« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

夏の終わりのアキバショッピング

昨日は秋葉原にパーツの買い出しに行ってきました。

台風が来ていることだし、天気予報でも昼過ぎから大雨ということだったので行くのをやめようと思ったんだけど、

午後2時過ぎてもほとんど雨が降っていなかったので、3時頃家を出て秋葉原に向かいました。

Rain

8月の最後の週末なので、各店舗が大安売りをやっているかと思ったので、新品の激安パーツを期待していきました。

そしたら 案の定TZONE が決算セールでマザーやグラボのボード関係がかなり安くなってました。

現在TZONE はASUSフェアをやっていてASUSのパーツがかなり安かったです。

グラフィックボードだとRADEONのHD4850が9000円、

GeForce9600GTのビデオメモリが1GBのモデルが7000円で売ってました。

HD4850は今一番欲しいグラボだからかなり迷いました。

といっても 今のところはゲームもほとんどやらないし使い道がないので我慢しておきました。

9600GTも持っていなかったら絶対買ってましたね 

自分が持っているグラボはビデオメモリが512MBまでしかないから、1GBのグラボってどんなものか使ってみたいですからね。

それから 一番買うかどうか迷ったのがASUSのMicroATXのP5KPL-AM EPU iconです。

G31チップのお手頃価格のMicroATXなので拡張性はあまり求められないとはいえ、3980円と新品のマザーでは最安値で販売していたので

ジャンク品ではないASUSの新品のマザーが一枚くらい欲しいと思っていたので20分くらい迷ったけど、これも我慢しておきました。

iconicon

現在遊んでいるマザーが3枚、ジャンク品も5枚もあるのでこれ以上持っていても使い道がないですからね。

安いと必要ないパーツでもすぐ買ってしまうんですよね 高いと目もくれないくせに

Shopping

そして フェイスのジャンクショップの”じゃんじゃん亭‘に向かいました。

じゃんじゃん亭は週末の土日の12時から16時までしか開いてなくて

しかも 動作保証がないとはいえ使えるパーツが多く、競争率も高いので、

日曜日の午後4時過ぎにのこのこ出て行っても何もないだろうと思っていたら

自分の探しているパーツが格安でゲット出来たのでラッキーでした。!(^^)!

まずはCPUです

Dsci1128

Pentium4の506+です。 2.66Ghzだったかな 1500円でした

それと Team・EliteのDDR2-667 512MBです これは380円

Dsci1126

どちらも一昔前の古いタイプなので、頻繁に使うマシンにはスペック不足で使えないですが、この前買ったジャンク品のマザーボードが対応しているパーツなので、

とりあえずは動作するか調べる遊び道具として買っておきました。

とくにPentium4は未開封なので、なんでジャンク品なの? って感じです。

まあ 今だったらまず普通の値段では売れないからだろうけど

でも あくまで保証が全くないジャンク品なので動作するかはまだ分かりませんけどね。

この二つ合わせても2000円も行かないので動かなくてもそれほどショックはないけど・・

ただ このじゃんじゃん亭は壊れているから出しているわけではないので、

自分が今まで買ったのはほとんど動作することが確認されてます。

それから 今回の一番のお買いものはVista・HomePremiumのDSP版です。

Dsci1134

これが なんと5000円でした。\(◎o◎)/!

いくらもうすぐWindows7が出るといっても正規のOSが5000円というのはすごい安いです。

でも 最近のVistaのDSP版はWindows7にアップグレード権が付いていますが、これには付いていません。

それでも5000円は破格です。

Yahoo!オークションなどでは1000円以下で某メーカーのOSを手に入れることが出来ますけど、さすがのオークションでもDSP版は5000円以下ではなかなかないですからね。

だから迷わず買っておきました。

ちなみにHomeBasicが4000円、Businessが7000円、Ultimateが9000円でした。

Ultimateはすでに売り切れていましたが、他のはまだ1~2個残っていると思います。

HomePremiumは先週まで10000円だったのが、今週から5000円になったらしいのでラッキーでした。

これでわざわざ足を運んだかいがありました。

Shop_4_custom_2

それから フェイスの本店の方でサンワサプライのスピーカーを買っておきました 380円です。

Dsci1120

新品のスピーカーでは最安値です。 動作保証が1週間なのでアウトレット扱いなんだけど、

安いし、音が鳴ればいいので買って使ってみたら、

ちょっとノイズが大きいですね だから音楽を聴くには向いてないですね

まあ 自分のが外れなだけかもしれないけど

Dsci1121

実はその前に買っておいた中古のスピーカーの方が音質はよかったりして・・

Dsci1133

エレコム の古いタイプらしいんですが、これだったら音楽もなんとか聞けます ちなみに250円でした

そして 雨脚が段々強くなってきたので、買い物した荷物を持って店舗を見て回るのがかなりキツくなりました。

じゃんじゃん亭で買った時に入れてもらった紙袋に全部入れていたので、重さと雨で濡れて破けてきたので持ち歩くのがかなり困難になってきました。

なんか 自分が秋葉原行くと大雨になるような気がするなあ・・・ 

でも 丁度よくドスパラ でSUMSUNGの750GBのハードディスクと、キャスター付きのデスクトップスタンドを買って大きい袋に入れてもらって なんとか凌ぎました。

Dsci1122

Dsci1062

SUMSUNGのハードディスクは現在一番スペックの高い自作機に使っているので、4980円と安かったので壊れた時のためのストックとして買っておいたんですが、

メーカー保証がないらしいですね だからドスパラの半年保証しかないので、SUMSUNGのハードディスクはこれっきりにしようかな。

ちなみに5年も保証のあるSeagateの500GBも4580円で安く出ていたんだけど、たしか欠陥品のモデルだと思ったのでやめておきました。

前にフェイスのオンラインショップの日替わりセールで安かったので買ったんですが、

型番を調べて検索していたら不具合が発生する可能性があるモデルだったので後悔した経緯があります。

Dsci1135

Seagatetrable2

SeagateHHD不具合可能性のあるモデル

まあ 全部が故障するというわけではないんでしょうけどね でも・・・ OSなどのシステムは怖くて入れられないかも 

とりあえず短期間の検証用にOSを入れたんですが、今のところは異常ないです。

そして ドスパラで買ったもう一つのアイテムのスタンドはなかなか使えると思います。

キャスタが付いているので移動させるのも楽です。

Dsci1064

スリムタイプやキューブタイプだと持ち運びも楽だけど、ミドルタワー、フルタワーになると重くて大変です。

そんな時のために便利なアイテムだと思います。

Dsci1068

自分は置くだけなので動かない方がいいから、キャスターを付けないでスタンドだけとして使ってます。

500円にしてはかなり使えるアイテムだと思います。

今回の購入品はこんな感じです。

遅く出発した割にはここ最近で一番お得感のある買い物ができたと思います。

でも 行きは小雨くらいだったのが、帰りは暴風雨になったので足はびちょ濡れでした

まあ 天気予報で夜は大雨かもしれないとわかっていたけど、 そんなに買うものはないだろうと思っていたから楽観的に考えていたら

またしても多くの荷物を持って暴風雨の中帰ることになって 幸か不幸か微妙だ・・

Rain2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CE70J7でテレビ視聴

富士通のCE70J7をテレビ視聴できるように設定しました。

Dsci1109

*最近「CE70J7分解」という検索ワードに引っかかっているようだけど、違うページに飛ばされているようなので
ここにCE70J7を分解した記事が載ってます
*

5月13日 富士通FMV CE70J7分解

4年以上使っているけど、CE70J7でテレビを見たのは初めてです。

やはりテレビとパソコンは別々の方がいいと思ったので今まで設定しませんでしたけど、

もうすぐアナログ放送も見れなくなるし、せっかくテレビチューナーを搭載しているので

地デジに替わる前までこれでテレビを見ようと設定しました。

Ce70tv

去年の暮れに壊れてリカバリをかけた時にテレビチューナーをインストールしていなかったようなのでインストールしまいした。

設定はマニュアルを読めば簡単なのですぐ出来たんですが、

テレビが起動しない時がよくあります。

最近は一回目の起動では必ずエラーになってテレビが見れないので、

Fmvtverror

再起動してやっと見れるといった状況です。

前に富士通のテクニカルサポートに電話した時に、”テレビのドライバが新しいのがあればアップデートした方がいい”と言われたことがあったので

早速、このパソコンのドライバ元のPanasonicのページに飛んでみました。

Panasonic1
Panasonicソフトウェア ダウンロードページ

そして 自分のバージョンを調べたら Ver.6.2LO6なので、これをダウンロードしました。

Panasonic4

Panasonic2

TVfunSTUDIO ダウンロードページ

でも 何故かアップデートがうまくいかないので、エラーのダイアログで出ている指示どおりにアンインストールして、もう一度テレビチューナーをインストールしたんですが・・

でも 状況は改善されませんね

まあ これでしかテレビを見れないわけではないので、再起動しながらテレビを起動してます。

でも このテレビチューナーをインストールしてから調子が悪くなったんですよね。

一番困るのはスタンバイから復帰するとマウスやキーボードが使えなくなって終いには画面までおかしくなります。

Dsci1106

だから 起動している時は電源オプションでシステムスタンバイを「なし」にしておかないと、キーボードやマウスが使えないためスイッチで電源を切るようになってしまいます。

なんでだろう? チューナーをインストールする前はこんなことなかったんだけどなあ・・

もちろんこのパソコンに初めから付いているアプリケーションのひとつです。

やっぱり 暮れにハードディスクを壊したのが原因なのかな・・・

ハードディスクだけだったら交換でなんとかなるけど、他のパーツだと面倒なことになるなあ 富士通の純正の部品だとかなり高いしね。

まあ このCE70J7は現在使っていないし、アナログ放送が終わるまでテレビが映ればいいので、とりあえずは様子を見ながら使っていこうかな。

でも 考えてみたらもうすぐ5年経つんだから 結構長持ちしている方ですよね。

Fmvtv


富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NEC LL750RG修理レポート

先日 購入して1年も経過していないNECのノートパソコン LL750RGが壊れたのでメーカーに修理に出しました。

Dsci1040

BIOSの誤動作で修理に出したんですが、それはDVDドライブの不具合で生じたらしいので、

交換して修理から帰ってきたら不具合も発生しなく順調に起動するんですが、

前からの異音(ビープ音?)が解消されないので

もう一度修理に出しました。

いろいろと対策や処置を試みたんですが、自分は知識が乏しいのでお手上げなので

再びNECに引き取られて行きました。

買って7カ月でこれだけ修理に出すと

もう ほんとにいらねーよな

このレポートの詳細は修理から帰ってきたら詳しく書きたいと思います。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

SNOW P・E

だいぶ前に買ったんだけど途中までしかプレイしていなかったSNOWのPLUS・EDITIONを久々にやってみました。

Snowopening1

このゲームは恋愛アドベンチャーゲームというやつでパソコンで大ヒットして市販のゲームに移植されて、

自分はドリームキャストで最初にプレイしておもしろかったので、ストーリーが追加されたパソコン版のPLUS・EDITIONを買いました。 いつ頃だっただろう?3年位前かな

ドリキャスで最初にプレイしたのは4年前くらいだったかな。

この最初にプレイしたときはキックボクシングの練習で当たり所が悪くて2~3日くらい目が回って動けない状態だったので、暇つぶしにやってました。

Memai

このギャルゲーってやつは 初期のプレイステーションでシュミレーションゲームをよくやってました。

少しは女の口説き方でも参考になるかなと思ってやり始めたんですけど、

これが意外とおもしろくて、結構たくさんのゲームをやりましたね。

自分の周りは現場の職人系が多いので、よく恋愛系のゲームの話をしたら

「えっー!?」ってよく言われたなあ・・・

Game

まあ 自分の場合はストーリーを堪能するといった感じだったんだけど、

このSNOWはとくにストーリーがよかったので、ゲームなんて中古しか買わないのにわざわざ新品で買ったということです。

Dsci0999

でも 買ったはいいけどストーリは途中までは全く同じなので、なかなか進まなくて押入れに眠ってました。

とにかくこのゲームは長いので 相当暇でないとクリアするのに月日を要します。

しかも 追加されたストーリーは今までプレイしたところをもう1度クリアしないと進めないので・・(-_-;)

買った当時はパソコンが1台しかなかったけど、現在は6台もあるので

Fujituce70f7

他の作業をしながらAUTOモードでアニメを再生しているような感じで進めようと思いました。

それと 前にプレイしたときは富士通のCE70J7だったので 17インチのスクエアディスプレイにグラフィックはオンボードだったので

今回はGeForce9600GTを付けた自作パソコンで22インチのワイド画面で再現してみました。

Dsci0053

これがCE70J7の17インチの方です。

Dsci1104

そして 22インチのワイドの方です。

Dsci1103

横に引き伸ばされて解像度が荒くなってますが、大画面の方がいいです

そして何も不具合もなくインストール出来たんですが、BGMは出るんだけど 台詞などの声が出ないので、

このSNOWの販売元であるビジュアルアーツのサポートセンターに電話して対策を聞きました。

そして 指示通り操作して調べてみました。

まずは「ファイル名を指定して実行」でdxdiagと記入してDirectXの診断ツールを出します。

そして サウンドのタブで

Dxdiagsound1

「フルアクセラレータ」と出ている下のゲージを一番左に移動させて 「アクセラレータなし」にします。

Dxdiagsound2

この状態でプレイしてみたら声がでました

この状態で声が出たと言うことは、AUDIOドライバが古いなどで対応していないので、新しいドライバを入手する必要があるということでした。

なので AUDIOドライバがおかしいということがわかったから このマザーボードのメーカーのギガバイトから最新のAUDIOドライバをダウンロードしてインストールしたら

見事、声が出るようになりました。 !(^^)!

Gaep45ds3rpage
ギガバイト GA-EP45-DS3R ドライバダウンロードページ

サポートの方の話だと「古いから音声が出ない可能性があります」と言っていたけど、

SNOWのソフトは発売されたのが3年前くらいなのに対し、

このプレイしているパソコンのマザーボードはGA-EP45-DS3Rと言うモデルで去年の6月頃発売したのでマザーの方が全然新しいんだよなあ・・・

それとも 最初にAUDIOドライバがうまくインストールされなかったのかな

まあ 声が出るようになって助かりました 親切で優秀なビジュアルアーツのサポートに感謝です。

Visualarts

ビジュアルアーツ サポートページ

そして 気を取り直してプレイしてみました。

サポートの方から早送りの仕方を教えてもらったんだけど、懐かしい場面や格キャラターのエンディングを見たかったのでAUTOモードでまわして時折ゆっくり見るような感じで進めました。

まずはメインヒロインの澄乃ちゃんから

Sumino1

Sumino2

う~ん これはありきたりなので感動はイマイチかな 一回見てるし

次は選択肢無しのこの物語の原点のレジェンドの視聴です。

Legend1

鳳仙 カッコイイ

Legend2

うぉー 龍神さまだあー

Legend3

やっぱり最後は悲しかったなあ・・・

次は旭ちゃん

Asahi1

Asahi2

実はこのストーリーが一番泣けました。

やはり 子供、人体の障害、動物と言うキーワードには弱いです

ただ 前回はドリームキャストなのでもちろんないけど 元々18禁のゲームなのでパソコン版にはエッチシーンがあるんですが、

この旭はどうみても10歳前後なので、これのエッチシーンは無くてもいいでしょう。

誰が見てもNGだと思うけど・・

次は一番色っぽいしぐれちゃん

Shigure1

Shigure2

このストーリーではレジェンドのギャグバージョンがおもしろかったです!(^^)!

エッチシーンはバッドエンディングのルートなので面倒だから見ませんでした。

別にエロいのはどうでもいいし。

そして 初期版では最後の桜花ちゃんです。

Ouka1

Ouka2

他のキャラのストーリーではうるさいイメージが強いのでウザかったけど

本人のストーリーになるとジワッときてしまう話の組み立てのうまさはさすが

やはり最終章だけあって泣けますね

クリアすると最初は暗い雪景色だったオープニング画面が春のような明るい景色に変わります。

Snowopening2

と 初期版はここまでですが、PLUS・EDITIONは芽衣子ちゃんとパッケージの絵のなぞの少女のストーリーが追加されてます。

自分はこのゲームのキャラでは芽衣子が一番お気に入りだったので、そのために買ったと言っても過言ではありません。

これも最初はかなり憎らしいキャラでしたね(^_^.)

Meiko1

でも レジェンドで正体がわかってからは愛着が湧いてきましたね。

Meiko3

Meiko2

ラストはハッピーエンディングだったのでよかったです。

そして もう一つ追加されたなぞの少女のストーリーはイマイチでしたね・・

Nazonoshoujyo

他の作業していてほとんど見ていなかったというのもありますけど、芽衣子ストーリーで満足したからかな。

このSNOWというゲームは、以前に出ていた「Kanon」や「AIR」のストーリの一部をパクってるとよく言われますが、自分は上記の二つの作品よりも好きですね。

Kanonはよかったですけど、AIRは懲りすぎてわかりにくかったです。

だから もしパクったとしてもSNOWの方がわかりやすくて親しみやすいと思います。

まあ この時期のギャルゲーはどれも似たところがあるような気がするけど。

こんな感じで久々にアドベンチャーゲームをプレイしたけど

やっぱり自分は 3Dで迫力あるオンラインゲームよりも

小説形式になっているアドベンチャーゲームの方がいいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BIOSTAR TF7150-M7

これもフェイス のじゃんじゃん亭で買ったジャンク品のマザーボードですが、

箱に入っていて付属品も全部入っているので、普通の中古品にしか見えない1980円のマザーボードにOSを入れて使用してみました。

モデルはBIOSTARのTF7150-M7で、GeForce7150のチップセットが入ったマザーボードです。

BIOSTARのマザーで組むのは初めてですね。

Dsci0826

てゆうか うちの自作のマザーボードは全部GIGABITEですけど・・(*^_^*)

この前動作確認をしているので使えることはわかっていたので、

遊ばせていたオウルテックのCRYSTAL・GAZERに組んでみました。

iconicon

Dsci1070

ハードディスクは1TBと250GBがあったけど、ほとんどはNASの方にファイルを保存するから最低限の容量で十分なので、

この前ツクモ で買ったSeagateの80GBのハードディスクを採用しました。

1980円でしたけど、やっぱり80GBでこの値段は高いよなあ・・ 最近は1TBで5980円くらいのがあるし

Dsci1071

一回組んだことのあるケースなので、組み込み作業はすぐに完了しました。

そして Vista・HomePremiumのインストールです。

Dsci1073

Dsci1075

もう この画面は見飽きたなあ・・  ここ半年くらいで20回はインストールしたし

そして 80GBしか容量はないけど、いちよパーティションで仕切っておきました。

Dsci1080

さあ これから長いインストールが始まるので、洗濯をしに行ってきま~す

Sentaku

そろそろ ファイルのコピーも終わったかな

そして ようやくユーザー名の記入なども終わってOSのインストールが完了したようなのでドライバのインストールです。

Tseries

最初はわけわかんないドライバのオープニング画面だなあと思いました。

とりあえず自分は右上のアイコンの「ドライバ」をクリックして チップセット、ディスプレイ、オーディオ、LANのドライバをインストールしました。

Biostardriver

ドライバの下のアイコンの「ユーティリティ」にオーバークロックやRAIDなどのアプリケーションが入っています。

Biostarutility_2

GIGABITEみたいに一辺にインストールはできないみたいで、一つ一つインストールです。

まずはチップセットから

Biostarchipset2

最後の「NVIDIA HD・・」のところに「??」が並んでるけどなんだろうなあ?

自分が「?」って感じなんだけど

Question

まあ いいや とにかくインストール

その次はディスプレイかな

Biostardisplay

オーディオです

Biostaraudio

そして 最後にLANです

Biostarlan

これでドライバのインストールも完了で、ようやくBIOSTARのTF7150-M7のマシンの完成です。

早速、システムの確認をしてみました。

Biostarwellcome2

メモリは2GB搭載したのに1.87GBしか認識されてないです なんでだろう?

そして このマザーボードにはGeForceのグラフィックチップが入っているので、どれだけの性能なのか手っ取り早く調べるため

Vistaではお馴染のパフォーマンスの評価のスコアを見てみました。

Biostarscore

Windowsエアロなどに関係する「グラフィックス」では3.1

3Dパフォーマンスの「ゲーム用グラフィックス」では3.0と5つのカテゴリー中で最低でした。

やはり いくらGeForceとはいえオンボードではこんなものなんですね オンラインゲームはこれじゃ無理だな

でも 動画再生は多少きれいなのかと思って再生してみたら・・

映像の動きがカクカクして グラフィックボードが入っていないパソコンで3Dゲームをやっているような感じになりました。

Dsci1019

グラフィックのドライバは入っているのになんでだろう?

と思っていたら Windows・Updateの更新プログラムにGeForce7150の更新があったので、

更新のインストールをして 再び動画を再生してみたらスムーズに再生するようになりました。

付属のCDに入っていたドライバでは古かったのかな?

Dsci1101

それとも あの「?」が悪影響を及ぼしていたのかな・・・

そして 先ほどのパフォーマンスの評価も「グラフィック」のスコアが0.1上がって3.2になってました。

Biostar32

ついでにファイナルファンタジーのFFペンチ3での計測もしてみました。

Dsci1094

スコアは1889でした 4年前のモデルの富士通CE70J7が1500だったので、少しグラフィック性能がいいくらいなのかな

まあ オンボードのわりにはFFのデモでのパフォーマンスはなかなかよかったです。

総括して考えると 1980円のわりにはなかなか使えるマザーボードだと思います。

でも BIOSTARってイマイチ人気がないですよね。

その理由のひとつにメーカーサイトの言語選択に日本語がないからじゃないかな

Biostarsite

BIOSTAR メーカーサイト TF7150U-M7製品情報ページ

まあ 大まかな仕様なら代理店のMVKでわかります。

Mvk

MVK TF7150U-M7製品情報ページ

このモデルは2007年の後半に出たモデルですけど、まだ新品を販売しているところがありました。

Pa0_0075

近くのパソコンショップの「ZOA」というところで9980円で販売していました。

意外と高いんだなあ・・ 

BIOSTARって2流メーカーってイメージがあるし、しかも古いモデルなので10000円近くもするなんて・・・ ちょっと高いよね

Pa0_0074

やはり グラフィックがGeForceということで高いんだろうな

でも 所詮オンボードなので、グラフィックボードを付けた時に比べたら、

Vistaのパフォーマンスのスコアで示している通り さすがに3D映像は落ちますからね。

でも ディスプレイの設定はNVIIAのコントロールパネルなので、グラフィックボードが入っている時のように設定できるし、

Nvidiacotrolpanel

背面のインターフェースもアナログのD-SUB15ピンはもちろん、DVI-Dのデジタル端子とHDMI端子も付いているので、

Dsci1102

地デジも視聴できると思うので長く使えそうなマザーボードですね。

地デジといえば 自宅はまだ視聴できる環境ではないだよなあ・・

アンテナを立てるか、NTTの光フレッツにするか選択肢はいくつかあるけど、

国が支援してもう少し安くして欲しいよなあ

まあ 自分だったら

アンテナの設置は最初の料金だけで済むけど結構な値段がするから

突然の引っ越しなども考えておいて 手っ取り早く月額625円のNTTの光フレッツにするけど

どっちにしてもこの値段じゃ無理かな 高い!

Chideji

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャンク品のマザーボードの検証 (FOXCONN P4M800P7MA-RS2)

そして 最後に検証するのは、

前にも買ってきたものと同じFOXCONNのP4M800P7MA-RS2です。

Dsci0987

前に検証した時は電源は入ったけど、古いのでCPUがCeleron・E1200に対応していなかったみたいなので起動しませんでした。

このマザーボードもメーカーのサイトにマニュアルやドライバがあるから心配はないんですが、

P4m800driverdownload

メーカー製品情報ページ

とにかく情報がほとんどないマザーボードなので

対応CPUもサイトのページにPentium4とD、CeleronDと書いてあるだけで細かい型番が載っていないので同じくらいの年代で合わせるしかないです。

価格ドットコムでも情報が得られないのはこのマザーボードくらいです。

P4m800kakakucom

価格ドットコム P4M800P7MA-RS2ページ

でも このページを見る限りでは2006年の12月あたりに登場したらしいですね。

ということは 先ほど検証したASUSのP5NDS-SLI Deluxeよりも新しいモデルのようです。

なんで また同じのを買ってきたかというと、新しく買った方はドライバCDやマニュアルが付属していたからです。

Dsci0988

とにかく情報が少なくて、自分にはとてもミステリアスに感じたマザーボードなので詳しく知りたいということもあってわざわざ買ってしまいました。

でも マニュアルを見てみたところ 日本語で書いてあるところもあるんですが、

折りたたんだ大きい紙きれ一枚なので、とにかく大雑把にしか書いてないので有力な情報を得るまでには至りませんでした。

Manual

Dsci1095

まあ なんとか組める情報は確保してあるから・・ いいか って感じです。

それに失敗して壊してもストックがあるし

そして 2枚のP4M800P7MA-RS2を見比べてみました。

Dsci0989

同じ製品のはずなんだけど 中央のヒートシンクの色が違います。

それと表記が違うところもありました ロットが違うと多少の変化があるのかな

まあ せっかく買ってきたんだからこのマザーも起動させてみるつもりです。

年代が近いのでおそらくCPUはP5ND2-SLIと同じのを使えるだろし、メモリはDDR-400なので、CE70J7のが使えるので ついでに組めるのでお手軽でいいかも

まあ こんな感じでまたジャンク品のマザーボードを3枚も買ってきてしまったので、家の中が賑やかになってしょうがないです。

これ以上買うと置く場所にも困るから ジャンク品で遊ぶのはこれだけにしておこうかな

どっちにしても 使うことはないですからね ただ組むだけ

早く組んでマザー達に仕事を全うさせてあげないと・・・・

Motherthink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャンク品のマザーボードの検証・2 (ASUS P5ND2-SLI Deluxe)

ジャンク品のマザーボードの検証・1の続きで2枚目の検証レポートです。

モデルはASUSのP5ND2-SLIのDELUXEというモデルでした。

Dsci0984

名前の通りNVIDIAのグラフィックボードを2枚挿してグラフィック性能を向上させるSLIを実現できるマザーボードです。

Sli

自分が買った理由ももちろんSLIができるので買いました。

SLIは前から興味があって、ゲームをそんなにプレイするわけではないので必要ないけど、

一回は構築してみたいと思っていました。

でも SLIに対応したマザーボードはかなり高額なので、使う用途が特別あるわけではないのにそんなにお金を出せないので諦めていたので、ラッキーでした。\(^o^)/

ちなみに1240円でした。

P5nd2sli1

P5ND2-SLIのスペック表示ページ

そして 早速このマザーボードのことを調べてみたら

発売されたのが2005年の4月ということで、思ったよりだいぶ古いんだなあと思いました。

自分が初めてパソコンを買って使い始めた富士通のCE70J7が2004年の10月だから、その半年後に出たんですね。

デザインに古さは感じないし、SLIということでもっと新しいモデルなのかと思ってました。

てゆうか SLIってそんな前からあったんですね。

Akibapchotline

AKIBA PC-HOTLINEでのP5ND2-SLI Deluxeの発売当時の様子

AKIBA PC-HOTLINEで発売当時の記事が掲載してありました。

AKIBA PC-HOTLINEさんのページで箱の写真などを見たけど、豪華で高そうなイメージです。

値段も30000円近くしたみたいですね 昔は今よりも高かったから当然か・・・

そして 気になる対応CPUを調べてみたら、Pentimu4、PentiumD、CeleronDの現在はほとんど新品が売られていない古いCPUでしたね まあ 4年以上前だから当たり前か・・

P5nd2slicpusupport
P5ND2-SLI DELUXEのCPU対応表

というと このマザーに使えるCPUは持ってないので、BIOS起動は現在無理です。

CE70J7もPentium4ですが、ソケットが478なので流用ができないので残念 (-_-)

それにメモリもDDR2-667なので これも持ってないから手に入れておかないと

P5nd2

まあ なんだかんだいっても使えるかどうかまだわかりませんからね。

パーツは持ってないからインストールテストなどはできないけど、

とりあえず通電テストだけでもやってみました。

Dsci0985

おっ! 光った 光った  とりあえず電気は入るようなので希望が持てます。

よしっ とにかくCPUとメモリをなんとか安く買ってこよう!

たしか CPUはドスパラ の中古品でPentium4の2.8G(520)が1780円で出ていたなあ

でも SLIを組むので出来ればCE70J7と同じくらいの3.2Gくらいは欲しいなあ・・・

Fujituce70f7_2

メモリは出来れば1GBくらいは欲しいかな たしかソフマップ で新品が2000円くらいだったかな

まあ とにかく組んでみないと買った意味がないので、必要最低限のパーツを揃えて、

それで使えることがわかったら メインのグラフィックボードです。

調べてみたらこの年代だとGeForceの7000番台当たりですね。

76OOGTあたりが適しているようです。

最近の200系はもちろん、9000、8000番台だとCPUが非力だから能力を発揮できそうもないですからね。

このマザーボードを買った帰りにT・ZONE でASUSフェアをやっていて、ASUSの9600GTが6000円で売っていたので、買おうか迷ったんですけど買わなくてよかったです。

とにかく 中古で安い7000番台でSLI対応のグラフィックボードを探してきます。

今回はSLIだから2つ同じのを手に入れてこないと意味ないんだよな・・・

ドライバ関係もあるみたいなので とりあえずは安心かな

P5nd2slidownload
P5ND2-SLIダウンロードページ

ということで これからパーツ集めをしようと思います。

CPUはPentimu4で、グラフィックボードも7000番台で構成しても 最近のCore2シリーズのCPUで9000番台あたりを一基搭載したスペックよりも落ちるだろうけど、

一回はやってみたいです SLIを

では 最後にFOXCONNのマザーボードを  つづく

Sli

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャンク品のマザーボードの検証・1 (ASUS K8V-MX)

先週末でいくつか買ってきたジャンク品の中で

マザーボードが3枚あったので検証してみました。

Shop_4_custom

このマザー3枚はフェイスのジャンクショップの”じゃんじゃん亭”で、ただでさえ安いジャンクなマザーボードがタイムセールで半額だったので3枚も買ってしまいました!(^^)!

まあ 半額の対象だったのは箱はもちろん、ドライバCDなどの付属パーツはなにも付いてない袋に入ってるだけの商品だけですけど

ということで お楽しみの検証をしてみました。

まずはASUSのK8V-MXです。

Dsci0986

AMDのソケット754対応のマザーボードです 490円でした。

このマザーを買った理由は 前の週に買ったSempron・SDA3000がソケット754だったので、これに対応するマザーボードを探していたので丁度よかったです。

Dsci0953

ちなみにこのSempron・SDA3000もじゃんじゃん亭で500円でした。

他にも箱に入っていて付属品がすべて揃っているBIOSTARのマザーがあったんですが、

1980円だったのでわざわざ組んで長く使う気はないので、この490円の”本当にジャンク”って感じのマザーボードにしておきました。

とりあえずはCPUとマザーだけで電源を入れてみようとしたんですが・・・

スイッチのコネクタを挿すピンが見つからないんですよね・・・

だから マニュアルをダウンロードしてみました。

K8vmx_2

かなり古いマザーボードなのでないかと思っていたけどありました。

そしてマニュアルを見てみたんですが あるはずのものがない・・・・

つまりピンがないみたいです。

K8vmxconecta

K8vmx2_2

ということで スイッチが使えないなら起動は無理そうです。((+_+))

もう1枚同じのがあったからそっちにすればよかったなあ・・・ ガックリ

なので このソケット754での構成はひとまずお預けです。

でも このマザーボードはかなり昔のモデルだけど、ドライバなどはメーカーが提供しているんですね。

K8vmxdownload

ASUS K8V-MXダウンロードページ

まあ ASUSだからかもしれないけど、もう1枚ASUSのマザーを買ってきたので

これで心配はないです。

まあ これはこれで分解して遊んでみようかな 490円だし

さて 次もASUSのマザーですが、これは珍しかったのでかなり興味が湧きました。

つづく

Mothebord

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再び新しいケースに組み換え

先日、前から欲しかった赤いPCケースがフェイス のジャンクショップの”じゃんじゃん亭”で5980円で出ていたので買ってきました。

Dsci0961

前から赤いケースが欲しかったので丁度よかったです。

しかも 同じ色のDVDスーパーマルチドライブ付きなので最高です。

Dsci0963

赤いドライブなんてなかなか売ってないし、前に見た時は5900円くらいだったから

このケースとおなじくらいの値段でした。

だから ジャンク品とはいえ得した気分です。!(^^)!

早速、DVDドライブなどが使えるかどうか試したいので、前に組んでいたケースから移し替えてみました。

Dsci1005

ATXとMicroATXが搭載できるようです 結構スペースあるなあ・・

ファンはリアとフロントに1基ずつです。

Dsci1009

電源はこれもじゃんじゃん亭で1500円で買ってきたKEP-570Wを採用します。

Dsci1010

そして ハードディスクも付けたので、マザーボード本体を搭載して取り付け作業は完了です。

Dsci1012

MicroATXだとこんなにスペースが余るので、ハードディスクの位置だけ気を付ければ長いグラフィックボードでもいけそうです。

Dsci1017

電源の配線を繋いで、とりあえず起動させました。

まずは一番気になるDVDドライブを開けてみました。

Dsci1021

おーっ 大丈夫そうだ では音楽CDをかけてみたら大丈夫ですね。

次はDVD-Rに入っている映像を再生してみたんですが、

Dsci1019

最初は動きがカクカクして、その後ブルースクリーンで落ちてしまいました。

他のパーツは全部以前の設定だったけど、DVDドライブだけは替えたので認識が不安定だったのかな?

その後、起動させて再生してみたら 大丈夫でした。 一時的なものみたいです。

Dsci1024

これで換装作業はすべて終了です。

やっぱりこのケースはカッコイイな・・・

フロントのファンがレインボーカラーなのは驚いたけど

Dsci1023

それと CPU、VGA、と後もう一つなんだっけなあ とりあえず3つの温度計が付いてます。

でも 配線みたいなのを差さなければ効果ないので、カッコイイので付いているだけでいいです。

こんな感じで念願の赤いケースに組んでみました。

フェイス のオリジナルケースみたいですね。

でも おそらく古いのでオンラインショップでは出てませんでした。

まあ 古くてもカッコイイので満足です。!(^^)!

ちなみに我が家のケースはこのケースで11個です。

ケース屋さんでも開こうかな てゆうか寝る場所なくなりそう・・

Dsci1022

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イオシスでジャンクなDVDスーパーマルチをゲット

引き続き日曜日に秋葉原で買ってきたジャンク品のネタですが、

もしかしたら 一番得したかもしれないのがこのDVDスーパーマルチドライブです。

Dsci0971

Dsci0970

LG電子のドライブでIDE接続のタイプです。

価格は500円で、上にシールで最初はLG電子製のドライブなので、「LG」と書いてあるのかと思ったら「NG」でした つまりジャンク品てこと

でも IDE接続なので古いと思いきや外観はかなりキレイでとてもジャンク品には見えません。

色がシルバーだからかもしれないけど、ジャンクマニアは引き寄せられると思います。

これはフェイス のじゃんじゃん亭ではなく、中古パソコンショップのイオシス で見つけました。

いちよ店員にこのDVDドライブのことを聞いてみたら、”動作確認をしてないのでジャンク扱いになったものです”ということでした。

とりあえずはしばらく考えて

”こんな外観がきれいなのを調べもしないでジャンク扱いするかなあ?”と思って

ひとまず断念しました。

Dvddrive

その後、ソフマップでも中古でDVDマルチドライブが700円で出ていて、

こちらはジャンクではないようなので購入しようと思ったんですが、レジが混んでいて並んでいたら、その間に買う気がなくなって戻してきました。

というのは 書き込むスピードなどが遅いみたいだし、別にドライブ類が足りていないわけではないのにこんな古そうなのを700円も出すのが勿体ないと思い始めたからです。

まあ 自分は気が短いせいか待たされたりすると気分が萎えてしまうんですよね。

Osoi

ということで イオシスにあったDVDドライブがまたしても気になり始めて 結局買ってしまいました。

レジの店員にも「動作保証はないけどよろしいですか?」と聞かれて、”一か八か賭けてみるよ 壊れてたら分解して遊ぶから”と言って購入しちゃいました。

なんだろう やっぱりあの外観ですよね 写真ではわかりずらいけど結構キレイですよ。

Dsci0972

そして 先ほど自作に繋げてみたら・・ トレイが開くから電源は入ります

Dsci0996

よし それでは音楽CDを入れてみよう

Dsci0998

おお~っ! メディアプレイヤーが起動して音楽も鳴りました

これは使えない確率の方が高いと思っていたので超ラッキーです\(^o^)/

まあ 書き込みの方はしてないので完璧に使えるかどうかは検証してないけど大丈夫でしょう。

Ongaku

でも 不安がひとつ・・ CDを起動したときケースの段差に落ちて内部からすごい音が聞こえてきました。

最初誤動作かと思ったら、自分が不安定なとこに置いたのでずれて落ちたらしい。

とりあえず再び起動してみたら問題なかったので大丈夫だと思うんだけど・・・

この先不具合などが出たら自分のせいかも・・((+_+))

ということで これはいい買い物したと思います。

このDVDスーパーマルチドライブを買った中古パソコンショップのイオシス はパソコンだけでなく周辺機器や必需品アイテムなど品揃えが抜群ですね。

前にもDVIの中古のケーブルを500円で買ったり、秋葉原の中古パソコンショップの中では一番利用しています。

それに店員も秋葉原のいろいろなショップの中では一番感じがいいです。

いくつかのショップでは偉そうに生意気な口調で答えるやつが多いしな

まあ その分詳しく教えてくれるのでパソコンに関して知識が乏しい自分には勉強になるので文句は言わないけど

これがパソコン以外のことだったら首根っこ掴んで締め上げるけどな

まあ こんな感じで秋葉原に行った時は必ず寄る中古パソコンショップのイオシスは必見です。

中古パソコン本体だったらイオシスのオンラインショップ でもあるので持って帰ってくることを考えると

そっちの方がいいかも 

今回の秋葉原遠征もケースやモニタ、マザーなど買いまくってきたので、持って帰ってくるのがかなりしんどかったです

Omoi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EIZOの古いモデル Flex Scan L350

昨日、秋葉原に行った時に中古のモニタを1台買っておきました。

EIZOのかなり古そうなモデルで、Flex Scan L350と書いてありました。

Dsci0980

この前直したジムのパソコンが壊れた時のためにと思って、中古パソコンやモニタの安いのを調べていて、

モニタは一番安くても2480円くらいだったけど、このEIZOモニタはアキバ・パレットタウンという中古ショップで1980円という正常に映るモニタでは最安値だったし、

それになんといっても モニタではトップメーカーのEIZOだったので買っておきました。

ジムのパソコンはモニタもNECの純正なので使えない可能性が高いので、壊れた時にはこれを使おうと思ってます。

Dsci0664

Dsci0745

あまりにも安かったので店舗で映るかどうか確認してきました。

そして 早速自宅で起動させてみました。

Dsci0990

おおーっ 以外ときれいだなと思ったけど、コントラストが強すぎて このVistaの画面の左下の方の黄色い部分がまぶしすぎるので、モニタの右下にあるボタンで調整しました。

Dsci0991

うん これでいい感じになったかな

ディスプレイはいいんだけど、音が鳴らないのでスピーカーの端子の穴があるか探してみました。

Dsci0982

ないみたいだから スピーカーが壊れてるのかな?

まあ とりあえず検索してこのモデルの口コミなどがないか調べてみました。

古いモデルの割にはかなりヒットしたのには驚きましたけど、PDFファイルのマニュアルが出ていたのでダウンロードしてざっと目を通しました。

Flexscanl350

そしたら 音のキーワードがでてこなかったので、これは最初から付いてないようですね。

最近のEIZOのモデルはほとんどスピーカー内蔵だと思ったので、これも当然付いてるのかと思ったんですけど ないみたいです。

ちょっと ガックリ

Ochikomu

我が家のモニタとしては6台目ですが、スピーカーが内蔵されてないモニタは2台だけです。

たしかに外付けのスピーカーの方が音質も音量も高いけど、結構邪魔なんですよね

まあ 安いので文句はないけど 小さくて使い勝手がいいから買ったんだけど・・・

とりあえずはスピーカーを使わないで活用する方法はデュアルモニタがいいかな

Dsci0992

でも いくら古いとはいえ我が家では初めてのEIZOのモニタです。!(^^)!

EIZOといえばモニタではトップブランドなので1台は欲しかったのでよかったです。

本当は現行モデルの液晶モニター FlexScan EV2023Wが欲しいんだけど・・・

前にEIZOのセミナーに行ったときに見てきましたけど、

縦にスライドして視点を替えることができる「フレックススタンド」や、

人が離れるとパワーセーブして節電効果がある「人感センサー」などかなり多機能で、かなり欲しくなりました。

Dsci0209

Jinkan1

モニタ業界のトップだけあって値段もかなりするけど、保証も5年も付いているし品質も間違いないので長持く使えることは約束されているようなものですからね。

まあ もう6台もあるので置く場所がないから買えないけど、今度新品を買うとしたら現行モデルを1台くらい欲しいなあ

Chabudaipc

EIZOダイレクト

| | コメント (2) | トラックバック (0)

念願のPCケースをゲット

今日は再びフェイスのジャンクショップの”じゃんじゃん亭”でいろいろと購入してきました。

Shop_4_custom

今日はタイムセールで一定の箱の程度の悪いマザーボードやグラボが半額になったので、3枚のマザーボードとセールの対象ではないけどケースを買ってきました。

やはり 今日一番のお買い物はこの赤いケースです。

Dsci0960

このケースはフェイスのオリジナルケースだと思います。 たぶん

まえから赤いケースが欲しかったので、念願かなったというところです。

ジャンク品なので、5980円と安かったのと ケース同色のDVDドライブが付いているのが

かなり お気に入りです。

Dsci0958

よく市販されているモデルは、黒、白、銀、金ですが、赤はあまりないですよねl。

Dsci0954

とりあえずはこのケースに早く組んでみたいです。

Pccasered

フェイスインターネットショップ(faith-go.co.jp)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャンク品の動作確認・3

ジャンク品の動作確認・1ジャンク品の動作確認・2の続きです。

長すぎてしまったので、これで最終回です。

ジャンク品の電源とギガバイトのGA-EP45-DS3の動作することが確認できたので、

前から試してみたかったジャンク品のマザーボードの動作確認に入りました。

まずはジャンクとはいえ程度がよさそうなBIOSTARのTF7150U-M7から検証しました。

Dsci0826_2

最初のテストではさっき使えることが確認できたKEIANのKEP-570Wではなく

Dsci0934_3

前にドスパラ で買ったジャンクケースに付いていた電源で試してみました。

とりあえずさっきのギガバイトのGA-EP45-DS3のテストの時で使えることが確認できたので最初はこの電源で試してみました。

Dsci0932

これはかなり古い電源で、SATAのコネクタが付いてません。

検証で使っているハードディスクはシリアルだけど光学ドライブはIDEなので、ハードディスクは付けなくてもBIOSは起動するみたいなのでこれでも大丈夫だと思って繋げてみたところ

マザーボードの電源が入るんだけど、起動しませんでした。

電源が入らないということは設定も問題かと思って、マザーボードのサプ電源に繋ぐ4PINのコネクタがこの古い電源にはないので、

KEP-570Wに付け替えて真ん中にある4PINのコネクタに差したところ

Dsci0923

Dsci0910

おーっ 無事ロゴ画面までいきました\(^o^)/

これは結構掘り出し物だったかも

でも 先ほどギガバイトのGA-EP45-DS3で動作確認したときは4PINのコネクタのサブ電源を差さなくても起動したんだけどなあ マザーボードによって違うんですね。

Dsci0915

ここまでいけば多少おかしくても使えそうですからね

そして BIOSの画面に行ってみました。

Dsci0914

自分にはお馴染のAward社のBIOSでした。

このマザーボードのマニュアルは英語しかなく、メーカーのサイトに行っても日本語のページはないので、使い慣れているBIOSだと安心です。

そして OSもインストールできるか調べてみたら、ちゃんと認識してできるみたいです。

Dsci0264

まだ使い道が決まってないのでインストールは途中でキャンセルしておきました。

これでTF7150U-M7が動作することがわかったので、次は本当のジャンク品のマザーボードです。

このFOXCONNのP4M800P7MA-RS2というマザーボードは古いみたいなので、探すのに苦労しました

まず このマザーボードは他のメーカーみたいに真ん中の大きく型番が記載されていないので、どれが型番なのかわかりませんでした。

PCI-EXPRESSのスロットはなくAGPスロットだし、SATAのソケットもあったんですが、

Dsci0945

Dsci0947

最近のマザーボードとタイプが違うので最初はないと思ってました。

さあ それでは動作確認です。

Dsci0931

必要最低限のパーツを繋いで電源オン

・・・・電源は入るけど画面が出ないなあ・・

いろいろと手を尽くしたけど、現状の構成では無理なようです。

やっぱりCPUだよなあ

今回の動作確認で使っているCPUはCeleron・E1200で、このマザーボードは古すぎて対応してないから起動しないんじゃないかなと思います。

今度、またジャンクのCPUを探して検証してみようと思います。

これで本日の検証は終了です。

やっぱり新品のパーツを組むよりもおもしろいですね。

動くかどうかドキドキするし、動かなくて当たり前 動いたらラッキー\(^o^)/という感じでやっているし

これが新品のパーツだと 動いて当たり前 動かなかったら問い合わせないといけないし、ショックもでかいです。

FOXCONNのマザーボードは今のところは起動しなかったけど、ジャンクショップのじゃんじゃん亭で購入したのはほとんど使えてます。

まあ 壊れてるのばかり出していたら誰も買わなくなるしね。

動作確認するのが面倒でジャンクに出しているのかもしれないし

とにかくジャンク品で遊んでいるのがおもしろいので、またじゃんじゃん亭で面白そうなのを買ってきます。

昨日はこの他に外付けスピーカーとAMDのSempron・SDA3000を買ってきました。

Dsci0950

Dsci0953

二つとも500円でした。

そういえば このCPUはフェイス のオンラインショップで980円で出てましたね。

こっちは中古と書かれていないので新品みたいですね 

まあ このCPUでパソコンを長く使うわけではないので、壊れてなかったら安い方がいいので

Sempronはソケットが754なので またこのCPUが使えるマザーボードをジャンク品でみつけようかな

AMDはまだ一回も使ったことがないので組んでみたいです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャンク品の動作確認・2(電源使用可能)

ジャンク品の動作確認・1の続きです。

とりあえず最初に以前から持っているギガバイトのGA-EP45-DS3でジャンク品のKEIANのKEP-570Wが使えるかどうか調べてみました。

Dsci0054_2

Dsci0934_2

使えるかどうか試すだけなのでケースにわざわざ組むのも面倒だなあと思って、

今回は 以前に買っておいたアクリルの基盤に設置して検証しました。

Dsci0908

そして スイッチを昨日買っておいたので、これで丸裸のまな板ケースってやつが構成できます。

このアクリルパーツは様々な種類があっていろいろな形のケースを組み立てて作ることができます。

Lubicという組み立てアクリルパーツのメーカーです。

メーカーのオンラインショップで購入できますが、店頭では秋葉原のTZONE にあります。

自分もそこで基盤とスイッチを買ってきました。

結構楽しそうなので、今度面白いのを作ってみようかな

ということで話は反れましたけど、とりあえず組んでみました。

Dsci0905

う~ん なかなかいい光景だなあ

そして とりあえずこれにモニタとCPU、メモリ、電源、スイッチの最小限のパーツを付けてスイッチをオンにしたところ… あれっ? 電源が入らない

やっぱりジャンク品だから壊れていたのかなと思ったら 電源の後ろのスイッチがオフになってました・・・((+_+))

気を取り直して再び電源をオンにしたら

入った 何とか使えそうです これで長持ちしたら最高ですね 1500円だし

でも BIOSが起動しないので”まさか ツクモの査定したやつ本当に壊したんじゃねーか?”と思ったら、

光学ドライブを付けたらBIOSが起動しました。

Dsci0927

やっぱりドライブ類を付けないとBIOSまで起動しないようですね。

ついでに新品のハードディスクも付けておきました。

とりあえず BIOSも異常ないみたいだし大丈夫なようです。

まあ 他も壊されたというのも考えすぎだし(*^_^*)

さて GA-EP45-DS3とKEP-570Wが使えることが分かって ここからが本題です。

以前にフェイスのじゃんじゃん亭で買っておいた2枚のマザーボードが使えるか検証です。

1枚はBIOSTARのTF7150U-M7という2年前のモデルらしいです。

Dsci0826

これは1980円とジャンク品にしては安くはないけど、箱や中身も揃っていて普通の中古品と変わらない状態です。

Dsci0829

もう1枚は袋に入ってるだけの本当のジャンクって感じでモデルは

FOXCONNのP4M800P7MA-RS2というモデルで検索してもほとんど出てこないので、いつ頃販売していたのかもわからないです。

Dsci0830

これから 本題の2枚のマザーボードの動作確認です。

長くなってしまったので またしても つづく


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャンク品の動作確認・1(電源の機能と買い取り査定)

昨日、また秋葉原に行った時にジャンク品をいくつか買ってきました。

2週間前にも行ったんですけど、やはりフェイス のジャンクショップの「じゃんじゃん亭」は欲しくなるアイテムがたくさんあります。

Shop_4_custom

今回買った掘り出し物は1500円で買ったKEIANの570Wの電源です。

Dsci0934
現在、これと同じ似ている電源を自作に組み込んでるので、壊れた時に交換できる部品があるかもしれないと思って買っておいたんですけど、

Dsci0001

ちょっと違うモデルのようです。

調べてみたら、現在使っているのがKEP-570W/Jで ジャンク品の方はKEP-570Wというほとんど同じモデルのようで、違いは

使い方に合わせて12Vを2系統で使用(Split)と1系統に統合して使用(Combine)してSplitとCombineの切り替えスイッチが手動か自動の違いで、自作ですでに使っている方が自動で ジャンク品の方が手動みたいです。

Dsci0938

通常の使い方だと2系統のSplitの方が効率よく安定しているけど

グラフィックガードによっては1系統が20Aを超えるもの、また、SLI等で使用の際、それが逆に弊害になり動作しない場合があるみたいです。

そんな時に切替スイッチを2系統のsplitから1系統のcombinedにすることで正常に動作するみたいですね。

まあ これは大きなグラボを搭載した時には便利だけど、自分にはあまり必要ないかな

それに すでに使っている自作機はGeForce9600GTだからそれほど電力も使わないだろうし、自動で切り替わるらしいから安心です。

Dsci0064

ちなみにこのSplitとCombineのことはここのサイトで調べました。 詳しく調べたかったら見てください。

ということで 切り替えくらいの違いなので中の部品は流用できるかもしれないです。

そんなことよりも とりあえずは使えるかどうか試してみないと

とりあえず前にじゃんじゃん亭で買っておいたジャンク品のマザーボード2枚と、

以前使っていたギガバイトのマザーボードで検証してみました。

ジャンク品のマザーボードははじめて検証してみるんだけど、なぜ 使えていたギガバイトのマザーボードを検証するかというと・・・

昨日ツクモで買い取り査定をしてもらいました。

査定額が自分の購入した金額よりも上だったので、現在使っていないということもあり遊ばせておくのも勿体ないので売却しようと思って査定してもらったんですが、

メモリのスロットを引いたら折れていたらしく買い取り対象ではないということだった。

Dsci0942

もちろん折れていない状態で持っていたので聞いたら レバーを引いたら折れていたということだった。

自分が持って行った時は壊れていなかったんだから”こいつが壊したんじゃねーか”ということも考えらるんだよなあ

でも 査定専門でやっているプロなんだろうから強引に引いたりはしないし、一番端のスロットなので引くときにグラフィックボードに押されたり当たっていたので、自分が知らぬ間に壊していたかもしれないという可能性が高いので、疑念を抱きながらもツクモの買い取りセンターを後にしました。

まあ これに懲りてマザーボードなどの精密パーツの売却はしないようにします。

自分の見てる前で査定してくれればいいんだけど、だいたい奥の方で電源を通して検証するんだろうから壊そうと思えば壊せるしな

売却できなかったのは残念だけど、このマザーボードは中古でも結構な値段するし、フェイス の本店ではアウトレット品が未だに7980円という高額で売られていましたね。

メモリのスロットはレバーが一つ壊れただけなので、4つもあるから自分が使う分には支障はないので、また使い道を考えます。

ちなみに査定額が6800円で 自分が購入した金額は6771円です 欲張りすぎたかな(*^_^*)

それで 査定してもらって余計なとこいじくられて壊れてないか調べてみました。

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やはり3DはVistaよりXP?

ちょっと前まではいく度ともなくパーツの構成を替えてきましたが、

最近は落ち着いたので、久しぶりのファイナルファンタジーのベンチマーク3を走らせてみました。

Ffbench3blogfile

とりあえず5台あるうちのある程度のスペックを持つ3台を同時に測ってみました。

グレア、ノングレアの違いはあるけど、3台とも22インチです。

Ffbench1

右から

①自作クリアケース
Windows・XP HomeEdition SP3
Core2Duo・E7400
GeForce9600GT
メモリ3GB HDD1TB

②デル Vostro220S
Windows・XP Professional SP3
Core2Duo・E8400
HD3450
メモリ4GB HDD1TB

③自作NineHundred
Windows・Vista Ultimate SP1
Core2Quad・Q9550
GeForce9800GT
メモリ4GB HDD750GB

まあ 似たり寄ったりですけど、③が一番スペックが高いです。

Ffbench2

ある程度のスペックにはしてあるので、3台ともコマ落ちなどなくスムーズに進んで行きました。

そして スコアの結果は

①が7800、②が4800、③が8300でした。

①の構成でOSがVistaのHomePremium時は7100だったので、スコアが伸びて満足です。!(^^)!

②はCPUはCore2Duoシリーズでは上位なので期待していたんですが、グラフィックボードが玄人志向のRH3450-LE256G なので、さすがに他の2台には及びませんでした。((+_+))

そして 一番スペックの高い③なんですが・・・

これにはガックリです。((+_+)) 9000は超えると思っていたんですけど、①と500程度しか変わりません。(-_-)

BIOSやOSは認識しているし、ドライバももちろん入っているので問題はないと思うんですけど・・・ なんで?って感じ

ネットで調べてみると オーバークロックしなくても10000は超えるみたいなのでショックでした。

けど ①はXPにしたらVistaの時よりも700もスコアが上がっているので、前にどこかの記事で「Vistaは3D作業には向かない」というのを聞いたことがあったので、

Dsci0394

①自作クリアケース

再び調べてみたところ・・・

変わらないという事例もあったけど、やはりXPよりVistaの方がベンチマーステストでは下回るといる事例が多かったです。

なので 実際試してみようと思いました。

実は③のマシンは別のハードディスクにXPをインストールしてあって、デュアルブートにしないで、用途によってケーブルと電源を付け替えて使っています。

現在はほとんどVistaで使ってます。

そして 再びWindows・XP Profrssional SP3にOSを替えた③でFFベンチを走らせてみたところ

Dsci0257

②自作NineHundred

やっぱりスコアが伸びました 10500です \(~o~)/

Vistaってエアロなどの機能を見ると、OS自体が3Dっぽいのに、3D映像には向いてないのかな やっぱり

たしかに3DオンラインゲームもVistaの環境を保証していないゲームも多数あるようです。

自分がプレイしているゲームではR.O.H.A.NがVistaの環境がイマイチのようなので、XPでプレイしてます。

数値が示す通りゲームや3D処理の作業はXPした方がいいみたいだなあ・・・

せっかく③のようにお金をかけてハイスペックに仕上げても3D映像がイマイチというのもかなり損した気分だし。((+_+))

この後、ついでに②のデルのVostroはデュアルブートで使っているので、VistaのBusinessで測ってみました。

Vostro1

②Vostro220s

そしたら これはXPの時と同じ4800でした。

・・・・ わかんないなあ  まあこれで一概にVistaの方がダメということではないですね。

たしかにネットの事例でも”変らない”というのもありましたから・・

でも Vistaでスコアが落ちたという事例はあっても、XPで落ちたというのはなかったので、

XPの方が無難でしょう 

この前、3D画像作成ソフトを買ったので これからやる3Dグラフィックの作業はXPでやることにします。

そして 最後に4年以上前に買った最初のパソコン FMV-CE70J7でやってみました。

Fujitu1_2

富士通FMV-CE70J7

スペックは

Windows・XP HomeEdition SP2

Pentium4 3.2Ghz

インテル 865GV

メモリ512MB HDD250GB

古いし もちろんグラフィックがチップセット内蔵のタイプなので、上記の3台とどれくらい差がつくか試してみました。

Dsci0883

Dsci0886

やはり上の3台とは全然違いますね。 コマ落ちはかなりひどいです 差があるのはわかっていたけど、

まさか ここまでとは

Dsci0887

結局1500くらいでしたね Vostroの半分も行かないや・・

違う自作のマシンでグラフィックボードを付けないで、G41のオンボードでシルクロードオンラインをプレイしたら

Dsci0857

動作が鈍かったので、Vostroにも付いているロースペックのRH3450-LE256Gを付けただけでコマ落ちがなくなり飛躍的に映像と動作がよくなりましたからね。

やはり 3D映像関連の作業をするならグラフィックボードはないと厳しいですね。

それと VistaよりもXPで作業した方が無難かな

そういえば このFFベンチの計測後にあるデモを見てるとプレイしたくなるなあ・・

Dsci0888

ゲームは序盤がつまんないからなかなか入り込んで行けないんですよね。

いきなりすごい場面から始まったら一気にハマりそうな

でも 最初からそんな画面だと後がつまらなくなるだろうな やっぱ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NineHundred

今日は近所にあるパソコンショップのPCDEPOT に朝から行ってきました。

Pcclinic

目的はゲーム用PCケースで有名なAntecのNineHundredのアウトレット品が3700円と驚くような値段で出ていたので、それを購入するためです。

iconicon

でも 各店1台ずつなので買える可能性は低いと思っていたので期待はしてませんでした。

開店10分前に着いたら案の定8人くらい並んでいまいした。

買えなかったら”今日のセール品でも一通り見て帰ろうかな”くらいに思っていたところ、

自分の前に8人もいたのにみんな今日のセール品の方に行ったので

すぐに店員を呼んでNineHundredが何処にあるのか聞いたら

「あった」 台車に乗って本当に1台だけしかありませんでした。

速効でその台車をキープってゲットしました\(~o~)/

通常は15000円くらいで販売しているNineHundredがアウトレットとはいえこんなに安く出ていたので、1台限定ということもあり まさか買えるとは思ってなかったです。

とりあえず台車を押しながらセール品のを見て、他の製品も見ようと思ったんだけど、

台車を押しながら見るのはかったるいし、それにちょっと恥ずかしいので

ちょっと見まわしてレジに行きました。

レジで店員になんでアウトレットになり下がったのか聞いてみたところ

箱の傷だけで格下げ商品になったらしいので、中のケースは全く問題なく しかも未使用です。

Dsci0859

”それだけで売れ筋のケースが4分の1まで値段が下がっちゃうの?”って感じです。

こんなに安いNineHundredは今、日本にはないでしょう。(Antecって海外メーカーだよな たしか)

ということで ものすごい得した気分に浸りながら帰りました。

実はNineHundredはすでに1台持っています。

TWOTOP のオンラインショップでメーカー再生品が7970円で出ていたのを購入して

自宅で一番スペックが高いマシンとして使ってます。

Dsci0258

このケースはゲーミングケースとして有名で放熱性能に優れています。

この写真のようにフロントに2基、リアに1基、それと上部には大きなファンが付いているので、通常の使い方だとほとんどケースが熱くなることはないです。

Dsci0228

自分が持っているケースの中ではデザインでは一番好きなNZXTのALPHAと一緒に使っていると、かなりの温度差を感じます。

マザーボードやCPUなどの内部のパーツは熱に弱いから、放熱性が高いとパーツも長持ちしますから、ケースの放熱性は重要です。

このALPHAは比較的放熱性能は低めだと思いますけどね。

Dsci0206

だから 値段もだいたい15000円くらいと高いので、TWO-TOPで7970円出ていたのがすごく安く感じたので買ったんですが、

まさか 3700円で販売するとは・・・

しかも TWO-TOPの方はクレームで返品されたのをメーカーが修理してB級品として格安で販売するメーカー再生品というやつなので箱も普通の段ボールです。

Dsci0871

だから所謂中古品と同じようなものだけど、

今日買ったこのPCDEPOTの方は箱はもちろんデザインのある正規の箱で、傷があるらしいけど中身は新品ですからこっちの方が品質は上です。

でも 箱の傷ってどれのこと言ってるんだろう?

Dsci0858

Dsci0863

Dsci0864

たしかに上部に少し潰れたようなかんじはあるけど、ケースの箱なんてこんなものじゃないのかな?

そして中も開けてみました。

Dsci0866

Dsci0869

う~ん 感動・・ はしないです すでに1台持っていて見慣れているので(*^_^*)

それに古い方も買って2ヶ月くらいなので、まだキレイだし

Dsci0867

あまりにも安いのでかなりひどい製品を想定して、最悪パーツ取りに使おうかと思っていたんですが、勿体ないので使い道をまた検討してみよう・・

前も思ったんですが、PCDEPOTは自分が知っているいろいろなパソコンショップよりは価格は高めだけど、PCケースのアウトレットに限っては一番安いような気がします。

前にもSIGMAというアウトレットのケースを買ったんですが、

このケースは自分の好きなサイドパネルがアクリル仕様で、電源も500W付きで5980円で買いました。

Dsci0529

これもかなり掘り出し物だと思いました。

中のドライブ類もネジではなくブラケットなので安っぽくもないです。

ちなみにNineHundredはネジ止めです。

Dsci0870

まあ こんな感じでPCDEPOT のアウトレットケースは要チェックです。

自分がよく行くPCDEPOTの下がスーパーなので、買い物するのに頻繁に寄るからそのついでに見てチェックをしています。

そのスーパーも結構安いです とくに菓子パン、調理パンが・・ 関係ないか

PCDEPOT WEB本店/OZZIO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

InternetExplorer 6の撲滅キャンペーン

昨日、Yahooの記事を見ていたら また面白い記事を見かけました。

現在は8までのバージョンが出ているインターネット・エクスプローラ(IE)6の撲滅キャンペーンをWeb企業などが行っているみたいです。

Ie6stopcanpean

一通り記事を読んでみて、理由はおそらくサイトの作成などが難しいからだと思います。

前にも記事に書きましたが、IE6はデザインをスタイルシート(CSS)で構成するときにレイアウトが崩れてしまいます。

IE6はWWWのWeb標準規格を満たしていないので、正規の記述で行うとレイアウトが崩れるのでWebサイト製作者にとっては頭が痛いとこなんですよね。

前に「CSSNite」というCSSのイベントで初心者講習があったのでそこでいろいろと教えてもらえました。

Cssnite_logo2

最近はかなりシェアを伸ばしてきたけどIEにはまだ届かないFirefoxやMacのSafari、それからOperaなどのブラウザが正規の表示で、

一番シェアが多いIEが表示にバグがあり正規ではないというのがおかしな話ですよね。

自分の作ったサイトもFirefoxとIE6での表示の仕方が違うので変な感じです。

Firefox_2

Firefox 正規の表示

Ie6_2

IE6 左のメニューにスペースが生じてしまう

まあ 個人のサイトくらいだったら気にすることはないけど、

企業のWebサイトを任されているサイト製作者は大変らしいですからね。

ハックといってブラウザのバグや解釈の違いを利用してブラウザ毎に表示の微調整をするテクニックがあるんですが、かなり面倒です だから自分はそこまではやらないです。

IEの7,8はだいぶレイアウトが崩れなくなってきましたが、6はかなり崩れます。

とくにメニューのリストなどを並べるときにスペースが生じてしまうのをよく見かけます。 自分のサイトもそうです。

Ie6

InternetExplorer 6

そういう理由もあって7や8にバージョンアップすることを進めているんだと思います。

IE6は2001年にリリースされたらしいので、8年経っても27%のシェアがあるっているのもすごいです。

まあ 理由の一つにはIE7が不具合などが多くて使えないブラウザだったからだと思います。

Ie7small

InternetExplorer 7

ネットで「IE7の不具合」と検索するとかなりヒットしますからね。

さまざまな不具合があるようですが、自分の場合は画面が真っ白になってフリーズしたり

突然強制終了したりするということが頻繁にありました。

それに4年以上前から使っている富士通のCE70J7もIE7をインストールしたあたりから動作がおかしくなったんですよね。

Fujitu1_2

そういうトラブルが続出しているので、IE6から脱却できないんでしょう。

Firefoxもかなりシェアを伸ばしてきましたけど、あまりパソコンに詳しくないユーザーには信用性もないし使いづらいでしょう。

でも 最近正規版がリリースされたIE8は自分も短い時間ではありますけど使っていて便利だし、特別大きな不具合はないと思います。

Ie8

InternetExplorer 8

自分が一番便利だと思うのは文字をドラッグすると矢印のアイコンが出てきてクリックするといろいろな検索メニューが表示されます。

Ie8kensaku

Ie8kensaku2

だから 古くて機能に乏しいIE6から8へ移行するのも時間の問題じゃないですかね。

でも IE6を8年も使ってきたユーザーがIE8の機能を探しながら使うのも面倒でしょうけど。

まあ 自分もIE6が入っているパソコンが3台ありますが、メインブラウザはFirefoxです。

Firefox

Fire fox

それと IE8で使っているのが2台です。

自分がIE8を使っていて6よりも便利なところは、お気に入りのインポートがスムーズにできることです。

6だと文字化けしたファイルになったりでインポートがうまく反映してくれません。

まあ 他に方法があるのかもしれないけど、調べるのも面倒なので6の入っているパソコンでのブラウザはFirefoxを使ってますけど。

IE6も悪くないけど、使い方さえ覚えれば機能的に便利になったIE8やFirefoxの方が使いやすいと思います。

それから Googleが出したブラウザ「Google Chrome」が結構評価が高いみたいです。

Googlechrome

Google Chrome

このブラウザも正規に表示してくれるらしいので、何もIEでなくてもたくさん使えるブラウザがあるので新しく便利なブラウザに移行してもいいと思います。

”どうしてもIE6が使いやすいし変えたくない”というなら変えないで使った方がいいと思います。 無理に新しいのを使えばいいというわけではないと思うので。

最後に この撲滅キャンペーンの感想は

自分の意見としては あれだけ怠慢営業でかなり儲けているマイクロソフトのアプリケーションなのに、そんな粗末なブラウザしか作れないなら

6がどうのこうのと云うより マイクロソフトのIE自体を撲滅してほしいね 

ブラウザは他の企業がなんとかしてくれるからさ

自分は当分FireFoxでいいや

Firefoxlogo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BenQのお買い得アウトレット品

モニタや一体型パソコンなどで有名なBenQのオンラインショップのベンキューダイレクト(BenQ Direct)のアウトレット品がかなりお買い得です。

とくに一体型モデルは なんと39800円です\(◎o◎)/!

激安ですよね! 昨日、デルの法人販売のキャンペーンの記事で”Vostro320というモデルが一体型では最安値でしょう”ということを書きましたが、

今日調べてみたら こんな安い一体型デスクトップがあるとは思いませんでした。

とりあえずは大まかにスペックを紹介します。

・モデル名:nScreen i91
・ディスプレイ:18.5型16:9ワイド液晶ディスプレイ
・OS:Microsoft Windows XP Home Edition SP3 正規版
・CPU:AMD Sempron プロセッサ210U (1.5GHz/L2 256K)
・チップセット:AMD 690E+ SB600
・メモリ容量:DDR2-667 1GB(最大1GB)
・対応メモリスロット:SO-DIMMスロット x1(使用済み)
・無線LAN :IEEE802.11b/g準拠
・Webカメラ:内蔵(130万画素)
・光学ドライブ :オプション
・グラフィックス :ビデオチップ:ATI Radeon X1200(チップセットに内蔵)
・保証期間:アウトレット1年センドバック保証(日本国内のみ)

う~ん ノートに近いスペックですね しょうがないか・・

メモリが1GBというのも最近の新品のマシンにしては少ないけど、

OSがVistaでなくXPを使っているのでメモリ不足で動作が遅いということはないでしょう。

CPUもインテルのAtomよりも少し性能がいいらしいけど、熱に弱いという噂もあるので夏場は注意が必要かも。

でも グラフィックはチップセットに内臓とはいえRADEONのX1200を採用しているのでそんなに悪くはないと思います。

それから無線LANを標準で搭載しているのでLANケーブルを繋げなくていいから周りがスッキリしていいです。

Webカメラも搭載しているので、チャットを利用するときなどに便利です でも自分も持っているけどこのWebカメラって使わないなあ・・

Dsci0051

それと 光学ドライブはオプションみたいですね おそらく搭載するスペースがなくて外付けになると思います。

アウトレット商品ですが1年の保証が付いています。

値段が値段なのでスペックは低めですが、39800円で一体型デスクトップが買えること自体すごいと思います。

この商品は輸送中に箱にキズができたためにアウトレットになったらしいですが、

未開封の新品なので全く心配はないようです。

その他のアウトレットは、世界最薄の24型液晶モニタが29400円で出てます。

やはり BenQといえばモニタですね

名前からしてマイナーな気がするけど(変な名前だなあと思う)モニタの評価は高いようです。

パソコン本体まで販売しているのを知ったのは最近で、一体型デスクトップしか出していないようですけど、やはりディスプレイで勝負なんでしょうね。

モニタは自分も一回使ってみたいです。

”とりあえず安い一体型デスクトップが欲しい”という方にはいいと思います。

自分だったらもう少しお金を出してデルのVostro 320 かな  デル派なので(*^_^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デルの今週のキャンペーン(8/4~8/10)

昨日から【SOHO法人様向け】デル・オンライン広告限定ページ のラインナップが一新されました。

今週は一体型デスクトップのパッケージが2種類出ているのでそのモデルを中心に紹介したいと思います。

まずは格安モデルのVostro220sのお勧めパッケージからです。

・インテル Core 2 Duo プロセッサー E7400(3MB L2キャッシュ、2.80GHz、1,066MHz FSB)
・Windows XP Professional SP3 正規版(Windows Vista Business SP1 正規版 32ビット ダウングレード版)(日本語版)
・2GB(1GB x2) デュアルチャネル 800MHz DDR2-SDRAMメモリ
・デル E2010H 20インチ ワイドTFT液晶パネルモニタ<E190sモニタより無料アップグレード!>
・320GB SATA HDD
・DVDスーパーマルチドライブ
・[ベーシック]1年間引き取り修理(保守パーツ含む)

価格は59980円です。

よく整っているスペックのパッケージですね。

Core2Duo搭載でOSもXPとVistaが付いていて次期OSのWindows7へのアップグレードも可能です。

同じようなスペックで考えたら他社と比べて十分安いと思います。

ちなみに59990円から送料が無料になるので、このパッケージのままだと10円足りないです・・

このへんがデルの戦略のうまいところですね てゆうか やらしいなあ

だから 何か使えそうなオプションを追加して購入した方が得です。

使えそうな安いオプションっていったら ハードディスクの500GBへのアップが3150円で出来ることくらいかな

自分だったら後々のことを考えて7350円出して1年引き取り修理の保証を3年にアップします。

このパッケージだと高くつくからもっと安いのがいいという方には似たような構成でPentium E5200のモデルが47980円で出てます。 もちろん送料が5000円かかりますけど。

次は一体型モデルの2つのパッケージを紹介します。

まずは安いベーシックパッケージの方から

インテル Pentium プロセッサー E5300 (2MB L2 キャッシュ、2.60GHz、 800MHz FSB)
Windows Vista Home Basic SP1 正規版(日本語版) 32ビット
2GB(1GB x2) デュアルチャネル 800MHz DDR2-SDRAMメモリ
19インチワイド液晶ディスプレイ
160GB SATA HDD
DVD+/-RWドライブ(DVD+R 2層書込み対応)
[ベーシック]1年間引き取り修理(保守パーツ含む)

価格は65979円です。

スペックはともかく一体型デスクトップでは最安値です。

デルには個人ユーザー販売でもStudio One 19という一体型モデルがありますが

値段は一番安いパッケージでも79980円はします まあ スペックはこちらの方が上ですけど。

それを考えると コンパクトなデスクトップを格安で手に入れたいならこのパッケージだと思います。

ただ このパッケージのOSのVista Home BasicではWindows7へのアップグレード権がないので、

長く使うのであれば値段は高いけどスペックは値段以上なので、自分はこちらをお勧めです。

パフォーマンスパッケージです。

インテル Core 2 Duo プロセッサー E7400(3MB L2キャッシュ、2.80GHz、1,066MHz FSB)
Windows Vista Business SP1 正規版 (日本語版) 32ビット
2GB(1GB x2) デュアルチャネル 800MHz DDR2-SDRAMメモリ
19インチワイド液晶ディスプレイ
160GB SATA HDD
DVD+/-RWドライブ(DVD+R 2層書込み対応)
Dell Wireless 1397 (802.11b/g)
[ベーシック]1年間引き取り修理(保守パーツ含む)

価格は79980円です。

値段はベーシックパッケージより14000円くらい高いですが、

CPUはCore2Duoだし、無線LAN機能を搭載してます。

OSもVista BusinessなのでWindows7へのアップグレードももちろん可能なのでこちらの方がお得だと思います。

それから送料もこのVostro320の2つのパッケージは59990円を超えているので無料です。

以上が今週の【SOHO法人様向け】デル・オンライン広告限定ページ の注目モデルです。

自分の家には6台もパソコンがあって場所がないので、スペースをとらない一体型デスクトップに1台くらい替えたいです。

ノートだと画面は小さいしキーも打ちにくいので、ノートのスペックであってもデスクトップの方が使い勝手がいいので好きです。

一体型モデルはスペースがノートのように狭いので、ノートパソコン用のパーツを使っている一体型デスクトップが多いです。

ノート用のパーツはデスクトップのパーツよりは劣るので、せっかくデスクトップを使っているのに勿体ないです。

でも デルの一体型デスクトップはこのVostro320と個人向けモデルのStudio One 19ともにデスクトップ用のパーツを使っているので役不足ということはないです。

せっかくのデスクトップなので使える機能は最大限に活かしたいですよね。

デル株式会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電源ユニット売れ筋ランキングと80PLUS

今朝何気なくYahooの記事のコンピュータのカテゴリーを覗いたら

自作パソコンで使う電源ユニットの売れ筋ランキングの記事がありました。

80plus

1位はなんと 自分が使っているAntecのEAー650 iconでした\(^o^)/

iconicon

この電源は80PLUSという電源変換効率が80%以上の製品に対して与えられる認証ロゴが付いている電源です。

最初は電源なんてなんでもいいだろうと思っていたんですが、

この変換効率が高いと電気代の節約とパーツが長持ちするようなので、これからは80PLUSのロゴが付いている製品を買うことにしました。

80pluslogo_2

パソコン用の電源はコンセントから流れてくる交流電源を直流電源に変換することが主な機能なんだけど、

変換の際にある程度のロスが出てしまうようです。

安い電源などは50%くらいの変換効率しかないのもあるみたいですね。

変換効率が50%だと、変換時に電力として使用されない50%のロスが発生して、そのまま熱になってしまうみたいです。

Dsci0215_2

この熱の発生率が大きいほどマザーボードやCPUなどに負担がかかり寿命が縮まるので、

それを考えると値段が高くても余分な熱の発生を抑えらる確率が高いので、変換効率が80%以上と保証されている80PLUSの製品を買った方がお得ということですね。

それに熱の発生が少なければ冷却ファンの回転数も少なくて済むので静音化にも繋がります。

最近は静音パソコンなどが人気ありますからね 自分はそんなに音は気にしないけど静かに越したことはないです。

Dsci0217_2  

だから 80PLUSのような電源変換効率の高い製品だと余分な熱の発生を少なく出来るので、パーツの消耗やファンの回転を抑えらて静かになるし

無駄な電力を消費しないので電気代節約にもなるということです。

まさにこの80PLUSの電源を使うことでエコに貢献できますね。

でも このランキングの中には80PLUSのロゴの付いている製品は2つしかランクインされていません。

1位の自分が使っているEAー650 iconと10位のEnermaxのEMD525AWT iconです。

iconicon

やっぱり値段が高いからですよね とくにEnermaxは高いです

あまり長く使うつもりでないなら わざわざ高い製品を買うことはないですからね。

でも 自分みたいに「少しでもパソコンを長持ちさせたい」「長い時間使うので電気代を節約したい」というなら電源にこだわった方がいいと思います。

最近の電源の売れ筋キーワードは「エコ」と「静音」ですね。

この自分が使っているAntecのが1位なったのは 80PLUSの製品の中でも安いし

しかも 650Wという大容量で10000円以内で購入できるのが1位になった要因だと思います。

ゲームならこれを付けておけば安心ですからね。

iconicon

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オウルテックのクリアケース

この前秋葉原へ行った時にフェイスで買ったオウルテックのクリアケースで我が家の6号機を組みなおしました。

iconicon

このケースの正式名称は「CrystalGazer」というらしいです。

これで我が家にはケースだけでも9台もあるので、買うのにかなり迷いまいたけど、

中が見えるクリアケースやサイドパネルがアクリルのケースに弱いんですよね。(*^_^*)

このクリアケースは前に買ったのでこれで2台目です。

前に買ったこのクリアケースも同じくフェイスで買いました  これはオンラインショップで買ったんですけどね。

サイズが扱っているSunbeamというメーカーの組み立て式アクリルケースです。

iconicon

これは少し青みがかかっているUVブルーというカラーですけど、実質クリアと変わらないので中がすべて見渡せます。

今回買ったオウルテックのクリアケースもオールクリアと2色あったんですが、1台持っていることもあり 中が見づらいけど色がかっこいい深紫のカラーにしました。

Dsci0804

そして 買ってその日に組みなおしました というのはアウトレットなので保証が1週間しかないから早めに組んで初期不良がないかチェックするためです。

まあ 所詮パーツを搭載する箱なので、マザーボードなどの精密部品ではないからよほどのことがない限りは使えると思いますけどね。

ケースを取り替えて組みなおすのはもう何10回もやっているので1時間もあれば終わるかと思ったけど、かなり苦戦してしまいました。

まずは両サイドのパネルを外して光学ドライブの取り付けです。

Dsci0807

Dsci0809

まあ これは簡単でしたけど

Dsci0814

電源は前のケースを流用しました。

さあ 手古摺ったのはここからなんですよね。

まずはケースの背面につけるI/Oパネルがケースの取り付け口となかなか合わず、

多少力を入れて押しこんだら割れてしまいました。

Dsci0811

まあ 少し欠けたくらいなんですけど このケースはアクリルだけどかなり厚みがあるんですけど、このバックパネル周辺だけ薄っぺらいアクリルを使ってます。

そして マザーボードを搭載・・・ですが インターフェースとI/Oパネルが合わない

I/Oパネルとインターフェースを合わせるとマザーボードを固定するネジが合わないし

Dsci0816

やはりこれは所詮アウトレットなので粗悪な造りなんだろうと思って、返品しようかなんて考えていたら

説明書を読んだら このバックパネルの部分は削ったりして調整できるように薄いアクリルで構成してあるようです。

Dsci0801

なるほど!  って気付けよって感じかな(*_*)

でも アクリルをうまく割るのは難しいですね バキバキになってかっこ悪くなりました。

これで無事マザーの背面とパネルが合いました

Dsci0818

そして グラフィックボードを取り付けるのに適所の部分のバックパネルを外したんですが

またしても普通につけただけでは合わず、カッターで切り込みを入れて割ったんですが、

隣のレーンの境界線まで割ってしまいました。

Dsci0817

まあ ここまでやってしまったら開き直れますね。

マザーボードとグラフィックボードの取り付けもできたので、最後にハードディスクを取り付けてパーツ換装は完了です。

Dsci0819

最後にハードディスクを付けたのは、このケースはMicroATXしか搭載できないので、

内部にスペースがあまり無く、先にハードディスクを付けたらマザーボードが付けにくいからです。

そして 最後に配線コネクタを繋げていたら フロントパネルから来るUSBのコネクタが1394の差し込みなので繋げることができませんでした。

Dsci0820

こんなケース初めてだな・・・ このコネクタが背面から出てないと使えないじゃん

まあ 背面のUSBだけでもいいので とりあえず組み替え完了です。

そして モニタも繋げて電源ONです

Dsci0857

Dsci0850

Dsci0854

う~ん やっぱりキレイですね 安いうちに買っておいてよかった

しかし ケースの組み換えだけで2時間以上もかかるなんて・・ まだまだですね

説明書は今度から最初に目を通しておこう

先ほども言いましたけど、このケースはかなり分厚いアクリルを使っているので、丈夫そうで熱にも強そうです。

先に買って使っているサイズのアクリルケースは厚みがないから、モニタを上に置いているんですが、ちょっと心配です。

Dsci0454

まあ 当分はこのオウルテックのクリアケースを鑑賞しながら使っていこうと思います。

それと このオウルテックのクリアケースは定価が高いだけに冷却性に優れているようです。

前面と背面の大きなファンとサイドに小さなファンの3つだけですが、

他のケースと比べて熱くならないので、ゲームにも適していると思います。

まあ このケースはMicroATX仕様でグラフィックボードも大きいのは付けられないので、

このケースより一つ上のサイズのケースがいいでしょうね。

最初に買ったサイズのクリアケースは結構熱を持ちますからね。

Dsci0394

このオウルテックってメーカーはケースの他にCPUファンやキーボード、その他のケースなども造っているようです。

まあ オウルテックで一番有名なのは電源ユニットでしょうね。

よく見る「静が如く icon」はオウルテックの電源です。

iconicon

80PLUSのロゴはもちろん付いているし、名前の如く静音電源ユニットとして有名です。

自分はそんなに音は気にならないけど、静かに越したことはないですからね。

まあ さすがに値段も結構するようなので、今のが壊れたら検討してみます。

とりあえず オウルテックのクリアケースに換装レポートは以上です。

今回購入時に思ったのは ケースは絶対通販の方がいいということです。

前にも秋葉原から持って帰ってくるのに辛かったのに、欲しいのが目の前にあるとつい買ってしまうんですよね。

配送もしてくれるんですが、たしかフェイスは1000円くらいなので折角安く買ったのに意味がないということでケチって持って帰ってきましたが、

Dsci0800

このケースはとにかく重かったです

帰りの電車も帰宅ラッシュにハマって最悪でしたね

これからはケースはなるべく通販にして もし店頭で欲しいのがあったらケチらず配送してもらうことにします。

てゆうか もう買うなって感じかな  ハハハ

iconicon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無料のOfficeソフト OpenOffice.org

現在パソコンが5台あるけど、ワープロや表計算のできるマイクロソフトのOfficeが入っているのは2003と2007が1台ずつの2台だけです。

作業する分には2つもあれば十分なんですけど、Officeの入っていないパソコンでは開けないので不便に感じることがあります。

かといってマイクロソフトのOfficeはものすごい高いので買えないです。

ワード、エクセル、アウトルックの入った一番安い2007のPersonalでも、OEM版で20000円、

パッケージ版だと一番安いオンラインショップでも37000円くらいはします。

これだったらマイクロソフトのOfficeに一番近いと言われているキングソフトオフィス2010だったら5000円くらいなのでコストを考えてこちらの方がいいです。

キングソフトオフィス2010

でも 自分はもうOfficeには1円もお金をかけたくないので、Officeと互換性のあるフリーソフトを探していたら ようやく見つけることができました。

OpenOfficeというフリーソフトで、文書作成ソフトや表計算ソフトはもちろん パワーポイントと互換性のあるソフトも入ってます。

早速ダウンロードすることにしました。

ダウンロードはフリーソフトのダウンロードでお馴染みの窓の杜のopenofficeのページからダウンロードに入りました。

Madonomorioffice

このOpenOfficeを導入するパソコンにはJavaが入っていないので、下の(Javaランタイム付属版)のダウンロードをクリックです。

この画面でダウンロードが始まります。

Dellopenofficedownload

ダウンロードが完了したら 実行してセットアップです。

Dellopenoffice1

Dellopenoffice2

保存先のフォルダの選択です。 まあ Cドライブでいいでしょう

Dellopenoffice3

さあ インストールの開始です。

Dellopenoffice4

Dellopenoffice6

最初は上の「すべて」にチェックしてインストールの方がいいでしょう

Dellopenoffice7

ここからが本番のインストールみたいです。

Dellopenoffice8

Dellopenoffice9

自分の場合はJavaも一緒にインストールです。

Dellopenoffice10

Dellopenoffice11

これでインストール完了です 早速起動してみました。

とりあえず設定ですね

Dellopenofficestart1

Dellopenofficestart2

まあ この辺は適当でいいでしょう

Dellopenofficestart3

Dellopenofficestart4

ここでの登録は任意なので、とりあえずは登録しませんでした。

Dellopenofficestart5

やっと Officeを使えるところまで来ました。

とりあえずは各用途のアプリケーションを見てみました。

文書ドキュメントのWriter マイクロソフトのOfficeでいうとWordですね。

Dellopenofficewriter

ちょっとアイコンなどがちゃちくて安っぽく感じるけど、インターフェイスは2002とほとんど同じです。

次はエクセルにあたるCalcという表計算ソフトです。

Dellopenofficecalc

これもoffice2002とそっくりです 無料なのによく出来てるなあ

それから見たことないアプリケーションなので比較できないけど、後4つアプリケーションがあります。

Dellopenofficeimprese

これはImpressというアプリでPowerPointにあたるものです。

WordやExcelの次に必要とされているOfficeソフトですね。

自分は見たことがないのでよくわかりませんが・・

Dellopenofficedraw

これは図形描画のDrawというアプリケーションです。

わざわざ図形描画のアプリがあるということはWriterやCalcでは図形を作成できないのかもしれないです。

Dellopenofficebase

これはデータ管理などで利用するBaseというアプリです。

Excelでいうフォームやピポットテーブル、マクロなどの機能がありました。

これもCalcにはなく別のアプリケーションになっているんですね。

Dellopenofficemath

これはMathという数式のアプリケーションのようです。

関数などに使うのかな? ちょっとこのアプリはよくわからないです。

そして 最後にテンプレートも充実しているようです。

Dellopenofficetemplate

オンライン登録すると多くのテンプレートを使用できるんでしょうね。

とりあえず一通り見ての感想は フリーソフトの割には充実していると思いました。

そして 一番重要なマイクロソフトのOfficeとの互換性です。

早速、文書ソフトと表計算ソフトを試してみました。

まずはマイクロソフトのOfficeのWordで作った文書をWriterで開いて見ました。

Dellopenofficeword

おーっ しっかり表示できます。 悪くないです!(^^)!

次はExcelのファイルをCalcで開いてみました。

Dellopenofficeexcel

これも何の狂いもなく表示できました。

このソフトはかなり優れモノですね。

なんといってもすごいのは マイクロソフトのOfficeでは以前のバージョンのファイルを開くことはできますが、古いバージョンでは新しいバージョンのファイルを開くことはできません。

だから 自分の使っている環境だと 2003のファイルを2007で開くことはできますが、

2007のファイルは2003では開けないので不便ですけど、

このOpenOfficeの3.1.0というバージョンだと2007のファイルも開けるので、

ある意味マイクロソフトのOffice2003よりも便利です。

まあ だからといって2003のパソコンにOpenOfficeをインストールはさすがにしないですけどね。

やはり マイクロソフトのOfficeの方が高いだけあって機能は優れていますから

会社などの重要ファイルを扱うなら、やっぱりマイクロソフトのOfficeを使った方がいいと言われてます。

だから 家庭用でちょっとしたことに使うなら このOpenOfficeで十分だと思います。

それに本家のマイクロソフトも次期モデルのOffice2010は無料で配布するらしいので、今からマイクロソフトのOfficeを買うのは非常に損だと思います。

このOpenOfficeで用が足りるなら無料なのでお勧めします。

もしくは もう少しマイクロソフトのOfficeとの互換性が高い方がいいというなら

値段は5000円くらいかかりますが キングソフトオフィス2010がお勧めですね。

まあ それだけマイクロソフトのOfficeが高すぎるということです ぼったくりに近いよな

キングソフトオフィス2010

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フェイスの”じゃんじゃん亭”ジャンクセール

昨日に引き続き秋葉原に参上しました。

昨日は富士通のノートのリカバリを探しすのが目的でしたが、

Dsci0761

今日はパソコンショップのフェイスのジャンクセール”じゃんじゃん亭”が目的で出張りました。

前からメールやオンラインショップでこの”じゃんじゃん亭”は名前を聞いたことはあったけど、行ったのは初めてでした。

この”じゃんじゃん亭”は土日と祝日の12時から18時までしか営業していないようです。

場所はパーツを豊富に置いてあるフェイス秋葉原本店の方ではなく 完成しているBTOパソコンを展示しているフェイスPC館の下の地下で開いてます。

Shop_4_custom

開店10分前に行ったら6~7人くらい並んでいました 思ったより少ないなあと思ったら

自分が並んだ後にはどんどん人が増えて、店内に入った時は身動きもままならないくらい人があふれてました。

まあ 店内もジャンク品だけなので狭いです しょうがないか

とりあえずグラフィックボードなどを見てみたら、玄人志向のHD4850や

自分が持っているリードテックのWINFAST・PX9800GTなどのそこそこのスペックのグラボはそんなに安くはなかったです 7000円位だったかな

Dsci0399

これだけの値段で出すということは壊れてはいないんでしょうね 部品の欠品とかでジャンク品になってしまった中古品とかじゃないのかな。

他のパーツもそんなに激安というほどでもなかったと思います。

けど、人が多すぎてしっかり見れなかったのと、最近自作を始めたので古いパーツのパッケージはわからないので、貴重なアイテムを見逃していたかもしれないですね。

とりあえずはひと通り見ていくつかジャンク品を買ってきました。

前からスリムケースが欲しかったので、ちょうどよく出品していることをフェイスのオンラインショップで知っていたので、買ってきました。

Dsci0844

たしか広告の写真には1980円と記載されていたので一つしか買うつもりなかったんですけど、

行ったら1000円だったので2つも買ってしまいました。

Dsci0845

カラーも自分が現在持っていないホワイトとシルバーなのでちょうどよかったです。

外見はしっかりしているけど所詮ジャンク品なので、内部をよく調べてみましたけど、

大まかな欠陥は見当たりません。

細かい点ではシルバーの方は電源スイッチの押し具合が少しおかしいのと

ホワイトの方はサイドカバーが少し入りづらいです。

まだパーツを搭載して起動してないのでわかりませんが、この程度の欠陥ならおいしい買い物だと思います。

ただ 電源は当然付いてないからこのスリムケースの電源って自分が自作で使っているATX用は大きすぎてさすがに搭載できないので、このケースで組むなら電源もそろえておかないといけないです。

それとやっぱりMicroATXしか搭載できないみたいです。

Dsci0847

スリムケースは大体MicroATXかMiniATXでしょうからしょうがないですね。

でも このケースはデザインもかなり気に入っているので またケースだけを替えて組みなおしてみたいです。

それからマザーボードも2種類買ってきました。

ひとつはBIOSTARのTF7150U-M7というモデルで大きさはMicroATXです。

Dsci0826

ソケットはCore2シリーズでお馴染みのLG775ソケットで、グラフィックチップがGeforce7150のようです。

まあ オンボードだし型番も古そうだから大したことはなさそうですけど・・

でも このマザーボードはジャンク品にしてはきちんと付属品も揃ってます。

Dsci0829

これだと不具合もなく使えそうな雰囲気です。

値段も1980円だったんで、これで普通に使えたらラッキーです。

そして もうひとつはFOXCONNのMicroATXです。

Dsci0830

このマザーは袋に入っていただけの本当のジャンク品なので本体以外は何も付いてませんでした。

だから 型番を調べようとしたんですけど、このマザーはBIOSTARやGIGABITEみたいに本体の真ん中に大きく型番が記載されていないので、どんなモデルなのかわかりません。

まあ これは後でもう少し詳しく調べることにします。

ソケットはLG775と同じようですが、PCI-E16のスロットではなくAGPのスロットで、

SATAの差し込み口もありません。

だから結構旧いモデルなんでしょうね。

そうするとCore2Duoなどのモデルが搭載できないかもしれないです。

まあ 所詮500円なので 研究材料として使わしてもらいます。

それから 細かいパーツを買っておきました。

Dsci0831

USB接続のカードリーダーです 300円でした。

Dsci0832

ファン用の電源コネクタです ちょうど欲しかったので助かりました。 ひとつ100円でした。

Dsci0834

CPUファングリスです。 組み換えをよくやる自分には大切なアイテムです。 200円でした。

以上が”じゃんじゃん亭”で買ってきたジャンク品です。

結構使えそうなジャンク品が多そうです このじゃんじゃん亭”は

最近は週末には頻繁に秋葉原に行っているのに今回初めて知ったのは不覚でしたね。

これだけのジャンク品があるならもっと前からあさってみたかったです。

これからは週末に秋葉原に出向いた時は必ず覗くことにします。

このじゃんじゃん亭をやっているPCショップのフェイスの秋葉原本店の方にもジャンク品やアウトレット品などが激安ででてます。

ちなみに自分は昨日本店の方でオウルテックのダークパープルのアクリルケースを購入しました。

iconicon

このケースも普通に買うと15000円くらいするんだけど、アウトレットで5980円で出てたので

前から気になっていたこともあり買ってきました。

Dsci0850

アウトレットなので保証が1週間しかないので、昨日早速組んでみましたけど

特別問題なく使えます。

マザーやグラボみたいな精密基盤ではないのでジャンクやアウトレットでも手が出しやすいですからね。

本来の値段の3分の1くらいの値段で買えたのでラッキーでした。!(^^)!

今日本店を覗いたら自分が購入した以外は売れていないようでした。

MicroATXしか搭載できないので、拡張性の求める人には受けないでしょうからね。

でも このケースが欲しいという方はこれ以上安いのはないと思うので買っておいた方がいいです。

このPCショップのフェイスは秋葉原の本店はもちろんオンラインショップもよく利用してます。

この前はサイズが扱っているクリアケースをオンラインショップで購入しました。

Dsci0394

フェイスがよくやっている特価セールで送料無料で7970円だったので購入しました。

このケースは組んだ当時は電源のスイッチが奥にひっかかってしまうので、電話でフェイスのサポートセンターに問い合わせた時の対応もよかったです。

引き取って調べると言われましたが、アクリルを少し削れば大丈夫そうなので自分で何とかすることにしました。

結局スイッチを軽く押せば引っかからないので、自分の使い方が悪かったんでしょう(*_*)

まあ こんな感じで店舗はもちろんオンラインのサポートもしっかりしているので安心して購入できます。(*^_^*)

それに頻繁に日替わりセールや在庫処分などをやるので、自分が使うPCショップのオンラインショップではこのフェイスを一番利用します。

フェイスインターネットショップ(faith-go.co.jp)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »