« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

今度はGeForce9800GTでSLI

土曜日のツクモ の蚤の市で玄人志向のGeForce9800GTを買ってきたので、再びSLIをやってみました。

Dsci0852

現在使っているP55-GD65 にLEADTEKの9800GTを使っているので、この玄人志向の9800GTをセカンダリに追加しました。

Dsci0865

コアクロックなどのスペックや長さはほとんど同じみたいです。

玄人志向のグラフィックボードだからもっと機械っぽいデザインかと思ったけど、「SPARKLING」と書いてある白いファンがなんとも爽やかなイメージだなあ

Dsci0864

そして 2枚目の9800GTを付けて起動させました。

Dsci0868

自分が感じたのは 前に同じ性能の8800GTでのSLIよりも温度が高いです。

トップやリアのファンからの風を手に当ててみたら、SLIといえど起動して間もない時だと冷たい風だけど、今回は序盤から暖かったです。

てゆうか この玄人志向の9800GTがかなり熱を持つような気がします 

そして気が付いたことがひとつ・・ ブリッジを付けるのを忘れてました・・・ ((+_+))

Dsci1388

このブリッジを付けなかったから熱くなったのかと思ったけど、3D性能が多少落ちるくらいで関係ないみたいです。

まあ とりあえずは機能しているかどうか調べるため3DMARK06でスコアを測ってみました。

3dmark069800gtsli

スコアは17108 8800GTのSLIとほとんど同じです 当たり前か (*^_^*)

そして OC・Genieでオーバークロックした状態でも計測してみました。

3dmark069800gtslioverclock

とりあえずは20000を超えているので上々のスコアです。

ということで 無事SLIが機能しているようです。

でも なんでこんなに熱を持つんだろう 8800GTの時は全く同じELSAのボードだったけど、

今回はメーカーが違うから多く熱を持つのかな?

そういえば GIGABIYTEとLEADTEKの9600GTでSLIを組んだ時も多少不具合が見られたので、やっぱり全く同じボードの方がいいのかな

まあ わざわざSLIで使うこともないので、これ以上熱を持つようならシングルで使おうと思います。

でも なぜか SLIって やってみたくなるんですよね (#^.^#)

Sli

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツクモの蚤の市

ツクモ で蚤の市という大処分セールを28日、29日にやっているということがホームページに出ていたので、昨日行ってきました。

Nomino_iti

とりあえず開店1時間前くらいに行ったら 店頭には10人くらいしかいなかったから”いつもよりかなり少ないなあ”と思っていたら、少し離れた路地に50人以上並んでました \(◎o◎)/!

やっぱり秋葉原の安売りはみんな気合入ってんよなあ~ 自分が話をした人は始発で来て並んでいたみたい それでもトップはとれなかったと言ってました・・ 

来た時間が遅かったから掘り出し物をゲットできるのは難しく期待はしてなかったけど、とりあえずは並んでました。

開店時間になって少しずつ中に入店させていたけど、一度入ったらなかなかみんな出てこないので、自分が入るのには20分くらいかかりました 

そして ようやく店内に入ることが出来て一通り見て廻って たしかに安いのはあったけど、新品より少し安いくらいの商品も多くて 大きく宣伝しているわりには期待はずれでしたね。

PCケースは箱なしでかなり安く出ていたけど、自分が入った時には人気のあるモデルはさすがに売れてました 

自分は22インチくらいのLG電子のモニタが欲しかったんだけど大して安くなかったです。

9999円の22インチがあったけど、ACERだったし、チラシに書いてある通り保証が一切ないので さすがに買う気にならなかったです。

結局自分が買ってきたのは 玄人志向のGeForce9800GTとENERMAXの500Wの電源です。

Dsci0852

Dsci0854

9800GTは4980円でした 他にもGeForceGTS250が8980円、GTX260が9980円であったけど、どれも玄人志向であまり買う気にはなれなかったけど、

現在LEADTEKの9800GTを使っているので、またSLIにでもしてみようと思って買っておきました。

箱はボロボロだったけど、中身は新品でした。

9800GTだったら売れるしね。

Dsci0864

それと ENERMAXの電源は箱がボロボロだったけど、中身は新品かと思ったら中古でしたね 確認してくればよかった・・ ((+_+))

もちろん80プラスなので期待はしてます。

Dsci0853

ということで とりあえずはこの2点を買ってきたけど、別にいらなかったかな・・・

またしても無駄遣いしてしまったツクモの蚤の市でした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

AOPENの省電力なHD4850

ツクモが今日も毎週金曜恒例の夕方18時からのナイトセールを開催するようです。

もちろんオンラインショップではなくツクモexの店頭だけなので、自分は買いに行けないけど毎週チェックしてます。

いつも大したことないけど、今週はAOPENのXIAiAF4850-512XD3 Greenが6980円で売り出されるのが注目かな

RADEONのHD4850のグラフィックボードなんですが、Greenと名が付いているようにエコ仕様で一般的に販売されている4850よりも消費電力が低くなっています。

一般のHD4850よりも25%くらい電力が抑えられているみたいですね。

Aopenhd4850

AOPENサイト XIAI AF4850-512XD3 Green詳細ページ

それと電力が抑えられているということで、補助電源も必要ないです。

電力が低い分多少の電気代節約になるし、発熱が低ければ電源やパーツの寿命も伸びますからね。

自分も現在ASUSのEAH4850を使っていて、買う前は4850って熱をあまり持たないと思っていたけど、GeForce・9800GTみたいに結構熱をまき散らすみたいですね まあ 性能はいいから仕方ないけど。

Dsci1740

だから 買った後にこのAOPENのHD4850の事を知ったので、こっちにすればよかったと少し後悔しました ((+_+))

でも 消費電力が減っているのでその分性能も少し下がっているんだけど。

コアクロックは同じだけど、メモリクロックが自分が持っているASUSのEAH4850が2000MHzだけど、AOPENのAF4850は1800MHzに引き下げられてますね。

Aopenhd48502

どこかを抑えないと電力を下げることが出来ないでしょうからね。

でも 他は変わらないので、そこまで差はないでしょう 体感できるほどのものではないと思うんだけど。

それと グラフィックボードを2枚挿してグラフィック性能を向上させるCrossFireのコネクタも付いてないようです。

まあ このグラフィックボードを使う人は電力をかなり使うCrossFireをやらないと思うけど・・

ちょっと前までは性能重視で消費電力が高くても値段が安ければ購入していたけど、最近はパーツの寿命と多少の電気代節約のために低消費電力モデルを重視するようにしてます。

低消費電力だから多少性能が落ちるといっても、自分が使う分には十分ですからね。

ということで 今週のツクモのナイトセールはこのAOPENのAF4850が一番気になるかな

限定5台だからすぐなくなりそうだけど。

他は自分も持っているLITEONのブルーレイドライブが4980円とかなり安く出てますね。

自分は6980円で買ったので結構悔しかったりして・・ ((+_+)) どんどん安くなってくるな このIHO104/06は 年末には3000円くらいになってそう

LITEONは限定20台みたいです。

それと29日の日曜はMSIのHD4870のグラフィックボードR4870CYCLONE1Gが5台限定で9980円で出てます。

Tsukumo1129

これも結構安いよな 

自分もSAPPHIREのHD4870を使っていたけど売却してしまったので また欲しくなっちゃったなあ・・

てゆうのは SAPPHIREはビデオメモリが512MBだったけど、このMSIのは1GBだし

現在使っている同じMSIのP55-GD65 に付けたいからです 同じMSI同士ということで

ちなみに全部店頭での特価品なので、オンラインショップでは買えないので

まあ こんな感じで年末に向けていろいろなアイテムが安く買えそうなので楽しみです !(^^)!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココログの勝手に表示変更行為が不評みたい・・

ココログの表示が勝手にたたんで表示されるようになったことに不満がある人が多いようです。

先ほどアクセス解析で「ココログ表示」という検索ワードがあったので、検索で出ていたいろいろなココログの記事を見たけど、ほとんどの人が「勝手に変えるんじゃねぇー」って言ってますね。

自分はココログでブログを始めてまだ1年経ってないので、よくあることなのかと思って気にしないようにしていたけど、これだけ怒っている人がいるということは あんまり好ましくないことだよね・・・

自分の場合はいちよアフィリエイトをやっているので、戦略のために表示方法を替えたと思われるのがイヤだな

アフィリエイトをメインでやっているブログって 記事のタイトルだけで本文はたたんで表示してあるのが多いからね。

アフィリエイトなんてはっきりいってよほど珍しい商材でも見付けないと売り上げなんか上がんないし、販売することばかり考えていると好きなように記事も書けないので、自分は商品の画像が使えるのでやっているようなものです。

それに このブログは名前の通りパソコン関連の設定や商品の評価などを検索してきてくれる人が多いので、商品を購入しようとして来る人はほとんどいないでしょう。

他のコンテンツと違ってパソコンにある程度知識のある人が来ると思うので、アフィリエイトリンクくらいは知っているから、そこからクリックして購入しようとは思わないでしょ

まあ こんなことを書くとアフィリエイト・サービス・プロバイダに怒られてしまうけど (*^_^*)

このブログを書く真意は 自分もパソコンを自作するようになって解らないことが検索して出てくる記事のおかげで解決するという恩恵を受けているので

自分も少しはそういう記事を書けるようにしています。

自分みたいに悩んでいる人の手助けになればいいし、それで解決して評価してくれればそれが自分のブログのステータスでもあります。

それと 安い商品や珍しい商品の紹介ですね 自分が紹介して自分で買うこともしばしば・・ 常時チェックしているので

だから 今回の表示変更は自分も快く思ってないけど検索で来てくれる人には余計な記事を見なくていいのかなと思って、ココログの判断は良かったのかなと思ったけど

快く思ってない人が多いということはダメでしょう しかも勝手に替えちゃうんだから

この表示変更の理由はたたんで表示したいという問い合わせが多かったから実行したらしいけど、そういう人だけに設定の仕方を教えれば良かったんじゃないのかな

あれだけ文句を言ってる人がいると、本当にたたんで表示したいという人が多いとは思えないんだけど・・・

やっぱり 勝手に替えたのは不味かったんじゃないのかな ココログさん?

まあ 無料で使わせてもらっているし このココログのサービスには結構満足しているので嫌悪感は湧かないけど

これが 前にプロバイダで使っていたOCNのブログ人や、有料レンタルサーバだったら激怒だけどな

ということで 自分も元の表示に戻しているので ココログさん これからは余計なことはしないでね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココログの表示変更

この「パソコン情報日記」で使わせてもらっているブログサービスのココログの表示が

今までは普通に前文表示されていたのが、昨日からたたんで記事が表示されるようになりました。

最初は自分が知らぬ間に設定を替えてしまったのかと思って調べたんだけど、替わった様子はなく前と同じ設定なのになぜ表示が替わってしまったのか不思議に思ってました。

他のココログも替わっているのかと思って自分がよく見に行く同じココログを見たら 前と同じ前文表示だったので、もしかしたら またウィルスがいたずらしてるのかと思ってしまいました。

前にOCNのサーバを借りている時にスタイルシートの設定を変更してアップしたらサイトが下に押し下げられて表示されるようになったことがありました。

スタイルシートの記述に問題があるのかと思って、他のサーバに全く同じサイトをアップしたら正常に表示されたので OCNのサーバ自体がおかいしと思ってました。

それから2カ月くらい経ってOCNから手紙が届いて、内容は「サーバ内にウィルスが侵入した形跡が見られるので再度アップロードをしてください」ということでした。

だから 下に表示されるようになったのはウィルスがいたずらした可能性が高いですね 

自分だけでなくて他のOCNのサーバを利用している人にも被害があったようです。

そういう前例があるので もしかしたらと思っていたら、右上の「ココログからのお知らせ」に

”「重要なお知らせ」ブログ表示変更と設定方法につきまして」”というのがあったのでクリックしたら設定を元に戻せる方法が載っていたので、元に戻しました。

Cocologoshirase

この表示変更をしたのは、たたんで表示したいという問い合わせが多かったから変更しようです。

まあ たしかにコンパクトだし見たい記事だけを見れるからいいんだろうけど、自分はアップした後に2~3日以内にアップした記事の誤字脱字や誤記述を確認したりするので、この表示だと確認するのが面倒なので戻しました。

あと 殺風景なんだよな

でも 自分のサイトは検索出来てくれる人が多いので、探しやすいのであればたたんで表示にしようかと思ってます。

そういうブログも多いですからね。

ということで ウィルスかと思って対策を考えていたけど、サービス自体の変更だったので一安心 (*^_^*)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

RADEON・HD4770に換装

1か月前に買っておいたSAPPHIREのHD4770をそろそろ使ってみようと思って、

現在はHD4870で使っているパソコンに付け替えました 

Dsci2273

このHD4770はWindows7の前夜祭で5777円の安値で買えましたけど、普段は12000円前後で販売しているから比較的値段が高い方のグラフィックボードだと思います。

RADEONでは人気のハイスペックモデルのHD4850よりも高いので、そんなに性能がいいのか秋葉原のクレバリー の店員に聞いたら、

”発売して間もないのと品薄で値段が上がってしまって、性能的にはHD4850よりは低いと思う”と言ってました。

性能が大したことがないわりには値段が高いので、自分も買うつもりがなかったんだけど、

半額以下の安値だったのと、消費電力が低いわりには性能が良いというところが気に入ったので購入してみました。

Sapphirehd4770

SAPPHIRE 日本語サイト RADEON・HD4770詳細ページ

それと GPUの製造プロセスも40nmと最近出回っているグラフィックボードでは一番細かいので、内部が細かいほど多くの回路を詰めるし、電気が通る距離が短くなるから発熱や消費電力の低下に繋がっているんでしょうね。

我が家で一番性能が高いHD4870でさえ55nmだから、ミドルスペックといえども製造コストがかかっているから値段も上がっているんでしょうね。

電気代はそこまで差が出るとは思えないけど、消費電力が低ければ電源ユニットも容量が小さくてもいいし、発熱が低ければ内部パーツの寿命も延びるから、

グラフィックボード自体の値段が高くてもパーツ全体のトータルで考えると低コストで済むと思います 

ちょっと前まではとにかく性能が良くて安ければ買っていたけど、多少性能が落ちても長い目で見たらこういうタイプの方がいいと思うようになりました 

このHD4870がいい例です。

Dsci1236

これも3か月前のインテル新CPU発売前夜祭の時にT・ZONE で 9980円とかなり安かったので買いました。

性能もGeForce・260GTXに匹敵すると言われているし、3か月前は相場が15000円くらいしていたので ハイエンドモデルを一回使ってみたかったから飛びついたんですが、

これは補助電源の差し込み口が2系統も付いているので、いかに電気を食うかわかります 

Dsci1235

グラフィックボードのスペックを載せているサイトを見ると、アイドル時で67Wもあるので電源を入れているだけでも電気を食いますね ちなみに9800GTだと35Wです。

でも 発熱がすごくてファンもうるさいと聞いていたけど、ケースが通気性の優れているNineHundredだったので、オンラインゲームをやっていても大して熱くならなかったし、ファンも静かでした。

オンラインゲームの描画はもちろん 3DMARK06のベンチマークスコアも14500と順調だし、発熱も思ったよりは全然マシで使い勝手がよかったので替えるのを迷ったんだけど、やっぱりパーツの寿命を考えると省電力と低発熱が一番だから HD4770に換装しました。

Dsci2281

このHD4770もHD4870と同様にバックプレートを2つ分占有します そんなに大きくないから一つでいいんだと思うんだけど・・・

Dsci2283

見た目も安っぽいよなあ・・ HD4870は大きいし、ファンパイプがカッコよかったよなあ 

まあ そんなことを考えながら付け替えて、早速3DMARK06のベンチマークテストをしてみました。

Dsci0845_2

ちなみに付けたパソコンはXPとVISTAのデュアルブートで使っているので、最初はVISTAから試してみました CPUはCore2QuadのQ9550です。

すると

3dmark06hd4770ninevista

12996・・・ さすがにHD4870よりは1500くらいは落ちたけど、その前に付けていたGeForce9800GTは12300くらいだったので少しスコアが上がりました。

まあ 多少の誤差はあるので9800GTと同じくらいですね 11000くらいのスコアだと思っていたので満足 !(^^)!

それと 試しにHD4850を付けた時も12833だったので、3DMARK06のスコアだけで見るとHD4850よりもHD4770の方が上ですね てゆうか4850がイマイチなスコアだよな・・

Dsci1725

そして HD4870では散々なスコアだったFFベンチも走らせてみました。

Dsci0886

スコアは7622・・  HD4870、4850と大体同じです やっぱりRADEONの4000シリーズはFFベンチではスコアが伸びないようです ちなみにGeForce9800GTでは9000は超えます。

次はXPで計測してみました。

3dmark06hd4770ninexp

スコアは13451・・  さっきのVISTAよりも伸びました 自分のよく使うベンチマークテストは古いのでXPの方がVISTAよりもスコアが上がるタイプが多いです。

まあ これだけのスコアが出てくれると使う意欲が湧きますね !(^^)!

そして HD4870を付けていた時の計測ではコマ落ちがひどかったXPでFFベンチです。

あまりにもひどかったので、相性が悪いのかもしくは壊れてるのかと思って販売店のT-ZONEで調べてもらいました。

そしたら T-ZONEでの検査用のXPでも同じようなコマ落ちだったので、”FFベンチがHD4870を苦手にしているのでは” ということでした。

もしかしたら4870だけかなと思ったけど、最初の鳥が羽ばたくところでコマ落ちは全く同じで その後のコマ落ちは4870の時よりもひどかったです ((+_+))

そして スコアは・・

Dsci0847

4002・・・  ひどい  BGMに映像が全然追いついてないので、いつもよりもかなり違和感のある流れでした。

RADEONの4000系とXPの組み合わせだとFFベンチでは悪夢のスコアです ((+_+))

低スペックのHD3450を付けてるCore2Duo・E8400のパソコンでも4800くらいのスコアは出ますから よほどこのFFベンチはXPでのHD4000系の計測が苦手なんでしょうね。

まあ このスコアは全く参考にならないので気にしてないけど

そして VISTAの方でプレイしているプリウスオンライン もやってみましたが、全く問題ないし 前よりも戦闘シーンの切れが増したような・・・ たぶん気のせいだけど 

Priusonlineopening22

ということで ベンチマークテストで見る限りは性能には満足なので、しばらくはこのHD4770を使って行こうと思います。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プリウスオンラインのプレイ日記・4

モンスターに攻撃されていじけてしまうアニマを連れながら なんとかプレイを続けてます。

アウロラである程度クエストをこなした後は、ペラセントラムというところに飛びました。

Prius412

この都市では武器や日用品を販売している商人からのクエストが多いです。

Prius41

Prius42

Prius413

大体は簡単なクエストだったけど、ちょっとキモいアクセサリー商人アモスのクエストから繋がる乳母に島での亡霊との対決がなかなか勝てませんでした。

この亡霊対決はイベントムービーがインパクトありましたね ちょっとわけわかんなかったけど 

Prius43

Prius44

Prius45  

とにかくこの亡霊は強かったです 最初は一つ下のレベルだったので、こいつよりもレベルを一つ上の状態で戦ったけど、ことごとく打ちのめされました 

この亡霊との戦いでたくさんあった回復ポーションが半分くらいになって勿体ない事をしました 

Prius46

そして 少しずつレベルを上げて 対決すること5回目くらいでやっと倒すことが出来ました \(^o^)/

オンライン上の他のプレイヤーの戦いなどを見ていたけど、自分と同じくらいのレベルなのに勝ってましたから 自分がいかに下手くそかよくわかりました ((+_+))

それと戦っている途中で攻撃不能になって死んだこともあったので、システムがおかしいのかなと思ったら、

武器には耐久性があって、長く使っていると修理が必要らしいですね。

そんなことを知らずにムキになっていました   恥ずかしい・・・

また新品を買わなければいけないのかと思ったら 鍛冶職人に頼むと修理してくれるみたいなので、買うよりは安いので修理してもらいました 

Prius47

よくできてるな このゲーム  自分は手間がかからない方が楽でいいけど 

おそらくオンラインゲームの中では比較的楽に進めらる方だと思うけど、自分には難易度がちょっと高いかな  でも なんとか続けられそうです。

それと このプリウスオンライン はたまに大きいモンスターも登場します。

モンスターハンター ほどじゃないけど迫力があります。

これは月の森の苔蛇王という親分格のモンスターです これは近くに来ると襲ってくるので手ごわかったです。

Prius410

これは沼女王イソギンチャクですね かなりでかいし不気味で強そうだけど 大したことなかったです 気持ち悪いよな・・

Prius411

これはキャンプセットを出して丸焼きをするクエストに出てくる闘鶏です デカいくせに飛んだり跳ねたりで身軽なので追いかけるのに大変でしたね 

Prius49

このような大きなモンスターも出てくるので映像も迫力あるからサイコーです \(^o^)/

でも 通常のクエストや戦闘ばかりやっていても進まないので、もう少し他の地味なシステムもこなさないと・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プリウスオンラインのプレイ日記・3

レベル10に達して ようやくアニマに会えて一緒に冒険するようになりました。

このアニマがいると魔法のような攻撃をしてくれるので戦闘が少し楽になって助かります。

Prius31

Prius32

それでも 最初の活動地域のイントラルックス周辺にいる蛇連中には手古摺りました 

近くに来ると必ず攻撃してくるし、集団で襲ってきますから 逃げればしつこく追ってくるし

この蛇の化け物の灰色目蛇族シリーズは3種類いて、一番強い灰色目蛇族の闘士のアジトに乗り込んで長老を倒すクエストが一番しんどかったんです 

このプリウスオンライン の特徴は モンスターを倒すとすぐに近くに同じモンスターが復活したように湧き出てくるので、襲ってくるタイプのモンスターと戦っていると休む暇がないです 

かなり殺されまくったけど、なんとか灰色目蛇族の長老を倒してクエストを遂行した時は感動しました 

その後何回も湧き出てきて殺されましたけどね 

とにかく この蛇族はしつこかったです おかげで爬虫類好きだけど蛇は嫌いになりそう・・

まあ とりあえずヤバそうなときは 逃げろ~ 

Prius34

最初のイントラルックスはこの辺にしておいて、せっかく他の地域にワープできる青い球体のテラシルゲートというのがあるので他の地域に飛びました。

Prius35

歩いていろいろな地域を確認しながら行きたかったけど、都市や街から離れると段々敵も強くなっていくので、イントラルックスで受けたクエストの中には他の地域に行かなければいけないミッションもあったので、このテラシルゲートでワープしていろいろなとこに行きました。

最初からいろいろな地域に行けるので、このシステムはいいですね。

ドラゴンクエストとかは一回行ったところでないとルーラは使えないんじゃなかったけ?

ということで イントラルックスを離れてアウロラという地域に飛びました。

Prius36

イントラルックスは毎日が夜のような暗い都市だったけど、このアウロラは明るい街です 

この街は戦艦の中のような地域もあって結構迷子になりました ((+_+))

そして 地域が変わったから敵も強くなってるのかと思ったけど、街の近くの敵は最初のイントラルックスと同じで弱い敵しかいなかったから助かりました 

ろくすっぽレベルを上げてこなかったので・・・ 

Prius37

このアウロラの周辺は蛇族みたいに襲ってくる敵はほとんどいなかったので、比較的イントラルックスよりも楽でしたね。

これも蛇だったので焦ったけど弱かったです 蛇恐怖症だな・・ 

Prius38

この地域でインパクト強かったのはこの誘惑草です。

Prius39

花のつぼみの中に上半身裸のおねーさんが入っているなんともエロいモンスターです 

プレステのヴァルキリープロファイルに出てきたマンドラゴラというものすごい強いモンスターに似ているなあ・・・ これはあまり強くなかったけど

こんな感じでプリウスオンライン を楽しんでます !(^^)!

ただ プレイしていくうちにアニマがものすごいお荷物だと思うようになったんだけど・・

たしかに戦闘の時は魔法みたいなのを使って手助けしてくれるのはいいんだけど、

通常は自分から襲って来ない敵でもアニマには攻撃していじめてきます。

そして 攻撃されるといじけてその場でうずくまってしまうんですよね 

Prius310

その場から動かないでやられまくっているので、自分が攻撃している敵を倒さないと勝手に死んでしまいます 

そして 死んでしまうと蝶になってしまって アトリウムという自分だけの空間に行って復活させないといけないので、かなり面倒です 

Prius311

それに 長い時間操作しないとうるさいし かなりウザイよな

このキャラは自分が連れて行きたい時だけ連れて行って、通常は保育園みたいなとこを作って預けられればいいんだけどなあ まだ子供だし

オンラインゲームに慣れていないので、自分を操作するだけで手一杯なのにオマケキャラまでかまってられないしな

でも このアニマがいないとイベントやクエストもつまんないだろうし、せっかくのストーリー性がなくなるとつまらなくなるから・・・

まあ もっとレベルが上がれば使い勝手も良くなるかな とにかく少々のことは我慢、我慢 

Prius312

おいっ おいてくぞ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Windows7のトラブルシューティング

Windows7をインストールしたパソコンを最近使っていなかったので、久しぶりに起動させました。

Dsci2308

最初使ってみた感想はVistaやXPよりも機能が便利だし、新しいOSなので新鮮でいいんですけど、

自分が使いたいアプリケーションやオンラインゲームが対応していないようなので、VistaやXPの入ってるパソコンばかり使ってしまいます 

とくに ベンチマークテストの3DMARK06を起動するとWindowsエアロが停止してしまうのが気に食わないです 

Futuremarksite

このWindows7の入っているパソコンで使っているグラフィックボードはRADEONのHD4850で、Windows7はOSをインストールするとドライバも一緒にインストールされるけど、

画面やグラフィックボードの設定をするATIのCatalystControlCenter(CCC)まではインストールされないので、代理店のASKやAMDのサイトからダウンロードしてインストールしたら、

Ccc99

CCCをインストールする前までは3DMARK06を起動していてもWindowsエアロが動作していたのが、停止するようになってしまって スコアも10700から9200に大幅に下がりました (ToT)/~~~

まあ CCCをインストールしなければエアロが停止することはなかったんだけど、これがないと細かい設定が出来ないからないと不便です。

VistaやXPではこんな症状は起こらないから、やっぱり”Windows7はまだ使えないかな”という感じです。

でも 最近Vistaで使っている2台のパソコンでエアロが停止するトラブルに見舞われて対策にも慣れてきたので、

ついでにWindows7の方も3DMARK06を起動している時にエアロを停止させない設定を探していたら ようやく見つかりました

まず 3DMARK06を起動するとエアロが停止するので、コントロールパネルから「トラブルシューティング」をクリックします。

Windows7cotrolpanel_2

そして 下の方の”デスクトップのカスタマイズ”の下の「Aeroデスクトップ効果の表示」をクリックします。

Torableshuuting

そうするとAeroのトラブルシューティングのダイアログが出るので「次へ」をクリック

Torableshuuting3

早速ゲージが出て問題を検出します。

Torableshuuting4

すると 検出している間にダイアログの縁取りが透けてエアロが動作するようになったみたい

Torableshuuting2

そして トラブルシューティング完了のダイアログが出て無事Windowsエアロが動作するようになりました !(^^)!

Torableshuuting5

この機能は便利ですね Vistaでもコントロールパネルに「問題のレポートと解決策」というのがあるけど、Windowsエアロのトラブルは解決できなかったよな たしか

こういうところは便利になっているのはさすがです Windows7は互換性の高さを強くアピールしてるしね。

エアロも動作するようになったことだし、3DMARK06を走らせてみました♪

Dsci1478

そして 結果は・・・

3dmark06windows7aeroon

9355・・・ あんまり変わらねーな・・ 

やっぱりCCCが適応しきれてないのかな いちよWindows7対応なんだけど・・

そういえば 2日前にVistaで使っているパソコンでエアロが停止した状態でスコアを測ったら逆に上がったんですよね。

だから 3DMARK06の計測にWindowsエアロの動作はスコアには影響しないようですね。

それに このスコアって妥当といえば妥当なんですよね グラフィックボードはHD4850だけど、CPUは最近ではちょっと非力なPentiumDualCoreのE5300だから悪いスコアではないと思うんだけど、

CCCをインストールする前やWindows7をアップグレードする前のVistaで計測した時は10700も出たので、下がるとやっぱり気分悪いです 

グラフィック機能が低下したのかと思ってガッカリしていたけど、Windowsエクスペリエンスのスコアを更新したらグラフィックの項目が6.9から7.3に上がりました。

Windowsexeprience

う~ん まだよくわからないなあ このWindows7は

また一日一回くらいは起動して ゆっくり機能を探索していこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブルーレイ

ブルーレイドライブを付けてるパソコンがあるけどDVDの再生しかしたことないので、

せっかくだからTSUTAYAからブルーレイディスクを借りてきて観てみました 

使っているのは 市販のブルーレイプレイヤーだとまだ高いので、最近よく出ている内蔵型のLITEONのブルーレイドライブです。

Dsci1416

読み込みだけで書き込みはできないタイプだけど、とりあえずは使ってみたかっただけなのでこれで十分です 

このLITEONのブルーレイドライブには再生ソフトのPowerDVDも入っているので、これだけ買えばブルーレイの映像を観れるのでお手軽です 

Dsci0859

最近のメーカーパソコンではブルーレイ搭載モデルがたくさん出てるので、レンタルビデオ店にもたくさんの種類があるかと思ったけど、まだ全然少ないですね。

まあ レコーダーはもちろん プレイヤーでも結構な値段するから家庭に普及するのはまだ先になりそうだな

ブルーレイはかなり画質がいいと聞いていたけど、DVDでも十分な自分にはそこまで違いがわからないだろうと思って再生したら・・

かなり画質がいいですね これにはビックリ \(◎o◎)/!

テレビなどの映像の画質にほとんど気にしない自分でもはっきりわかります これはキレイだ 

Dsci0857

でも DVDで満足していたのにどこが違うのかな? 今までの映像よりもキレイだということだけは感じるんだけど・・

なので、DVDディスクの映画も借りてきたから見比べてみると・・

ブルーレイディスクを観た後でDVDを観たら、ブルーレイよりも画質が粗いのがよくわかります。

例えて言うなら モニタの解像度を低くした時のような感じです。

こんなにDVDの画質が粗いなんて気が付かなかったなあ 

一回観てしまったから DVDでは物足りなくなるかも・・・

でも もっと普及しないとDVDのように手軽に映画の視聴というわけにはいかないですからね (*^_^*) 当分はまだDVDでしょう

それに ブルーレイはDVDよりもディスクのプロテクトが厳しそうだから、DVDの時よりも視聴できないというトラブルが多くなりそう・・

まあ お手頃な価格だったので試しに使う程度にしておきます。

ちなみに自分はこのLITEONのブルーレイドライブは6980円で買ったんですが、

現在では最安値だと5980円くらいで 2カ月で1000円くらい値が下がったから 来年くらいにはDVDスーパーマルチドライブと同じくらいの値段で買えるかも

もっと安くなったら書き込みが出来るタイプが欲しいです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マカフィー2010登場

ウィルスバスターやノートンからだいぶ遅れて マカフィーから2010年度版が登場しました。

遅いといっても まだ2009年だからセキュリティ業界が早すぎるんですよね。

まあ 国内ではウィルスバスター、ノートンの次に人気のあるセキュリティソフトだから もう少し早くても良かったと思うけど、開発にじっくり時間をかけたと思うと使ってみたくなります。

自分はまだマカフィーを使ったことはないけど、古いのを一つ持ってます。

Dsci0202

500円くらいだったのでとりあえず買っておいたんですが、まだ使っていないので パソコンも増えたことだしそろそろ試してみようかと思ってます。

出来ればWindows7に使ってみたいけど無理だろうな・・・

まあ 人気のあるセキュリティソフトだから 一回くらいは最新版を使ってみたいですね。

マカフィー・ストア

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Windowsエアロが動作しなくなった?

自作のVista・Ultimateの入っているパソコンを何気なく使っていたら、Windowsエアロが動作してないのに気付きました 

もちろん今までは動作していたのに・・・

前にもこういう現象があったんだよなあ

ということで Windowsエアロの再設定をしました。

まず デスクトップ上で右クリックしてショートカットメニューを出して、一番下の「個人設定」をクリックすると ディスプレイに関する設定が出ます。

Aero1

コントロールパネルからだと 「デスクトップのカスタマイズ」→「個人設定」です。

Aero2

とりあえず この一覧で一番上の「ウィンドウの色とデザイン」をクリックして「デザイン設定」のダイアログを出したけど、通常は一番上にWindowsエアロの項目があるんだけど無かったので、

再び一覧から一番下の「画面の設定」をクリックしてモニタのダイアログを表示させました。

すると 右下の「色」のところが”中(16ビット)”になってました。

Aero3

なるほど ここが16ビットだとWindowsエアロが動作しなくなったしまうんだな 

なので ここで”最高(32ビット)”に戻しておきました。

Aero4
これで Windowsエアロが正常に動作するようになりました。

Aero5
Windowsエアロ無効

Aero6
Windowsエアロ有効

ダイアログの縁取りが透けてみえるようになって これで一件落着 

でも なぜ切り替わってしまうのかな? もちろんこんな面倒な設定を知らぬ間に替えるなんてありえないし・・

最近このパソコンにしたことといえば ノートンをインストールしたくらいかな

まあ こういう設定って忘れがちだから、大した記事ではないけどまた動作しなくなった時のためにアップしておきました。

このエアロが無効の時にベンチマークテストの3DMARK06で計測すると

Windows7の場合は1000以上もスコアがガタ落ちするけど、

Vistaだと逆に少しスコアが伸びました 

3dmark06ninevistaaerono

まあ 毎回多少は誤差が出るので良くなったというわけではないんだろうけど ゲームをやる時はエアロを落とそうかな・・ なんてちょっと思ってます (*^_^*)

ということで なぜ設定が切り替わってしまうのか疑問に思いつつも エアロが無事動作するようになってホッとしてます (*^_^*)

エアロが動作しなくてもパソコン自体は使えるので大したことじゃないけど、やっぱり使えるものが使えないと気分が悪いですよね 

このパソコンではせっかくUltimateを使っているのにHomeBasicになり下がったみたいでイヤだし

Vistaはやっぱりデスクトップのデザインが鮮やかで透明感のあるのがいいです 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プリウスオンラインのプレイ日記・2

最近ハマり中のオンラインRPGのプリウスオンライン のレベル上げに励んでます 

結構頑張っているんですが、近くにお手頃な敵ばかり倒していてもなかなかレベルが上がらないですね 

Priusonlineopening19

最初は適当にこなしていたクエストも種類によってはたくさん経験値をもらえるので、やみくもに戦いまくっているよりはクエストをこなしていった方がレベルを上がるのが速いみたいなので、面倒だけどクエストをこなすことをメインに進めるようになりました。

まあ クエストを遂行しないとゲームも進まないしね (*^_^*)

ゲームのストーリーに関係するストーリークエストは一度しか受けられないけど、モンスターを倒すだけのミッションクエストは1日経てば再び受けられるので、最初の舞台のイントラルックスではこのミッションクエストばかりやっていました。

蛇の化け物の灰色目蛇族の呪術師と結構戦っていたけど、こいつらはとにかくしつこくて近くに寄るだけで攻撃してくるし、逃げれば追ってくるし あっという間に大勢集まってボコボコにされてしまいます。

Priusonlineopening20

だから 大きな角牛や幽霊ミミズクなどはちょっと強いけど自分から攻撃しないと襲ってこないので休憩しながら戦って経験値を増やしていきました。

Priusonlineopening21

Priusonlineopening22

とくに大きな角牛との戦闘は迫力あってサイコーです !(^^)!

それに Xキーを押して座れば体力が回復するので、アイテムや魔法を使わなければ回復しない今までのテレビゲームよりもいいですね。

それからミッションクエストが飽きてきたので、ストーリークエストの方が経験値を多く貰えるのがいくつかあるし、ストーリーに関連するだけあっておもしろいからストーリークエストをメインに進めるようになりました。

オンラインゲームは通常こういう感じで進めるのかな? まあ まともに長く続いているのが初めてなので (*^_^*)

Priusonlineopening27

でも ストーリークエストは結構難しいものもあって 敵が強すぎて殺されたり、時間内にこなせなかったりすると”失敗”と表示されてしまいます。

ストーリーに関連することだから失敗したらゲーム進行に影響して進まないのかと思っていたら、Uキーを押してクエスト情報を表示してそのクエストの”放棄”ボタンを押せば、もう1度挑戦出来るので安心しました (*^_^*)

やっぱり このゲームは失敗しても取り返せるので、オンラインゲームにあまり慣れていない自分には最適です 

こんな感じでレベルを上げていってレベル10になったので、ついに謎の少女「アニマ」に会えることになりました 

この出会いイベントも一種のクエストで、ゲーム内の受信ボックスにメールが来て何人かのキャラクターと話をしてようやく出会うこと出来ました。

Priusonlineopening25

Priusonlineopening23

Priusonlineopening24

う~ん この幻想的なシチュエーションがいいよなあ  こうやってイベントムービーが多いからこのゲームはおもしろいです !(^^)!

そして 一緒に冒険することになりました。

アニマ自身はF11キーを押して自由に動かせるけど、通常は主人公にくっついてきます。

ジャンプするときも 

一緒に「エイッ!」と言ってジャンプしてくれます ・・・・漫才コンビみたいだな 

Priusonlineopening26

まあ これでストーリー的に一段階終了ってとこかな

これから 物語の核心に迫っていきます。

それから 大陸に設置してあるセレロステーションはかなり便利ですね。

Priusonlineselero1

でも その目的地に行くためには一回そこのセレロステーションに行ってクリックして活性化させないといけないので、全く行ったことのない地域には行けないけど、

一回行って活性化しておけば次からはそこに行けるようになるので便利です。

Priusonlineselero2

初めての地域なら地域や景色を堪能しながら歩いていけばいいけど、何回も通っていると飽きるし面倒だから、このセレロは使えます。

まだまだ便利なシステムがあるようだけど、説明を読むのが面倒で後回しにしてるけど アニマにもあったしだいぶレベルも上がったので、ゲームシステムを理解して行こうと思います。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SSD

この前買ったOCZのSSDにOSをイントールしてみました。

Dsci0821

SSDを買ったのは今回が初めてで、前から使ってみたかったけどかなり値段が高いので、

現在ハードディスクがたくさんあるので、使うのはもっと普及して安くなってからにするつもりでした。

でも この前にDIY PC Expo 2009で60GBのSSDが7000円で出ていて、かなり安いみたいだったので買っておきました。

Dsci0788

SSDを買う予定は全くなかったら相場が分かりませんでしたから 周りが”安い安い”と騒いでいたのでとりあえず買ったという感じです。

SSDだとOSの起動がとにかく速いとよく聞くので、実際どれくらい速いのか楽しみでした。

構成は

OS:Vista HomePremium SP1
マザーボード:P55-GD65
CPU:Corei7・860
メモリ:PC3-12800 DDR3-1600 4GB
グラフィック:GeForce9800GT
電源:750W

Dsci0837

ざっとこんな感じです。

ちなみにこの上の写真だとグラフィックボードをCPUから遠い方のPCI-Eに間違えて挿してますが、近い方に付け替えました ((+_+))

たまにやっちゃうんですよね SLIやCrossFire出来るボードだと 

そして いざ取り付けようとしたんだけど、SSDってノートパソコンの2.5インチハードディスクと同じくらいだから 普通のデスクトップ用ケースにはブラケットみたいのがないとケースに取り付けが出来ないんですね 

Dsci0824

右はSSDで左がハードディスクだから全然大きさが違います。

まあ 今回はとりあえずのインストールということだから外に置いた状態でOSをインストールしました。

Dsci0831

ちゃんとBIOSでもSSDと認識してますね。

でも OSはWindows7からSSDと認識されるようになったから、Vistaではまだハードディスクと同じ扱いにされるようですね。

そして 読み込んでOSの設定です。

Dsci0832

ここまで来るのにかなり速かったなあ SSDだからってことじゃないよな (*^_^*)

そういえば ディスクパーティションのところに「OCZ APEX」って出てるけど、普通のハードディスクだとメーカ名なんかここでは出ないですよね。

SSDだと詳細が表示されるということなのかな まあ 複数搭載しているとわかりやすくていいですね。

そして インストールも速かったですね 今までインストールした時間では最速だったんじゃないかな

これは さすがにSSDの能力だと思うんだけど

そして OSのインストールも完了してドライバのインストールなどを一通り終えて、再起動かけたときに驚きました。

噂通り ものすごい起動がはやいです \(◎o◎)/!

最初のWindowsのロゴの表示のBGMとOSの画面が出るBGMがダブって聞こえてあっという間に使えるようになります。

このP55のマザーボードは今までチップセットで制御していたメモリやグラフィックをCPUで制御するようになったので、ハードディスクの時でもかなり速かったのですけど。

これだけ速ければすぐに使いたい時には助かります。

そして OSのコンピュータでも通常のハードディスクは名前を替えないかぎりは”ローカルディスク”と表示されるけど、ここでもSSDだとメーカー名まで出るんですね。

Dsci0840

この方がカッコいいし いいよな !(^^)! まあ ディスクの管理で名前を替えればいいことだけど。

ということでSSDを初めて使ってみた感触はなかなかです でも 高すぎるよね。

それから 実はこのSSDを使ってOSの再インストールしたのはもう一つ理由がありました。

今回SSDを組んだMSIのP55-GD65のマザーボードはCorei5で使っていて、今回付け替えたCorei7・860を前にも付け替えたんですが、このマザーボードのワンタッチオーバークロック機能の「OC Genie」でオーバクロックした状態で起動するとCorei7だとブルースクリーンで落ちてしまう現象が起こります。

Dsci1523

自分でいろいろと対策を施して、MSIのダイレクトサポートやイベントにいたMSIの担当者などに聞いても結局対策が見つからず、OSの再インストールくらいしか手立てがなくりました。

CPUを替えたときはOSの再インストールが原則らしいけど、i5からi7に替えても普通に使う分には全く問題なかったし、MSIの人間も「OSが原因とは考えにくい」と言っていました。

こういう時はハードウェアが一番可能性が高いけど、大体の構成をMSIに人に告げたけど 「たぶんハードも問題ないかと・・」と言っていました。

これでオーバークロック出来なかったらこのP55-GD65でCorei7を使う気にはなれないですね Corei5だと問題なくオーバークロックできるし快適に使えているので。

そして OC Genieのボタンを押して電源を入れてみましたが・・・

やっぱり ブルースクリーンで落ちてしまいます。

Dsci2322

前回は出てこなかった「CMOS clear・・・」と書いてある黄色の文字の表示が出たので、CMOSクリアもしてみましたが、やっぱり駄目でしたね。

やっぱり ハードの問題ですね でも 何が原因なんだろう?

このOC Genieが全く使えないんだったらマザーボードが原因だけど、Corei5だとOC Genieで起動出来て使えるから壊れてるわけではないんですよね。

まあ やっぱりCorei5で使うことにします このマザーは

とりあえずはSSDも検証できたことだし、また元の構成に戻してプリウスオンライン でもやろう! 

ということで SSDはまた別のパソコンで使い方を考えてみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デルの新一体型デスクトップ Inspiron One 19

デルの個人向けモデルに新しい一体型デスクトップが最近出たみたいですね。

Inspiron One 19というまた違うグレードのモデル名になったようです。

今年の3月に登場したStudio One 19、自分も注文したことがある去年の暮れまで販売していたXPS-ONEといった感じでデスクトップのグレードがまた変わりました。

グレードの高さでいうとXPS、Studio、Inspironの順だから今回のモデルが一番低いモデルの名称になるんだけど、スペックが今までよりも劣るわけではないようです。

Xpsone_100x100_2

現在でも販売しているStudio One 19のスペックと似てますね。

とりあえずパッケージは2種類出ていて、安いほうのパッケージの仕様が

・インテルPentiumDualCore・E5300
・Windows7・HomePremium 64bit
・メモリ2GB
・ハードディスク320GB
・DVDスーパーマルチドライブ
・18.5インチワイドディスプレイ

価格が69980円です。

まあ 一体型にしてはリーズナブルな価格です。

もう一つのパッケージはCPUがCore2Duo・E7500、メモリが4GB、ハードディスクが500GBにスペックアップで84980円です。

OSが64bitなので せっかく大容量のメモリを使えるんだから4GBの方がいいかな

でも Windows7はVistaよりもメモリの使用量が少ないから2GBでも全然快適なので、安いパッケージでも十分だと思います。

自分もこのモデルのデザインは結構好きです 

鏡立てのようで後ろのスタンドをたたんで平たく置くこともできるので邪魔にならないです。

てゆうか こんな感想の記事を4か月前にも書きましたよね 

そうです デルの法人販売モデルの一体型デスクトップのVostro 320とほぼ同じ形です。

このVostro320は今年の7月に出て自分も欲しくなって記事を書いたんです。

もう少しデザインを替えて出せばよかったのに・・・ それとも このVostro320が人気あるから個人販売部門で出すようにしたのかな?

どっちにしても 自分はこのモデルのデザインは好きだからVostro 320Inspiron One 19は長く残っていて欲しいです。

ちなみに この2つのモデルは若干仕様が異なります。

Vostro320の方はディスプレイが19インチで無線LAN搭載しています。

それと OSがWindows7・Professionalでダウングレード権が付いているので、XPも付いてくるので断然こちらの方がお得だと思います。

それに デルは個人販売のサポートはあまりいい噂を聞かないけど、自分も利用している法人販売のサポートの対応はかなり良いので、値段も5000円高いだけなので自分だったら法人販売の一体型デスクトップのVostro 320の方を買いますね。

ただ 法人モデルはリサイクル料金が含まれていないので処分する時にお金がかかります それくらいかなデメリットは

だから もっと安くなればVostro320の方を買おうかな 50000円以下ならいけるかな・・

まあ 一概にInspiron One 19と見比べたわけではないから もう少し調べてみようと思います。

でも 一体型デスクトップといえば 去年の暮れに注文したXPS-ONEが一番カッコよかったなあ 

Xpsone_100x100_3

生産終了ま近だったのか部品が足りなくて受注が追い付かなくて納期が1か月半から2カ月かかるようだったので、仕方なくキャンセルしてVostro220Sを購入しました。

今考えると もう少し待っていればよかったなと思う今日この頃です (*^_^*)

デル株式会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プリウスオンラインのプレイ日記・1

オンラインゲームをいくつかダウンロードしていて、現在一番プレイしているのはプリウスオンラインです。

Priusonline

ストーリーがよくできたゲームと聞いたので1か月半前からプレイしてますが、今までプレイしたオンラインゲームの中では一番面白いです。

大体オンラインゲームって、壮大な映像のデモやイベントのスクリーンショットを見て ”おもしろそう!”とか”映像がキレイで迫力あるな!”と思ってプレイするんだけど、

実際プレイしてみるとなかなかそういう場面は出てこないので、結局地道にレベルを上げながら適当なクエストをこなすという作業に飽きてプレイから遠ざかってしまうんですよね。

もっとゲーム自体を把握して長くプレイしていけばそういう場面が出てくるんだろうけど、序盤で何か引きつけるものがないと自分は続かないです 

だから 今までプレイしたオンラインゲームって長く続かないけど、このプリウスオンラインはオープニングでのエピソードのデモがかなり興味を引き付けます。

Priusonlineopening1

紫がかった過去の情景を演出するオープニングに引きつけられましたね。

Priusonlineopening2

おおーっ  このおっさんには焦りました  未だにこいつが誰だかわかりません 

Priusonlineopening3

この女の子がレベル10から登場するアニマです この子がこの物語のカギを握っているようです 

Priusonlineopening5

何よりこの幻想的なイメージがいいです。

このエピソードのデモが終わると 軽い戦闘のデモに替わります。

Priusonlineopening6

まあ ここで練習しろということだと思います やられまくったけど死にませんでした (*^_^*)

自分の選んだキャラは剣さばきが華麗でかなりカッコイイです 

Priusonlineopening7

そして ガイガスというものすごく強い巨人も操作できるみたいだけど、まだ先になりそうですね このガイガスは

Priusonlineopening8

この辺でデモを兼ねた戦闘が終わって本編に進んでいきます 他のオンラインゲームも序盤はこういう感じでストーリーっぽくやってくれればプレイする意欲が湧くんだけどなあ・・

Priusonlineopening9

まずは どこかの島みたいなところからだったかな? そこからワープして大きな大陸に移動して本編って感じみたいです。

この子がワープするゲートを管理する女の子です オンラインゲームってリアルだから怖い顔が多いけど、この子はカワイイね 

Priusonlineopening10

この子にワープさせてもらって 最初にイントラルックスというところに行きます。

この物語では自分が操作する主人公は前の戦いで記憶をなくしているらしく、その兵隊として所属していたところみたいです。

そして 早速クエストを受けて狩りに行きます 最初は食人草という植物の狩りです

まあ 序盤のクエストなので簡単だけど、このゲームは戦闘シーンも鮮やかだし迫力がありますね。

Priusonlineopening11

イントラルックスの周りはほとんど苦戦するような敵はいないけど、こいつらは結構強かったです。

大体の敵は自分から攻撃してこないんだけど、この棒を持った蛇は自分が近くを通ると襲いかかってきて、しかも集団で攻撃してくるので序盤は殺されまくりました 

Priusonlineopening18

レベルが上がった今でもモタついていると殺されそうになります。

それと このプリウスオンラインは面白い敵も結構出てきます。

その中でもこの筋肉ウサギはサイコーです。

Priusonlineopening15

Priusonlineopening16

よくこんなキャラ思いついたなあ  でも 見かけは強そうだけどかなり弱かったです。

とにかく新しいキャラをみつけるだけでも楽しかったりします。

それと このゲームは簡単に進められるようになっているのが続けてプレイしている要因の一つです。

中でもクエストがやりやすいようになっています。

クエストを一度にたくさん受けると何処に何があるのかわけわかんなくなります (自分だけかな?)

そんな時はMキーを押すとワールドマップが出るので、画面の右側に表示されているミッションクエストの一覧から目的のミッションを選択するとワールドマップにクエストに関連する敵や人物の位置が表示されます。

Priusonlineopening17

赤丸の中の模様の地点がクエスト目的 青丸の中の矢印が自分の現在地点

こんな感じでプレイの難易度が低く設定してあるので、これだったら自分もやっていけそうです。

難易度の高いゲームが好きなゲーマーには物足りないゲームだと思うけど、

ストーリーやイベント重視で簡単に進めらるゲームの方がいいという方には向いていると思います。

スペックもそんなに高くなくても大丈夫だと思います。

現在はGeForce9600GTのSLIを組んでいるパソコンとRADEON・HD4870を付けてるパソコンのどちらかでプレイしているけど、今のところは9600GTもしくはもっと低い性能のグラフィックボードでも大丈夫だと思います。

Dsci0813

まあ まだ序盤なので先に行くと高い3D描画を求められるのかもしれないけど。

このゲームの他にもいくつかプレイしているんだけど、そんなにオンラインゲームが好きなわけではないので 本当にたまにプレイする程度です。

でも このプリウスオンラインは現在ハマり中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GeForce9600GTでSLI

現在使っているMSIのP55-GD65でGeForce9600GTのSLIを組んでみました。

この前まではGeForce8800GTでSLIを組んでいたけど、1枚売却したので

9600GTは1枚は遊んでるし もう1枚は別のパソコンで使っていたのを外して 検証もかねてもう1度SLIを組んでみました。

8800GTの時は2枚ともELSAのクライシス推奨モデルで全く同じグラフィックボードの構成でしたが、

Dsci1489

今回SLIを組む9600GTは違うメーカー同士なのでうまくいくか少し不安でした。

GIGABYTEのGV-NX96T512Hと、LEADTEKのWINFAST-PX9600GT・ZLです。

Dsci0053

Dsci1758

後から調べたらコアクロックも少し違うみたいです GIGABYTEが650MHzで、LEADTEKが675MHzでした LEADTEKの方が少し高いようです。

だから この前GIGABYTEからLEADTEKに替えたらベンチマークのスコアが上がったのかな?

大きさも違うんですよね 上がLEADTEK下がGIGABYTEです LEADTEKの方が長いです。

Dsci1803

共通しているところはGPUと両方ともZALMANファンということくらいかな

一番CPUに近いプライマリ側のPCI-EにGIGABYTEを、後からセカンダリ側にLEADTEKを配置しました。

でも コアクロックの高いLEADTEKの方をプライマリ側に配置した方がよかったのかな?

Dsci0814

ATIのCrossFireだと組み合わせによっては違うGPU同士でも組むことが出来て、性能が高い方をプライマリ側に付けるのが原則みたいだから。

まあ もう組んでしまったので、とりあえずは起動です。

起動直後はセカンダリ側のZALMANファンが回らなかったので ”ダメかな”と思ったら 少し経って回り始めました。

そして 何回か画面が黒くなってタスクバーにNVIDIAのアイコンが出てSLI設定が出来るようになって、”SLIを有効にする”をクリックして無事完了しました。

Nvidiacontrolpanelsli

前の8800GTの時よりも不安定な気がするけど まあ とりあえずは正常に動作してるみたい

今回再びわざわざSLIを組んだのは理由がありました。

前に組んでいた8800GTでSLIにしていた時は、このP55-GD65のマザーボード上に付いているワンタッチオーバークロックボタン「OC Genie」を使ってオーバークロック状態で3DMARK06でスコアを測ると定格クロック状態のSLIよりも3000くらいスコアが上がったんだけど、

Dsci1523

8800GTを一つだけの搭載でオーバークロックして測ってみたら、500くらいしかスコアが上がりませんでした。

CPUスコアはしっかり上がっているんですが、メインのスコアが伸びませんでした。

この前Corei7・860に付け替えて使ったので不安定になったのではと思って、それを確かめたくてもう1度SLIを組んだわけです。

最初に1枚だけ(GIGABYTE)で定格でスコアを測ってみました。

3dmarkscore9600gt1

とりあえず11408のスコア 8800GTが12900くらいだったのでこんなものでしょう。

次はOC Genieのボタンを押してオーバークロック状態で計測してみました。

このOC Genieのオーバークロック設定は大体900MHzくらいクロックアップします。

3dmarkscore9600gt1overclock

11893だから 500も上がってないですね。

でも CPUスピードは3561MHzと表示されているから正常にクロックは上がっていて、CPUのスコアも1000以上上がっているので問題はないんだろうけど、なんか気になるなあ

そして SLIにしてとりあえずは定格で計測です。

3dmarkscore9600gtsli

16000・・ 8800GTのSLIでは17500くらいだったので予想通りのスコアです。

でも 8800GTの時もそうだけどグラフィックボード2枚も使っているのに1枚の状態よりもスコアが1.5倍くらいしか上がらないから物足りないよなあ・・

やっぱり SLIは勿体ないですね この程度しか上がらないんだったら別々に使った方が得だよな。

そして いよいよメインのオーバークロックでのSLIでスコアが伸びるかどうかです。

Dsci1467

途中のスコアのゲージを見て結構伸びるのはわかりましたね。

SLIが勿体ないとわかっていてもこのスコアがうなぎ上りに伸びていくと気分いいよなあ~♪

3dmarkscore9600gtslioverclock

そして スコアは19529 見事に3000以上上がりました !(^^)! 

やっぱり3DMARK06の計測は一つだけよりもSLIでのオーバークロック状態の方が劇的にスコアが上がるんですね。

グラボ1枚だけのオーバークロックだと500くらいだけど、SLIだと3000も上がるのでかなり差が付きます。

でも 他のベンチマークテストでもこうなるとは限らないから一概にSLIの方がCPUのオーバークロックの恩恵をより多く受けるということではないんでしょうね。

また暇な時に他のベンチでやってみようと思います。

ただ この9600GTのSLIは8800GTのSLIの時よりはいくらか不安定です。

起動やシャットダウンがかなり遅い時があるし、OC Genieのボタンを押したまま数時間経って電源を入れたらモニタに表示されなくてボタンを戻して電源を入れたら起動したみたいに前にはなかったおかしな挙動がいくつかあります。

やっぱり 同じGPUとはいえコアクロックが違うし、同じメーカー同士でないから多少仕様が違うから起こる現象なのかな?

そうでなかったらOC Genieが怪しいなあ この前付け替えたCorei7もボタンを押して起動させようとするとブルースクリーンで落ちるし、自分のだけかもしれないけどOC Genieの不具合なんじゃないのかな

まあ 起動中にいきなり落ちるとかのトラブルはないので普通に使えますけど。

8800GTとCorei5の構成で使っていた時は全く問題なかったので素直にこのまま使っていればよかったんだよな

でも 自作をやっている以上はパーツ交換しないとおもしろくないですから。

多少のトラブルに遭遇するのはしょうがないから我慢して また構成を考えようと思います。

次はSSDかな またOSのインストールか・・ 面倒だなあ 

Dsci1425

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MSIのイベント

先々週の土曜日に秋葉原のカフェソラーレで展示イベントをやってました。

Dsci0488

プレゼンや座談会などをやっていたみたいだけど、DIY PC Expo 2009 の方にずっといたので参加できなかったけど、

展示してあるモデルは一通り見てきました。

まずはノートパソコンです。

Dsci0451

Dsci0462

Dsci0458

ネットブックくらいしか知らなかったけど、通常のノートなど種類がたくさんあるんですね

知らなかった・・

それと オールインワンタイプもあるんですね カッコいいなあ 

Dsci0457

まあ パソコン本体もいいけど、MSIといったらボード類ですよね。

Dsci0447

最近出たばかりのDirectX・11対応のRADEON・HD5000シリーズです。

どれもまだ高いけど、5750あたりだったら買えるかな・・

Dsci0448

GeForceのハイエンド系ですね。

270と275しか展示してないけどどちらも電気食いまくるから一つ下の260か その上の低消費電力仕様になってる285の方がいいと思うんだけど

でも もうすぐ300番台が出るので待っていた方がいいですね。

Dsci0450

最近出たばかりの210と220GTです。

メーカー製のパソコンに搭載されていたので知っていたんですけど、なんで今頃単品で販売するようになったのかな?

さあ 次はマザーボードです。

Dsci0452

X58のLGA1366のCPU対応のマザーボードです。

マイクロATXもあったのは知らなかったなあ

欲しいけど高く付きそうだしなあ・・ 6コアのCorei9が来年の暮れあたりに出るみたいだからX58もまだまだいけそうですね、

Dsci0453

Dsci0454

そして 自分も持っているP55のLGA1156CPU対応のマザーボードです。

自分が持っているのは右上のP55-GD65です。

まあ これにCorei7を搭載すればX58系をわざわざ買うことはないんですけどね 省電力でハイスペックだし

Dsci0456

AMD系のマザーボードです。

この前の特価品販売でソケットAM3のCPUを買っておいたので いずれは買おうと思ってます。

AMDのマザーボードはオンボードのグラフィック機能が高性能だからグラフィックボードを付けなくても十分みたいですから安く上がるから魅力的だよなあ

785Gのマザーを買ってみようかな もっと安くなったらだけど

それから マザーとグラボを使ってのデモもやってました。

Dsci0461

RADEON・HD5000シリーズ最上位のHD5870です かなり能力は高いんだろうな・・

もちろん 値段もかなり高いです 

Dsci0464

AMDのCPU対応の785GのマザーボードとRADEONのHD4890の組み合わせです。

785Gだったらグラフィックボード付けないで使ってもいいと思いますけどね。

Dsci0465

このR4890のCYCLONEって初めて見たけど ファンがでかいなあ・・ まさにサイクロンって感じ 

P55モデル最上位のP55-GD80とGeForce275GTXです。

Dsci0467

275はともかくGD80は欲しいなあ

3WaySLIが出来るハイエンドマザーですからね。

Dsci0470

そして 自分が使っているP55-GD65と新型のミドルエンドモデルのRADEON・HD5750です。

使っている中ではこのマザーボードは一番のお気に入りです !(^^)!

ボード上に電源スイッチがあるし、ボタンひとつでオーバークロックが出来る「OC Genie」は便利です。

Dsci0471

ただひとつ気になることが・・

最初はCorei5・750で使っていて、OC Genieを利用してオーバクロックして使えたんですが、

Corei7・860に替えたら ノーマル状態ではちゃんと使えるんですが、OC Genieのボタンを押して起動させるとブルースクリーンで落ちてしまうんですよね。

I5ではオーバクロックできたのでハード構成は問題ないと思うんだけど・・

秋葉原のイベントなどによくいるMSIの担当者に対策を尋ねてみたけど、やっぱりわからないみたい。

もしかしたら P55-GD65だとi7・860のOC Genieでのオーバークロックが耐えられないかと思ったんだけど、

前にフェイス でOC Genieのデモをやっていた時に使っていたのが、P55-GD65とi7・860みたいだから耐性は問題ないみたいです いいとこ付いたと思ったんだけどな

あと出来る対策はOSの再インストールくらいかな

i7・860で何日か使っていてもノーマルだったら大丈夫だったし問題ないと思うんだけど、いちよCPUを替えたらOSの再インストールを大体するみたいですからね。

もう1回チャレンジしてみるつもりです。

それと このP55-GD65にHD5750が付いているということは相性も問題ないだろうから、もう少し安くなったら使ってみようかな

Dsci0477

展示会場には30分もいなかったけど、担当者といろいろ話せたし展示モデルも一通り見てきたので満足です !(^^)!

MSIの熱心ですよね このP55のマザーボードが発売してから頻繁に秋葉原でデモをやってアピールしてます。

とくにOC Genieに宣伝に力を入れてますね。

たしかに便利です ボタンひとつでオーバークロックできるんだから

それと 使っているP55-GD65が自分には一番合ってます。

下のモデルのCD53はSLIが出来ないし、GD45はマイクロATXなので物足りないし、

最上位のGD80は20000円を超えるからちょっと手が出ないし

やっぱり SLIができて18000円のGD65が一番コストパフォーマンスが高いと思います。

まあ 買ってよかったと思います !(^^)!

ということで MSIのイベントの様子でした。

また開催したら今度はプレゼンや座談会も参加したいです。

Dsci0490

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DIY PC Expo 2009 まとめ

最後に セミナーをやっていた地下のフロアもおもしろかったです。

昔のCPUやグラフィックボードを展示してました。

Dsci0627

Pentiumだけでもこんなにいろいろな形があるんだなあ・・

自分が使い始めたのはSocket478からだから知るわけないよなあ

Dsci0628

これはAMDのCPUみたいだな

Dsci0629

Dsci0630

マザーボードやグラフィックボードは全くわかんないや 

Dsci0604

Dsci0605

まあ 見てる人の間では 「おおーっ!」とか「懐かしいーっ!」という言葉が飛び交ってましたね。

それと PC4Uというパーツ専門店の出店も安くてよかったです。

Dsci0623

とにかく安かったですね RADEONのHD3870が4000円、3850が3000円などちょっと古いパーツはたたき売りみたいなものでしたね。

自分もOCZのSSDとThermaltakeのケースを買ってきました。

SSDの相場自体がわからなかったけど周りが”安い安い”と言っていたので買ったおいたけど、通常は20000円以上するのが7000円で買えたので本当に安かったです。

Dsci0789_2

ケースもそれほど欲しくはなかったけど、3500円と激安だったのでつい買ってしまいました。

でも このThermaltakeのケースはかなり重くて持ち帰るのにかなりしんどかったです 

Dsci0790_2

家に着くまでは”買わなきゃよかった”と思いましたね (*^_^*)

懲りずにまたケースのお持ち帰りをやってしまったけど、やっぱりケースは通販がいいです。

このPC4Uはオンラインショップもあって ワケあり商品などを安く販売しているようです。

Pc4u

PC4Uオンラインショップ

ここも覚えておかないと

色眼鏡をかけての3D体験コーナーもありました。

Dsci0681

これはNVIDIAのセミナーでも見たから自分はこのコーナーでは見なかったけど、

この色眼鏡がかけづらいんですよね だからイマイチ

Dsci0682

そして 1階の会場の入り口では自作の組み立てアドバイスもやっていて、実際にパーツを触りながら体験してましたね。

Dsci0689

Dsci0692

こんな感じで DIY PC Expo 2009はかなりおもしろかったです \(^o^)/

セミナーや展示ブースを廻っていろいろな知識が付いたし来てよかったです。

来年も行くつもりです !(^^)!

Dsci0691

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DIY PC Expo 2009 展示ブース (AQTIS)

次は 疑惑の電源を販売しているAQTISです。

Dsci0758

自分は現在80プラスのブロンズ認証の600Wの電源を使ってます。

ツクモのネットショップで5980円と激安だったので買ったんですが、後から調べてみると

最初はコンデンサが1次、2次ともに日本製と謳っていたのに 1次側だけだったり

80プラス認証だと書いてあるけど、認証されているのも怪しいという疑惑の製品です。

Dsci1139

値段も600Wのブロンズでこの価格はありえないですからね。

まあ 変換効率くらいだったらいいけど、壊れてマザーボードを道連れにしたり 燃えたりしたら最悪だから気を付けながら使ってます。

こういう製品があるからAQTISって信頼性が薄いんですよね。

Dsci0756

ここの電源ってほとんど安いし まあ 何もトラブルがなければ得なんですけど。

こうやって堂々と出展しているんだからそんなに悪いメーカーではないんでしょうね。

そんなに悪いメーカーなら主催のASKが起用しないですからね。

以上10回に分けて展示ブースの模様を書いてきましたが、もっと軽く書こうかと思ったんだけど、調べていくうちにどんどん膨れ上がってしまいました ((+_+))

興味ある展示ブースが多かったし、知らない企業でも話を聞いてみるとおもしろかったり、製品だけは知っていたりしたので記事も自然に長くなっていきました。

次のまとめでDIY PC Expo 2009の記事の最終回にします。

Dsci0788


| | コメント (0) | トラックバック (0)

DIY PC Expo 2009 展示ブース (OCZ、Kingston、3R・SYSTEM)

次はSSDを扱っているOCZです。

Dsci0772

名前くらいしか知らなかったけど、SSDはかなりの種類を出しているんですね。

Dsci0773

自分はハードディスクをたくさん持っているので、SSDは高いし当分買うつもりはなかったけど、

PC4Uの安売りで60GBが7000円で出ていて、安いみたいだから買っておきました。

Dsci0789

”安いみたいだから”というのは SSDの相場自体が全く知らなかったので、周りが安いと騒いでいたので買ってしまいました。

いろいろ調べてみたら20000円くらいするみたいだから 結構安く買えたんですね。

60GBで20000円というのもすごいけど そこまで速いのかなって感じです。

まあ せっかく買ったんだから一番スペックの高いマシンに使ってみようと思います。

次は自分も使っているメモリメーカーのKingstonです。

Dsci0760

普通のタイプのメモリくらいしか知らなかったけど、結構すごいの作っているんですね。

Dsci0761

てゆうか 最近のメモリってヒートシンクがゴージャスですね。

これだけゴージャスだとクリアケースなどの中が見えるケースに付けて眺めていたいなあ・・

自分が持っているのはもちろんこんなゴージャスなタイプでなく、この前ツクモで買ったロープロファイルの低いタイプとデルのVostroに付いていた標準のタイプの奴です。

とくに このロープロファイルのメモリはスペースのない小さいケースに組む時にはいいと思います。

Dsci2175

まあ 自分はミドルタワーケースで使っているのであまり関係ないけど (*^_^*)

Kingstonlogo

次は3R・SYSTEM PCケースのメーカーみたいです。

Dsci0779

名前は知らなかったんですが、調べたら この一体型デスクトップ用のケースはこのメーカーが作っていたんですね。

自分はコンパクトで場所を取らない方が好きなので、このケースを見た時は欲しくなりました。

コンパクトの方が好きとはいえ、結局安く手に入りやすいミドルタワーのケースばかりで組んでばかりいるので

このケースはATX対応だし、そのうちこういう変わったケースで1台くらいは組みたいです。

このメーカーはミドルタワーが多いですね しかも価格が結構安いです。

Dsci0782

Dsci0785

この赤や青のカラーケースは光沢があってキレイでしたね  女の人にはウケるかも

Dsci0786

このメーカーもチェックしておこう 

3rsystem_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DIY PC Expo 2009 展示ブース (HANA Micron、ウエスタンデジタル、In Win、 etc)

次に覗いたのは HANA Micronというメーカーです。

Dsci0584

全く聞いたことのないメーカーだったので、担当者と話したところ SSDを作っているところみたいです。

Dsci0587

今まではバッファローなどに提供してらしく、自社の名前で賞品を出していなかったんだけど、

これからは「HANA Micron」のSSDとして販売を展開していくようです。

ここでSSDの中身を見せてもらいました。

Dsci0586

基盤にチップが貼ってあるだけで、グラフィックボードの超ロープロファイルって感じでした。

通常のハードディスクは内部が機械的で壊れやすけど、このSSDの構造だと壊れにくいようですね。

たしかにこの構造だったら落としても全然平気そうだな

ここの担当者と話していたのが一番長かったんじゃないかな 中国か台湾の方でかなり熱意のこもった説明をしてくれたおかげでSSDの事がだいぶわかりました。

今まではバッファローの名前で売れていたけど、自社ブランドとしてはほとんど知られてないので不安はあると言っていたけど、こういう担当者が多いなら大丈夫でしょう。

これから名前を聞くようになると思います。

Dsci0589

次はシネックス

Dsci0741

これも聞いたことないと思っていたら ウエスタンデジタルの代理店らしいです。

名前がすごいよなあ シネってねえ

そして そのシネックスが扱っているウエスタンデジタルです。

Dsci0744

ウエスタンデジタルの事はセミナーの記事で触れたのでいいかな

DIY PC Expo 2009 セミナー (ウエスタンデジタル)

やっぱり 買うんだったら省電力で壊れにくいCaviarGreenですね。

Dsci0747

初期不良や故障が一番少ないハードディスクですから

次は In Win PCケースのメーカーらしいです。

Dsci0751

ここもあまり馴染のないメーカーですね でも ケースはカッコよかったです。

Dsci0753

この取っ手がごつくていいなあ

ここはDorfield Japanというディスプレイアームを販売しているところです。

Dsci0776

自分も欲しいんですよね このアーム

場所によっては便利ですからね。

Dsci0777

ただ 高いから買えませんけど 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DIY PC Expo 2009 展示ブース (Thermaltake)

次は ケースやファンなどでお馴染のThermaltakeです。

Dsci0573

とくにここのCPUファンは注目してます。

この前のインテルの新CPU発売イベントの時に見た筒状のCPUファンに一目ぼれしました。

Dsci0574

SpinQ VTというモデルでデザインが灯がともっている円柱のようでキレイだし、冷却性もかなり高いようです。

ただ 値段が7000円くらいなので、さすがにCPUファンにそこまでお金をかけるのは・・

もう少し値段が落ちたら買うつもりです うん 5000円くらいなら 

それから CPUとメモリまで冷やす大きいクーラーもあります。

Dsci1362

これもすごいなあと思いました 値段も16000円くらいなのですごい!

さすがにCPUと同じくらいの値段のクーラーを買う気にはならないですけどね (*^_^*)

それと このブースで一番の注目はこのモンスターケースです。

Dsci0578

丸出しのような感じだけど、ちゃんと隠せるようになっていて とにかく大きいです \(◎o◎)/!

このケースの事はこのイベントに来る前にツクモ の店員に聞いていて入荷してもすぐに売り切れになってしまう大人気ケースらしいです。

その話を聞いてすぐに見れるとは思わなかったので感激したけど、値段は100000円くらいするみたいです。

だから さすがに買う気にはならないですよね  これだけの値段がするのに即売り切れになるんだからすごいなあ・・

Dsci0579

このイベントではPC4Uというパーツ専門店がかなり安くPCパーツを販売していて、Thermaltakeのケースが3500円だったので買ってきました。

Soprano DXというモデルでデザインがキレイで人気あるらしいですね。

Dsci0790

このケースは冷却性よりもデザインって感じみたいですね。

前はデザイン重視でケースを選んでましたけど、パーツの耐久性を考えるとやっぱり冷却性が大事ですからね。

だから Thermaltakeのケースはよく冷えるというイメージがあったので、デザイン重視でちょっと残念かな

まあ エアフローは考えて設計してあるようだし、3500円だから全然いいですけどね。

Dsci0796

内部も取り付けやすいなっているんですが、説明書が日本語でないのが難点ですね。

ANTECやNZXTなどの有名メーカーは日本語の説明書が付属しているのに、これはマイナスですね。

まあ パーツを組むのに細かい説明はいらないけど、特殊のネジが付いているのどうか調べたかったけど英語なのでわかりませんでした。

まだこのケースには組んでないけど、そのうち別のケースから付け替えて機能性などをアップしようと思います。

Thermaltakelogo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DIY PC Expo 2009 展示ブース (ELITEGROUP、CyberLink、ZOTAC)

次はELITEGROUPです。

Dsci0548

ここも有名ですけど、ショップではあったりなかったりですね。

SempronSDA3000のCPUが余っているので、前にドスパラでこのELITEGROUPのSoket754のジャンク品のマザーボードを買おうとしたことがあります。

このメーカーのことがよくわからなかったので、とりあえずは買わないで帰ってきてELITEGROUPのサイトで調べたら、

Elitegroup

ELITEGROUPホームページ

ドライバもまだあるし、サイト内も調べやすくわかりやすいので使って見たくなって再び買いに行ったら もうなかったです 

いろいろなメーカーのボードを使って見たかったということもあって残念です とくにELITEGROUPの中古マザーボードってあまり見ないし

ということで機会があったら使って見たいですね。

ここもP55の最新マザーボードが展示してありました。

Dsci0549

Blackシリーズか・・ カッコいいな  このマザーはPCIーExpress2.0スロットが2本あるけどCrossFireのみでSLIはできないようです。

それからG31やAMDの785Gのマザーボードも展示してありました。

Dsci0552

CPUは持っているのでAM3の785Gのマザーボードが1枚欲しいです。

それから グラフィックボードも展示してありました。

Dsci0553

ここもGeForceのみみたいです ELITEGROUPのグラフィックボードってドラゴンのイラストのパッケージのやつですよね たしか

このメーカーも何気に注目してます。

次はセミナーもやっていたサイバーリンクです。

Dsci0556

ここはグラフィックボードの不具合か何かで起動画面までしかいかないでブルースクリーンで落ちるというトラブルに見舞われてました。

Dsci0557

Dsci0559

この画面に細かい点が入る現象は自分もありましたね それはモニタのケーブルが悪かったので替えたら正常に戻ったけど。

PowerDirecterのデモをやろうとしたんだけどこの時は出来なかったので”すいません 見せれなくて”と言ってました。

まあ 自分もいつこういう不具合に見舞われるかわからないので、他人ごとではないと思いながら後にしました。

デモが見れなかったのは残念だけど、この後セミナーで詳しく聞けたのでよかったです。

DIY PC Expo 2009 セミナー (G.SKILL、CyberLink)

そういえば EIZOも出展してましたね。

Dsci0562

まあ ここはセミナーに何回か足を運んである程度見ているので覗かなかったです。

Dsci0563

次はZOTACです。

Dsci0564

ここのグラフィックボードもGeForceのみですね。

Dsci0566

ここも品質は良さそうだけど 名前がなんか・・・変

それからグラフィックボード以外にオンボードCPU搭載のマザーボードもありますね。

Dsci0571

とくに このベアボーンを強くアピールしてました。

Dsci0569

Dsci0570

まあ コンパクトでいいかな でも ZOTACはグラフィックボードの方を使ってみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DIY PC Expo 2009 展示ブース (SAPPHIRE)

次はATI・RADEONでお馴染のSAPPHIREです。

Dsci0768

このメーカーのグラフィックボードも2枚持っているだけあって楽しみにしてました !(^^)!

ここはGeForceは扱っていなくて RADEONだけなんですよね。

Dsci0767

だから RADEONならココがいいんじゃないかと思って2枚も買ったんだけど

そういえば 最近出たDirectX・11対応のハイエンドグラフィックボードのHD5870はココが最初に出したんですよね。

Dsci0765

やっぱりRADEON一本でやってるから対応が速いのかな

ちなみに自分が持っているのはSAPPHIREのグラフィックボードはHD4870とHD4770です。

このHD4870を付けてるパソコンはXPとVistaのデュアルブートで使っていて、付けてすぐにFFベンチで計測したら、Vistaでは前に付けていた9800GTよりもスコアが低く、XPでは計測中のコマ落ちがひどくてスコアが9800GTよりも半分以下でした。

Dsci1238

だから 販売店のT・ZONE で相性問題なのか壊れてるか調べてもらったら FFベンチとの相性が悪いらしくてうまく計測できないようです。

3DMARK06で計測したら14000は超えたので(CPUはQ9550) 問題なく動作しているので安心しました (*^_^*)

3dmark06scoreninevista116

現在はゲームやレンダリングなどで使っているけど、とくにレンダリングの時は説明書には「この画像のレンダリングに20秒~150秒の時間がかかります」と書いてあるけど10秒で終わるんですよね。

もちろんCPUのパワーが一番影響するんだろうけど、最近のグラフィックボードは画像処理の時はCPUに替わって作業するみたいだからHD4870の性能のおかげで予想よりもはるかに早く仕上がるんじゃないのかなと思うんだけど・・

まあ 画像編集のことは詳しくわからないので、あくまで自分の予想ですけど。

問題は消費電力が高いことですね 仕方ないか いちよハイエンドだし

 

もう一枚のHD4770はまだ使ってません。

この前のWindows7前夜祭でソフマップ の特価セールで普段は12000円くらいするのが5777円で出ていたので買ったんだけど、値段のわりにはそこまで3D性能が高いわけではないんですよね。

Dsci2281

40nmの製造プロセスを採用しているのと、品薄だったので値段が上がったようです。

最近のは大体55nmだから、だいぶ細かくなっているようです。

内部が細かいほど多くの回路を詰めるし、電気の通る距離が短くなるから発熱や消費電力の低下に繋がるようです これを聞いて”買っておいてよかった”と思いました (*^_^*)

それにGeForceでいうと9600GTと9800GTの間くらいの性能みたいなので自分の作業には一番合っているかも

HD4870から付け替えてその性能差を比べてみようと思ってます。

とりあえず現在使っているHD4870は調子いいし、RADEONしか扱っていないから RADEONを買うならSAPPHIREがいいじゃないかなと思うんだけど、

説明書に日本語が一切ないので、初めてグラフィックボードを扱う人には敷居が高い感じがするんじゃないかな 

だから ”GeForceならELSA”みたいには感じないですね。

それと RADEON自体GeForceに比べて扱いにくい感じがあるし (ドライバなど)

まあ それはこれから使って行くうちに解消されるかな ゲームはスピードの速いGeForceと言われてるけど、映像の視聴は発色のいいRADEONって言われるから 自分の用途だったらRADEONの方がいいんですよね。

それに ここも代理店がASKなので頼もしいです。

Dsci0764


Sapphirelogo

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DIY PC Expo 2009 展示ブース (ASUS、APC、Corsair)

このDIY PC Expo 2009の展示ブースは多すぎて全部廻るのが大変でしたね 

まあ 1年に一回しかないので頑張って廻ってきました。

次はセミナーもあったASUSです。

Dsci0518

ここのセミナーでASUSのマザーボードがもう1枚欲しくなりましたね。

現在、Corei7・860が余っているので、P55のマザーが欲しいんだけど、

Dsci0522

USBエラッタがあるからなあ だからもう少し待ってみようかな

ASUSのことはセミナーでの記事でも書いたのでこれ以上はないです。

DIY PC Expo 2009 セミナー (ASUS)

Dsci0521

次は エーピーシー・ジャパンというところを見てみました。

Dsci0523

自分は初めて知ったんですが UPS(無停電電源)のメーカーみたいです。

このUPSってバッテリーみたいなものだから いきなり停電してもすぐにはパソコンの電源が落ちないので、大事な作業をしている時には安全です。

Dsci0524

とくに雷の時には頼もしいですね  だから 会社などの企業は使っているだろうけど、

一般家庭ではあまり使われていないと思います。

ノートパソコンだとバッテリーに電力が残っていればすぐには消えないし、雷が鳴ったらすぐにパソコンの作業をやめればいいことですからね。

Dsci0525

会社はそう簡単に作業をやめるわけにはいかないですからね これがないと不便でしょう。

値段も10000円くらいで手に入るので欲しいと思ったんですが、 まあ 自分はそれほどの作業はやらないし必要ないでしょう。

iconicon

次もセミナーでかなり関心を持つようになったCorsairです。

Dsci0533_2

これもセミナーの様子を記事に書きました。

DIY PC Expo 2009 セミナー (NVIDIA、Corsair)

やっぱり自分は このCorsairはメモリよりも電源の方が興味ありますね。

Dsci0536

Dsci0537

セミナーを聞いてからCorsairの電源をショップで見ると、つい値段を確認するようになりました 前までは値段が高いから見向きもしなかったけど

やっぱり 50度の環境での安定した動作のテストの話や、7年、5年保証と聞くと安心感が膨れますよね。

だから 次にハイスペックマシン用に買うとしたらENERMAXか このCorsairにしようと思います。

それと この水冷ユニットもいいよなあ

Dsci0538

水冷というと面倒な設置を思いがちだけど、これだったら簡単に取り付けができますからね。

Dsci0540

これだったら中もスッキリした状態になるので、値段も10000円くらいとお手頃なので欲しいなあ・・・

でも 入荷してもすぐになくなるほどの人気なので、今は簡単に手に入らないみたいです。

なので 生産を増やしていくそうです ついでに値段も落としてくれるといいなあ・・・ (*^_^*)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DIY PC Expo 2009 展示ブース (LEADTEK)

次は LEADTEKのブースを覗いてみました。

Dsci0505

ここはELSAと同じくらい興味がありました。

ここもグラフィックボードはGeForceのみですね。

Dsci0506

やっぱり Radeonと両方生産しているよりは片方だけ生産しているメーカーの方が信頼できるような気がするんだけど・・・ あんまり関係ないかな (*^_^*)

”GeForceだったらELSAの次は何処メーカーがいい?”と言われたら LEADTEKかな

それと 動画編集用のアイテムも展示してありました。

Dsci0509

たしかLEADTEK関連のセミナーをやっていたので、コレの事だと思うんだけど

これを使うと従来のエンコードよりも全然速いみたいですね 自分は動画編集をやったことがないの詳しくはでわかりませんけど・・・

自分もこれからは動画関連の作業をいろいろとやってみようと思うのでチェックしておきました 

Dsci0508

自分は現在LEADTEKのグラフィックボードを2枚持っていて

最初に買ったのは9800GTで、前から気になっていたので購入しました。

Dsci0126

9900円くらいで購入したんだけど、玄人志向の方が9000円で出ていたので安い方にしようかと思ったけど、店員に聞いたら”LEADTEKの方が品質が上”と言っていたので LEADTEKのWINFAST・PX9800GTにしました。

まあ LEADTEKにしたことは後悔してないんだけど、9800GTよりも性能がいいRADEONのHD4850などが安く出ているので失敗したかなと思いました 

けど RADEONは比較的すぐ値段が落ちるし、9800GTも未だに10000円くらいで販売しているので 一つ買っておいてよかったなと思います (*^_^*)

でも 現行モデルの省電力設計のPowerEfficientの方がよかったかな・・

iconicon

それと もう一つは9600GTです。

Dsci1798

これは箱破損で3480円と激安で出ていたので買っておきました。

GIGABITEの9600GTから付け替えたら3DMARK06のスコアが500くらい上がったんですよね。

Winfast9600gt3dmark06score2

まあ 計測はその日によって多少は異なるからLEADTEKの9600GTの方がいいというわけではないと思うけどね (*^_^*)

代理店のASKもメールでのサポートの対応も速いし、自分には合っているかな このLEADTEKは

Ask

ASKコーポレーション

GeForceだったら260か285GTXが欲しいけど、ELSAが高くて手が届かなかったらLEADTEKをまた買おうかな

iconicon

Logow_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DIY PC Expo 2009 展示ブース (G,SKILL、ZALMAN、ENERMAX)

次はメモリメーカーのG.SKILLを覗いてみました。

Dsci0493

ここはオーバークロックメモリの設定のセミナーをやっていたんだけど、遅れてしまったのでほとんど話を聞けなかったので残念でした 

あまり馴染のないメーカーだけどオーバークロックに適しているので、コアのゲーマーの間では結構人気なのかな?

機会があったら使ってみます。

Dsci0491

iconicon

 

それから MSIも出展してました。

Dsci0504

土曜日はカフェソラーレでもイベントやっていたんですよね。

そちらの方も覗いて担当者といろいろ話をしたので、MSIの様子はそちらの方に記事で

次はファンで有名なZALMANです 

Dsci0511

ZALMANといえばグラフィックボードに付いているファンしか知らなかったけど、ファン以外にもいろいろな製品があるんですね。

Dsci0513

Dsci0514

電源もたくさん種類があるし モニタまでありました モニタにファンは関係ないと思うんだけど・・

まあ やっぱり ZALMANといえばファンですよね グラフィックボード用のファンは使ってみたいなあ

Dsci0515

 

セミナーもあったENERMAXです。

Dsci0529

ここは豪快な電源の使用で高品質をアピールしてました。

Dsci0527

Dsci0531

やっぱり一回は使ってみたいですね 電源の最高峰を

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DIY PC Expo 2009 展示ブース (ELSA)

このDIY PC Expo 2009では すべての展示ブースを廻ってきました。

まず最初に一番興味があったELSAに行きました。

Dsci0494

やはり GeForceといえばELSAのボードがいいですよね。

ELSAのグラフィックボードは他のメーカーよりも値段が高いので、なぜそんなに高いのかわからなかったんですけど、

この前特価品の8800GTを買ってみて、なんとなくわかりました。

Dsci1222

まず 説明書が全部日本語というのが驚きました。

Dsci1226

グラフィックボードの説明書にこれだけ多く日本語で説明してあるメーカーってELSAくらいだと思います 

まあ 大まかにマザーボード本体に挿してドライバをインストールするだけだから グラフィックボードに詳しい説明はあまり必要ないけど、

初めてグラフィックボードを扱う人には解りやすくて安心だと思います。

自分も初めてグラフィックボードを買った時には日本語の説明書が入っていないから欠品だと思って販売店のTZONE に電話しました  今考えるとちょっと恥ずかしい・・ (*^_^*)

とにかく 素人でも玄人でも全日本語表記の説明書が入っていると安心できると思います 

もちろん 説明書が日本語ってだけで高額なわけではないです 高品質の部品を使っているので壊れにくく、相性問題も起こりにくいようです。

それと 基盤のデザインやGPU、メモリのクロックを定格を厳守してオーバークロックや変更を行わないようです。

Elsatzone

T-ZONE ELSA製品説明ページ

グラフィックボードってオーバークロック版がよくあるけど寿命を縮めるからあまりよくないですからね。

まあ 短いスパンで高性能を狙うならオーバークロック版の方がいいけど。

NVIDIAのリファレンス基盤デザインを忠実に採用しているので、コストダウンの為の基盤デザインの変更を行わないと言っています。

それと 極めつけは2年保証ですね。

通常グラフィックボードは1年保証だけど、ELSAくらいですね 2年も保証してくれるのは

まあ それだけ品質には自信があるんでしょう。

だから 自分が今度本当に必要で欲しいグラフィックボードがあったら ELSAの製品を買うつもりです。

ELSAはNVIDIAのチップの製品しか作ってないけど、RadeonよりもGeForceの方が使いやすいしね。

最近では一番新しいGeForce200シリーズも展示してありました。

Dsci0498

でも Windows7が出てDirectXのバージョンも10から11になったから、このモデルも古くなってしまうんですよね まだ登場してそんなに経ってないのに・・

DirectX・11対応のGeForce300シリーズが出るのは暮れあたりみたいなので待ち遠しです。

今の200シリーズだったら GTX260か285が欲しいですね。

ハイエンドだけど260までだったら扱いやすそうだし、275、280なると発熱や消費電力が高いから 省電力設計で性能が上がっている285の性能も味わってみたいです。

でも 現在グラフィックボードは余っている状態だから 買うとしたら当分先かな・・ すぐ買いそうな気もするけど (*^_^*)

それから 同じゲームで別に視点から4画面を表示するデモもやってました。

左下だけ眼鏡をかけて3Dで視聴できる仕様でした。

Dsci0499_2

これもすごい技術だよな・・

どこまで進化していくんだろうって感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DIY PC Expo 2009 セミナー (マイクロソフト、インテル)

次のセミナーは すぐに満席になった注目のマイクロソフトです 

このマイクロソフトのセミナーは2回に分けてありました。

もちろん内容は先日発売されたWindows7の解説です。

Dsci0731

Windows7発売後にいろいろな記事を見たけどかなり好調のようです。

とくに 今回のWindows7の発売記念に、このOSを開発した人が来日したのがすごいことだったみたい。

Dsci0732

自分も行きましたが秋葉原のWindows7の前夜祭の盛り上がりはXPの時を凌ぐほどすごかったらしいですね。

まあ 前OSのVistaがあまりに不人気だったからだろうけど。

1回目のセミナーは新機能紹介で、2回目はWinPCの編集者の方の質問にマイクロソフトの森氏が答えるというプログラムで、新機能はある程度知っているので2回目のQ&Aの方がおもしろかったですね。

まず最初の質問では”なぜWindows7と言う名前なのか”という質問でしたね。

まあ これは7世代目のWindowsということで7なのは誰でも知っているけど、7種類以上のWindowsが出ているので どういうカテゴリー分けしているのか興味がありました。

Dsci0769

95以前は全くわからないからいいとして、このスクリーンに出た表を見ると95からMeまでは4番目ということなんでしょうね。

その次の5番目は大ヒットしたWindows2000とその後継のXPですね。

そして 6番目のVistaなんだけど、Windows7ってVistaとそんなに変わらないし この表を見るとコードバージョンが6.1になっているので、6番目ということなんじゃないかな

この質問の答えは コードバージョンは世代とは関係なく、Windows7はVistaの改良版ではなく全く異なる7番目のWindowsということでした。

これにはちょっと半信半疑だなあ・・・ 2000とXPの関係と同じだと思うんだけど。

まあ マイクロソフトの人が”7”と言ってるんだから 7番目なんでしょう。

それから 質問はまだ新しく出たばかりだというのに

”サービスパックはいつ出るんですか?”

”Windows8はいつ頃ですか?”などのまだ先の事の質問もおもしろかったです。

サービスパックは1年ごと、OSは3年ごとに出すという目安でやっているようです。

だから サービスパックは来年の暮れくらいじゃないかな。

Windows8はどうなんだろう Vistaみたいに不評なら3年も経たないうちに出そうだし、

XPみたいに人気が高ったら5年後くらいになっちゃうのかな・・

自分も複数台で長く使いたいから3台まで使えるアップグレード版のファミリーパックを購入したので、XPの時みたいに現行OSとして長く続いて欲しいです。

それと ダウングレードのサービスもまたあるそうです。

もちろん企業向けで、Windows7・ProfessionalのダウングレードのXP・Professionalのみということだったけど、

UltimateやVistaへのダウングレードはないのかな? その辺が知りたかったんですけど・・

まあ こんな感じでQ&A形式のマイクロソフトのプログラムはおもしろかったです。

そして 最後はインテルです。

これもセミナーというよりもお祭りって感じでしたね。

Dsci0770

クイズを出題して、手を上げて選ばれるとクイズに外れても景品が貰えるというものでした。

自分もわかる問題があれば手を上げて答えようと思ったけど、古いCPUやチップセットの問題が多くて、自作を始めて半年の自分にはとてもじゃないけどわからないし 

あまりおもしろくなかったので、途中で退席しました。

まあ インテルはこの前の新CPU発売イベントにも参加しましたしね。

Dsci1317

ということで 10/31、11/1に行われたDIY PC Expo 2009のセミナーの内容を書いてきました。

Dsci0698

出来れば全部のセミナーに参加したかったけど、展示ブースも見たかったので仕方ないですね。

この次からは展示ブースの模様をアップしていきます。

Dsci0788

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DIY PC Expo 2009 セミナー (ウエスタンデジタル)

次はハードディスクでお馴染のウエスタンデジタルです 

Dsci0735

このセミナーはQ&A形式でハードディスクの事をより詳しく教えてもらえたのでかなり勉強になりました 

まずは PCの電源をいきなり切ると、ハードディスクが壊れるか というテーマで、

Dsci0736

フリーズした時や起動しているだけで何もしてないアイドル状態の時なら壊れる可能性は低いみたいで、

書き込みや読み込みなどのハードディスクが働いているときに電源を切ると、極めて壊れる可能性が高いようです まあ 基本ですね。

でも 自分は去年の暮れに5年前から使っている富士通のCE70J7の動作が不安定だったので、ハードディスクのエラーチェックを行っていて、

1時間経っても終わらなかったので、3時間くらい出掛けて帰ってきたら真っ白な画面になっていたのでフリーズしたと思って、コンセントから抜いたらハードディスクが壊れてしまったようです ((+_+))

Dsci1111

富士通のサポートに聞いたら ”フリーズしたのでなくまだエラーチェックが終わっていなかったので、ハードディスクが稼働中に電源を切ったので壊れたんではないか”ということでした 

当時はこのパソコンでフリーズが多かったので ”またか”と思って電源を切ったんですが、とんでもないことになって新しくパソコンを買うことになってしまいました 

リカバリかけたら起動するようにはなったんだけど、不安定な時があるのでほとんど使ってません。

現在はパソコンの知識がかなり付いたのでこんなマヌケなことはしないけど、1年前はメモリとハードディスクの違いがわからないくらい無知でしたから・・・

まあ このテーマは”ハードディスクが起動している時はいきなり電源を切らないように”ということでした 当たり前だけど・・・

それと これはデルのサポートで聞いたんですが、自分はフリーズの度にコンセントを抜いて電源を切っていたけど、基本的に電源ボタンで消さなければいけないらしいですね。

電源を切る作業としては同じことだから自分は平気でやっていたけど、ボタンから電源を切る方が安全らしいですね 知らなかったあ~ 

そういえば この前最近組んだばかりのP55マザーとCorei5のパソコンの電源が抜けてしまったことがありました。

さすがにこの時は血の気が引きました 

まあ 何も作業をしてなかったので大丈夫でしたけど 気をつけなくっちゃ・・

次はハードディスクの置き方です。

Dsci0737

大きいケースだと横置き出来るけど、スリムタイプのケースだと縦置きしか出来ないですよね。

このテーマの答えはどちらでもいいみたいです 斜めでもいいみたいです

でも これはしっかり固定してあることが前提らしいですけど。

ハードディスクは中の円盤が回っているので、不安定な設置だと壊れやすくなるようです。

パソコンを起動中にハードディスクを外して手に乗せると、手の上でハード本体が回ると言っていました 

Harddiskspin

なるほど ハード本体が回ろうするからしっかり固定しておかないとヤバイですね。

だから しっかり固定しておけば 縦横斜めどれでもOKみたいです 斜めに設置するケースなんてあるのかな 生板ではあったけど

それから ウエスタンデジタルのハードディスクは回転が可変式のタイプがあるので、実際何回転から何回転なのかという興味深いテーマもありました。

Dsci0739

これは5000~5400回転みたいです 

もっと低いところから7200回転くらいまで上がるのかと思ったら 400回転くらい変わるだけのようです ちょっと拍子抜け 

まあ そこまで回転差のあるハードディスクだったら相当な値段になりそうですからね 

ちなみにウエスタンデジタルで一番人気のあるグリーンラベルのCaviar・Greenが可変式です。

このグリーンが人気の理由は省電力で、回転数も抑えてあるから静かで長持ちするからだと思います。

前にT・ZONE の店員と話していた時にハードディスクの話になって、ハードディスクの故障や初期不良の問い合わせが断トツに少ないのはウエスタンデジタルだそうです たぶん このグリーンのことでしょう。

自分は今までハードディスクを買う時はウエスタンデジタルを検討したことは一度もないけど、この話によってウエスタンデジタルを重要視するようになりました。

だから 早速この前のWindows7前夜祭の時にソフマップ で3777円で買っておきました。

Dsci2271

ハードディスクはたくさん余っていたのでいらなかったんだけど、安かったのとここまで評価が高いと買わずにはいられないですね。

自分はグリーンしか知らなかったけど、その他にブルーとブラックがありますね。

Dsci0747

ブルーは一般的なスペックの7200回転で、グリーンよりも値段が安いみたいです。

このブルーが標準のモデルみたいですね これも結構人気あるんじゃないかな 

ブラックはキャッシュが32MBもある高性能モデルです。

だから 値段も結構するみたいです。

他にも種類がまだあるみたいだけど、一般向けなのはこの3種類みたいです。

Dsci0746

まあ 自分はやはりグリーンが一番いいかな 

自作パーツで一番最初に逝きそうなのはハードディスクだから、静かで長持ちしてくれるのが一番ですからね。

自分は日立が一番好きなので使っている台数も多いけど、これからはウエスタン・デジタルに乗り換えようかなと思ってます。

Dsci0368

何よりもショップの店員がべた褒めなんだから間違いないですからね。

その他、SeagateとSAMSUNGも使っていますが、Seagateは欠陥モデルを買ってしまったのでテスト用にしか使ってません。

ちょっと前まではSeagateの評価は高かったらしいですが、最近はあまり良くないようです。

SAMSUNGは・・・ どうなのかな とりあえずは元気で動いてますけど、保証が6カ月なのがちょっと・・ 

どれにしてもまだ使い始めて1年も経っていないのでこれからですね どのメーカーが本当にいいか決めるのは

でも これからはSSDが安くなってどんどん普及していくんだろうな・・・

その時はSSDを作るのかな 現在主流のハードディスクのメーカーは

でも 構造が全く違うんですよね

せっかくたくさん買ったので、当分はハードディスクの時代であってほしいなあ 勿体ないし

ということで ウエスタン・デジタルのセミナーは大変勉強になりました 

Westrn

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DIY PC Expo 2009 セミナー (ASUS)

次はASUSのセミナーです 

Dsci0715

ASUSのマザーボードは発熱を抑える機能がいかに優れているかという内容でした。

このセミナーではかなり勉強になりました 

まず マザーボード上のコンデンサは熱に弱くて 温度が10度上がると寿命が半分になるらしいです 知らなかったあ・・ 

Dsci0717

パソコン内部で主に熱を発するのが CPU、グラフィックボード、HDDで、これらのパーツ自体をマザーボードが冷却することはできないから 

Dsci0718

マザーボード自体の発熱を最小限に抑えることにASUSは力を入れているようです。

まあ 効果があるとすれば 余分な電気が発生しないように電源回路の効率をよくしたり、チップセットを冷やすくらいなものですよね。

Dsci0721

とくに電源回路は最高で96%の変換効率が可能らしいです 

熱に変わるのが4%だったら、電源回路からはほとんど熱が発生しないようなものですよね。

Dsci0723

それとチップセットの冷却には「T.Probe」というチップにより最適化が図れているようです。

Dsci0724

このT.Probeがあるかないかでだいぶ温度の上昇を抑えることが出来るので、これだけ違うとあった方いいよなあ

Dsci0725

それと従来からある機能の「EPU」ですね。

ネットでのクチコミを見ていると「この機能はいらないからインストールしてない」などのコメントをよく見るので、そんなに大した機能ではないという印象が強いけど、

T.Probeと組み合わせるととかなり発熱を抑えられるのようなことを言ってました。

Dsci0727

う~ん どうなのかな パソコンを酷使するパワーユーザーには使えるのかもしれないけど、そんなに負荷をかけない作業がメインならあまり恩恵を受けられないんじゃないかなと思います 

まあ ないよりはあった方がいいですからね EPUはいらなかったらインストールしなければいいんですから。

自分もASUSのP45マザーボードのP5Q-Eを使っていて、いちよEPUは入れています。

Dsci1868

ASUSは他社メーカーのマザーボードよりも機能が多いので、逆にわけわかんなくて使いづらいという人も多いです 

もっと機能を減らしてもいいから値段を落として欲しいと思うんだけど 

とくに自分はパワーユーザーではないから”そこまでの機能よりも値段を落として”って感じです。

でも T.Probeはいいなあ これは新しいマザーボードにしか付いてないので自分のP5Q-Eには付いてません。

P55シリーズからみたいですね。

Dsci0729

そして最後にものすごいありがたい機能を知りました 

ASUSのマザーボードはメモリの互換性は他社に比べてかなり優れているらしく、ほとんど相性の問題は出ないと言ってました 本当かな?

でも ノーブランドのメモリだと相性問題が出てしまうことがあるから その時のために「MemOK!」という機能がマザーボードに備わっているようです。

この機能はメモリの相性問題が発生してら、マザーボード上にあるMemOK!のボタンを押すとSPDを無視して強制的に起動できるというすごい機能です。

Dsci0730

まあ 相性が悪いメモリは使わない方がいいけど、起動すらしない時もあるから

とりあえず起動すれば何か出来るからいいですね。

自分はまだメモリの相性問題にはぶつかったことがないけど、次にマザーボードを買うならこの機能が付いているのがいいなあ 

この機能もP5Q-Eには付いてなく最近出たP55のマザーボードに搭載されているようです。

そういえば この前のWindows7の発売記念でASUSのP55マザーボードのP7P55Dがかなり安く出ていたんですよね。

現在Corei7・860が遊んでいるので欲しかったけど10台限定だったので見ることもなかったですけど、これらの機能を知っていたらどうにかして手に入れていたかもしれないなあ・・

まあ CPUはあるからもっと安くなった時に買おうかな 

ということで このASUSのセミナーの記事はかなり長くなりましたけど、一番面白いセミナーでした 自作パソコンを組む時に一番重要なパーツだし 

それと講演してくれた方の説明のうまさや活気も光りましたね 

どのセミナーもスピーチはよかったですが、自分はこのASUSが一番よかったと思います。

あれだけハキハキ自信を持って説明してくれると気持ちいいですね  (^^)

Asusmark

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DIY PC Expo 2009 セミナー (G.SKILL、CyberLink)

さて DIY PC Expo 2009の一日目のセミナーはかなり充実していたので、二日目(11/1)のセミナーも期待してました。

Dsci0788_2

最初のセミナーは朝の10時半からなので急いで出て行ってら、入場券を忘れてしまって家まで取りに行ってたら最初のセミナーの遅れてしまって、ほとんど聞けませんでした 

最初のセミナーはメモリーメーカーのG.SKILLのオーバークロックメモリの設定だったので、かなり残念でした。

Dsci0695

少しは話が聞けたんですが、途中からだったのでよくわかりませんでした。

このG.SKILLというメモリはソフマップで見たことあるくらいだけど、有名なメーカーなのかな?

Dsci0697

まあ これだけラインナップがあるんだったら一回くらい使ってみようかな 安いならね

iconicon

次はPowerDVDなどで有名なサイバーリンクです。

Dsci0702

結構種類あるんですね 自分もDVDドライブに付いていたバンドル版を使ってます。

セミナーの趣旨はビデオ編集時のレンダリングや動画の変換時の速度アップについての講義でした。

Dsci0699

えっ? ソフトだけで動画編集の速度ってアップするの?? と思ったら・・

やっぱり 高性能CPUとGPUを使ってのことでした ソフトだけで速度がアップするならCPUとグラフィックボードは適当な安いので十分ですからね (*^_^*)

Dsci0705

Dsci0706

そのCorei7などの高性能CPUとGPGPUの機能を動画編集などで存分に力を発揮できるのがサイバーリンクのPowerDirector8・Ultraというソフトみたいです。

Dsci0707

自分もPowerDirectorの古いバージョンを持っていますが、こういうソフトが一つ入っているとなにかと便利です。

Powerproducer

それと NVIDIAでは「CUDA」、ATIだと「ATI・STREAM」のGPGPUという機能を有無でレンダリングの時間もだいぶ変わってくるようですね。

Dsci0711

まあ 最近のグラフィックボードには大体この機能が付いているから特別気にすることもないですけど。

自分も頻繁に動画編集をするようになったら このPowerDirector8を使おうかな。

今はまだアナログで録画しているので、ファイル自体も重くないから録画した映像の編集もそれほど時間はかからないだろうけど、

地デジなどのデジタル映像を高画質ファイルで編集するとなると それなりのスペックとソフトが必要になりますからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DIY PC Expo 2009 セミナー (ENERMAX、AMD)

Corsairの次のセミナーも電源では大御所のメーカーのENERMAXです。

電源というと まず最初にENERMAXが思いつきます。 

ここも変換効率の高い電源を使うと節約になって、いかにお得かという話でした。

Dsci0634

自分はこのENERMAXの電源が一番かと思っていたけど、今日のセミナーだけで考えるととCorsairの方が優れているように感じました。

それほどCorsairの社長のトークは説得力がありました 

まあ どちらも高性能で高額ということには違いないですけど。

詳しい機能についても触れていて、最近のCPUやグラフィックボードの省電力モードなどにも対応しているので、さらに電気代節約に貢献してくれるようです。

Dsci0635

このセミナーで一番気になった点は、ENERMAXの電源は雷サージ防止保護の機能も備わっているようです。

Dsci0636

どれだけ耐性があるんだろう? 自分は夏場などの雷の多い季節は電源コンセントを全抜いて出掛けますから、雷サージの耐性が強いなら安心だから使いたいです。

前からENERMAXは使ってみたかったし。

この日は GENO でENERMAXの620Wが9980円で出ていたので購入しようか迷いました。

Dsci0638

でも 今のところは足りてるので、必要になった時にします。

ここ最近気を付けているのは”電源はケチらないこと”ですから高くても名が通っているメーカーの80プラス認証の製品を使おうと思ってます。

余計な電力を使わないので、電気代の事を考えると長く使うなら製品自体の値段が高くても後から元が取れるかもしれないし、

それと 電源は壊れる時に電圧を過度に流してマザーボードを道連れにする時はがあるらしいから、電源が長持ちしてくれないとマザーボードも長持ちしない可能性が高いですからね。

とにかく 電源は「変換効率」と「超寿命」を一番に考えないと。

そして 31日の最後のセミナーはAMDです。

Dsci0644

もちろん内容はCPUの事と、ATIのグラフィックボードのRADEONの話でした。

自分はこの前のWindows7発売記念前夜祭の安売りの時にAMDのCPUを一つ買っておきました。

現在主流のAM3対応のAthlonⅡ・X2-240というデュアルコアのCPUです。

パソコンは使いきれないほど台数があるんですけど、CPUは全部インテルなので、

やはり1台くらいは使ってみたいということもあって買っておいたので、AM3対応のマザーボードが安くなった時に買って組んでみようと思ってます。

そんなこともあって AMDも興味があるんですよね。

とくに インテルと同じくらいの性能で比べると値段が安いですからね。

でも 前にパソコン教室の講師が言ってましたが、AMDはUSB周りが弱いようなことを言ってました。

まあ 最近はそういう事例を聞いてないし、改善されているんだろうけど。

それとグラフィックボードもGeForceと同じくらいの性能ならRADEONの方が安いですからね。

話は逸れてしまったけど、まずはCPUのカテゴリー分けの話をしてました。

Dsci0645

Dragonか・・・ カッコいいな  だからAMDモデルのPCケースにはドラゴンの絵が書いてあるんですね。

そして CPUの性能比較の極めつけの動画のエンコードやレンダリングの作業時間の比較をやってました。

Dsci0654

3年前のCPUと比べると倍以上の時間が違うみたいです やはりPhenomもかなりの性能を持っているんですね。

その次は グラフィックボードのRADEONシリーズのラインナップとその機能ですね。

このRADEONは自分も4台のパソコンに使っているので、CPUよりもこっちの方が楽しみでした。

Dsci0655

さっきのNVIDIAのセミナーもおもしろかったですから。

ある機能のオン、オフでの画像の精密度がかなり違うようですね。

オフの状態では階段が段になっていないけど、

Dsci0659

機能をオンにすると階段がちゃんと段になって現れます。

Dsci0660

まあ 写真だからわかりにくいけど、実際会場で見ていたら”こんなに違いがあるのか”と驚きました \(◎o◎)/!

で その機能なんだけど、名前は忘れました  ATIストリームだっけなあ・・ 次から次へといろいろなことが出てくるので覚えきれませんでした。

それと ロボットの精密な動きもやってました。

Dsci0662

それと 最近登場したHD5800シリーズの3画面出力の話も出ました。

Dsci0666

自分はちょっと前にデュアルモニタで感動していたのに、トリプルモニタですからね。

それとデモでもやってましたが 最上級モデルのHD5870は最高6台のモニタを繋げて出力できるみたいです すごい!!

Dsci0621

iconicon

さっきのNVIDIAも このATI(AMD)もすごい技術ですね。

グラフィックの進歩は何処まで行くんだろうって感じです。

自分が使っているのはRADEONの方が多いけど、どちらかというとGeForceの方が好きです。

値段は高いけど、ゲームや他のアプリケーションでの動作の互換性が高そうだし

とくにゲームはGeForceを基準に作られているのが多しなあ・・

自分が使っているRADEONも今のところはそんなにハズレはないけど、ドライバが癖あるからきっちりアンインストールしないと更新やNVIDIAに替えたときに不具合が起こるのが最大の難点です。

なんかRADEONのドライバってしつこいような・・ 自分が全部削除しきれないだけかもしれないけど

こんな感じで”AMDの兄貴”と呼ばれる土居氏のセミナーはかなり勉強になりました。

最後の日経WinPC編集の方の質問もおもしろかったです。

とりあえず 1日目のセミナーの充実度は満点です \(^o^)/

Dsci0691


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »