« MSI P45-8D Memory Loverの機能探索・1 (パーツ組み込み) | トップページ | デルのモニタ販売形態と2209WAの購入 »

MSI P45-8D Memory Loverの機能探索・2 (OS上でBIOSアップデート)

MSI P45-8D Memory Loverの機能探索・1のつづき

P45-8Dのパーツ取り付けとOSのインストールが完了したので、MSIのユーティリティを使って

初めてのWindows上でのBIOSアップデートに挑戦してみます。

Windows上だと他の常駐ソフトなどが邪魔をしてBIOSのアップデートが失敗する可能性があるのでできればやりたくなかったんですが、

USBフラッシュでの方法はサポートされてないし、フロッピーは持ってないので この方法しかないです。

まあ インストールしたばかりだから余計なソフトは入ってないから心配はないけど

なので セキュリティソフトのインストールは後回しにしました。

早速 ドライバCDからチップセット、オーディオ、LANのドライバをインストールしてから

ユーティリティー内の「MSI Live Update3」をインストールです。

Msiutility

このツールは以前から使っているMSIのP55-GD65で使ったことがあるんですが、

GD65に入っていたのは「MSI Live Update4」だったので P45-8Dのは一つ古いバージョンのようです。

Liveupdate3

インストールも完了して早速Live Update3を起動して 左上のカテゴリーの「Live BIOS」をクリックすると

BIOSのアップデートについての自己責任の確認を促され、Yesボタンを押して次に進むと現在のBIOSのバージョンが表示されて

その下の丸い緑色のLiveボタンを押すと更新できるBIOSのバージョンが表示されるはずなんですが、

なぜかLiveUpdateの新しいバージョンが表示されてBIOSの情報は表示されません。

アップデートするのはLiveUpdateではなくBIOSなんだからこれでは意味がないから検索で調べたんだけど方法がみつからないので

とりあえず 右上の更新のところのLiveUpdateボタンを押してLiveUpdate4をインストールしました。

そして LiveUpdate3から4に更新されて起動してみました。

Liveupdate41

現在のBIOSが1.00でオンライン入手できるのは1.30と・・・ やっと望んでいた表示が出ました happy01

ちなみに最初に起動したときはオンライン入手できるのは現状の1.00の表示だったんだけど、

MSIのサイトから直にBIOSファイルの1.30をダウンロードしたら表示されるようになったんだよなあ・・・ まあ これはたまたまかな 

ようやくこれでLiveUpdateでのダウンロードとBIOSのアップデートが出来ます。

LiveUpdateタブで「オートアップデート」から「手動アップデート」にチェックを入れ替えてBIOSにチェックを入れて下の検索ボタンを押すと入手できるバージョンを探してくれます。

そして みつかったらダウンロードボタンを押して入手します。

Liveupdate42

やっぱりLiveUpdate4は見慣れているし操作方法しやすくていいですね 3はわかりづらく使いにくいです bearing

ダウンロードが完了するとファイル保存の場所を聞かれるのでよければ完了を押して、次に英語のダイアログが出てきてこれもOKするとアップデート画面に行きます。

そして いよいよBIOSのアップデートです。

まずはBIOSのバージョンが表示されて「次へ」をクリック

Biosupdate1

そして Windowsモードを選択して「次へ」

Biosupdate2

すると 閉じるべきプログラムをリストアップした画面に移るんですが、この時は自分は更新されるファイルの内容だと思って「次へ」を押してしまいました・・・

Biosupdate3

そして 更新が始まってから気付きましたね アプリケーションやファイルを閉じておくのを忘れたことを shock

あれだけ常駐ソフトの事を気にしていたのに・・・ まあ アップデートは始まってしまったのでしかないから成功を祈るだけです think

Dsci1753

LiveUpdate4の後ろで見にくいですが、コマンドプロンプトのような画面が出てファイル更新の進行が表示されます 時間にして2分くらいでその間はマウスも動かせませんでした。

そして 更新が終ると自動で再起動して更新が完了した画面が出ます。

Dsci1756

この画面が出ればアップデートは成功で 一番上にBIOSのバージョンが表示されます。

無事バージョン1.3になってます happy01

そして F1キーを押してBIOSの設定画面にの「Load Optimized Default」で設定をデフォルトにしてすべての作業の完了です。

Dsci1740_3

初めてのOS上でのアップデートだったので不安だったけど、なんとかうまくいってよかったです coldsweats01

でも アプリケーションやファイルを閉じるのを忘れてアップデートを開始してしまったので焦りましたね sweat01

まあ BIOSのアップデートの時間が短いから助かったけど、もし何かの拍子で動き出したらヤバかったなあ impact

これでこのマザーボードではBIOSを更新する事はもうないと思うので一安心です confident

そういえば このマザーボードのBIOSアップデートのことを検索で調べていたら、バージョン3.0というのをいくつかの記事で見ました。

このP45-8DのBIOSって1.0~1.3といった数値でそんなバージョンのBIOSファイルはどこにあるんだろうと思っていたら

Macに使われているBIOSのEFIのことだったらしいです。

正式名称はUEFI BIOS 3.0というらしくMSIのサイトにはもちろんないです。

他にも聞きたい事があったのでUEFI BIOS 3.0のことも踏まえてMSIのサポートセンターに電話で聞いてみました telephone

すると やはりUEFI BIOS 3.0は正式にはサポートしていないとのことです。

MSIのサイトにもないのがサポートされているわけないですからね 海外のサイトでダウンロードできるらしいです。

たぶんこのマザーボード用のBIOSというわけでなく このマザーに使われているAMIのBIOSで使えるEFIのバージョンということなんでしょう。

EFIには興味があるけど通常のBIOSよりもいいものかどうかわからないので、とりあえず自分はこれ以上BIOSをいじりたくないのでEFIの導入はやめておきます think

どうしてもこのUEFI BIOS 3.0が欲しいならGIZAZINEさんのサイトでダウンロードできます。

Gigazine

GIZAZINE UEFI BIOS 3.0参考記事

それと MSIのサポートの方にこのP45-8DのBIOSのアップデートの事についても聞いてみたところ

BIOSファイルの容量が大きいのでフロッピーでは無理だそうです。

なので このマザーボードでのBIOSの更新はLiveUpdateを使ってのOS上のみでの方法しかないようです。

自分はフロッピーを持っていないからどうでもいいけど、昔からフロッピーでBIOSをアップデートしている人には抵抗あるんじゃないのかな OS上でのアップデートって

まあ もっと詳しい人ならOS上以外のやり方を知ってるかもしれないから問題ないか・・

それからサポートの方にLiveUpdate3でBIOSをアップデートしようとしたらLiveUpdate4のバージョンアップになってしまった事も聞いてみたら、

古いLiveUpdateでは新しいファイルのアップデートができないので、LiveUpdateの新しいバージョンのアップデートを自動的に促しているとのことでした。

ということで パーツを組み込んでBIOSのアップデートまでやったけど、このマザーボードはストックとして買っておいたので、何日か使ってみて異常なかったら押入れに眠ってもらいます sleepy

まあ 1ヶ月くらいは使ってみようかな せっかくケースに組みなおしたことだし

Dsci1729

次はトラブルが多いボード上にあるスイッチの不具合について触れてみます。

|

« MSI P45-8D Memory Loverの機能探索・1 (パーツ組み込み) | トップページ | デルのモニタ販売形態と2209WAの購入 »

MSI」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1156581/34396555

この記事へのトラックバック一覧です: MSI P45-8D Memory Loverの機能探索・2 (OS上でBIOSアップデート):

» MSI P45-8D Memory Lover のUEFI Click BIOS ダウンロードの場所はココ! [GIZAZINE(ギザジン)]
photo credit: Elsie esq.なんとなく投げ売り気味のP45-8D メモリーラバーを買ってみました。 DDR3メモリが余っていたもので…。私のmsi歴はX38 PlatinumからmsiというとちょっとでもOCすると起動できず、定格でしか動かないという経験があります。今回はそれを払拭することができるのか!? ちなみにこのマザーHi-C capを初めて搭載したマザーボードで、グラフィカルなUEFI BIOSにも対応しているらしい。PCIスロットが多いので、PCI機器を多く使いたい人に... [続きを読む]

受信: 2010年5月11日 (火) 20時54分

« MSI P45-8D Memory Loverの機能探索・1 (パーツ組み込み) | トップページ | デルのモニタ販売形態と2209WAの購入 »