« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

RADEON・HD4350比較

自分は現在RADEON・HD4350のグラフィックボードを3種類所有してます。

なぜこんなにたくさん持っているかというと

パソコンのスペックを少し上げる程度なら一番使い勝手がいいグラフィックボードだと思うからです。

所有しているメーカーは

GIGABYTEのGV-R435OC-512I 、ASUSのEAH4350 SILENT 、MSIのR4350 D512です。

この中で一番最初に購入したのはGIGABYTEのGV-R435OC-512I です。

Dsci0873

このグラフィックボードはネット上であまり記事が出てないせいか自分のブログが検索で上位によく引っかかってます。

去年の4月に購入してずっと使っていなかったんだけど、最近使い始めました。

ピクセラのPIX-DT012-PP0 iconというモデルの地デジチューナーをつけているパソコンに使っていて、テレビ用として活用してます。

iconicon

使っているケースは冷却性が高く、それにボードにファンも付いているせいか熱くなることがなく常温程度です。

ロースペックなので元々熱をあまり持たないんだろうけど これだけ発熱が低いなら常時テレビ視聴していても安心です。

いちよオーバークロック版なんだけどそんなに性能は変わらないと思うし、ロースペックのGPUをオーバークロックしても ねぇ・・・

それと このGV-435OC-512Iは結構人気があるようですね 自分が購入した1年前と値段がほとんど変わってません。

Dsci0877

元から安いというのもあるんだろうけど、1年も経つと大幅に値段が下がるか 店頭から姿を消すんですけど

このGV-435OC-512Iは未だに秋葉原のショップで堂々と店頭に並んでます。

自分も3種類の中では一番好きなボードです !(^^)!

ケーブルのコネクタはDVI-D、D-SUB、HDMIすべて付いてます。

 


次は ASUSのEAH4350 SILENT です。

PT2で使っているパソコンで使っているので、これも主な使用用途はテレビです。

Dsci1040

最初はHD4850で使っていたんですが、テレビ視聴と録画くらいでわざわざ消費電力の高いグラフィックボードを入れるのは電気代が勿体無いと思ったので、

このEAH4350 SILENTに替えました。

もちろん テレビ視聴と録画には十分なんですが、このボードはファンレスなので他のボードよりも発熱が高いです。

まあ 所詮は4350なのでそこまで気にする必要はないかもしれないけど・・

Dsci1243

でも ロースペックといえどファンは付いていた方がいいですね。

それと 現在メインでプレイしているオンラインゲームのプリウスオンライン も何とかプレイできました。

もちろん コマ落ちする場面は多いですけどね・・・ 

Priusnocharacter4

ちなみに ロープロファイルのブラケットは珍しく2スロット一体型です。

これも ケーブルのコネクタはDVI-D、D-SUB、HDMIすべて付いてます。

そして 最後にMSIのR4350 D512です。

これは試しにデルのVostro220sに付けて少し使ったくらいなのであまり詳しいことはわかりません。

Dsci1231

まあ ファンが付いている分ASUSの4350よりは冷却性は高いです。

数日しか使っていないけど特別良いところや悪いところはありませんでした。

再びVostroに付け替えようと思うので特筆するようなことがあればアップしようと思います。

このMSIの4350のケーブルのコネクタはDVI-DとD-SUBのみでHDMIは付いてません。

GIGABYTEとASUSよりも安っぽい感じはありますが、1680円と一番安かったです。

おそらく在庫の叩き売りだったんでしょうね GIGABYTEとASUSはどこのショップでも取り扱ってますが、

このMSIの4350は店頭はもちろんネットショップでも見かけません。

Dsci1236

 

以上 所有しているRADEON・HD4350のことを取り上げました。

やはり 低発熱に省電力である程度のグラフィック性能があるので、通常より少し上の使い方でも十分使える優秀なグラフィックボードだと思います。

自分はどちらかというとGeForceの方が好きなんだけど、このHD4350に匹敵するモデルがないし、ゲームをプレイしないならRADEONの方がいいみたいですからね。

以前は同じRADEONのHD3450の方を愛用してましたが、HD4350の方が消費電力が低く性能が高いので

Pa0_0041

HD4350の方を愛用するようになりました。

TDPはHD3450が40Wに対しHD4350は20W、ストリーミング・プロセッサも同じくHD4350の方がHD3450よりも倍あります。

それに オンラインゲームも快適とまではいかなくてもある程度はプレイできるし。

我が家には他にもRADEON・HD4770やGeForce9800GT、9600GTなどがありますが、

一番貢献しているのはRADEON・HD4350です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デルのVostroに新モデル

デルの法人デスクトップのVostroに新しいモデルが追加されたようです。

追加されたのはスリムタイプのVostro230sと

ミニタワータイプのVostro230です。


スリムタイプのVostro230s

新しいモデルといってもケースの外観が変わっただけで 新しいモデルだといって特別な仕様などは今のところはないようです。


ミニタワータイプのVostro230

とりあえず見た感じは・・

面取りされて角がなくなった感じです。

Vostro230s

インターフェイスもコンパクトな感じになって 自分の使っているVosro220sよりちょっとカッコイイかな

これから このVostro230シリーズがエントリーモデルの主流になっていくんでしょうね。

自分のVostro220sがどんどん減っていくのがちょっと悲しいです 

デル株式会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

nifmail.jp形式のサービス終了

昨日記事を書こうと思ってログインしようとしたら

「nifmail.jpメールサービス終了のお知らせ」という表示に気づいて確認したところ

このココログを登録した時に付属しているメールサービスが終了するようですね。

Niftymail2

自分は昨日初めて知ったんですが、2月17日に告知されていたようです。

もちろん自分もこのnifmail.jpを利用していますが、ブログを利用するのが本来の目的なので

ほとんどこのメールサーバを使用していません。

なので 特別支障はないけど、このnifmail.jpは使いやすそうなのでこれから使おうと思っていたので少し残念です 

ただ 今すぐ終了ということではないらしいですね 9月末までは使えるようです。

Niftymail3

だから急いで対策をしないくてもいいみたいです。

それと メールデータも保存できるサービスも行っているようですね これくらいは当たり前か

Niftymail1

自分は保存するほどの大事なメールは受信してないので問題ないです。

とにかく残念だけど メインのココログは引き続き使えるのでよかったです (*^_^*)

でも このnifmail.jpの廃止理由が

「収益と運営コストのバランス、市場動向などを検討いたしました結果・・」ということなので、

ココログも収益があまり望めなくなったら終了してしまうのかな

こう景気が悪いと何があってもおかしくないからなあ 

一番力を入れているブログなので終わってほしくないなあ・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GeForce9600GTの通常版と省電力版のSLI

GeForce9600GTの通常版と補助電源を必要としない省電力版の2枚でのSLIは可能なのか検証してみました。

ついこの前3waySLIを組んだ時に通常版を1番目と2番目、省電力版を3番目に付けたんですが、

搭載したマザーボードのASUS・P7P55D-Deluxeが3wayには対応していないようなので3番目は機能しなかったから通常版と省電力版のSLIが可能なのかわかりませんでした。

なので 今回は1番目に通常版、2番目に省電力版の2枚でのSLIで構成します。

Dsci1628

ちなみに通常版がLeadtekのWinFast・PX9600GT (ZL)

省電力版がGIGABYTEのGV-N96TGR-512I Rev2.1で マザーボードは引き続きP7P55D-Deluxeを使います。

まずはBIOSの設定をデフォルトに1回戻して起動です。

そして OSが起動して何回か画面が暗くなったりして映り変わりを繰り返し

タスクバーにSLIが可能なコメントが出ました。

Sliready

そして NVIDIAのコントロールパネルでも設定の確認をしておきました。

どうやら 通常版と省電力版でもSLIは可能なようです。

Sliready2

でも ATIのCrossFireと違いSLIは基本的には全く同じメーカーのグラフィックボード同士でもちろん同じGPUでも構成を推奨しているので

同じGPUとはいえ通常版と省電力版では違うチップだろうから本当に性能が上がっているのか怪しいところなので

ベンチマークテストをしてみました。

まずはCINEBENCHから

Slicinebench

シングルのときよりスコアが落ちました 

でも このCINEBENCHは前回のSLIでの計測はもちろん、ATIのCrossFireもスコアが上がらなかったのでマルチGPUには対応してないようです。

それとも OpenGLの計測だからなのかな?

まあ このCINEBENCHはとりあえずやってみただけなので、次は定番の3DMARK06を走らせてみました。

すると オープニングのデモの数値がシングルの時と同じくらいだったので、”これはスコアはアップしないな” というのが予想できました

そして結果は

Sli3dmark06

シングルの時と同じくらいのスコアです やっぱり違うGPUとみなして性能は上がらないのかな・・・

コードネームは同じG94なんだけどね

でも NVIDIAのコントロールパネルでは認識してくれるので、いちよ活用できるのかな?

まあ この組み合わせでSLIが可能かどうか試してみただけなので、元のシングルに戻しました。

とりあえずは SLI不可能ってことでいいかな?

まあ こんな組み合わせでSLIを構成する人なんていないだろうから どうでもいい検証だったな ハハハ・・・ (*^_^*)

Sli

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Windows7のベータ版とRC版の使用期限

Windows7のベータ版とRC版がもうすぐ使えなくなるみたいです。

自分もRC版を使ったことがあるのでマイクロソフトからメールが来ました 

Windows7rcfinal

RC版の使用期限は5月31日までで、6月1日以降に使用すると2時間おきにシャットダウンするようです。

まあ RC版をメインに使っている人はさすがにいないと思うのでそんなに騒ぐようなことではないけど、

問題はアンインストールですね。

大体の人はVistaやXPあたりとデュアルブートで使ってみたと思うんだけど、

使えないOSは削除したいところだけど、どの方法が一番最適なのかわからないですよね。

自分もVistaとのデュアルブートで使っていましたがハードディスクを交換したので

RC版をインストールしたディスクは使っていないので問題ないんですが・・

もし 自分がこのまま使っていてRC版を削除するとしたら

ハードディスクのOSのシステムファイルを削除するだけではおそらく起動時のブートマネージャーに出てくると思うので

まず コマンドプロンプトでbcdeditを使ってブートマネージャのところでRC版を削除して

Comandpronpt

それからハードディスクのデータを消去すればいいと思うんだけど

もしくはシステムの詳細設定の「起動と回復」で規定のオペレーティングシステムをWindows7以外のOSにして

OSの表示する時間を0秒にすれば起動時のブートマネージャーが表示されないで規定のOSが起動すると思うんだけど

でも 「起動と回復」でやる方法はWindows7のブートマネージャは残ってしまうのでハードディスクを消去したら規定のOSも起動しなくならないかな?

この方法は試したことがないのでわからないです。

まあ 他にも方法はあるんだろうから最適な方法を見つけるためにググッた方がいいですね。

いちよ マイクロソフトのホームページでも大まかな事が出てますけど、これじゃあ ねえ・・

Windows7rcfinal2

Windows7 ベータ版およぶRC版の有効期限告知ページ

使用期限よりも削除に悩む人の方が多いよね やっぱり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プリウスオンラインの誰もいない世界

昨日プリウスオンライン をプレイしていたら いつの間にか誰もいない世界にになってました。

セレロで神のほこらへ移動中にゲーム上の不具合か何かで停留所でないところで降ろされました。

地域は南方の神のほこらの近くです。

Priusnocharacter4

まあ 停留所までもう少しなので走っていくと、気のせいかモンスター連中がいません。

”モンスターもたまにはお休みするのかな?” なんて思いながら神のほこらに着いてクエストをもらおうかと思ったら・・・

Priusnocharacter5

ここにも誰もいません てゆうか モンスターだけでなく一般のキャラクターもいなくなっちゃいました 

仕方なくセレロにでも乗って近くの都市に行こうとして いつものセレロの停留所に行ったら・・・

Priusnocharacter12

セレロも消えてました 

Priusnocharacter18

仕方ないので走って近くの都市からテラシルゲートで移動しようと思い、一番近い物語の塔までいったけど、

なんと テラシルゲートも使えません 

Priusnocharacter2

これじゃ 移動手段は自分の足しかないです 

まあ 仕方ないので走って目的地を目指しました 

とりあえずは物語の塔から比較的近い故郷のイントラルックスを目指しました。

故郷なので もしかしたら・・・ 誰かいるかなと思ったので

でも いつもはこんな感じでたくさん人がいるんですが・・

Priusnocharacter15

やっぱり 誰もいませんでした 

Priusnocharacter17

あの偉そうな総統も・・・

Priusnocharacter13

いないと淋しいなあ・・  

アニマのいつもの一言 「強い力・・・ 持ってる人・・・」 いねーじゃねーかよ 

Priusnocharacter6

誰もいないとさすがに淋しいですが、モンスターもいないので

今まで強いモンスターがいて足を踏み入れられない土地へ行ってみようと思い、自分の足で未開の地へ出かけました。

このゲームは風景のグラフィックがかなり綺麗なので、走りながら眺めているだけでも楽しめます !(^^)!

ここは 不思議なサークルのようなものがあります 中にはテラシルゲートがあるのでどこかの部落からワープしてこれるんでしょうね。

Priusnocharacter7

ここは日本風っぽい社のようなとこです 夕日が眩しい 

Priusnocharacter8

ここはコウモリの谷です いきなりコウモリの大群が出てきたので焦りましたが 

グラフィックみたいなもので攻撃してくるモンスターではありませんでした。

Priusnocharacter9

そして マルミ族の隠れ家というところにきました。

昔の縦穴式住居みたいです。

Priusnocharacter10

ここでウロウロしてたら変なところにハマってしまって身動きがとれなくなってしまいました。

Priusnocharacter11

どうやっても脱出できないので、仕方なくゲームを終了させました でも またここに戻ってきたらどうしよう・・・

と思っていたら 先程セレロで到着する予定だったところでゲームが再開されました 

ちょうど鬼の丘の停留所で再開になったので いきなり鬼闘志が襲い掛かってきましたね まあ レベルがこちらの方が全然上なので余裕でしたけど 

でも 元の世界に戻れたときはホッとした気分になりました (*^_^*)

たしかに モンスターがいないうちに未開の地を把握しておきたかったけど、

自分の足で移動するのはかなり時間がかかることがわかりました。

まだテラシルゲートで移動できないハイメスという地域に行きたかったけど、ハマった場所からかなりの距離があるので行かなくてよかったかな? (*^_^*)

普段は何気なくテラシルゲートやセレロを使っているけど、使えないとなるとかなり不便で移動に時間がかかるということがわかりました 

当分は遠い目的地まで走りたくないですね 

それと 現実の世界と同じで誰もいないというのは本当に淋しいですね 

モンスターでもいてくれた方がまだいいかな・・・

そういえば アニマだけはいてくれたんだったなあ 忘れてた (*^_^*)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

SAMSUNG SyncMaster P2270

今年の初めにSAMSUNGの21.5インチのモニタがセールで9999円だったので購入しました。

我が家にはすでに22インチが3台、19インチが1台の計4台のワイド液晶モニタがありましたが、

フルHDのモニタはこのSAMSUNGのP2270が初めてです。

Dsci1077

この21.5インチのモニタは解像度が1920x1080なので、1680x1080の22インチの光沢パネルモニタと地デジの映像を比べてみました。

たしかに21.5インチの方が画質はいいですが、テレビを視聴する分にはそこまでの差は感じられません。

Dsci1343

まあ 1680x1080も十分高画質だし・・

デメリットを挙げるとすれば 映像用には抜群なんですが、解像度が高いので文字がかなり小さく表示されるので文章を打ち込んだり、ネットで文献を読んだりすることには向かないですね。

まあ OSの設定でフォントのサイズを上げればいいんだけど、表示レイアウトが崩れるので自分はあまりやりたくないです。

デザインは ガラス細工っぽいスタンドやディスプレイの外フレームのクリアな縁取りなどかなり満足です。

Dsci1081

そういえば このモニタを購入する前に光沢か非光沢か調べたんだけど、

メーカーのホームページでも記載されていないので結局わからずに購入しました。

このモニタは非光沢パネルです。

なので テレビ用に使うには物足りないかもしれないけど、自分は映像の明るさや深みなどには満足してます。

Dsci1344

それに 最近の家電量販店に並んでいる液晶テレビは非光沢パネルを使っているモデルも多いしね 

値段もかなり安かったし全体的にかなり満足なんですが、

スピーカーが付いていればもっとよかったかな・・・ 

外付けスピーカーって邪魔なんですよね 

モニタに搭載されているスピーカーは音質が悪いとよく言われますが、自分はあまりこだわらないので搭載スピーカーで十分です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さし絵スタジオ

このブログで時折出てくるイラスト画像はさし絵スタジオというソフトのサンプル画像を多少編集して使ってます。

ブログを飾るのはもちろん、文字で説明しにくい時に使えるので大変便利なソフトです。

Sashisutushoukai

このさし絵スタジオの中にはいろいろなシーンや物などのサンプル画像が入っていて

そのままでも十分使えますが イラスト自体が3D形式の画像なので視点をいろいろ変えることができて

Sashisutushoukai2

しかも 画像自体に骨組みが入っていて手や足などの体の各所を曲げたり回転させたりして動かすことができます 

Sashisutuhonegumi

なので サンプルとは全く違ったシーンを作ることが可能です。

たとえば セクハラというタイトルのサンプルがあります。

Sekuhara1

エロリーマンがスケベ心満点でお触り  おねーサンはかなり嫌な顔をしてます 

でも こんなシーンはありきたりなので コレを逆転してみます。

Sashiestudioopen3

お触りにいったらおねーサンの方がノリノリでエロリーマンの方が困っちゃったあ~ という全く違う雰囲気のシーンに変えることができます。

こんな感じで体の各所の可動と表情も変えることが出来ます 

その他にも画像編集ソフトのような塗りつぶしや台詞を入れるテキストボックス、それに落書き、

Sashisutuutility1

長方形や楕円形はもちろん 多角形の図形などもイラスト画像に追加できます。

この長方形や楕円形はShiftキーを押しながらドラッグすると正方形や円を描けるので、

Officeで使う描画ツールと一緒ですね。

Sashisutuutility2

なので 説明書を読まなくてもすぐに使える簡単なソフトだと思います。

それと 同じ販売会社の終作から出ている3D画像や動画を作るソフト「六角大王」と連動して使うことが出来ます。

六角大王で作成した3D画像をさし絵スタジオで編集したり、さし絵スタジオのサンプルを六角大王で編集したりと2つのソフトを使うともっと利便性が広がります。

六角大王も使ってますが、多機能ソフトなのでさすがにまだ使いこなせないので、

もう少しマシな使い方ができるようになったら詳しく書きます。

ちなみに このさし絵スタジオは「ひでのブログ」の管理人のひでさんから教えてもらいました。

文字や写真だけでは殺風景だと思ったのでイラストの画像を入れようと思って、WacomのBamboo Comicというペンタブレットを買ってイラストを書こうと思ったけど

普通のペンと違ってなかなか上手く書けません   てゆうか 別に絵を描くのうまくないし・・ 

そこでフリーイラスト画像でもかき集めようかと思っていたところ

自分がよく訪れる「ひでのブログ」ではアニメのイラストがよく使われているので、

ひでさんに聞いてみたところ さし絵スタジオというソフトを教えてもらいました。

値段も5000円前後と手頃だし、簡単に説明が容易に出来る画像を導入することが出来るので

ブログやホームページをつくっているなら非常に便利なソフトだと思います。

でも ホームページビルダーやフォトショップのようにパソコンショップや家電量販店には置いていないのが難点です。

近所のヤマダ電機かソフマップで購入しようと思ったけどなかったので、オンラインショップで購入しました。

これだけ使えるサンプル画像編集ソフトなんだからもっと普及してもいいと思うんだけどなあ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パーフェクトワールド ~完美世界~

最近集中的にプレイしていたオンラインゲームのプリウスオンライン もようやくレベル30まで行ったんだけど、

伝説の巨人・ガイガスに出会うまでのクエストが出現しないので、

ちょっとやる気が薄れてきました (-_-;)

Prius3graphic

まあ オンラインゲームをプレイするのはゲームを楽しむだけでなく グラフィックボードの動作検証をするという目的もあるので、

このプリウスオンラインの動作条件はある程度把握できたから違うゲームをプレイしようかと思ってます。

興味を引くゲームはたくさんあるので候補がありすぎて困るんですが、

プリウスオンラインはとにかくグラフィックが綺麗なので 

あまりにも背景グラフィックが劣るようだとすぐに飽きてしまいそうです。

グラフィック重視だとある程度絞れてくるんですよね。

やはり 前から気になっていたパーフェクト ワールドが良さそうです。

とにかくグラフィックは綺麗だと評判ですね。

ゲームの内容は神と人がともに暮らした時代が背景で

大洪水によって荒廃した地上に代わる場所として神々が作り上げた新世界というのがテーマのようです。

このゲームの注目すべき点は翼や巨大飛行生物に乗って空中散歩できるいうシステムです。

これはプリウスはもちろん 今までプレイしたゲームにはないので体験してみたいですね 

他にもチャット機能や友達リスト機能等の仲間とのコミュニケーションのシステムも強化しているようです。

鳥や猛獣を操って移動・戦闘をするペットシステムや 自分自身が変身できる変身システムなど他のゲー ムに比べると自由度が高いようです。

まあ プリウスにもモンスターを乗り物に出来るペロのシステムがあるけど、変身機能はないのでいいなあ・・

それと パートナーにキスが出来る機能まであるみたいですね 

これは滅多にない機能かも \(◎o◎)/!

でも これってオンライン上のプレイヤーだよね・・ プレイしているのって男の方が多いから同性愛じゃん  

まあ その辺はゲームだからいいか・・ 

もちろん戦闘のシステムも悪くはないようです 

この戦闘システムが悪いと人が集まらないですからね・・

それと ドレスアップもこのゲームの魅力らしいです。

なので 申し分ないシステムみたいなのでプレイしてみようと思います。

ただ これだけグラフィックが優れていると要求スペックは高そうだなあ・・

プリウスもGPUのスペックはそれほど必要ないけど、CPUはデュアルコアだとフィールド移動でのコマ落ちがひどいから クアッドコアでなければ十分な満足は得られないしなあ・・

まあ CPUは高いのでGPU能力を要求するゲームの方がいいかな 自分は

とりあえず このゲームでやってみたいことは・・・

空飛びてぇ~ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々のサイト作成

1年近く更新していなかったサイトを久しぶりに更新しました。

元々アフィリエイト目的で始めたのでやり甲斐が薄れたのと

サイトのページをつくり始めると止まらないので しばらくやらないようにしてました 

けど 最近仕事が全くないので廃業にしようと思って仕事を探してるところなので、

パソコンの修理や動作検証をする仕事や

WEBサイト製作関連の仕事を探してます もちろん初めてなのでアルバイトからで十分です。

Sagyou2

なので 忘れかけてるHTMLやCSSを思い出すために再びサイト製作をやりはじめました。

すると案の定時間を忘れていつまでもパソコンの前に座ってますね 

やはり CSSでいろいろとデザインやレイアウトを変えていくのがとにかくおもしろいです。

パソコン内部のカスタマイズも楽しいけど 比べ物にならないくらいサイト製作の方が楽しいです !(^^)!

ソースを一つでも間違えるとページ全体がおかしくなってしまうけど、自分の思ったとおりに装飾できるとかなりの爽快感を得られます 

サイト作成にはホームページビルダーを使っているんだけど、自分のはバージョンが12だからいつの間にか2つ型遅れになってました・・ (-_-;)

最新のバージョン14はいろいろと機能が追加されて便利になっているようですね。

ざっと機能を比較したところ「スタイルエキスプレス」というのが目に付きました 

これは調べてみたところ複雑なCSSレイアウトをページ編集のタブで正確に表示できるという機能らしいですね。

自分が使っているバージョン12ではページ編集のタブではCSSでレイアウトしていると

こんな感じでとんでもなく崩れたレイアウトに表示されてしまうのでHTMLソースのタブで編集しなければいけないです。

Csskuzure

でも バージョン14だと複雑なCSSレイアウトでも崩れず表示できるようになったようです。

所謂”見たまま”編集を謳ってます。

Cssok

JustSystem ホームページビルダー14 スタイルエキスプレス詳細ページ

まあ 自分はほとんどHTMLソースとプレビューのタブしか使わないけど、

たまにページ編集タブもいじることがあるので あった方がいい機能です。

これから頻繁にサイトを更新するようになったらバージョンアップしてみようかな・・

でも お金があったらDreamWeaverが欲しいですけどね (*^_^*)

icon icon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プリウスオンラインのプレイ日記・14

レベルも25まで上がってくるといくつかダンジョンに入れるようになります。

けど ダンジョンはパーティーを組まないと入れないみたいなので、ずっと一人でプレイしている自分はゲーム上の友達がいないので諦めていたんですが、

パーティ検索で一時的にパーティーに参加することでダンジョンに入れるみたいですね 今更ながら知りました (-_-;)

まずはポエデリスにある猛毒の試練場に挑戦してみました 

が あっさり殺されました 

現在はレベル28まで上がったのにその下のレベルの敵に殺られてしまいます。

とりあえずはレベルをもう少し上げるまではしばらく入れませんね。

そして アウロラでのクエストでビシャス邸の近くで怪しい動きがあるから調べるというのがあってダンジョンに入って調べるというのがあって挑戦してみました。

邸宅に入る前のイベントムービーが怪しさ満点です 

Prius2bishashouse1

入ったらいきなり巨大なカブトムシと対戦することになりました。

Prius2bishashouse2

このカブトムシもレベル24なのにものすごい強い  ギリギリ勝てたって感じです。

そして 内部に進んでいくと影のメイドという怪しいメイドさんがいて、アクティブモンスターでないから戦わないで素通りしようかと思ったけど、

Prius2bishashouse3

これも自分より低いレベルなので試しに戦ってみたら

あっさり殺されました 

やっぱり ダンジョンの敵はレベル以上に強いんですね 何回か挑んだけど1回だけギリギリ勝てた程度です。

それとも 仲間と一緒に戦わないと厳しいのかな・・

一人で行けるとこまで行こうかと思ったけど そろそろ限界かな・・

せっかくのオンラインゲームなのでパーティーやギルドに入ってみようかと思う今日この頃です。

とにかく この怪しいビシャス邸だけでも攻略したいです 邸宅内のグラフィックも最高です 

Prius2bishashouse4

そういえば ちょっと前に話しかけられてパーティに誘われたんだっけ たしかレベル50以上のグランツさんて方だったと思うけど

あの時話をしようとしたんだけど、チャットのやり方がわからなかったので 一回Windowsに戻ってプリウスのサイトをみてチャットのボタンを確認して戻ったらすでにいませんでした 

チャットはEnterキーでしたね 

オンラインゲームでチャットのやり方を知らずにここまでレベルを上げたのってオレくらいなもんだろうな ハハハ・・・ 

前によくプレイしていたシルクロードオンラインでは何人かと話したんだけどなあ

これからは仲間と組むことも視野に入れて進めて行こうと思います。

そういえば 各地にあるアニマ商人のいるショップでアニマ用のアイテムが売ってます。

お金も一杯貯まったことだし髪型を替えてみました 

Prius2animahairchange

かっこよくはなったけど 子供には似合わないなあ・・

それに この髪型でダダをこねられると一層腹が立つ 

やっぱり 被り物だよな ココは

Prius2animakabirimono2

うん これだったら憎たらしくない 

この風貌だったら少々のことは我慢できるかな よし 付いて来なさい 

Prius2animakabirimono1

髪型が30000、被り物も30000 高い買い物したなあ・・ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ATI CrossFire

先日2枚目のRADEON・HD4770を買ってきたので 一度はやってみたかったCrossFire・Xをやってみました。

CrossFireはSLIと違って異なるGPUでも組み合わせによっては構成できるので、前に一度HD4870と4850で試してみたけど

電源が650Wなのでさすがに機能しませんでした 

それと 違うGPUで構成できるといってもかなり限定的だから組み合わせのバリエーションは少ないですけどね。

Crossfirechart

ATI・CrossFire組み合わせ表

ということで 今回はメーカーは違えどコアクロックやメモリクロックも同じスペックのHD4770で組みます。

使うグラフィックボードのメーカーはSapphireとASUSです。

Dsci1602

ASUSの方が温度が6~7度くらい低くて扱いやすいけど、ゲームでのパフォーマンスはSapphireの方が調子いいです。

今回もSLIで検証した構成と同じP7P55D-DeluxeのマザーボードにCorei5・750のCPU、電源は750Wです。

Dsci1609

取り付けも完了して起動してみました。

とりあえずは何もしないでWindowsを起動したところCrossFireを認識してくれませんでした。

BIOSは関係ないのでCCCやOSで設定すると思ったんだけどやり方がわからず検索やCCCのヘルプで探してもみつからず、どうやら自動的に認識するようです。

もしかしたら・・ と思いBIOSで出荷状態の設定に戻すLoad Setup Defaultsを実行して再起動したら

CCCのセットアップアシスタントが出てました。

Crossfire1

やっぱり ハードを替えた時はBIOSをデフォルトに戻すのは必須みたい 面倒だからやらなかったけど今度からちゃんとデフォルトに一回戻さないとね (*^_^*)

このセットアップアシスタントで「移動する」ボタンをクリックしてCCCで「CrossFireXを有効にする」にチェックを入れて

Crossfire2

めでたく CrossFireの設定完了です !(^^)!

このCrossFireの設定はCCCのグラフィックスの項目の一番下に出るようになります。

Crossfire3

そして 早速ベンチを走らせてみました 

最初にCINEBENCHのOpenGLをテストしたところ 逆にスコアが落ちました 

Cinebenchcrossfire

この後CPUをオーバクロックして何回かテストしたところシングルの時よりもスコアが上がりませんでした。

SLIの時もスコアが上がらなかったので、やはりマルチGPUに対応していないようです。

まあ このCINEBENCHはCPUのパフォーマンスを計測するソフトだから仕方ないですね。

次に定番の3DMARK06を走らせてみました 

3dmark06crossfire4

スコアはなんと18021  GeForce9600GTのSLIはもちろん、17000だった9800GTのスコアも超えました !(^^)!

元のシングルGPUの時からHD4770の方がスコアが上でしたからね。

TDPも9600GTの95W、9800GTの105Wに比べて このHD4770は80Wとだいぶ低くなっているにもかかわらずスコアが高いのでRADEONのHD4000シリーズでは一番のお気に入りです 

やはり 製造プロセスが40nmになったので性能を上げて消費電力が下げることができたんでしょうね。

そして 現在メインでプレイしているプリウスオンライン をやってみたところ

Prius1kimyounaseibutu

画面に大きな横線が入るようになり映像が乱れるようになりました 

3回くらいやり直してみたけど変わらないので、CCCでCrossFireを無効にしてみたところ

映像が元通りに綺麗になりました。

このゲームはCrossFireに対応していないのかな? それともたまたま相性が合わなかったんだろうか・・

SLIは大丈夫だったんだけどなあ 

仕方ないのでCrossFire構成時でのゲームは諦めてCPUのクロックアップでどれだけ3DMARK06のスコアが伸びるか検証してみました。

まずはベースクロックを175にして3.5GHzにしてみたところ

3dmark06crossfire2

スコアは22151と今まで計測した中では最高の数値がでました !(^^)!

9800GTの時でさえ20000がやっとでしたからね。

そして このCPUとマザーでは常用するには最高のクロックの3.8GHzにしてみたところ

スコアは意外と伸びませんでしたね 23205でした 

3dmark06crossfire3

まあ こんなものかな

だいぶ前にSLIでスコアを計ってみた時に解ったんですが、この3DMARK06はCPUをオーバークロックしてもシングルカードの時は少ししかスコアが伸びないけど 

SLIやCrossFireのようなカードを2枚以上挿すマルチGPUだと飛躍的にスコアが伸びますね 

ということでスコアの伸びには満足したけど、プリウスオンライン がまともにプレイできないので1枚だけに戻します。

それにこれほどのパフォーマンスは今のところ必要ないし無駄に電力を消費してもしょうがないですから。

でも 一度はやってみたかったCrossFireが出来て満足です !(^^)!

Crossfire_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ASUS EAH4770 FORMULA

この前ASUSのRADEON・HD4770のグラフィックボードが安かったので買っておきました。

Dsci1578

SapphireのHD4770を以前から使用しているのでこれで2枚目なんですが、

性能が高いわりにTDPが低いので(80W)もう1枚くらい欲しいと思っていたので丁度良かったです。

買ったモデルはリファレンスファンのモデルでなくASUSのオリジナルファンのモデルで冷却性能が上がっているようです。

とりあえず中を開けると・・・

Dsci1573

スーパーカーの模型みたいなパッケージだなあ・・・

名前の通りまさにFORMULA 

Dsci1577

子供が好きになりそうなグラフィックボードですね 

Dsci1585

ブ~ン  デザインはほとんどおもちゃって感じだね 小さい子がいたら持っていかれそう (*^_^*)

眺めてばかりいないで早速組んでみました 

Dsci1589

今回組むマザーボードも最近頻繁に検証で使っているASUSのP7P55D-Deluxeです なのでASUS同士の組み合わせです。

そして ドライバのインストールも何も不具合なく完了したので

ちゃんと動作しているかベンチマークで計測してみました。

まずはCINEBENCHでOpenGLを計測したところ 7519と高いスコアがでました。

Cinebenchhd4770p55

オーバークロックしないで普通に計測した中では一番高いスコアです。

このCINEBENCHはRADEONの方が比較的高いスコアが出ますね このHD4770よりも性能が高いと思われるGeForce9800GTだと5000を超えないことがあるし・・

そして いつもの3DMARK06で計測です。

最初のテストに出てくる数値が結構高かったのでスコアが伸びることは予想できました。

3dmark06hd4770p55

結果は13576 9800GTを超えましたね 

予想以上のスコアです SapphireのHD4770よりも高いスコアが出ました。

2つのベンチマークテストでこれだけのスコアが出てるのでハード同士はうまくフィットしているみたいです。

GeForce9600GTからの交換なので違うGPUメーカーからの乗換えだから多少不安はあったけど問題なかったです。

NVIDIAからATIだとそんなに心配はないけど、その逆のATIからNVIDIAだと障害が起こりやすいみたいです。

ATIのドライバやCCCはしつこいからしっかりアンインストールしないと不具合が起こりますからね。

そして 次に冷却性能がどれだけ高いのか検証してみました。

もう1台のSapphireのHD4770を搭載しているパソコンとの比較になりますが構成が違います。

ASUSの4770の構成は

・Windows・Vista Ultimate 32bit
・ASUS P7P55D-Deluxe (P55チップセット)
・CoreI5・750
・DDR3-1333メモリ4GB
・KEIAN GORIMAX750W

Sapphireの4770は

・Windows・Vista Ultimate 32bit
・GIGABYTE GA-EP45-DS3R (P45チップセット)
・Core2Quad・Q9550
・DDR2-800メモリ4GB
・ANTEC EarthWatt650

こんな感じで規格は多少違うけどケースは共にNineHundredなのでそんなに変わらないと思います。

Dsci1332

とりあえずは3DMARK06を走らせた後にCPUIDのHardwareMonitorとGPU-Zで温度をみてみました。

まずはSapphireの4770の温度です。

最大で56度まで達しています。

Ninevistagputemp

次はASUSの4770の温度です。

最大で49度なのでSapphireよりも6~7度低いです。

Asus4770hwmonitorgpuztemp

でも 似たような構成とはいえ所詮違うハードなので、正確なデータが知りたくて双方のHD4770を付け替えて計測してみたところ、

同じようにASUSの方が温度は低いです。

ASUSのHD4770の方が冷却性が高いことは確実なようです パッケージのロゴの”33%Cooler”はダテではないですね。

ちなみに P45チップで使っていたSapphireのHD4770よりもP55チップで計測したASUSのHD4770の方がベンチのスコアが高かったけど、

付け替えた時にベンチを計測してみたらお互い似たようなスコアが出ました。

だから P55チップとCorei5・750の方がP45チップとCore2Quadよりも高いスコアが出るようです。

構造が新しく改良されてるぶん優秀ですね 

ということで 当たり前だけど同じGPUでコアクロックなどのスペックも同じなので性能も全く同じです。

ただ 若干ASUSの方がゲームの動作でコマ落ちが多いような気がするんだけど・・・

Sapphireの方が品質はいいだろうから値段は高いけど、このASUSのEAH4770 FORMULAの方が安いし冷却性が高いから扱いやすいと思います。

それにHDMI端子も付いているしマルチメディア対応だから便利です。

Dsci1581

まあ HD4770は低電力高性能だからどちらでもいいと思うけど

やはり 製造プロセスが40nmとなっているので他のRADEON・HD4000番台シリーズやGeForceシリーズよりも発熱を抑えらるみたいです。

これで補助電源なしだったら言うことないんだよなあ・・ (*^_^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プリウスオンラインのプレイ日記・13

レベルを上げるのにいろいろなクエストをこないしているんだけど、

中にはイベントムービーになってちょっとしたストーリーになっていたり、

あまりやりたくないようなクエストもいくつかありました。

中でもパンチゴリラの排泄物の採取がイヤだったなあ・・ 

Prius2punchgoliraunko

ゲームとはいえゴリラのうんこを触るなんて 

まあ 変なクエストも結構あります。

このゲームはやはりイベントムービーのあるクエストをこなした時が一番達成感があります !(^^)!

最近のクエでは妖しい剣を回収してくるのというのがあって

Prius2kenibent1

これを故郷のイントラルックスにいる総統のところに持って帰ってきたら怒られてしまうという理不尽な内容のものがありました。

Prius2kenibent3

指示通り持ち帰ったのに なんで怒られるの 

でも この偉そうな総統と戦えるのかなと思ってちょっとワクワクしていたら

派手なおねーさんが仲介に入って丸く収まりました 

Prius2kenibent4

このイベントは故郷のイントラルックスから巣立ってポエデリスに行って活躍しなさいということらしいです。

まあ レベル20になった時にポリエデスには行けるようになったので すでに何回か足を運んではいたんですけど、

このイベントの後に訪れたらクエストの依頼が増えてました。

イベントムービーがあるとゲーム自体のスケールの大きさを感じるし、おもしろいです !(^^)!

こんな感じで気分よくプレイしているんだけど 問題はアニマだよなあ・・・

いろいろな策を講じてバックレようと試みたんだけど必ずついてきます 当たり前か 

F11キーを押すとアニマ自身を操作できるので勝手にどっかに行って帰ってこれないようにしようと思ったんだけど・・

Prius2animaonly

そういえば たまに怒るんだよなあ 何でか知らないけど

Prius1anmaangry

おい おい オレが怒りてぇんだけど 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

P7P55D-DeluxeでSLI

エントリーモデルのP7P55DはSLIには対応していないけど、P7P55D-Deluxeでは対応しているので組んでみました。

以前にMSIのP55-GD65で組んでみたことはあるんですけど、このDeluxeはPCI-Express16のスロットが3つ付いているので3waySLIをやってみました。

使うグラフィックボードはGeForce9600GTです。

まあ このレベルのGPUをSLIにするメリットはないんですけど、現在3枚あるの9600GTだけなので検証ということでやってみました。

まずはCPUに一番近いメインスロットに3枚の中で一番性能が高いLeadtekの「WinFast PX9600GT(ZL)」を付けました。

Dsci1548

このLeadtekのは通常の9600GTのコアクロック(650MHz)よりも高い675MHzなので、オンラインゲームなら9800GTとそんなに変わらないくらいのパフォーマンスを見せてくれます。

T-ZONEの生誕祭のセールで3500円で購入して3枚の中では一番安く手に入れたんだけど、かなり満足のいく性能なのでお気に入りです !(^^)!

2枚目のセカンダリにはGIGABYTEのGV-NX96T512Hです。

Dsci1554

これはGIGABYTEが一番最初に出した9600GTみたいです。

なので 一番スペックが低く消費電力は一番高いようです。

9600gthikaku

リンクスインターナショナル GIGABYTE製GeForce9600GT新旧比較

でも 一番最初に買った9600GTなので7000円と3枚の中では一番高かったです。

去年の4月に買ったので7000円程度で手に入れられたけど、発売当初は25000円くらいしたみたいですね。

とりあえずはこの2枚でベンチマークソフトを走らせてみました。

最初に定番の3DMARK06です。

9600gtsli3dmark06

16332なので以前P55-GD65で組んだ時と同じくらいのスコアだから動作は異常ないようです。

3DMARK06のテスト直後にGPU温度を見てみたらMAXでも49度なので発熱も大したことなさそうです。

9600gtsli3dmark06afterhwmonitor

次にCINEBENCHでOpenGLを計測してみたけど、シングルの時とスコアは変わりませんでした。

SLIには対応していないようですね。

そして 3枚目を付けて3waySLIに初挑戦です。

3枚目はこの前買ったGIGABYTEのGV-N96TGR-512I Rev2.1 です。

Dsci1558

搭載電源は750Wなので厳しいんですが、このGV-N96TGR-512I Rev2.1 は補助電源不要の省電力モデルなのでギリギリ行けそうな気がします。

これでとりあえず取り付けはすべて完了です いよいよ起動させて3枚のボードを認識するかです。

まずはCPU-Zなどで3つ認識しているか確認したところ ちゃんと3つGPUが表示されてます。

9600gt3wayslimonitor

でも 3DMARK06で計測してみたところ2枚の時と変わりませんでした。

やはり 750Wじゃ無理かな 

SLIブリッジも2枚しか繋いでないし、それに省電力チップだと違うGPUとして認識するのかな?

いちよSLIは全く同じグラフィックボードで構成するのが普通らしいしね。

とりあえず必要な環境を揃えないと3wayは無理かな・・・

と思って調べてみたらSuperPC・JUNSさんのホームページに3wayには対応していないと書かれていました。

3way

SuperPC・JUNS 関連ページ

じゃあ なんのために3本スロットがあるんだろう?

まあ 9600GTの3waySLIといっても3DMARK06で20000まで行かないでしょうし、3枚使えたといっても常用するわけではないですからどうでもいいんだけどね

そして 1枚抜いて2枚のSLIにしてオーバークロックしてみました。

3DMARK06の計測ではグラフィックボード1枚でCPUをオーバークロックしても総合のスコアは500程度しか変わらないけど、SLIだと飛躍的にスコアが伸びます。

ベースクロック195、200では安定しないので、ゲームをプレイしても安定していたベースクロック190の3.8GHzに設定してみました。

9600gtslibclk190monitor

3DMARK06で計測してみたところ

9600gtsli3dmark06bclk190

20000は超えてくれましたね うん 満足 

そして もう1度CINEBENCHで計測してみましたが、

やっぱり OpenGLのスコアはCPUのクロックアップ分くらいしか伸びませんでした。

9600gtslibclk190cinebench

SLIは問題外みたいです。

ということで 検証も終ったので9600GT1枚にしました。

今のところはSLIで使うほどのことはないし 無駄に電力使いたくないですからね。

でも このP7P55D-Deluxeはいろいろなことが出来るから飽きないですね !(^^)!

さすがに高いだけはあるなあ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GeForce9600GTの省電力モデル

最近消費電力を気にするようになったので、省電力チップのGeForce9600GTを買ってきました。

GIGABYTEのGV-N96TGR-512I Rev2.1というモデルです。

Dsci1522

Dsci1525

このモデルは補助電源が付いてないのでエコバージョンだと思うんですが、

ASUS、MSI、LEADTEK、ELSAなどの9600GTのエコバージョンはコアクロックが通常の650MHzから下がって600MHzなんですが、

これはコアクロックが通常版と同じ650MHzです。

このモデルはリビジョンで新しくなって仕様が変わったみたいで、このRev2.1の前のGV-N96TGR-512Iは600MHzです。

9600gtecooldmodel  

だから エコバージョンではないのではと思ったけど、いちよ補助電源が付いてないのでGPUは省電力バージョンなんでしょうね。

9600GTのエコバージョンはTDPが59Wだけど、これはもう少しありそうです。

せっかく電力を抑えようと思っていたのに中途半端っぽいのを買ってしまって後悔したけど、

とりあえず補助電源がないということは75W以下なので、通常の9600GT(95W)よりも20Wは落ちているから まあいいかな・・・

試しに現在一番利用しているP7P55D-DeluxeとCorei5・750で使っているパソコンに9800GTから付け替えました。

まず CINEBENCHで計測したところ

Cinebench9600gteco

グラフィック性能を計測するOpenGLでは5240となかなかのスコアがでました。

ちなみに9800GT、8800GTはこれよりもスコアは低いです CINEBENCHでは9800GT系はなぜかスコアが全然でないんですよね 9600GTのエコバージョンに抜かれてるくらいだし

そして 3DMARK06でも計測しました。

3dmark069600gteco

11354なので通常版の9600GTとほとんど変わりません。

もしかしたら これって通常版のチップなんじゃないのかな・・・

そして プリウスオンライン をプレイしてみたところ・・ やはり 動作も順調で9800GTを付けていた時と変わりません。

Prius1fukurou

う~ん やはり通常版っぽいなあ しかも 前から使っていた9600GTよりも性能が高くなっているような・・

そして 本来付ける予定だったCore2Duo・E7400のパソコンに再び付け替えました。

このパソコンは通常版のLeadtekの9600GTで使っていたんですが、このブログ投稿などメインに使っているパソコンだから起動する時間も多いので

Dsci1812

少しでも電気代ケチれればいいかなと思い起用しました。

先程と同じようにCINEBENCHと3DMARK06を走らせてみたところ

やはり 通常版のLeadtekの時のスコアとほとんど同じです。

普通はスコアが思った以上に上がれば嬉しいんだけど、省電力の為に起用したので複雑な気分だなあ・・ 

マイナーチェンジを重ねて改良されているので電力をあまり使わずに性能を引き出せるようになったのかな・・ それだったらいいんですけどね。

そして このパソコンでもプリウスオンラインを試しにプレイしてみました。

そしたら 前よりもコマ落ちがひどくなりましたね やっぱり電力供給が前よりも少なくなっているぶん描画性能も落ちてるようです。

それと 2~3度くらい温度も下がってます やはり ファンが大きくなっているし冷却性も上がっているようです 

ということで これで電力が落ちている(たぶん)エコモデルということが解って一安心かな (*^_^*)

なぜ そこまで省電力にこだわるようになったかというと

先月の電気代が4000円近く値段が高かったんですよね 

もちろん寒くなったのでエアコンをつける時間が長くなったのが一番影響してるんだろうけど、

補助電源を付けて動かしているグラフィックボードを搭載したパソコンを4台も起動しているとさすがに電気代に影響してきますよね。

なので これからは省電力に向いていこうと思います コストをなるべく抑えるというのが自分のモットーなので 

てゆうか ケチ? (*^_^*)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ASUS P7P55D-DeluxeとCorei5・750のオーバークロック耐性

P7P55D-DeluxeでCorei5・750を使ってどこまでオーバークロックができるか試してみました。

電源回路がエントリーモデルのP7P55Dの12フェーズでさえ贅沢なのに、さらに多い16フェーズなので、電源供給は文句なさそうだしね  

これはT-Probeで確認できます。

Tprobe1

P7P55D T-Probe 12フェーズ

Tprobe

P7P55D-Deluxe T-Probe 16フェーズ

TurboV EVOなどのOS上でのオーバークロックツールではベースクロックを158くらいまでしか上げれないのでBIOSで設定します。

電圧関係は知識がないので触れずにベースクロックだけを上げていきました。

てゆうか デフォルトの設定だとベースクロックを上げると電圧も自動で上がるようですね。

なので 電圧の調整はマザーボードに任せます。

Dsci1507

とりあえず 定格の133から160までベースクロックを上げてみます。

主にCINEBENCHでどれくらいパフォーマンスが上がっているか確認していきました。

Cinebenchbclk160

シングルCPUスコアは定格の3400から3700、マルチCPUスコアは11900から13000なので

まずまずのパフォーマンスアップだと思います。

170、180と順調にスコアも上がっていき、動作も安定してます。

Cinebenchbclk180

そして 190まで行きました これも安定して動作してるしスコアも文句ないです。

Cinebenchbclk190

3DMARK06でも計測してみました 全体のスコアは大して上がってないけどCPUスコアは2000くらい上がっているので満足 !(^^)!

3dmark06bclk190

この調子で200くらいまでは安定して動作するんじゃないかなと思っていたけど・・・

本当に何も不具合がなく安定した動作をしたベースクロックは190まででした。

ベースクロック195では順調に使えていたけど3DMARK06が起動しないし、

メインでプレイしているオンラインゲームのプリウスオンライン は途中でダウンしてWindowsに戻ってしまいました。

Prius3graphic

その他の作業では順調だったんですけどね CINEBENCHのスコアは計測できました。

そして 最後に200まで上げてみたら 

即効でブルースクリーンで落ちました 

ということで P7P55D-DeluxeとCorei5・750の組み合わせはベースクロック190の約3.8GHzまででした 安定しているのは

でも 自分はベースクロックだけしか変えてないけど、電圧もそれに合わせて自動で上がっているからあまり常用しない方がいいのかな

ちなみに ベースクロック200の4GHzの時のコア電圧は1.5超えてましたからね。

Bclk200

クロックだけだったらCPUくらいの犠牲で済むかもしれないけど、電圧まで上がると他のパーツも逝きそうですから。

次に検証する時は電圧を定格に固定してどこまでオーバークロックできるか挑戦してみようかな

しばらくベースクロック190の3.8GHzで使って 現在は定格に戻しました。

別にわざわざオーバークロックしてまでやることなんてないしね

でも エントリーモデルのP7P55Dでも同じようにオーバークロックしてみたけど、

ベースクロック200でもある程度は使えたんですよね ゲームはできなかったけど

だから このハイエンドモデルのP7P55D-DeluxeよりもノーマルなP7P55Dの方がオーバークロックに向いているということなのかな? 16フェーズに期待したんだけどなあ・・

と思ったけど P7P55Dの方はメモリをワンランク上のDDR3-1600を使ったから それが多少影響したのかも Deluxeではメモリが足を引っ張ったんじゃないかな

まあ CPUは同じだし どちらも本当に安定して使えるベースクロックは190ということには変わりません。

ベースクロック200の4GHzで安定しているいう情報もあるし 後はパーツの組み合わせかな 

とりあえずLGA1156関連のパーツはストックがないので、今のところ検証できるのはここまでです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ASUS P7P55D-Deluxeとその他の機能

P7P55Dでも使ってみたOS上のオーバークロック機能のTurboV EVOをもう一度試してみました。

多少のクロック上げなら動作するけど、P7P55Dでは20MHz以上上げるとブルースクリーンで落ちてしまうので、

今回は少しずつベースクロックを上げていきました。

とりあえずは定格の133MHzから140MHzまで一気に上げて、そこから1~3MHzずつ上げていって、P7P55Dでは152くらいまでしか上げれなかったけど、

そこはマザーボードの性能の差なのかな とりあえず152は越えました。

そして ここからはさらに慎重に1MHzずつ時間をおいて上げていきましたが、

結局 158が限界でした いつものブルースクリーンで落ちてしまいます。

Dsci1489

こんなものなのかな それとも もっとうまいやり方があるのかな?

でも ベースクロックが158だと3GHzは超えるので手軽にクロックを少し上げたいならいいかも

まあ おもしろそうなので試しただけど、オーバークロックはやっぱりBIOSで設定した方がいいですね。

そのBIOSでもエントリーモデルのP7P55Dにはなかった「OC Tuner Utility」という機能があります。

Dsci1455

この機能は自動的にシステムを最高な状態にオーバークロックしてくれるようです。

MSIのOC Genieみたいなものですね。

ここでOKを選択すると自動的にシャットダウンを繰り返して起動します。

そして ようやく起動してベースクロックを確認したところ

137MHzだったので、たったの4MHzしか上がってませんでした。

そして ベンチマークテストを走らせて見たらスコアが逆に落ちました 

どこが 最高のオーバークロックなんだ  って感じです。

ASUSって機能がたくさんあるけど、イマイチ使えるのがないような気がするなあ・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プリウスオンラインのプレイ日記・12

相変わらずこのゲームの敵キャラはおもしろいです。

グロいといえば この戦車蜘蛛 大きいし集団で襲ってきます。

Prius2senshagumo

これは爬虫類キャラの紫トカゲ かなりリアルです

Prius2purpletokage

こいつもいつの間にか集まってきて結構殺されまくったっけなあ・・

こんなリアルで凶暴な敵ばかりだと疲れるけど、癒し系のユニークなキャラもいます。

これは絶壁の苔ペンギンです 宙に浮いて浮遊しています。

Prius2roringpengin

この回転する攻撃に思わずのけぞってしまいました  

一番ユニークといえばやはり 戦闘クマのぬいぐるみかな

Prius2kuma4

見た目と違って意外と強いです

とくにこのアッパー 

Prius2kuma3

うん!フォームもいいな 

そして 極めつけの両手の回転パンチ これを出している時はポコポコ音が聞こえるのがウケる 

Prius2kuma2

まさに ロボコンパンチ  (ロボコンはちょっと古かったな・・)

やはり こういうユニークキャラがいると のほほんとした気分になるのでプレイ中の疲れがとれます 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ASUS P7P55D-DeluxeのTurboV Remote

パーツの組み込みも終ったのでP7P55D-Deluxeの機能を探索してみました。

まあ エントリーモデルのP7P55Dと比べてそこまで機能が違うというわけではないですけどね。

サポートディスクのメニューではドライバで「TurboV Remote」、ユーティリティで「Driver Xpert」くらいですね 追加されているツールは

Driver XpertはRAID機能みたいなので自分は今のところ使わないので触れませんでした。

Driveexpert

やっぱり おもしろそうなのはTurboV Remoteです。

Dsci1273

このリモコンでクロックの調整ができるというのがすごいですね 

早速 リモコンでクロックを上げてみました。

BusSpeedの+ボタンを押していくと少しずつクロックがあがっていきます。

でも 規定のベースクロックの133から134までしか上がりませんでした。

+ボタンを何回も押しても134から上には上がりませんでした。

Deluxeturboevo1

たしかに手軽にクロックを上げられるんだけど 1MHzくらい上がってもねえ・・

それよりもTurboKeyの方がまだ使えるかな

A,B,Cの3つボタンがあって3段階のオーバークロックがボタン一つで行えます。

Deluxeturbokey2

でも Performanceが134、Superriorが137、Ultimateが140MHz程度までしかあがらないので高速動作させるには全く使えないです。

Deluxeturbokeyc

これはどこかでこの3つの項目ごとのクロックを設定できるのかな?

少なくとも一番パフォーマンスが上のkeyのUltimateでは170くらいまでは上がって欲しいです。

そしてTurboV EVOなんですが P7P55Dで使ってみて解ったけど、OS上で行うオーバークロックツールでは少ししか上げれないみたいです。

なんだかんだ言っても やっぱりオーバークロックはBIOSで設定した方がいいということですね 

後はEPUのモード切替ボタンも付いてます これもあまり必要ないかな

それに リモコンといってもマザーボードのコネクタに挿さないと使えないので実用性が低いです。

しかも 手の入りにくいところにあるので組み込んだ後に挿すのはかなり困難です 

Dsci1445

このマザーボードを使う人って知識豊富な玄人が多いからこのリモコンはほとんど使わないでしょうね。

まあ おまけのおもちゃみたいなものだからしょうがないか

自分がこのリモコンで使うとしたら電源ボタンくらいかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プリウスオンラインのプレイ日記・11

プリウスオンラインもレベルが上がってきて操作もだいぶ慣れてきました。

でも セレロのように乗り物として使えるペルペロがなかなかみつかりません。

ペルペロをみつけて手懐けるクエストがあるんだけど、通常のクエストのように地図にポイントが表示されないしどこにいるのかわかりません。

なので 検索で調べてようやく出現しそうな場所がわかったので早速行ってみました。

すると ひょっこりいました 目立つからわかりやすいですね。

Prius2pero1

早速戦ってみました このペルペロはただ倒しただけでは手懐けることができないようで、

倒す直前でアニマのアイコンのハートマークをクリックして”なだめる”でうまくいかないとなついてくれません。

だから 慎重にいきました とりあえず一回失敗しました (-_-;)

しかも このペルペロ ものすごく強いです 

Prius2pero2

自分はレベル25だったのでそこまで苦戦しませんでしたけど、このペルペロのクエストはレベル20から受けられるので20だったら確実に勝てませんでした 

ちなみにこれはペルペロをゲットした後の神霊の森で戦ったスクリーンショットですが、ゲットしたのは鬼の丘です だから 鬼の呪術師などがかなり邪魔でした。

だから ペルペロはゲットした後も出現するようですね まあ 手懐けることはできませんでしたけど。

そして このペルペロを乗り物として使うには魂の練磨石というのが必要らしいので、

ポエデリスのアニマ商人パピアナのところまで買いに行きました。

Prius1anmashouninpapiana

そして 念願のペルペロにまたがることが出来ました !(^^)!

Prius1perupero2

ペルペロは右下のアイコンのキャラクター情報をクリックしてペルペロの画像アイコンをダブルクリックすれば出現します。

そして クエスト依頼者であるルナデオルの牧師アマリリスに報告に行き ようやくこのクエストも終りました 一番時間がかかったクエストだったかな・・ 

Prius1amariris

早速ペルペロにまたがってフィールドを駆け抜けてみました。

スピードは走っている時と同じくらいのスピードかな さすがにセレロよりは遅いです。

Prius1perupero3

しかも 近くによると襲ってくるアクティブモンスターに攻撃されると消えてしまいます 

なので 今のところはあまり使えないかなあ・・ それと餌を与えないといけないし

まあ 使い方をよく把握していないので これからうまく活用していこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プリウスオンラインのプレイ日記・10

ここ最近PT2やASUSのP55チップセットのマザーボードの設定などで忙しくて出来なかったけど、

P7P55D-Deluxeの新マシンで久々にプレイしました。

しばらくプレイしていないとどんなクエストを受けていたかなどの状況を把握するのに時間がかかりますね。 

とりあえずは受けたけどまだ遂行していないクエストと、現在出来そうなクエストをこなしていきました。

レベルも23なのでだいぶ戦闘も楽になってきました なので クエストも難しくなってきますね。

ここ2~3日はボスキャラとの戦闘が多かったです。

まずはギモラ戦士の親玉のハイモリナはでかかったなあ しかもキモい 

Prius1haimorina

そこそこ強かったけどレベル23だと楽勝でした 横からちょっかい出してくるギモラの槍戦士がウザかったけど・・

それから 音叉の塔にお供えをするというクエストに出てきた魂のミミズクはかなり強かったです 

Prius1onshanotou

この地域には近くにいると襲ってくるアクティブモンスターが多いから横からちょっかい出されていたら勝てなかったです。

Prius1fukurou

この地域はアクティブモンスターをうまくかわしながら進めていくのに苦労しました (-_-;)

一番まいったのはセレロでこの地域に向かって移動している間にトイレに行って 帰ってきたらアニマが死んでいました 

Prius311

セレロの到着地点は比較的安全だと思っていたけど甘かったですね 

この地域のセレロの停留所には凶暴なライオンが待ち構えている時があるので注意しておかないといつのまにか死体になってしまいます。

Prius1lion

まあ 自分キャラはある程度大丈夫なんですけど 問題はアニマだよなあ・・・

後もう少しでクエストクリアというところで殺されたりするのでかなり邪魔です 

アニマが死ぬとデスペナルティでステータスは落ちるし、復活させにアトリウムに行かなければいけないのでかなり面倒です。

こういう感じで塀があるところにひっかけておいて自分だけテラシルゲートで移動するんだけど・・・

Prius1anmagoodbye

必ずついてきてます 当たり前か 

たしかに戦闘で手助けしてくれているんだけど、いない方がどれだけゲームがスピーディーに進められるか・・

たまにこんなことを聞いてきます。

Prius1anmauzai_2

十分ウザいです 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »