« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

今年を振りかえって

今年2009年はパソコンに明け暮れた年でした。

去年の暮れに最初に買って5年も使っていた富士通のCE70J7を自分の知識不足から壊してしまったので、もっとパソコンのスキルを上げようと思うようになりました。

そして 4月に初めて自作パソコンを組み上げてからはパーツを買いまくって

挙句の果てにたいして使いもしないのに5台も作ってしまいました (-_-;)

パーツが安いとすぐに買ってしまうんですよね お得だと思って

でも 安いからといってそこまでたくさん買うと逆にお金を使いすぎているので損してるんだよなあ

必要でないものも結構買ってるし・・・

昨日もASUSのP7P55Dが安かったので買ってしまいました 

Dsci1048

また LGA1156対応のCPUやDDR3のメモリを調達しないと はああ・・・  これが6台目になりそう。

アフィリエイトをやってるせいかオンラインでのセールにアンテナが高くなるんですよね。

まあ 自分は実際足を運んで店頭で買っているほうが多いですけど。

そういえば このブログも今年の1月にアフィリエイトがメインで立ち上げたんだったよなあ

でも アフィリエイトなんて全然成果が上がらないし、それよりも自分が実際行ったパーツ交換やいろいろな設定などを載せた方が記事らしくなって書き甲斐があります。

販売のことを考えるとどうしても商品の褒め言葉が多くなってしまうけど、普通の記事として考えれば好きなように書けるし

良いもの良い 悪いものは悪い その辺はハッキリ書いておかないと

まあ あまり悪口は書かないようにしてますけど・・ でも 結構書いてるかな  

とりあえず現在のこのブログの趣旨は ハードやソフトの特徴や設定、トラブル対策などの記事を多く書いていこうと思います。

そして 少しでもそういうので苦しんでいる人の手助けになればいいと思います。

自分も今までいろいろなサイトに助けられて難問やトラブルを解決してきたのでそういう風に思うようになりました。

それに ”このブログ見れば解るよ” って言われるようになったらうれしいしね 

来年もこの方向で行こうと思います。

Sagyou2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

日立 FLORA330W・DG9を業務用にカスタマイズ

キックボクシングジムの業務用に買ってきた中古パソコンのFLORA330W・DG9のリカバリ用のバックアップも完了したので、すぐに業務ができるようにいくつかアプリケーションをインストールしておきました。

Dsci0977

まずはインターネットに繋げるのでセキュリティソフトを導入しました。

導入するのはこの前自宅の自作パソコンにもインストールしたMicrosoft.SecurityEssentialsです。

Securityessentials

一回やったことがあるのですんなり終るかと思ったけど、0x80070643というエラーが出てインストールできませんでした 

ネットでいろいろと調べてみたら”管理者権限で実行する” ”アクセス許可を有効にする” ”ProgramFile内のテキストエディタの記述を書き換える”などいろいろあったけど、

更新されてなくてシステムが古いとこのエラーが出ることがあるらしいので、Windows・Up・Dateをマイクロソフトのホームページからやったら

無事インストールできました。

Mse7

買う前にインストールしたばかりだから古いのは当たり前だよな

自動更新にしておけば何日か使っているうちにシャットダウンした時に自動でインストールされるけど、こういう急いでWindows・UP・Dateをするならマイクロソフトのサイトから直接ダウンロードした方が早いです。

Windowsupdate

Windows・Up・Date ダウンロードページ

この0x80070643とエラーが出てMicrosoft.SecurityEssentialsをインストールできないという事例は多いみたいですね。

今回は一番簡単なWindows・UP・Dateで対処できたけど、これでインストールできないとなると対処が結構面倒そうです。

それと 前の壊れたパソコンにもマイクロソフトのOfficeXPが入っていたし事務仕事がメインなのでワープロや表計算ソフトがないと不便だろうということで、

無料のOfficeソフトのOpenOfficeをダウンロードしておきました。

Dellopenofficestart5

本当はマイクロソフトのOfficeがよかったんだけど高くて予算オーバーになってしまいます。

キングソフトも5000円くらいはするし

見た目のデザインはイマイチだし 無料なので機能面で劣ると思うけど、マイクロソフトのOfficeと互換性があってファイルのやり取りもできるのでないよりはマシだと思って入れておきました。

Dellopenofficeword

OpenOffice ワープロソフト

最後に 古いパソコンのbookmarkをコピーしておいたので、新しく使うFLORAのブラウザにインポートしておいてこれで完了です。

これですぐに業務ができるでしょう。

そして ジムに持って行って一通り説明したあとに、壊れた前のパソコンからハードディスクを取り出してUSBを繋いで内蔵型ハードディスクにアクセルできるケーブルを使って必要ファイルをこれから使うFLORAにコピーして 

Dsci0098

これで自分の仕事は完了です。

メインで使う会長に操作させてみたところ「はやいっ!」って喜んでくれました 

10000円以内で一番性能が優れているのを選んできたので、そう言ってくれて自分も満足です !(^^)!

まあ 前に使っていたNECのMA80TはCPUがPentium3のメモリが128MBのWindows・MEですからね (*^_^*)

Dsci0664

新しく導入したFLORAはPentium4・3GHz、メモリ1GBのWindows・XPなので、パソコンが全く無知な人でも性能の違いは体感できるでしょう。

内部の構造は把握したし、壊れた時のためにリカバリのバックアップもしておきました。

セキュリティソフト、Officeの導入 前のパソコンのファイルの取り出しとやれることは全部やっておきました。

後は このFLORAが長持ちしてくれることを願うだけです 3年はもってほしいなあ

せっかく半日歩き回って探し出したんですから 

Dsci1035

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日立 FLORA330W・DG9のリカバリ作成

キックボクシングジム用に買ってきた中古パソコンのFLORA330W・DG9をこれから使っていくためにいろいろとセッティングしておきました。

一番重要なのはリカバリディスクをつくることですけど

Dsci1037

その前にOSのシステムをいろいろと見てみました。

OSはWindows・XP Professional SP2です。

Florasystem

それから デバイスマネージャを確認しておきました。

グラフィックはインテルの915GV、CPUはPentium4・3GHzのハイパースレッティング機能が付いているのでプロセッサの項目でちゃんと二つ表示されてます。

Floradevicemanager

システムの物色はこれくらいにしておいて リカバリ作成に取り掛かりました。

使うソフトはバッファローの外付けハードディスクに付いていた「Acronis・True・Image LE」です。

実はこのソフトを使うのは1年半ぶりで当時はパソコンの知識がほとんどなかったのでイマイチ使いこなせなかったんですよね。

苦手意識があるんだけど当時より知識がある現在なら・・・

とりあえずはこのFLORAにインストールです。

Acronis1

インストールが終ると再起動をしてから いよいよバックアップ作業に入ります。

Acronis2

この画面でバックアップを選択するとバックアップ作成ウィザードに行きます。

バックアップするパーティションとバックアップの保存先を選択して実行するとバックアップが開始されます。

パーティション分けはしてないようなのでCドライブのみ、保存場所はとりあえず外付けハードディスクにしました。

Acronis3

そして 外付けのハードディスクへのバックアップは完了したので、OSが起動しなくなった時のためのブータブルメディアの作成をしました 

前はこのブータブルメディアがリカバリディスクになるのかと思ってたので、去年壊れたCE70J7のドライブに入れて復元しようとしてもできないので何故だかわかりませんでした。

名前から考えればわかりますよね ブートするメディアだからブータブルメディアという名前なんだから リカバリだったらリカバリメディアって言いますよね 

Acronis4

これで起動ディスクは作成できたので今度はリカバリディスクの作成です。

バックアップファイルのサイズは2.3GBだったので、DVD-Rに余裕で収まるのでAcronisを使ってバックアップアーカイブをDVDに保存しようとしたらできませんでした 

なんでだろう? これじゃリカバリディスクをつくれないじゃん 

仕方ないから外付けHDDにバックアップしたのをDVDにコピーして ブータブルメディアを入れておいて再起動させて最初の起動プロセスをCD-ドライブにしておきました。

そして OSが起動する前にAcronisの画面が出たので、ディスクを先程コピーしたDVDに入れ替えてバックアップアーカイブを復元しようとしたんだけどできませんでした 

どうやらDVDメディアでは復元できないようです。

ヘルプなどの説明書きを読んだら書いてありました ”Acronis・True・Image LEはハードディスクでないと復元できない”と

外付けハードディスクのバンドル版なので機能が制限されているようですね。

これでは外付けハードディスクをジムに預けないといけないじゃん・・ それは無理だから

せめて USBメモリなら復元できるかと思って試したけど・・・ ダメでした ハードディスクのみということですね。

やっぱり 製品版を買わないとちゃんとしたリカバリディスクは作れないようですね。

今のところは必要ないけど、今度ちゃんとしたリカバリディスクをつくりたくなったら製品版を買うしかないようです。

とりあえず自分が外付けハードディスクを持っているうちはクラッシュしても大丈夫なので、バックアップ作業はここまでにしておきました。

いちよシステムの復元ポイントをつくっておきました OSが起動しなくなったら使えないですけどね 

Systemfukugen

現状で出来るバックアップ対策はこれくらいですね。

自分が使っている分にはここまでしなくても十分だけど、ジムの人間はそこまでパソコンに詳しくないので出来る限りのことはしておかないと。

自分がジムに在籍しているうちは大丈夫だけど事情があって退会したときに他の人でも対処できるようにしておかないといけないです。

まあ ブータブルメディアとリカバリ状態のバックアップしたファイルを入れたDVDメディアは渡しておいて、

後は 最近安くなってきたので外付けハードディスクを買ってきて復元するようです。

まあ 一番手っ取り早いのは このFLORAを購入したショップのETSは何回でも再インストールしてくれるので店頭に持ち込めば復活はできますから。

最悪の状態を考えて我ながらいい中古を買ってきたと思います 

すぐ壊れなければ ね (*^_^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日立 FLORA330W・DG9の内部構造

ジムのパソコンが壊れたため中古の日立FLORA330W・DG9を買ってきたので、

持っていく前に自宅で少しいじってみました 。

Dsci1035

まず 壊れた時にすぐ対処できるように内部の構造をよく見ておきました。

このFLORA330W・DG9は2005年11月に出たビジネス向けのモデルのようです。

Floradg9

FLORA330W・DG9 詳細ページ

そういえば売ってる中古パソコンってほとんどビジネスモデルだよなあ

CPUがPentium4・3GHzでメモリが1GBという中古にしては贅沢な仕様のわりには9980円と安かったので、本当にこれほどのスペックがあるのか調べてみました。

とりあえずはメモリから 

Dsci1022

SAMSUNGのPC2-4200 DDR2-SDRAM ということはデュアルチャンネルですね これはラッキー

512MBが2枚挿さっているので間違いなく1GB搭載です。

このモデルは最大2GBまで搭載できるようです。

次はCPUです。

Dsci0989

CPUファンをはずしてグリスを拭いて表記を見たら ”Pentium4 3GHz”と書いてありました。

ソケットがLGA775にそっくりだなあと思って調べてみたら やっぱりLGA775でした。

ちなみに国産メーカーってサイトを見てもCPUのソケットまでは書かれてないですよね まあ それが普通なのかな

なので CPU-Zを入れて調べました。

Floracpuz

これがあると内部を開けずにソケットを調べられるから便利です。

それから ハードディスクは80GBが1台付いているんですが、もう1台増設できるようです。

すごいなあ 自分が使っているデルのVostro220sはスリムタイプだけど1台増設できるんですが、国産メーカーのスリムタイプで増設できるタイプなんて初めてです。

まあ このFLORAもビジネス向けだからなのかな

それと 付いている80GBはATAですが、SATAコネクタも付いてます 

Dsci1016

Dsci1032

ATAのハードディスクはあまり種類がなく値段も高かったりするけど、SATAだったら手軽に手に入るからいいかな

でも この構造だとかなりハードディクスどうしが密着して発熱がすごそうだから 容量の大きいのを1台入れた方が無難ですね。

Dsci1018

それと PCIスロットが縦に3つも付いてます。

この構造だと増設したボードが横向きになるので、ロープロファイルでない大きいボード類が付けられるなあ

Dsci1027

Dsci1025

PT2も付けられます  まあ グラフィックがインテル915GVだから映らないだろうけど・・

そして ドライブ類はフロッピーとDVD-ROM&CD-R/RWドライブが付いてます。

Dsci0985

DVDは読み込みしかできないけど、CDは書き込みができるようです。

これは薄型なので壊れやすそうだなあ・・ ジムの会長に言っておかないと

それから 難点なのは3Vの丸電池の位置です。

Dsci1023

光学ドライブとハードディスクが付いているブラケットの下にあるので、上を外さないと交換できないかも

まあ あんまり頻繁に替えるようなものでないからいいかな (*^_^*)

そして このFLORAは330Wという名前が付いているので電源が330Wかと思ったら

250Wのようです。

Dsci1033

名前の330Wってなんの数値なんだろう? Wって電気のワットではないのかな

この構成なら250Wあれば十分だけど

こんな感じで内部を物色してみたけど、思ったよりも魅力ある構成だと思います。

でも 思ったことがひとつ

自分が初めて買ったパソコンの2004年10月に出た富士通のCE70J7は この日立のFLORAよりも1年古いだけでスペックにかなり差があります。

Dsci1107

CE70J7はCPUソケットは478だし、メモリもデュアルチャンネルではないです。

それとATA接続のみでSATAポートが付いてません。

たしかにCPUのソケットはこの頃478から775に移行していった頃だけど、1年違うだけでこの差は何なんだって感じです 

まあ こういう変わり目で損することってありそうだから よく見極めて購入した方がいいですね これからは

とりあえずはハードの内部チェックは完了したので、すぐに使用できるように少しカスタマイズしてみました。

Dsci1036

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中古パソコン選び (日立 FLORA330W)

7月に直したキックボクシングのジムのパソコンがついに使えなくなりました。

7/25 古いパソコンの修理

Dsci0664

この前壊れたときは電源が入らなくなったので電源を替えたら使えるようになったんだけど、今度は起動する手前のこの画面でこんな感じでフリーズしてしまいます。

Dsci0706

下のゲージは自動的にハードディスクのエラーチェックを行っているみたいだけどゲージが振り切ってチェックが終了しても何も変化はありません。

ハードディスクのエラーチェックをやっているってことはハードディスクがもうダメなのかも

ここから全然進まなくて強制終了しないとずっとこの画面です。 

いろいろと対策を施してみたけど起動しそうにないです。

さすがに今回はお手上げです それにこのパソコンのOSはWindows・MEなので、XPからパソコンを使い始めている自分にわからないのも無理はないよな (*^_^*)

Dsci0746

でも NECのMA80Tというモデルで元のOSはWindows98 Second・Editionだから10年間動いていたことを考えれば寿命だったんでしょう。

まあ 動いているだけでもすごいことなので10年間ご苦労さまと言いたいです m(__)m

ということで キックボクシングのジムとはいえデスクワークもあるので 急いでパソコンを探すことになりました。

予算があるなら40000円くらいで新品のメーカーパソコンが買えるけど、なんせうちのジムの団体はかなりケチで20000円までしか予算が下りないらしいので、

中古パソコンを探すことになりました。

この前壊れた時にそんなに長くはもたないだろうと思っていたので、秋葉原の中古パソコンをチェックしておきました。

そして 昨日秋葉原に出向きました 

Shoping2

夏場にチェックしていた時はたくさん候補があったので、同じものは売れてしまっていても似たようなのがすぐにみつかるだろうと思ったんですが、

いざ購入しようと思って探すと自分の目に留まるようなのがなかなかみつかりませんでした 

夏場にチェックしておいたのは当然なかったしね・・・ でも 先月まではあったんだよなあ 

それに いざ探してみてわかったんだけどリカバリディスクが付いているのってあまりないんですね 中古なのでハードディスクがクラッシュした時を考えるとないとマズイよなあ・・

そして 最近秋葉原のメイン通りの方にできたPC-NETという中古ショップのモデルを第一候補に考えました。

11月21日頃にオープンした時に見たときはモニタとセットで7999円とかなりお手頃なのがあったんだけど、オープンセールで安かっただけで今回はそれ程安くはなかったです。

でも ここの中古パソコンはMARという中古販売用のリカバリディスクが付いているので、その点は心配ないから購入しようと思って店員と話したところ

「OSのインストールは出来るんですけど、ドライバがないのでメーカーのサイトからダウンロードするようです」と言われました。

忘れてた・・ ドライバがあったんだよなあ 

新しいモデルならメーカーサイトにあるだろうけど古いドライバはない場合もあるし、メーカーによってはドライバを提供してなかったりするからな・・・

う~ん 難しいなあ  と考えていたら一つの案が浮かびました 

そうだ! 自分でリカバリディスクを作ればいいんだと 

前にバッファローの外付けハードディスクについていたバンドル版のAcronisTrueImageでOS丸ごとバックアップできるので、購入してすぐにリカバリディスクを作ればいいんだよなあ

この方法があるからリカバリなしでも大丈夫だ  と今更気付きました・・ ハハ  

てゆうか AcronisやHD革命などの復旧インストールディスク作成ソフトがあるからリカバリなしの中古パソコンでも売れるんだろうな

だったら リカバリがなくて断念した中古パソコンがあったので

その中古パソコンがあるETSというショップに急いで足を運びました 

そしたらそのパソコンがありませんでした 

やっぱり 安いから売れてしまったんだな・・・ と思ってダメもとで店員に聞いたところ

「今からつくるから30分だけ待ってもらえますか?」と言われたので、もちろんOKして出来上がるのを待ってました。

”つくる”と言っていたので今からパーツを組み立てるのかと思っていたらOSをインストールすることだったみたい。

15分くらいで出来上がって そして購入してきました 9980円です 

購入したのは日立のFLORA330Wというモデルです。

Dsci0977

まず気に入ったのは値段のわりにスペックが高かったからです。

CPUがPentium4の3GHz(HT)だから古いとはいえ現在でも十分に活躍できます。

他と比べて安かったので本当にPentium4の3GHzが入っているのか心配だったので開けて調べてみたら・・・ 本物でした  

Dsci0987

それとメモリが1GBなのが魅力的でした OSがXPなので1GBあればかなりサクサク動きますからね。

自分も5年前に買ったパソコンがPentium4の3.2GHzでCPUの性能は申し分なかったけど、メモリが512MBなのでアプリケーションをいくつか出していると動作がかなり鈍くなります。

だから1GBあればかなり快適なんじゃないかな 

Dsci0983

まあ 使用用途は事務仕事なのでレポートやチラシ作成などの文章の打ち込みやメール、ネットくらいなのでCeleronあたりで十分なんですが 予算内だし少しでも作業しやすいパソコンの方がいいと思ってこれにしました。

ちなみに半日探し回ったけど 10000円以内でこれ以上のスペックの中古パソコンはありませんでした。

メモリ1GB搭載の中古パソコンなんてほとんどありませんからね。

それとこのETSというショップはリカバリは付いてないけど店頭に持ってくれば何回でも再インストールしてくれるという 「再インストール永久保証」 を謳っているので、自分がつくったリカバリディスクでうまく復旧できなかったら最悪ここに持ってくればOSが復活できるから安心です。

まあ 遠いし、このパソコンはかなり重たいので最終手段ですけど・・

それと 他の中古ショップはほとんど保証が1ヶ月ですが、ここは3ヶ月です。

これが購入の決め手になりました。

中古なのでいつ壊れてもおかしくないから少しでも保証が長い方がいいですから

いざという時のためにこのETSとショップは覚えておこう 

Ets

とにかく半日探し回って見つけた掘り出し物なので長持ちしてほしいです 3年もってくれればいいかな

ということで 自宅である程度の設定やアプリケーションのインストールしてからジムに持って行こうと思います。

中古パソコン選びも結構おもしろいですね !(^^)!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PT2で録画したTSファイルの再生

受信感度は悪いけどPT2でなんとか地デジが視聴できるようなので、今度は録画をしてみました。

XPとVistaのデュアルブートで使っているパソコンで両方ともセッティングしてあるけど、とりあえずは設定がうまくいっているVistaの方をメインで使ってます。

PT2で使うテレビ視聴ツールのTVTestはMPEG2デコーダを使うので、録画ファイルが今までと同じMPEGのファイルかと思ったらTSファイルというファイルになるんですね 知りませんでした・・・

ごく一般的なことなんだろうけど、ほんとうに映像関連には弱いです (-_-;)

まあ アナログ放送が終了する前にわかってよかったです (*^_^*)

このTSファイルはWindowsMediaPlayer(WMP)で再生できるんですけど、最初に観た時は映らなかったので再生できないと思ってプレイヤーを探していたら

いつの間にかほとんどのファイルが再生できるMediaPlayerClassiic(MPC)が入ってました。

Mpc2vista

なので プレイヤー探す手間が省けてよかったんですが、

最初から入っているわけないので、何かのファイルをダウンロードした時に一緒に入ったんだろうと思って調べていたら

VistaにはPowerDVDを入れていないのでMPEG2デコーダが入っていないと思ってインストールしたCCCPの中にMPCが入っていたようです。

Cccpwebsite

CCCPダウンロードサイト (英語)

このCCCPはデコーダの名前かと思ったら”Combined Community Codec Pack” の略で、てっきりデコーダだけだと思っていたけどいろいろなツールが入っている映像再生に欠かせないコーデックのセットみたいです。。

このCCCPは英語なのでよくわからなかったからほとんど成すがままにインストールしたから一緒にMPCもインストールしたのに気付きませんでした。

もしかしたら余計なものまで入れてしまったかもしれないなあ・・ 

でも 今のところは何も不具合がないので大丈夫かな

必要なのはMPEG2デコーダなので「MPV [MPEG2] Decorder i1264」にチェックと

地デジ映像を再生するソフトが入ってないなら 「Media Player Classic Homecinema 1.3.1264」にチェックを入れれば最低限は使えるのではないかと思います。

Cccp2

ちなみに操作のメニューも英語なのでちょっとわかりにくですね  でも 日本語化にもできるようです。

まあ WMPで再生できるんだから無理に導入する必要はないですね。

そして XPの方はPowerDVDが入っているのでMPEG2デコーダは必要ないからCCCPはインストールしなかったので

せっかくだから違うアプリケーションも使ってみようと思い XPの方にはVLC Playerを入れてみました。 これも サイトは英語だったので ”またかよ ” と思っていたら

起動してみたら日本語だったのホッとしました (*^_^*)

Vlcplayerwebsite

VLC Playerダウンロードサイト

右上の「DownLoad VLC 1.0.3」をクリックしてダウンロードです。

ここでもいろいろなインストールプログラムが出て悩みましたが、何もいじらないでそのまま次へ進んでインストールしました 再生プレイヤーのインストールっていろいろなオプションコンポーネントがあるのでインストールしていいものなのか迷うところですね。

Vlcplayer2

まあ 何か不具合が生じたらアンインストールすれがいいので

そして アプリを起動してみたら 結構シンプルで使いやすそうです。

Vlcplayer

MPCが日本語化できないならこのVLCの方が使いやすくていいかもしれないですね。

とりあえず今のところは再生くらいしか使わないから 自分はどちらでもかまわないです。

それと もうひとつ TVTestを使っているならコレが一番手っ取り早いかな

TVTestで再生できるようにするには 「BonDriver_File+TVTestPlugin」をダウンロードして

Dtvuploader

BonDriver_File+TVTestPluginダウンロードサイト

・BonDriver_File.dll (TSファイル再生ドライバ)
・BonDriver_File.ini (構成設定のテキスト)
の二つをTVTestフォルダに

・BonDriver_File.tvtp (TSファイル再生をTVTestで行うためのプラグイン)
・BonDriver_File.ini (構成設定のテキスト)
の二つをTVTestフォルダ内にあるPluginのフォルダに入れると

TVTestで録画したTSファイルを再生できます。

再生する時は左下のチューニング、もしくはTVTest上で右クリックして「チューニング空間/ドライバ」のところで「BonDriver_File.dll」を選択すればファイル選択画面になり再生できます。

Tsfileon

このBonDriver_File+TVTestPluginだとTVTestだけで映像を任せることが出来るので、”一台のテレビだけでOK」みたいな感じでお手軽でいいです。

とりあえずWMPで順調に観れていればわざわざ再生ツールを導入することもないけど、

ツールによっては再生できないファイルがあったりするので、いくつか入れておいた方が無難かな

ちなみに 昨日録画した映画はVLCでは再生出来るけど、他の再生ツールでは出来なかったです。

それと その放送は映像は出るけど音声が出ないんですよね。

録画が失敗したのかと思っていたら、機能不足や相性の問題で起こるらしいです。

それに 現状では受信感度が極めて悪いチャンネルだったのでそのせいかもしれないです。

一概に動画ファイル再生といっても難しいですね 一筋縄ではいかないや 




| | コメント (0) | トラックバック (0)

PT2の入手

先日PT2をパソコンに取り付けて設定もうまくいったみたいで受信感度が悪いので安定してませんが、無事地デジ視聴ができるようになりました。

12/21 PT2の設定

でも PT2は特別欲しいというわけではなかったんですよね。

というのは アナログ放送が終了するまで後1年半もあるし、テレビは付けているだけでほとんど観てないのでテレビ自体に興味があまりないからです。

”あまりお金がかかるようなら このままテレビが観れなくなってもいいや”くらいに思ってました 

けど PT2の存在を知ってなかなか手に入らないと聞いたので、手に入れるチャンスがあれば入手しておこうと思いました。

まあ テレビの視聴はどうでもよかったんだけど、普通のチューナーではないので設定が難しいと聞いて挑戦したくなりました。

最初はT・ZONE のオンラインショップの抽選に応募しました もちろん落選 (-_-;) 特別欲しかったわけではないのでショックもなかったけど

次にフェイス のオンラインショップで昼間に突然「ゲリラセール」と称して出ていたので注文画面で入力したら完売になりました (-_-;)

フェイスで何回か注文したことがあったので会員用パスワードを思い出して記入したり、カード番号を記入していたら完売したようです。

昼間だからそんなに早く完売しないだろうと思っていたけど甘かったです のんびりしてなかったらおそらく買えたと思います。

この時 皆PT2の販売に関するアンテナは高いと思い知らされました。

この一件で ”チャンスがあれば手に入れよう” から ”意地でも手に入れてやる” に変わりました 

そして 今度はクレバリー のオンラインショップでこれも予告なしのゲリラセールで限定60個も出ていたので、即効で注文の手続きをしてついにゲットできました !(^^)!

クレバリーのオンラインショップは毎週水曜日の21時と日曜日の23時にタイムセールを開催していて この水曜日のタイムセールで出ていました。

Clevary4

60個もあったのでゆっくりでも大丈夫かなと思ったけど、前回の失態があるので いつもならカード払いだけど、番号を記入していると遅くなるので支払い方法を代引きにして注文手続きを即効で済ませてなんとか購入できました。

秋葉原で早朝から並んだり、平日会社を休んでまで買いに行ったりなど、とにかく入手困難なので注文できた時は嬉しかったんだけど、果たして自分に使いこなせるのかな? と思いました。

そして 納品されて現物を見たらますます ”大丈夫かな?” と思いましたね (*^_^*)

知ってはいましたが ドライバCDはおろか説明書する入ってません PT2現物だけ 箱もないし完全なバルク扱いでした。

しかも カードリーダーも必要だし、B-CASカードもなんとか入手しないといけないし・・

Dsci0915

そして 設定の方も予想通り手こずりました 

でも 従来のテレビとビデオデッキを繋げた構成を思い出して、テレビに機能を追加していくということを理解すればそんなに難しいものではないんですよね。

テレビにあまり興味が無いといっても我が家で初めて地デジが観れたときは感動でした 

そんなわけでこれからはテレビも長い時間観ようかなと思います。

PT2単体で16800円もするのに付属品を揃えると余裕で20000円は超えるので、かなり高くついて失敗したかなと思ったけど、

機能的なことを考えれば値段以上のパーツだし使ってみて 何故みんな欲しがるのかよくわかりました。

自分が買ったクレバリー ではあれから出ていませんが、T・ZONE は定期的に抽選会を開催しているし、フェイス も何時出るかわからないゲリラセールをやってます。

まあ どれにしても入手は困難ですけどね 

楽天市場内のマイドセレクション というショップで少し高いけど入手できるようですね 12/26日以降の出荷らしく、うまくいけば年内に届くかもしれないです。

でも 22800円・・・ 正規の値段より6000円も高いじゃん  自分だったら絶対買わねーな 

それでも売れるんだよなあ このPT2って

秋葉原でもこれくらいの値段で出しても完売するようだし

でも かなりの台数が出回っているようなので、そろそろ欲しい人全員に行き渡るんじゃないかなと思うんだけど・・・

まあ オークションに出品するのに2個も3個も買う人がいるからな・・ 行き渡るのは当分先かな

自分はこれ以上無駄遣いしたくないので1個で我慢しておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PT2で初の地デジ視聴・2

PT2で初の地デジ視聴・1の続きです

UHFアンテナが立っているとはいえアンテナの向きが違っていたり、受信感度の違いで映らないこともあるみたいなので諦めていたらテレビが映るようになったので設定が間違いでなくてホッとしました (*^_^*)

それと PT2もちゃんと動作してしてることもわかりましたから。

ただ 受信感度が弱いのか映るチャンネルが限られているし、時間帯によっては映らないです。

とりあえず一番映りがいいのがテレビ東京です この地域だと23ch

Naruto

その次はテレビ朝日かな この2局は夜だとある程度受信が安定してます。

後は日本テレビやTBSも映りますが 受信が途切れるのでほとんど視聴はできないです。

でも 行列のできる法律相談所が少しでも観れたのは感動 (ToT)/~~~

Gyouretsu

そして 自分が一番よく観るフジテレビは全く映りません (-_-;) なので現状ではメインのテレビとしては使えないです。

まあ やっぱりアンテナの調整が必要なんだろうな

ついさっきNTTにフレッツテレビの工事を依頼したばかりだけど、キャンセルしてアンテナ調整も考えました

が いろいろ調べてみてもアンテナ調整だけでもある程度の値段がかかりそうなので、天候に左右されないし安定した受信ができるフレッツテレビの工事を待つことにしました。

そして せっかく二つチューナーが付いているので、2番組同時視聴を実行してみました。

Degitv2

すごい・・・ マルチテレビだ  まあ 音声がダブるので同時にテレビ鑑賞はしないだろうけど、録画したい番組の時間がダブったときはかなり便利です。

現在は観れないけどBSやCSも観れるようになったらテレビパソコンから離れられなくなっちゃうなあ (*^_^*)

そういえば 地デジとアナログを比べてみたら画質はもちろんいいけど、横幅の広いワイド映像だからアナログで表示されない横の部分が映るのがはじめて解りました。

なるほど だから地デジチューナー内蔵テレビってみんなワイド画面なんだな

ということで 今回PT2を設定してはみたけど映らないので現状での設定は諦めていたら、

視聴できるようになったのでよかったです !(^^)!

でも まだ観たいテレビはほとんど観れないですけどね

フレッツテレビが待ち遠しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PT2で初の地デジ視聴・1

ついこの前PT2で地デジ視聴環境を構築しました。

導入ツールや設定方法は12月21日の記事にアップしてあります。

12/21 PT2の設定

その時に記事に書いたとおり自宅は地デジを視聴できないと思っていたのでPT2をせっかく入手したのに押入れに眠っている状態だったんですが、

UHFアンテナが立っていれば観れるということを聞いていろいろと調べてみました。

でも UHFのアンテナってどんなものかわからないので、どんな形をしているか調べてみたら、通常のVHFアンテナの下にある魚の骨みたいな小さいアンテナらしいです 

Chidegiantena

自宅の屋根にもこの魚の小骨みたいなアンテナが付いていたので、これで地デジが観れることがわかったので、早速PT2を使ってパソコンで地デジ環境構築に取り掛かりました。

まあ 観れるからといっても自分はテレビにあまり興味が無いので、テレビが観れることよりも設定できた時の達成感を求めて導入したようなものです。

でも いざ設定となると説明書がないから使い方が一切わからないし、検索で調べても解りやすく説明してあるサイトになかなか行き着かないのでどうしようかと思っていたら、

秋葉原で買ってきた本に設定の仕方が載っていたので最初はその本を読みながらやってみました 

Dsci0966

が かなり大まかに書かれていてこの本ではうまくいきませんでした 

今改めて読んでみると書いてある通りにやればテレビは観れるようになりますね でも 録画やTVRockの導入方法が載っていないので使いこなすには記述不足です 

Dsci0967

でも この本のおかげで設定に踏み切れたようなものなので 買って損はなかったかな

そして この後は検索で調べまくりです ”PT2の設定”の検索ワードから最初に入っていってそこからいろいろとネットサーフィンしながらいくつかの解りやすいサイトにたどり着きました。

検索ワードも使うツールの名前を付けた方が説明が細かいサイトにたどり着けますね。

”PT2 TVTest” とか ”PT2 TVRock ”、”PT2 予約録画” などの方がみつかります。

”PT2の設定”だと使っている人の日記みたいなのが多くてやり方などが記事に書かれているサイトに当たらないので、いろいろとツールを組み合わせての検索がいいと思います。

この検索によって見つけた多くのサイトの記述によって、通常使えるまでの設定ができました。

あまりいろいろなサイトを見ると迷ってしまうけど、要所要所解りやすかったりするので その辺は自分に合う解りやすい設定をまとめ上げてやってみました。

この前にアップしたとおり必須過程はこれでいいと思います。

・PT2のドライバとSDKのインストール (アースソフト
・BonDriver_PT-ST(お試し人柱版)のダウンロード (DTV関係ツール
・TV Testのダウンロード (DTV関係ツールTV Testのサイト
・RecTestのダウンロード (DTV関係ツール
・TV Rock On TV Testのダウンロード (DTV関係ツール
・TV Rockの最新版をダウンロード (TV Rockのページ
・Microsoft Visual C++2005 SP1のインストール (マイクロソフト
・MPEG2デコーダが入っていないなら入手 (CCCPなど)

・TV Testのフォルダ内にBonDriver_PT-ST(お試し人柱版)のフォルダ内のsrcとReadmeを抜いての全ファイルとRecTestの実行ファイルを入れる
・TV Testフォルダ内のpluginのフォルダにTV Rock On TV Test.tvtpのファイルを入れる

ファイルを一通りダウンロードしてから、TVTestのフォルダにいくつかのファイルを入れる作業で、ファイルを入れることができないので ”えっ なんで?” とイラついていたら

ファイルを解凍してないと移動できないことにはじめて気付きました・・ (-_-;)

ZIPファイルだとクリックすれば中身が見れるからそのまま扱えると思ったんだけど、やっぱり展開しないと駄目なようですね 勉強になりました 

PT2を導入したパソコンは自作のXPとVistaのデュアルブートで使っているマシンで、XPで1回、Vistaはやり直したので2回 計3回も設定したので方法も間違っていないと思うけど、結局その日はテレビが映りませんでした 

Linksheresalon_250

総務省が運営している「地上デジタルテレビ放送のご案内」に電話で問い合わせたところ

アンテナの向きや受信感度の違いによっては映らないこともあるみたいで、

受信感度が弱ければブースターの設置、アンテナの向きが違うなら調整が必要らしいです。

Chidegi

地上デジタルテレビ放送のご案内

どっちにしてもお金がかかるということですね。

ブースターくらいだったら5000円で済むけど、アンテナの調整となると自分ではできないので電気屋に頼むしかないです。

ちょっとした作業かもしれないけど、来てもらって屋根の上に上るんだから安くはないですよね。

しかも 現在付いてるアンテナが古すぎて交換になることもあるらしいので、それだとさらに高くつきます 安くても30000円はするだろうな・・

家が古いから新築に建て直しも考えなければいけないので、アンテナ工事をする気がなかったから、既存のアンテナを使って視聴するのはあきらめました。

インターネットはNTTの光ファイバーを使っているので、フレッツ光を使っていると月額682円で地デジ、BS、CSが観れるフレッツテレビを導入できるので、

アナログが観れなくなったらフレッツテレビにしようと思ってました。

Flettv_2

でも フレッツテレビの導入にも最初はお金がかかります。

工事費(なのかな?)が6300円、NTTの光回線で映像を出すために(と言ってました)スカパーに加入しなければいけないのでそれが2940円かかるので合計9240円もかかります。

まあ これからインターネットの回線から全部光回線にするなら全額無料らしいけど

自分はすでにインターネット回線は引いているのでフレッツテレビの工事費は払うようです。

なので やっぱりアナログ終了したらにしよかと思っていたら

現在キャンペーンで年内にフレッツテレビを申し込むと10000円のVISAの商品券をもらえるみたいなので、これだったら逆に得なので申し込みをしておきました。

ただ 年内の工事はいっぱいだから来年早々開通です。

フレッツテレビは天候とかに左右されないで安定した受信ができるので、一番無難と言えます。

それにインターネットみたいに回線が混んでいると受信感度が悪いということはないようです テレビの受信方法はインターネットとは違うみたいなので

まあ 使ってみないことにはわかりませんからね。

ということで 地デジの視聴は来年までお預けかなと思っていたら

なにげなくTVTestを起動したら・・・ 映りました \(゜ロ\)(/ロ゜)/

Chidegi2

えっ? うそ!! 

とりあえず映るようです 自宅では初の地デジ視聴です !(^^)!

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プリウスオンラインのプレイ日記・9

レベルが上がってほとんど行けるところは行ってみたけど、まだまだ強い敵が多いのでレベルを上げないと安心してで歩けないですね 

だから 再びクエスト遂行に力を入れました。

現状で行くことが出来る地域の主要のクエストはほとんどクリアしたんだけど、その近隣地域のもたくさんクエストがあるようです。

ということで スタート地点のイントラルックスから近い砂漠の駐屯地周辺のクエストを受けました。

いろいろなアイテムの採集や人探しなどなかなか楽しいクエストが多いですね。

Prius97

Prius96

前に来た時はまだレベルが低かったので殺されまくった灰色目蛇族の闘士も楽に戦えるようになりましたね 

Prius98

前にやられまくった借りを返してやろうと思って倒しまくっていたら 大勢集まって来ちゃいました  ずるいよな 

弱いと言ってもさすがに4匹も5匹も相手していたらやられてしまうので、そういう時は・・・

逃げろ~ 

Prius99_2

砂漠の駐屯地にいるキャラクターからのクエストもあったけど、少し離れた試練の祭壇というところで受ける戦士の試験みたいなのが結構難しかったですね。

Prius910

なかでもエリマキトカゲがいる地域へ行っての試練のクエストがきつかったですね。

とりあえずこの地域の上部へ行けばいいだけだと思っていたら、またしもイベントムービーが始まって亡霊と戦うことになりました。

Prius91

Prius92

この捕獲者の幻影もかなり強かったです まあ たぶん負けるだろうと思って戦ってました。

Prius93

そして なんとかギリギリ勝てることが出来ました  HPの減り方が双方一緒くらいだったのでタッチの差で生き残ったようなものでしたね ゲームといえかなり達成感 !(^^)!

Prius94

そして 戦闘が終わって気付きました アニマがいないことを

あれっ? この辺はモンスターがいないからいきなり殺されてるってことはないんだけどなあ 探していたら・・・

Prius95

水の囲いでひっかかってやんの 

なんだよ  一緒にいて手助けしてくれていたらもっと楽に勝っていんじゃねーか 

全く こんな大事な戦闘の時に限って・・・ はあーっ  誰か預かってくれないかな・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デルの今週のキャンペーン(12/22~28)

今日からの【SOHO法人様向け】デル・オンライン広告限定ページのラインナップが替わりました。

そこまで激安なパッケージはありませんが、とりあえず購入してもいいかなと思うパッケージだけアップしておきます。

まずは スリムタイプのVostro220sから

・インテル Core2Duo・E7500
・Windows7・Proressional 32bit
・メモリ2GB
・ハードディスク500GB
・DVD-ROMドライブ
・デル E2210H 21.5インチ ワイド液晶パネルモニタ
・【無料アップグレード】ノートン・インターネットセキュリティ 2010 (15ヶ月間更新サービス)

 59980円

なかなかまとまったスペックだと思います。

やはり 21.5インチのモニタがいいですね 最近はホームページのサイズも大きいのが増えてきたから、19インチだと役不足だと思うようになったので

自分は3台の22インチモニタを使用してます できれば1台24インチが欲しいけど・・・

Dsci0273

モニタ単品で買うなら19も22もあまり変わらないしね。

送料が5000円かかりますが、クーポン適用で3000円オフなるで62000円くらいになると思います。

クーポンは【SOHO法人様向け】デル・オンライン広告限定ページの右上の水色の部分をクリックするとクーポンコードが表示されるので、それをコピーしてお買い物カートにてペーストすれば値引きになります。

それから 高性能パソコンだったらミニタワータイプのVostro430がなかなかいいと思います。

・インテル Core・i5-750
・Windows7・HomePremium 32bit
・メモリ2GB
・ハードディスク320GB
・DVD-ROMドライブ
・Radeon・HD4350 512MB (DVI×1/VGA×1/HDMI×1)
・デル G2410 24インチ ワイド液晶パネルモニタ
・【無料アップグレード】ノートン・インターネットセキュリティ 2010 (15ヶ月間更新サービス)

 89980円

これだけのスペックでこの価格は安いと思います。

自分も自作パソコンでCore・i5-750のマシンを構成したけど、やっぱり10万円にはなってしまいますから。

それに モニタも大画面の24インチがいいですね 24インチまでだったら文章の打ち込みも何とか大丈夫でしょう あまり大きすぎると打ちづらいので。

これは企業などの法人モデルだけど、このパッケージはどちらかというと家庭向きですね。

さすがに仕事だけで使うにはもったいないスペックです。

グラフィックボードもRadeonのHD4350が付いていることだし、後はチューナーがあれば地デジ放送も視聴できるからテレビとしても活躍でます。

企業ではない個人ユーザーでも買えるのでお勧めです 個人だとクーポンは使えないみたいだけど。

ということで 今週の【SOHO法人様向け】デル・オンライン広告限定ページ気になるパッケージは以上です。

そこまで価格は落ちていないですね まあ 企業向けの販売だから年末商戦とかはあまり関係ないからしょうがないです。

年末年始の激安モデルだったらデル-個人のお客様ページの方が期待できるんじゃないかな。

それと 他のメーカーも安くなると思うので必見です。

デル株式会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PT2の設定

10月の末にアースソフトのPT2を購入しました。

クレバリー のオンラインショップで60台限定で出ていたので、急いで注文の手続きをしてなんとか購入できました。

なかなか入手できないので、購入出来たときはかなりうれしかったんですが、

自宅はまだ地デジを視聴できる環境に設定していないのと、デジタル放送の知識が薄いので 「そのうち設定すればいいや」くらいに思ってました。

でも 最近知ったんですが UHFアンテナが付いていれば地デジが観れるということを聞いたので、UHFはとりあえず視聴は出来ているので早速設定してみました。

いくらデジタル放送に疎いからといって”今頃UHFアンテナで観れること知ったのかよ”って感じなのかな   ハハハ 

ということで 自分のような知識があまりない方でも理解できるように細かく設定の手順を書いてみたので、これから設定をしようとする初心者の方は参考にしてください。

とりあえずPT2本体の他には、B-CASカードとカードリーダーは絶対必需品ですね。

自分はカードリーダーはNTT-ME SCR3310-NTTComを使いました このカードリーダーはネットショップを探せばたくさんみつかります。

面倒なのはB-CASカード なんとか入手してくるしかないです。

とりあえずは必要最低限のアイテムは揃っているので、まずPT2をパソコン本体に取り付けて、B-CASカードを色が付いている方ではなくICチップが付いている裏面を上にしてカードリーダーに差し込んでUSBに繋げます。

このPT2にはドライバCDなどの付属品は一切入っていないので、メーカーのアースソフトからダウンロードします。

Earthsoft

アースソフト ダウンロードページ

ダウンロードするのは

ドライバ 「PT2-Windows-Driver-200.exe」

SDK 「PT-Windows-SDK-201.exe」 の2つです そしてインストール

次はテレビを視聴するためのドライバ(BonDriver)をダウンロードします。

DTV関係ツール」というところからBonDriver_PT-ST(お試し人柱版)をダウンロードします。

Dtvtool

DTV関係ツール

このDTV関係ツールというサイトから様々なソフトウェアをダウンロードします。

PT1,2以外にもここのツールを使うチューナーがあるようです だから このDTV関係ツールは覚えておいた方がいいです。

次はテレビを視聴するツールのTV Testをダウンロードします。

これはTV TestのサイトでもDTV関係ツールのサイトからでもダウンロードできます。

DTV関係ツールからダウンロードするならHDUSアップローダー内にあります 出来るだけ最新の方がいいんじゃないかな 自分はver0.5.33をダウンロードしました。

それと忘れがちなのが「Microsoft Visual C++2005 SP1」のダウンロードです これがないとTV Testが使えないようです。

Visualc

Microsoft Visual C++2005 SP1ダウンロードページ

これはマイクロソフトからダウンロードします けど すでに入っているかもしれないので調べてからの方がいいかな

それと デジタル放送を見るときはMPEG2デコーダが必要になるので、Power DVDなどのDVD再生ソフトが入ってない場合はデコーダーを手に入れてくるようです。

でも 大体の人はDVD再生ソフトくらいは入っているだろうし、他のデコーダが入っている場合もあるので これはTV Testを設定する時に確認できるので慌てなくてもいいと思います。

次は録画ツールのRecTestをDTV関係ツールのHDUSアップローダー内からダウンロードします。

これがないと録画できない のかな? 録画は後から説明するTVRockでほとんどするので。

次はTV Rock On TV TestというのをDTV関係ツールのDTVアップローダからダウンロードします。

これはイマイチよくわからくて、あまり必要ないのかと思っていたら 結構重要なツールですね。

次は予約録画のツールのTV Rockの最新版をTV Rockのページからダウンロードします。

Tvrockweb

TVRockなページ

このTVRockというツールが視聴、録画の操作をする上で一番重要です。
 

これで一通り揃いました。

そして テレビ視聴ツールのTV Testのフォルダにダウンロードした他のファイルをいくつか入れます。

まずは テレビ視聴のドライバのBonDriver_PT-ST(お試し人柱版)のフォルダ内の

BonDriver_PT-S.dll (BS/CS用ドライバ)

BonDriver_PT-ST.ini (設定ファイル)

BonDriver_PT-T.dll (地デジ用ドライバ)

PTCtrl.exe (PT2制御用実行ファイル)

の4つをTV Testのフォルダに入れます。

てゆうか ダウンロードしたBonDriver_PT-ST(お試し人柱版)のフォルダ内のsrcフォルダとReadme以外全部といった方がわかりやすいですね。

Bondriver2_2  

それから 録画ツールのRecTestの実行ファイルもTV Testのフォルダに入れます。

ようするに テレビに機能を付加させていくといった感じなんでしょうね。

最後にTV Rock On TV Testのフォルダ内のTV Rock On TV Test.tvtpというファイルをTV Testフォルダ内のpluginのフォルダに入れます。

これはTvRock から TVTest を制御できるようにする為のプラグインです。

Tvrockontvtest

これでファイルのダウンロードや移動はほとんど完了・・ だと思います。

まだ テレビ番組表のEpgDateCap-bonなどの便利なツールもありますが、現時点では完全に把握していないし必須アイテムではないので 必要な方は調べて導入してください。

ちなみに自分はBonDriverなどのファイルがTVTestフォルダに移動できなくて四苦八苦していたんですが、ファイルを解凍してないから移動できなかったようです ((+_+))

こんな初歩的なことを今更ながら知りました まあ 普段圧縮ファイルを扱うことがほとんどないので・・・ 

とりあえず必要作業は

・PT2のドライバとSDKのインストール (アースソフト
・BonDriver_PT-ST(お試し人柱版)のダウンロード (DTV関係ツール
・TV Testのダウンロード (DTV関係ツールTV Testのサイト
・RecTestのダウンロード (DTV関係ツール
・TV Rock On TV Testのダウンロード (DTV関係ツール
・TV Rockの最新版をダウンロード (TV Rockのページ
・Microsoft Visual C++2005 SP1のインストール (マイクロソフト
・MPEG2デコーダが入っていないなら入手 (CCCPなど)

・TV Testのフォルダ内にBonDriver_PT-ST(お試し人柱版)のフォルダ内のsrcとReadmeを抜いての全ファイルとRecTestの実行ファイルを入れる
・TV Testフォルダ内のpluginのフォルダにTV Rock On TV Test.tvtpのファイルを入れる

こんな感じです。

ここまでの作業が完了したら 次はチューナーやチャンネルの設定です。

先程ダウンロードしたTV Rockのフォルダにある”DTune”というファイルをクリックして実行します。

Tvrock2

すると 設定を促すダイアログが出るのでOKボタンをクリック

Tvrock3

チューナーの数を選択します 自宅はBSを観れないので2チューナーでいいんですが、とりあえず設定だけしておくということで4チューナーを選択

Tvrock1

そして 1~4チューナーの設定をしていきます これが一番面倒かな

Tvrock4_2

まず 「視聴・録画アプリケーションがあるフォルダ」はTV Testのフォルダを指定します。

「実行アプリ名(視聴用)」は TVTest.exe

オプションは

チューナー1の場合は /d BonDriver_PT-T.dll /DID A と記入 (地デジ・1)

以下は2~4をB~Dといった具合に記入します。

チューナー2→ /d BonDriver_PT-T.dll /DID B (地デジ・2)
チューナー3→ /d BonDriver_PT-S.dll /DID C (BS/CS・1)
チューナー4→ /d BonDriver_PT-S.dll /DID D (BS/CS・2)

PT1の時はドライバを一つずつ増やして名前を変えて割り当てたようですが、PT2からこのような記述でドライバを割り当てることが出来るようになったみたいなので、BonDriverの複製を行わなくてもいいようです。

そして 「実行アプリ名(録画用)」はRecTest.exe 先程ダウンロードしてTVTestのフォルダに入れた録画アプリのRecTestですね。

ここをTVTest.exeと記述するという記事もあったのでどちらでもいいのかもしれません。

自分はRecTest.exeと記入しました。

オプションは

チューナー1は /tvrock /d BonDriver_PT-T.dll /min /DID Aと記入 (地デジ・1)

以下は先程と同じ要領で末尾のアルファベットを変えていきます。

チューナー2→ /tvrock /d BonDriver_PT-T.dll /min /DID B (地デジ・2)
チューナー3→ /tvrock /d BonDriver_PT-S.dll /min /DID C (BS/CS・1)
チューナー4→ /tvrock /d BonDriver_PT-S.dll /min /DID D (BS/CS・2)

そして 最後に「録画先フォルダ指定」で録画したファイルの保存先を指定します。

地デジの映像ファイルはサイズがかなり大きくて 30分で3GBくらいあるので容量の大きいパーティションかハードディスクを増設して保存先に指定するのがいいと思います。

忘れがちな右上の「チューナータイプ」も間違えないように設定します。

これで ようやく一番面倒な設定が完了です 次へをクリック

そして 設定内容が表示されます 間違いなければ次へ

Tvrock5

ようやく地デジのチャンネル設定です まず 「視聴地域チャンネル一覧」をクリックして地域と電波の発信元を選択します。

Tvrock6

BSやCSのチャンネル設定もありますが、自分は観れないのでとりあえず飛ばしました。

これでTVRockの一通りの設定は完了です 番組情報を取得す画面に変わります かなり時間がかかるようです。

Tvrock7

Tvrock8

先程のTV Rock On TV Testのフォルダ内のTV Rock On TV Test.tvtpというファイルをTV Testフォルダ内のpluginのフォルダに入れる作業によって

テレビを観る時は視聴アプリのTVTestを起動しなくても、TVRockのアプリケーションがデスクトップに常駐するので、右側のチューナー番号をクリックすればTVTestが起動します。

設定はテレビそのものであるTVTestでいろいろするのかと思ったけど、この予約録画アプリのTVRockの方の設定でほぼ完了のようです。

従来のテレビ視聴環境に例えると ビデオデッキを通してテレビを操作するといった感じで考えればいいのかな。

そういえば一点 TVTestの設定を一つ確認しておいた方がいいですね。

先程も言ったけど、MPEG2デコーダが入ってないとテレビが観れないので、TVTest上で右クリックして「設定」の画面を出します。

そして 左の項目の一番上の「一般」の画面でデコーダを確認できます。

Decorder

ここでデコーダを選択します デコーダによっては視聴できないのもあるみたいなので、

視聴できない場合はデコーダを替えてみると観れるということがあるようです。

そして 入っていない場合はCCCPなどのフリーソフトを導入します。

これでとりあえずはPT2での視聴環境の設定は完了です。

WEB上のいろいろなサイトの設定方法を見比べて何回か設定をやり直して検証したので、これで観れると思いますが、

市販されている有名メーカーのように専用ツールで動作が保証されているようなチューナーではないので確実に動くかどうかはわかりません。

場合によっては不具合が生じるかもしれないので、設定はあくまで自己責任で行ってください。

まあ インストールするのはPT2のドライバとSDKくらいで、後はダウンロードして解凍して使うだけなので まず大きな障害は起こらないと思いますけど。

もちろん今のところ不具合は発生してませんが、TVRockが常駐するようになったせいかOSの起動がかなり遅くなりました だから すばやく起動させて作業などをするパソコンでの使用は避けた方がいいかもしれないです。

ちなみにXPとVISTAのデュアルブート(共に32bit)で使用しているパソコンに設定したんですが、

動作に関してはXPとVISTAどちらもあまり変わらないと思います。

自分のような初心者にもなるべく理解できるように書いたつもりですけど説明が下手なので、自分の記事を見てもわからなかったら検索して他のサイトなどを見て参考にしてください。

とにかく よく調べて挑戦すれば初心者でも設定できます。 

近いうちに視聴した時の様子をアップします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アナログの終焉 (ビデオデッキ壊れる)

久しぶりにビデオデッキで前に録画していたドラマや映画を観ようと思ったらテープが入っていかず、コンセントを挿しなおしたら電源自体が入らなくなってしまいました (ToT)/~~~

最後にビデオデッキを使った時は元気よく動いていたのに、何で? って感じです。

Dsci0932

このビデオデッキで3台目なんですよね これは2002年に買ったので7年は使ったので元は取ったけど、2台目は3年くらいで壊れたんだよな・・・

ちなみに3台とも パソコン用モニタではブイブイいわせてる三菱製です。

自分も1台三菱製のモニタを使ってます。

モニタは評判いいけど、ビデオデッキはイマイチのような気がするんだけど・・・

まあ 他のメーカーを使ったことがないのでわかりませんけど。

これからは完全にデジタル化していくので、これでビデオデッキを買うことも使うこともないと思うと ちょっと淋しいです 

自宅はまだ地デジを観れる環境ではないのでアナログ映像だけど、一歩一歩アナログの終焉に向かってます。

まあ テレビはビデオデッキより壊れにくいからまだまだ大丈夫だと思うので、2011年のアナログ終了までがんばってもらいます 

そして壊れたビデオデッキなんだけど いつもなら壊れたらすぐにごみに出すけど、パソコンを自作するようになったせいで、原因を調べてみたくなって分解してみました。

まずは上部のカバーを外してみました。

Dsci0936

おおーっ 中はこうなってるんだ もっと複雑にぎっしり凝縮されてるかと思ったけど、意外とシンプル

上部にテープを回す機器があって、その下はパソコンのマザーボードみたいです。

まあ マザーボードとはいわないんだろうけど  基盤とかメインボードっていうのかな?

Dsci0938

自宅は埃がよくたまるので、この中も埃だらけかと思ったら・・ 結構きれいでした 内部には埃が入りにくいようになってるんだなあ

それから 前面のパネルを外してみました。

ここにスイッチ類があるのであらためて電源を押してみたけど、やっぱり入りませんでした。

Dsci0940

そして この下の基盤にマザーボードなどで使う3Vの丸い電池があったけど、これが張り付いていて外れないので、さらにいろいろバラしてみました。

Dsci0945

どれを外せばいいかわかるのに時間はかかったけど、ネジ類はそんなに多くはなかったです 比較的簡単に分解できるようになってますね。

これはチューナーだな 流用できないかな・・ でも 使えるのも後僅かだからいいか

Dsci0942

そして 上部についていた部分を取り外しました。

Dsci0948

これがビデオデッキの核となる部分なんですね 20年近くビデオデッキを使っていたけど、中の構造なんて始めて見ました  

まあ ほとんどの人がそうだろうけど (*^_^*)

Dsci0946

パソコンのハードディスクのような機械的な構造だから壊れやすいんだろうな・・

そして マザーボード じゃなかったメインの基盤がやっと外れました。

Dsci0949

裏にはGPUみたいなのが付いていて、大型のグラフィックボードみたい 

Dsci0950

これで心置きなく電池の取り外しができます やっぱり金具にくっ付いているみたいだな

Dsci0951

マイナスドライバーや薄いピンセットなどで上の金具の隙間に入れようとして全く入らないのでガッチリ付いているみたいだな

よし 引っ張ってみよう

Dsci0953

うわーっ  頑丈にくっ付いているなあ 取れないじゃん

だから かなり力を入れて引っこ抜きました 

Dsci0955

やっと取れたあ  溶接ではないみたいだけど外せないようになってるみたい

パソコンのマザーボードのように輪っかにはめるようにはなってないですね まあ 通常は外すものではないから当たり前か・・

前にパソコンが動かなくなった時にマザーボードの電池を換えたら動くようになったので、これももしかしたら電池を接触させれば復活するのでは!

と思ったけど 動きませんでした (-_-;)

てゆうか 電池がうまく接触して機能しているかもわからないし・・・

ただ 電気は基盤に通っているみたい コイルみたいなのを掴んだら軽く電気ショックを受けました 

それにコンデンサも熱いです。

まあ 素人にビデオデッキの修理を出来るわけないか と思い元に戻して捨てることにしました。

これが自分の買った最後のビデオデッキということになります さすがにもう買うことはないだろし

でも パソコンの方でいろいろと対策しておいてよかったです。

今まで録画した大事な映像はGV-USBでパソコンに取り込んでおいたし、

予約録画の方もこれもアイオーデータのアナログのテレビキャプチャを最近使い出したので心配はないです。

Dsci2152

パソコンの方で対策しておかなかったらどうしてたんだろう? それを考えると自作に目覚めてよかったかもしれないです。

てゆうか 自分もデジタルに徐々に移行しているので、ビデオデッキが拗ねてしまったのかな 

なんにせよ 自宅もアナログの終焉がひしひしと近づいてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プリウスオンラインのプレイ日記・8

レベルもやっと20に達したのでテラシルゲートからもワープできる地域が増えました。

ソルタスとポリエデスという2つ地域が追加されたので早速飛んでみました。

ポリエデスは幻想的なところでした。

Prius81

この放射線がつきあげるようなのが印象的でした。

Prius82

ここはスタートした地域のイントラルックスのすぐ下の方に位置です だから 砂漠の駐屯地あたりから東に向かえば近いです。

ソルタスは東と西に大きな門がある大都市です。

Prius83

雰囲気はかなり暗くて暗黒の都市って感じでした。

Prius85

Prius84

どこかで見た地域だと思っていたら この地域って行ったことがあったんですよね。

たしか 2番目に活動していた地域アウロラの下の方だったと思います。

ある程度レベルが上がったあたりから行ったことのない地域を探索していたんですよね。

一回通ったところのセレロをクリックしてセレロステーションを活性化させておけば次にその地域に行く時は敵に遭遇しないで速く移動できますから。

Priusmoster16_2

やっぱりRPGの醍醐味は見知らぬ地域に足を伸ばすことです。

強い敵がいてやられるのはわかっていても行きたくなりますよね。

ここまで来るといろいろなモンスターと戦いましたね 面白いモンスターもたくさんいました。

Priusmoster3

これは監視者駐屯地の近くにいる丘の森ちゃんです こういうかわいいキャラって弱そう見えて実は強いというパターンが多いけど、この子は本当に弱かったです (#^.^#)

Priusmoster5

この傘蜘蛛は大きくてコワいけど目がかわいい 

Priusmoster6

これは一見普通の木かと思って近づいたら攻撃してきてビックリしました。

Priusmoster7

仮面ギツネという歌舞伎みたいな顔したキツネです この仮面ギツネは死んだふりをしているのがいてこれに化けているさまよう巡礼者を見つけるクエストがあったんだけど、なかなか見つけられなくて苦労しました。

Priusmoster13

こいつです  このさまよう巡礼者は死んだふりをしている仮面ギツネを調べまくっても見つかりません。

画面に「さまよう巡礼者が現れました」という表示が出てきてやっと会うことが出来ます。

Priusmoster22

大きな四足蜘蛛です レベルが違いすぎたのでやられるかと思ったけどなんとか勝てました 戦闘シーンは迫力満点でした !(^^)!

Priusmoster9

飛びトカゲです これもなかなかユニーク

Priusmoster12

RPGでよくいそうなキャラですね 乱暴な鬼火です 本当に乱暴で何回も殺されました ((+_+))

Priusmoster14

クエストに出てくるタイプでない量産型の亡霊です これも結構手強かったです 

Priusmoster15

天空シカ鳥というモンスターです ペガサスのシカ版といったとこかな カッコよかったな 

Priusmoster17

蝶サソリです これもキレイなキャラです。

Priusmoster1

これは あのエリマキトカゲです なつかしいなあ・・ でも 強いし 全然かわいくないけど

Priusmoster2

砂怪人です ランプから出てくる魔人のようなモンスターです こいつの近くによるとピョンピョンと飛び跳ねて襲ってきます 最初はおもしろかったけど、段々これがムカついてくるんだよなあ

Priusmoster18

馬鹿デカいキノコ巨人です すぐに大勢集まってきて集団で攻撃してくるので、こいつにはやられまくったなあ・・

Priusmoster10

Priusmoster11

イベントでアウロラで怪しいアニマを調べると対決することになるボティガードベアです。

まあ よく考えるよなあ 

Priusmoster19

そして 一番グロかったのは この砂漠のカブトムシです カブトムシってゆうか 幼虫ですね

Priusmoster20

このグロさ たまんねーな 

Priusmoster21

クエストでカブトムシの岩を調べると出現するメスのカブトムシはさらにでかくてグロい 

こんな感じで新しい土地に行くと見たことがないモンスターに会えるので探索が楽しいです !(^^)!

でも なんといっても一番のお気に入りのモンスターはやっぱりコレかな

Priusonlineopening15

これこそベストモンスター \(^o^)/

そういえば このプリウスオンライン ではモンスターのことを「ベスティア」というんですよね。

ということで 自分が選んだ「ベスト・オブ・ベスティア」は筋肉ウサギさんです  

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モンスターハンターのベンチマークソフト

ベンチマークテストといえば ちょっと前はFFベンチで計測して性能を把握していたけど、RADEONの4000系の計測は苦手らしく、描画はカクカクだし数値も予想の半分くらいなのでアテにできないことがわかったので、

最近はいろいろなベンチマークソフトで計測しています。

そして 前から気になっていたモンスターハンター フロンティア オンラインのベンチマークソフトを初めて使ってみました 

Mhfbench

ダウンロードはすぐ完了したので早速計測です。

Dsci0926

左下に搭載CPUが表示されるようです。

最初に計測したのはCore2Duo・E7400とGeForce・9600GTで使っているパソコンです。

Dsci0927

Dsci0928

いろいろなベンチマークソフトのデモ映像を見ましたけど、このモンスターハンターのベンチもなかなか迫力があっていいですね !(^^)!

そして スコアは・・・

Dsci0922

4707か・・ といっても一般的な数値がわからないので、良いのか悪いのかわからないなあ 

ということで もう1台 Core2Quad・Q9550とRADEON・HD4770搭載のパソコンで計測しました。

ゲームをプレイしているのはこっちなので このパソコンのベンチの方が気になります。

デモの中ではこの大きいモンスターが迫力あってカッコイイなあ  自分はまだ小物モンスターしか戦ったことがないので (*^_^*)

Dsci0929

そして スコアは

Dsci0931

6492 このスペックくらいだと大体これくらいなのかな 先ほどのE7400搭載のパソコンのスコアから考えれば妥当でしょうね。

ということで まあ スコアはこんなものでしょうということで

このベンチを計測していたらモンスターハンター フロンティア オンラインをプレイしたくなりましたね。

ちょっと前は結構プレイしていたんですが、マウスとキーボードでは操作しにくいので、

コントローラーを買ってきたんだけど、逆にこっちの方が操作しにくいので  最近はプレイから遠のいています 

Dsci1553

最近はプリウスオンラインにハマりだしたのですっかりモンスターハンターの事を忘れてましたね (*^_^*)

たまにはプレイしてみようかな 戦闘シーンはオンラインゲーム一の迫力ですからね !(^^)!

そういえば つい最近大幅にアップデートされたらしいですね モンスターハンターは他のゲームに比べて頻繁にアップデートするような気がするなあ

それも人気のある理由の一つなのかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プリウスオンラインのプレイ日記・7

さあ ようやく物語の核心に迫るポイントとなる地域「ルデナオル」にきました。

とても幻想的で 水に囲まれた夢の世界のようなところです。

Prius65

Prius69

Prius68

ここに忘れらた部屋という時空の違う空間にいくと、ひとりでに書く日記があるというのがこの物語の大きなポイントになるようです。

Prius72

そして 自分が操作するキャラクターも毎日日記を書くことになりました。

Prius71

なので 頻繁に訪れる部屋なんだけど、一日一回しか入室できないので 用事を一辺に済ませないといけないです でないと次の日・・になってしまいますから

このルデナオルでのクエストも面白いのが多いけど、その分難易度も高いです。

段々ゲームのレベルが上がってきているのを感じます。

そして あるクエストでこのルデナオルからテラシルゲートで行ける近隣地域の「物語の塔」というところに飛びました これまた風景が奇麗なとこでした。

Prius73

Prius74

おもいっきり和風なとこですね 赤い葉が茂っている木はサクラっぽいよなあ・・

この眺めなんか最高です !(^^)!

Prius75_2

このプリウスオンライン はとにかく景色のグラフィックがキレイです 

自分が最初にプレイし始めたシルクロードオンラインもキレイだなあと思ったけど、比べ物にならないほどプリウスの方がいいです。

Prius78

この緑が生い茂る草原も壮大な景色を演出します。

Prius79

こんな景色をセレロで駆け抜けるのも爽快です。

Prius76

時にはこんな荒れ果てたような地域も・・・

Prius710_2

この沼地の水草でさえ幻想的でキレイ 

Prius714

これは氷河のような大地です よくこんな不思議なカラーリングが思いつくよなあ・・・

Prius712

これは湖に氷が張ったとこなのかな 暗いイメージであまり好きじゃないけどグラフィックはいいです。

Prius715

ペラセントラムの南国の雰囲気満点の風景です。

Prius713

そして 暗黒に立ち向かうべき進むのであった みたいなシチュエーションの風景

もう 風景だけ見ていても飽きないです !(^^)!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デルの今週のキャンペーン(新登場 Vostro・V13)

今日から【SOHO法人様向け】デル・オンライン広告限定ページ のラインナップが替わりました。

今週は「Vostro・V13」という新しいモデルのノートブックが登場しました これに注目したいと思います。

まずはデスクトップのオススメパッケージを1台だけ

モデルは格安モデルのVostro220Sです。

・インテルCore2Duo・E7500 (2.93GHz)
・Windows7・Professional 32bit
・メモリ2GB
・ハードディスク320GB
・DVD-ROMドライブ
・デル E190S 19インチ 液晶モニタ
・【 無料アップグレード】ノートン・インターネットセキュリティ2009(15ヶ月間更新サービス付!)

 55980円

ここ最近こんな感じのパッケージが多いですね 安くてそこそこの性能だしコストパフォーマンスは高いと思います。

それに ノートンも1年付いてますしね。

これより4000円高いパッケージではメモリは4GB、モニタも20インチにアップされてます。

でも あまり変わらないので、この55980円のパッケージで十分だと思いますけどね。


そして 自分が注目している新登場のノートブック Vostro・V13も今週のキャンペーンに出てます。

Vostrov13

ますは安いほうのパッケージから

・インテルCeleron・743 (1.30GHz)
・WindowsVista・HomeBasic SP1 32Bit
・メモリ2GB
・ハードディスク320GB
・13.3インチ HDF LEDアンチグレア液晶ディスプレイ (カメラ付)
・Dell Wireless 1397 内蔵ワイヤレスLAN Miniカード(802.11b/g)

 49980円

スペックはともかく新しいモデルがこの値段で買えるのは嬉しいですね (^_^)

ディスプレイは13.3インチなので最近主流の15インチに比べて小さいので少し見づらいかもしれないですけど、非光沢パネルなので映り込みがないから作業もしやすいと思います。

ノートパソコンって大体は光沢パネルですからね。

それに無線LAN機能も搭載しているし

でも このパッケージの難点はOSかな さすがにVistaのHomeBasicでは物足りないと思います。

まあ 新登場でこの値段だからしょうがないのかな・・・

もう一つのパッケージではWindows7を搭載してます。

・インテルCore2Solo・SU3500 (1.4GHz)
・Windows7・Professional 32bit
・メモリ2GB
・ハードディスク320GB
・13.3インチ HDF LEDアンチグレア液晶ディスプレイ (カメラ付)
・Dell Wireless 1397 内蔵ワイヤレスLAN Miniカード(802.11b/g)

 69980円

こちらの方がいいんだけど 20000円も割高です。

スペック的に20000円差はないと思うんだけどなあ・・・ 自分が買うのなら安いほうかな

まあ まだ登場したばかりなので様子を見たほうがいいですね。

ということで このVostro・V13のことを軽く調べてみました。

Vostrov132

かなり薄型のボディみたいです。

幅: 13 インチ / 330 mm
高さ: (前部 / 後部) 0.65 ~ 0.78 インチ / 16.5 ~ 19.7 mm
奥行き: 9.06 インチ / 230 mm
最小重量: 3.5 ポンド / 1.59 kg (6 セルバッテリ装着時)

軽いよなあ これだったら持ち運びも楽ですね。

自分が以前に所有していたNECのLL750RGは3Kgもあったので、とても持ち運びが出来るようなノートではなかったですから

Pa0_0060

注意点は 光学ドライブが備わっていないことです。

さすがにこれだけ薄くすると付けらなれないんだろうな・・・

なので ないと不便なので外付けのドライブを用意する必要があります。

オプションであるようなことが記載されているけど、カスタマイズするページにはなかったのでこれから追加されるんでしょうね。

薄くて軽くてスタイリッシュでいいけど、さすがに光学ドライブがないとキツイなあ・・

でも 使ってみたいです ノートが必要になったら

ということで 今週の【SOHO法人様向け】デル・オンライン広告限定ページ は安さが目立ったモデルはありませんが、この新登場のノートが注目ですね。

デル株式会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プリウスオンラインのプレイ日記・6

港町のペラセントラムから西に移動してナトラアシロムというところに来ました。

Prius61

雰囲気がアフリカっぽいとこです ここではストーリ性のあるクエストが多かったです。

主に風の聖地の方へ行ったり来たりのクエストが大半で、移動もテラシルゲートからワープで行けるので移動は楽でした !(^^)!

イベント内容は姉妹や上司部下の人間関係などとそこまで面白い内容ではないけど、こういうイベントムービーがあるとゲームの質が高く感じますね。

Prius62

Prius63

クエストでの戦闘で一番強かったのは またしも亡霊系でした。

最初のイントラルックス地方での盟約の試験者や、ペラセントラム地方の誕生の島でのロン・フェミナの亡霊ほど強くはなかったけど 油断していてやられそうになりました。

Prius64

それと このナトラアシロムは変わった人がたくさんいましたね。

派手な人や奇妙な人など様々・・・

Prius66

この人が一番派手だったかな  いまにも飛んでいきそうな 

Prius67

この人は怖かったな・・ ヨーダばあさんって感じ 

とにかく この地域での出来事は内容が濃かったですね。

この後は いよいよアニマの過去せまるポイントのある幻想的な街 ルデナオルに行きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プリウスオンラインのプレイ日記・5

大陸間を移動してクエストをこなしているのが一番おもしろいんだけど、連れているアニマをうまく使えば戦闘も楽になるので、地味だけどアニマにいろいろなことを覚えさせていくことにしました。

まず このゲーム内で唯一自分だけの空間であるアトリウムというところでアニマの特技でアイテムを生成することが出来ます。

Prius51

まず アニマにいろいろなことを覚えさせたりするクエストを与えてくれるのが野生の庭師ケパというキャラクターで このキャラはアニマにしか見えないので、F11キーでアニマモードにして話しかけに行きます。

Prius52

まずは調理です 調理台を手に入れてアトリウムの管理人に話しかけて「アトリウムを飾りたいです。」を選択すれば円形アトリウムというところに調理台を設置できます。

ちなみに この管理人から調理台や調味料を買うこともできます。

Prius53_2

Prius54

調理台の他にもアイテムを入れる「古い保管箱」や栽培アイテムを設置できます ただ 序盤は4つしかスロットがないので自分が使えるアイテムを全部置くには足りないです 

調理して出来るアイテムはHPやMPを回復させるアイテムなので、ゲームを進めていくにはかなり重要です ということで 調理を早速やってみました。

ひとつずつアイテムを持っていれば調理できるものだと思っていたんだけど、メニューによって食材の個数が決まっているようです。

だから 材料がなかなか集まらなくて まだあまり調理してもらってないです。

Prius55

それと 栽培も回復アイテムなどを生成する重要なものです。

この栽培を習得するにはケパからのクエストを遂行するとポティという精霊を入手できます。

このポティは水、火、土の3種類で、今のところはひとつしか設置できないから作るアイテムに応じて交換しながら配置して行うようです。

Prius56

といっても 自分はまだ栽培は1度も使ったことがないけど。

こんな感じでアトリウムでは調理や栽培で回復アイテムを生成することができるので重要です。

それと 戦闘で役に立つアニマのスキルはこのアトリウムにいるケパに問いかけて習得します。

まだ使ってないシステムは巨人ガイガスくらいかな 

ガイガスを使うレベルにまだ達していないので詳しいことは分からないけど、ここでいろいろと設定するんじゃないのかな

Prius57_2

このアトリウムで一番使うのは保管箱かな

アイテムを持ち歩くには数に制限があるので、重要だけど普段使うことのないアイテムはココに保管しておくのがベストです。

このアトリウムをうまく使いこなすことがゲームの進行においてかなり重要です。

ただ ひとつの保管箱には10個しかアイテムを保管して置けないので、厳選して保管物を選ばないとすぐに埋まってしまいます。

Prius58

それと ケパの特定のクエストをこなすとアニマは鎮魂や採集といった特技を覚えます。

鎮魂は倒したモンスターを浄化させていろいろな種類の魂を獲得することが出来ます。

採集はフィールドなどに咲いている花などを採集します。

この2つの特技によって獲得したアイテムは栽培で使うようです。

このようにしてアニマとアトリウムをうまく使ってゲームを進めて行こうと思ってます。

が 依然として戦闘ではアニマはお荷物ということには変わりはないです ”あれっ?いない!?” と思ったらモンスターにいじめられてるし・・・

Prius59

必要な時に来てくれるだけでいいから 普段は保育園みたいなところをつくって預けておければいいんだけどなあ・・・

たまに段差や塀、柵があるところをジャンプすると小さいのでアニマだけ飛び越えられなくてついてこれない時があります。

Prius510

Prius511

おっ! これでここに置き去りにしておけばついてこないかも  と思っていたら角度が変わるといつも間にか追いついてきてます 

はあーっ  育児放棄しないで連れて行かなきゃね・・・ そういうゲームだし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バッファロー製モニタの修理レポート

先日修理に出したバッファローのモニタ(FTD-W2232HSR/BK)が昨日やっと我が家に帰ってきました 

修理に出した理由は画面に細かい粒が出るようになって、やがて部分的だけど粒が多くなって ちょっとした星空のようになりました 

パソコンを替えて表示したり、接続ケーブルを替えたりして試したけど、どうやっても粒の塊がでるのでモニタのディスプレイに問題がある可能性が高いと思いました。

Dsci0910

自分はそこまで映像やディスプレイの質にこだわらないし 普通に使うには問題なかったんだけど、

チカチカするのでさすがに気になるようになりました (>_<)

1点2点くらい粒だったらただのドット抜だろうから保証外なので諦めるけど、

画面の一部分が星空みたいになって症状がひどいので ”これってただのドット抜けなのかな?”と思ったので

サポートセンターに電話して症状を話したら、おそらくドット抜けではなくディスプレイの不具合だろうということでした 

なので 電話のサポートの方の支持に従ってオンラインで修理の受付をして名古屋にあるバッファローの修理センターに送りました。

修理に送ったのは11月20日だから半月以上預けていたことになります。

オンラインで修理状況が確認できるので毎日確認してました。

Buffaloshuuri1_2

最初にこの修理状況の確認ページを見たとき修理完了予定日が12月14日と表示されていて頭痛がしてきた・・   1ヶ月も使えねーじゃねーかよ 

自分は他にもいくつかモニタがあるので付け替えながら何とか使えるけど、

1台しかなく仕事で使っているような状況だったら最悪ですよね こんなに長いなら代用品貸してくれよって感じです。

たしかに症状は出たり出なかったりで確認するのが難しいのかもしれないんですが、それでも1ヶ月は長すぎるよな・・・

でも もしかしたら症状が早くみつかって予定よりも早く帰ってくるのではと思って、一日一回以上確認していました 早く使いたかったし

そして 8日に確認したら発送したと記載されていたので、”はあーっ やっとかよ ” と半分呆れて 後の半分はホッとしました (*^_^*)

Buffaloshuuri2

そして 9日の午前中に届きました 早かったなあ 

自分が送った時の梱包方法は製品の入っていた箱に入れて買った時と同じ状態で送りました だから そのまま箱ごと返して欲しいと紙に書いて入れて送りました。

まあ 箱を大事にしているわけではないんだけど 綺麗だった箱がビニールテープや配送シールだらけでボロボロになって帰って来ました 

Buffalobox

まあ この箱で送ったんだからしょうがないけど でも キタネーな 捨てたくなったぜ 

一番気に入らなかったのは箱の開く部分を全部ビニールテープでガチガチに貼られていて箱を開けるのに苦労しました 

Buffalobox2

貴重品なので頑丈に梱包したといってしまえばそれまでだけど これはひでーよな 新品でもこんな梱包しないんだから自分が送った状態で返してくれればよかったんじゃねーの 

まあ 半分以上は運送屋が梱包しなおしたんだろうけど もっとマシな梱包方法ねーのかよ

ムカついたけど、所詮箱ということで諦めることにしました。

そして 中に修理報告書が入っていたので読んでみたところ・・・

「不具合は確認されませんでした。」 ということでした。

Dsci0911

まあ あまり期待はしてなかったのでショックはないけど 症状も出る時と出ない時があるので確認が難しかったんでしょう

でも 処置のところに「再組み付け致しました」と記載されているけど、一回バラしたのかな? わからないんだったら余計なことをしてほしくなかったんだけど・・・

とりあえず無事帰ってきてくれただけいいやと思って、パソコンに繋いで表示させて見ました。

ネットの口コミを見るとメーカーなどに修理を出したらもっと酷くなったという事例をいくつか見たことがあったので、自分はそれが一番心配でした。

そして 表示させたところ大丈夫みたい  ホッとしました (*^_^*)

Monitashuuri

それに 修理に出した不具合の星空のような細かい粒も見当たりません。

まあ これは出たり出なかったりなのでそのうち出るでしょうけど もし直ったならラッキーですけどね (*^_^*)

今回バッファローに修理を出した感想としては あまり良い対応とは思えないです。

まず詳しく調べてくれるからなんだろうけど、修理期間が長すぎ 

それで直って帰ってくればいいけど、結局不具合は確認できなかったようだし。

それと 返送してくる梱包も汚い もう少し気を使ってくれよ 運送屋にも言っておくとかさ

後は修理に出す配送料も自分持ちなので予想外の出費です 

このモニタはドスパラ で12000円というかなりやすく買えたので満足してたんですが、 

今回の配送料が1480円もかかったからお買い得感が薄れました 

不具合が確認できなかったのは仕方ないと思うけど、結局保証があって安く買えても壊れたら損をするということですから。

バッファロー製品は数多く持ってますけど、これからは控えようかな

もちろん便利なアイテムがたくさんあるので全く利用しないということはないけど、少なくともバッファロー製のモニタはもう買わないつもりです。

これだけ修理期間が長いとそのパソコンが使えないから不便ですからね。

やっぱり 修理に出している間に代用品を貸してくれる EIZOや三菱が一番頼りになりますね もちろん製品の値段も他のメーカーよりも断然高いけど・・・ 

それか 通常のメーカーは本体3年保証でディスプレイは1年保証というのがほとんどだけど、LG電子 iconはディスプレイも3年保証なので次にモニタを買うとしたらLG電子が第一候補です。

このLG電子も代用品を貸してくれるようです

このW2243T-PFは21.5インチのフルHDで値段も15000円くらいとお手頃なので、年末にもう少し安くなった時を狙ってます。

iconicon

それと周辺機器もアイオーデータ などの似たようなメーカーに移行して行こうと思ってます とくにアイオーデータの製品はあまり持っていないのでもっと使ってみたいです。

でも 自分はバッファロー製品ってかなりたくさん持っているんですよね

無線LANルーター、USBメモリ、ワイヤレスキーボード、内臓ハードディスク、外付けハードディスクはNASを合わせると4台もあります。

Dsci0091

それと モニタももう1台持ってます。

これはクレバリー で買った修理上がり品で初期不良対応のみの15インチのB級品なんですが、これは調子いいし値段の割には画質もいいのでお気に入りです !(^^)!

Dsci0453

まあ こんな感じでたくさんバッファロー製品を所有しているので、他のメーカーの製品に移行するのも面倒だから、出来ればもう少しサポートの対応の質をよくしていって欲しいと思います。

やっぱり バッファロー製品って便利だし一番普及してますからね これでサポート対応がよかったら最高なんだけどなあ

でも 他のメーカーのサポートもこんなものなのかもしれないですね とりあえず壊れたら運が悪かったということか・・・ 

ちなみの今回修理に出したFTD-W2232HSRというモニタはデザインはそんなにカッコイイとはいえないけど映像もある程度綺麗だしお気に入りです !(^^)!

それにスピーカー内蔵だし 

自分は音質にはあまりこだわらないし、外付けスピーカーは邪魔なので内蔵タイプのモニタが好きです。

だから 壊れないで末永く活躍して欲しいモニタです 

Dsci0910

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マイクロソフトの無料セキュリティ・Microsoft.SecurityEssentialsインストール

1度使ってみたかったマイクロソフトの無料セキュリティソフトの「Microsoft.SecurityEssentials」をインストールしました。

インストールしたのはテレビ視聴で利用しているパソコンで、キングソフトの無料セキュリティソフトを使っていたんですが、

広告がかなりウザイのでMicrosoft.SecurityEssentialsを使うことにしました。

キングソフトの広告はとにかく邪魔で、MediaCenterやMediaPlayerなどの映像用のアプリケーションを使っている時以外は消えないので見にくくて作業がやりづらいです。

Dsci0901

こんな感じで右下にしかもかなり大きく表示されます。

モニタが15インチと小さいのでかなり広くスペースを占有されるのでインターネットで文字を読んでいる時は非常に邪魔です  しかも かなり長い時間表示されることもあります。

まあ 無料だから仕方ないですけどね。

ということで キングソフトのインターネットセキュリティをアンインストールしてから 

Microsoft.SecurityEssentialsのインストールを開始しました。

まずはマイクロソフトのこのページからダウンロードです。

Securityessentials

Microsoft.SecurityEssentialsダウンロードページ

ダウンロードは数秒で終わりましたね そんなに重たくないみたいだな

Mse1

そして 実行をクリックするとインストールウィザードが表示されて 次へ

Mse2

いつもの使用許諾契約書です 「同意します」を押して次へ

Mse3

そして 次はWindowsの正規版の検査です 海賊版やアクティベートしてないOSでは使えないようにしてるんですね 「検証」ボタンをクリック

Mse4

そして 検証も終わっていよいよインストールの開始です。

Mse5

これも数分で完了しました インストールにしてはあっけなかったなあ そして完了をクリック

Mse7

すると ウィルス定義のファイル更新やスキャンが始まります。

Mse8

Mse9

この作業も他のセキュリティソフトよりも全然時間がかかんないです。

そして これで完了です。

Mse10

かなりあっけなく終わったという感じです ノートンなどと比べると半分以下の時間でした。

なので ”本当に大丈夫かな・・・”って感じです 

まあ テレビ視聴で使っているとはいえテスト用パソコンみたいなものなので、どれだけ信頼できるセキュリティソフトなのか様子を見ていようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HPのCorei7搭載ノートパソコン dv7

最近はノートパソコンでもかなり高性能ですね。

自分もCore2Duo搭載のノートを持ってましたが、画面が大きければ十分メインに使えるほど動作も快適でした。

090314_074801

まあ 動画関連の作業やオンラインゲームは無理がありましたけど・・・

さすがにノートだからそこまでを求めるのは酷だと思っていたけど、

動画編集しながら他の作業をしてもサクサク動くというノートもあるようです。

それが このHPのノートパソコン dv7です。

このdv7はHPの新製品発表会で紹介していて ”そんなすごいノートがあるんだ!”と驚きました。

Dsci1952

これは「HP家の人々」と演劇で解りやすいように演じていました。

Dsci1951

一番驚いたのは CPUにCorei7を採用していることです。

高性能CPUを搭載という事にももちろん驚いたんですが、モバイル用のCorei7があること自体知りませんでした。

それで 気になってスペックを調べてみました。

・Windows 7 Home Premium  32bit
・インテルCorei7-720QM    (1.60 GHz/TB時最大2.8GHz、6MB L3キャッシュ)
・17.3インチワイドHD+ ( 1,600×900 )ウルトラクリアビューカラー液晶ディスプレイ 
・メモリ4GB
・ハードディスク1TB
・グラフィック  NVIDIA GeForce GT 230M
・ブルーレイROMドライブ
・ IEEE802.11a/b/g/n 内蔵無線LAN+Bluetooth
・ webカメラ
・バッテリー 約3.5時間
・質量 約3.38kg

すごいですね このスペック \(◎o◎)/! もはやノートではないよな

CPUもすごいけどディスプレイも17インチですから、ノートだから小さくて見にくいという言葉はこのdv7の前には出てこないでしょう。

グラフィックもGeForceのGT230だったら軽いオンラインゲームなら出来そうです。

たしかにこれだけのスペックがあれば動画編集しながら他の作業も出来るでしょうね。

でも それだけに160000円と値段もかなり高いです  まあ ハイエンドのデスクトップが買えてしまいますからね。

まあ それでも設置場所や持ち運びなどの用途からノートパソコンのdv7を選ぶ人がいるからこのモデルがあるんでしょうね。

現在キャンペーンで149730円と10000円くらい安くなってますが、それでも高いね (#^.^#)

イベントで実際に見て触ってきたけど、ノートにしては大きいです。

Dsci2020

Dsci2019

まさにノートの王様ですね。

自分はデスクトップ派なので買うことはないですけど、どれだけすごいか使ってみたいです もらえるなら (*^_^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デルのウルトラスモール・デスクトップ Inspiron Zino HD

最近家庭用のオシャレなモデルを続々出しているデルから 

今度はウルトラスモールと称してとってもコンパクトなデスクトップが登場しました。

Inspiron Zino HDというモデルでキューブタイプのようなモデルです。

最近は省スペースパソコンが結構人気ありますよね 自分も好きです !(^^)!

でも コンパクトデスクトップだと搭載出来るパーツが限られて来るんですよね・・・

ということで このInspiron Zino HDのスペックですが

・Windows7・HomePremium 64bit
・AMD Athlon X2 デュアルコア・プロセッサー 3250e
・メモリ2GB
・ハードディスク320GB
・DVDスーパーマルチドライブ
・グラフィック ATI RADEON・HD3200(チップセット統合型)

AMD系の構成のようです ちなみにこの仕様で49980円です 

自分の感想は 安いような 高いような って感じです。 

OSはWindows7の64bitしか用意していないようです 5040円プラスでProfessionalに変更できます。

Athlon X2 デュアルコア・プロセッサー3250eというCPUは知らなかったので調べてみたら、ベアボーンなどに使われているモデルでTDPが22Wと超低電圧みたいです。

たしかにキューブタイプのような熱の籠る小さいケースに搭載するなら発熱が少ないタイプでないと長持ちしないですからね。

でも TDP22Wっていうのはすごいなあ・・ ちなみに自分がよく使うCorei5は95Wです。

まあ これだけ低電圧ということは性能は落ちるだろうけど。

マザーボードはAMD780Gのチップセット搭載のモデルなので、グラフィックはATI RADEON・HD3200ということで オンボードのグラフィックにしてはある程度の性能はあります。

たしかこのチップだと軽いオンラインゲームも出来ると聞いたんだけど CPUが非力だからさすがに無理だろうな・・・ まあ オンラインゲームをプレイするためにこのようなタイプを買う人はいないと思うけど。

とりあえずはデザインもなかなか良さそうだし、カラーも6種類あるのでリビングに1台あるとインテリアとしてもいいかも

Inspironzinohd

自分もごついミニタワー型のケースばかりで置く場所に困るので、一つくらいこういうキューブタイプを作ろうと考えてます。

ちょうどAMDのAthlonⅡ X2・240が余っているので作ってみようかな

マザーボードはこのInspiron Zino HDで使われているAMD780Gチップか、その上の785Gチップ搭載のものを使おうと思います AMD系のオンボードグラフィックは性能がいいからグラフィックボードを付けなくても十分ですからね。

ちなみに このInspiron Zino HDも出力ポートにHDMIがあるみたいでテレビに繋いで楽しむのもいいですね。

もしかしたら値段以上に使い勝手がいいモデルなのかもしれないなあ

そろそろボーナスも出たことだし デルの今年の年末商戦はこのInspiron Zino HDで勝負なのかな 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GV-R4350C-512I

ここ半年くらいGIGABYTEのRADEON・HD4350のグラフィックボード「GV-R4350C-512I」の関する検索に自分のブログがよく引っかかってるようです。

とくに最近はよく検索に引っかかるので調べてみたら、現在ソフマップで安く出ているようです。

検索でせっかく来てくれる方々には申し訳ないんだけど、このGV-R4350C-512Iはほとんど使ったことがありません。

このグラフィックボードは玄人志向のHD3450-LE256Gと共に一番最初に買ったグラフィックボードです。

この時はまだ自作パソコンを組む前で、デルのVostro220Sに付けようと思ってロープロファイルのモデルを見ていたら 意外と安かったので2つも買ってしまいました。

Dsci0873

スペックの高いGV-R4350C-512Iを付けたかったんですが、Vostro220SのオプションでHD3450があったから互換性が高いと思ったのと ロープロ用のブラケットがDVIとHDMIの2つのみでD-Subが使えないのでHD3450にしました。

Dsci0880

その後、初めて自作パソコンを組んだ時に付けたけど、数日後にGeForce9600GTを買ったので、その後は検証に使ったくらいです。

だから ほとんど使ったことがないのでどれくらいの能力かはわかりません まあ ロースペックだからたかが知れてるだろうけど・・

現在は遊んでいる状態ですが、我が家の貴重なロープロファイルのグラフィックボードなんでスリムケースなどのコンパクトなケースに何時か搭載しようと思って大事に保管してます。

Dsci0874

このGV-R4350C-512Iは通常のHD4350はコアクロックが600MHzだけど、650MHzにオーバークロックしてあるようです。

だから他のモデルよりも多少性能が上がっているみたい その分寿命も短いだろうけど。

出力インターフェースはDVI、HDMI、D-Subの一通り揃っています けど 先ほど言ったようにロープロファイルで使う場合はD-Subが使えなくなります。

Dsci0879

付属品はロープロファイルのブラケットとドライバCDとマニュアルです。

マニュアルといっても日本語表記は1ページだけですけど。

Dsci0882

せっかく検索出来てくれる方には申し訳ないけど 自分がこのGV-R4350C-512Iについて知っているのはこれくらいです。

でも 検索でもあまりヒットしてないようなので、あまり使っている人がいないような気がします スペック的に中途半端なんだろうな・・

たしかに3Dゲームとかはキツイだろうけど、地デジ視聴やブルーレイ観賞にはいいんじゃないかな

動画視聴をサポートするATI・AvivoやHDCPにも対応してるしね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アイ・オー・データの19インチワイドモニタ

昨日、近くのリサイクルショップでアイオーデータ の19インチのワイドモニタを買ってきました 

Dsci0888

動作未確認でケーブル類は一切付いてなかったんだけど、3980円と中古とはいえ19インチのモニタにしてはかなり安かったので買ってしまいました (*^_^*)

動作しなかったら大損だと思っていたけど、1か月の保証を付けてくれて助かりました 

外装はかなりキレイでおそらく動くだろうと思ってました 

19インチワイドでこれくらいキレイでケーブル類が揃っていると、秋葉原の中古ショップでも10000円近くするんだよなあ 

モニタって中古でも結構高いですよね まあ 画面の劣化を除けば他のパーツよりも長持ちするし

ということで 帰ってきてすぐに手持ちのケーブルを付けてみました。

出力インターフェースはDVI、D-Sub2つとスピーカーも付いてます。

Dsci0886

最初にコンセントを入れたら・・ ランプが付きました  やっぱり壊れてなかった 

そして パソコンの電源を入れて無事起動しました \(^o^)/

ディスプレイは黒い画面の時は周りムラがあるような・・ 日の当たるところで使っていたのかな でも 気になるのは起動時くらいだし自分が使う分には全く気にならないです !(^^)!

Dsci0891

丁度モニタを探していたんですよね それに1台修理に出しているし

自作パソコンを増やしすぎてモニタが足りなくなったので、22インチか安い19インチあたりを狙っていたのでかなりラッキーでした 

映像や画像処理だったら大きい22インチの方がいいけど、ブログなどの文章の打ち込みだったら19インチで十分ですからね。

15インチのスクエアが余っているんですが、文章の打ち込みはいいんだけどブラウザでホームページを見てる時にサイドバーにブックマークを出していると横幅が足りなくて横にスクロールしないと内容が確認できないので、19インチのワイドくらいの大きさがないと辛いです。

Dsci0900

19インチのワイド

Dsci0902

15インチのスクエア

そういえば19インチって22インチとあまり値段が変わらないんですよね。

だから 最近では安くなった22インチを一番手に検討していたけど、思わぬ掘り出し物がみつかったので当分は安泰かな

それに 現在モニタで一番欲しいメーカーはLG電子だけど、アイオーデータ も使ってみたかったんですよね。

ioPLAZA【液晶ディスプレイ】

アイオーデータやバッファローのモニタはスピーカー内蔵なので、外付けを設置するスペースが省けるので音質がよくなくても自分は内蔵型が好きです。

とりあえずこのモニタの型番はLCD-AD191XB2というモデルで去年の12月に生産終了したようです。

Iodatamonita

でも そんなに古いモデルではないから使い込んでいないと思うんだけど・・。

30日しか保証がないので長持ちしてほしいです。

これでパソコン全台分モニタが揃った と言いたいところだけど一番古い15インチは使っていないので、もう1台分確保しないと

まだ使ったことのない21.5インチか23インチあたりが欲しいなあ・・・ てゆうか買いすぎか (#^.^#)

ioPLAZA【アイ・オー・データ直販サイト】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »