りのインポート、エクスポートなどがスムーズに行えます。

IE・7にもこういった機能がついているんですけど、どのパソコンを使っていても何かと不具合が生じたりして使いづらいです。

この前もお気に入りのファイルをインポートしようとしたら、うまくいかないし

4年前から使っていた富士通のパソコンもIE・6から7に替えて調子が悪くなりました。

それに スタイルシートの表示の仕方が正規でないし・・

なので もうIE・7をメインに使うことはないですね。

でも 最近、IE・8のダウンロードが始まったみたいですね。

去年、CSSの講習に行った時に聞いたんですが、

IE・8はCSSの表記や機能などが改善されて、かなりいいブラウザになるということを言っていたので、

メインで使っているデルのパソコンではなく、自作の方にインストールしてみました。

自分はMSNのホームページからダウンロードしました。

Msnhome

Ie82

「今すぐ無料ダウンロード」ボタンを押して、いつものようにファイルを「保存」して それから「実行」でダウンロードしました。

Ie83

Ie84

ひとまずダウンロードの完了です。

これから セットアップです、

Ie85

Ie86

ライセンス条項をよく読んで、同意するボタンをクリック。

Ie87

とりあえず 更新プログラムのインストールからです。

Ie88

そして、ようやく本インストールの開始です。

Ie89

WindowsLiveToolBarの使用許諾契約です。

これも一通り読んで「はい」をクリック

Ie810

これで インストール完了です。 とりあえず再起動します。

Ie811

そして 最後の作業の 使うためのセットアップです。

Ie812

Ie813

これで やっとセットアップも完了です。

Ie814

ようやく IE・8のお目見えです。

この後、新機能などを調べてみました。

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キングソフトのOffice2010

激安ソフトのキングソフトから早くもOfficeの2010年バージョンのKingsoft Office 2010が登場しました。

キングソフトオフィス2010

今年もまだ半分も過ぎてないというのに まあ早いこと。

とりあえずインターフェイスは全モデルのKINGSOFT Office2007と変わってないみたいですけど・・・

まあ Microsoft Officeと互換性がるのは前と変わらないので安心ですね。

マイクロソフトの現行モデルのMicrosoft Office2007のファイルは開けるし、

Microsoft Office2002、2003に慣れている人には最適だと思います。

自分は最近はMicrosoft Office2007を使っているので、Microsoft Office2002,2003とはだいぶ変わりましたので、

Microsoft Office2007

Officeword2007


Microsoft Office2003

Office2003wa

2007を敬遠している人も多いと思うので、そういう人はこのキングソフトのOfficeがいいですね。

それと 今度のKingsoft Office 2010は次期OSのWindows7対応を保障しているので、安心して長く使えそうです。

こういう仕事や家庭で頻繁に使うソフトって、いくら便利になるからと言って使い方を大幅に替えるのは困りますよね。

自分も古いパソコンに入っているMicrosoft Office2003と照らし合わせながら なんとか2007のWordは使えるようになりましたけど、

とにかくMicrosoft Office2007はインターフェイスが2003とまるっきり違うので、機能を探すのに苦労しました。

なので、現在メインで使っているデルのVostroにMicrosoft Office2007を付けてかなり後悔しましたね。

それにMicrosoft Officeはパソコンに付いてくるOEM版でも21000円と高額なのに比べて、キングソフトのOfficeは4980円とかなりリーズナブルな価格ですからね。

まあ 付けてしまったからVostroが壊れるまでは使いますけど、次にOfficeのようなソフトを付けるとしたら、マイクロソフトのOfficeは絶対に付けないでしょう。

その時にまだキングソフトが頑張っていたら 導入してみたいです。

でも キングソフトは本当にサービスいいですよね。

自分はキングソフトのOfficeは使ったことないけど、セキュリテイソフトのKingsoft Internet Security Uは現在使ってます。

Kingsoft2

ネットの口コミでは「動作が重い」というのが多かったですけど、思ったよりはマシだと思います。

まあ スキャンをしているときは作業するのがかったるくなりますけどね。

でも 512MBのメモリなので、最近のパソコンだったらそんなに重くないんじゃないかなと思います。

とにかく このキングソフトはこれからも頑張って反映してほしいです。

マイクロソフトが値段を下げざるを得ないくらいに

キングソフトオフィス2010

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »