« 倍率変更可能なCorei7、i5のKシリーズ登場 | トップページ | さし絵スタジオで人物合成 »

GeForce-GTX465

NVIDIAの新型GPU・「GeForce-GTX465」を搭載したグラフィックボードが販売開始されたようです。

4Gamer.netさんの記事で詳しく出てました。

4gamernetgtx465

4Gamer.net 参考記事

ゲームサイトだけあってグラフィックボード関連だったらここが一番詳しく掲載してありますね ベンチマークのスコアなども出ていて比較しやすいし 

型番の数字からわかりますが 性能的には先に出ているGTX-470の下位スペックのモデルのようです。

RADEONだとライバルにあたるのがHD5850で、ベンチマークのスコアを見ると似たような感じです 若干HD5850の方が高いかな

自分が一番注目しているのは消費電力で、このGTX465は200Wもあるじゃないですか~ 

4gamernetgtx4652

4Gamer.net GTX465競合製品のスペック表

GTX480や470よりも消費電力が下がって扱いやすくなったみたいだけど、それでも200Wか・・・ って感じです。

あんまり消費電力が高いのは抵抗あるので、使うグラフィックボードは160W以下のモデルに絞ってます。

新しいモデルだしちょっと興味あったけど圏外だなあ・・ 

そう考えると似たようなスペックなのにGTX465よりも50W低いHD5850はかなり魅力あるよなあ 

HD5850が欲しくなってくるね (*^_^*)

icon icon

といっても 自分にはそこまで高性能グラボは今のところ必要ないので、

GeForceだったら9800GTくらいのスペックで補助電源なしのDirectX11対応であればいいかな 

なので 9800GTの後継にあたるモデルが出るのを期待してます。

それくらいのスペックなら型番の数字はいくつになるんだろう?

450? それとも440くらいかな

そういえば 今回出たGTX465って何で末尾が0でなく5なんだろう?

これは4Gamer.netでも書かれていたけど、混乱するからわかりやすい型番にしてほしいよね 

icon icon

Nvidialogo

|

« 倍率変更可能なCorei7、i5のKシリーズ登場 | トップページ | さし絵スタジオで人物合成 »

グラフィックボード」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GeForce-GTX465:

« 倍率変更可能なCorei7、i5のKシリーズ登場 | トップページ | さし絵スタジオで人物合成 »