« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

Phenom II X6 1055TにTDP95W版登場

ついこの前登場した6コアCPUのPhenom II X6 1055T iconにTDPが95Wに下げられた省電力版が出ました。

性能は125W版と同じらしいです。

Pcwatchphenom6tdp95w

AKIBA PC Hotline 関連記事

価格は22000円前後らしいので、125W版と2000円くらいしか変わらないので

自分だったら断然新しく出た95W版の方がいいですね。

125WのPhenomやCorei7を使っている人の話だと、かなり熱を持つみたいで95WのCPUに比べると扱いづらいみたいです。

まあ それをうまく扱うのがおもしろいらしいけど、面倒だし熱対策などに時間を割きたくないので 自分の使うCPUはTDP95Wまでにしておきます。

それにこれから暑くなるし 真夏に暖房器具はおきたくないよね (*^_^*)

6コアでハイパフォーマンスなのに省電力なPhenom II X6 1055T iconの95W版は人気出そうですね。

icon icon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HPの「SEX AND THE CITY 2」グローバルパートナーズ・キャンペーン  

先ほどテレビを見ていたらHPのCMが流れてました。

初めてみたけどHPって以前からCM流していたのかな?

最近は家電量販店でもHPのパソコンを多く見かけるようになったし、だいぶシェアが広がったと感じますね。

そのCMの内容は最近話題のSEX AND THE CITY 2のキャンペーン企画のものでした。

HPはこのSEX AND THE CITY 2のグローバルスポンサーをやっているみたいで、

映画の中でキャストがHPのパソコンを使用するなど製作に協力しているようです。

Hpsexandthecity

<HP × SEX AND THE CITY 2>グローバルパートナーズ・キャンペーンページ

このグローバルスポンサーはHPの他にメルセデス・ベンツ、モエ・エ・シャンドン、スワロフスキー、SKY VODKAの5社のようです。

聞いたことがあるような気がするけど、この中で知っているのはメルセデス・ベンツだけです (*^_^*)

そのベンツがこのキャンペーン期間中にクイズに回答して応募した中から抽選で1名に当たるらしいです。

これはなかなかおいしい企画ですね。

ベンツと聞いて自分もクイズに回答して応募しておきました。

あっ・・ でも 当たっても車庫がないから貰えないね ハハハ・・ 

それと4人一組でキャンペーンを実施している店舗でクイズに正解すると4人全員に映画チケットが貰えるようです。

こっちのほうが確率高いからいいですね。

実施店舗はビックカメラの有楽町店本館、新宿西口店、池袋本店パソコン館、JR京都駅店、なんば店、立川店、新横浜店、名古屋駅西店の以上8店舗でやっているようです。

でも 先着250組1000名限定なので、もう終了したところもあるだろうな。

まあ 都心は3店舗で実施しているので、まだ残っているかもしれないから行ってみる価値はあると思います。

その他には 期間中にHPのオンラインショップや一部量販店で、HP Mini 210 Vivienne Tam Edition

HP TouchSmart PCシリーズを購入すると抽選で

モエ・エ・シャンドン モエ アンペリアル(シャンパン) ギフトボックスが200名、

スワルフスキー クリスタルUSBメモリー100名のプレゼント企画もあります。

この前のアイドリングのキャンペーンといいHPはこういうキャンペーンがたくさんあっていいですね。

当たるともっといいんだけど (*^_^*)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソニーのVAIO OUTLET サマーセール

現在ソニーのオンラインショップのソニースタイルでアウトレットセールをやっているみたいです。

旧型モデルをだいぶ安くしているようで、ソニーのパソコンが安くなることってあまりないから ソニーのパソコンを探している方には朗報だと思います。

一通り見たところ、49800円のCore2Duo搭載のノートが一番お買い得だと思います。

モデルはVGN-NW91 iconです。

・Windows 7 Home Premium 64ビット正規版
・Core2 Duo P8800(2.66 GHz)
・2GB(1GB×2)
・HDD 約250GB(5400回転/分)
・DVDスーパーマルチドライブ
・ATI Mobility Radeon HD 4570(専用ビデオメモリー512MB)

・長期保証 <3年間ベーシック付属>

 49800円

icon icon

これは激安だと思います。

Core2Duo搭載のノートが5万円以下で買えること自体滅多にないことなのに

しかも それがソニーのVAIOだから破格の値段といっていいでしょう。

おそらくCorei3、i5の登場の影響で処分価格として出しているんだろうけど、

Core2DuoのP8800だったらそこまで差はないだろうし、ノートには十分なCPUだと思います。

それに 3年間の保証が付いているので言うことないですね !(^^)!

これは売れるでしょうね 構成によってはすでに入荷待ちになっているみたいだし。

ちょっと欲しいなあ・・ こんなの滅多に出ないし

その他にも24型ワイドモデルや地デジチューナー搭載のデスクトップやネットブックも安くなっているようです。

でも 元々ソニーって値段が高めだからそれほど安くは感じませんね。

なので 激安と言えるのはこのVGN-NW91 iconくらいです。

ソニーのパソコンは以前から一度使ってみたいと思っていたので、このノートはいいターゲットなんだよなあ・・

家電では一番好きなメーカーだし、最初にパソコンを買う時も富士通とソニーでかなり迷いました。

結局、富士通のCE70J7にしたんですけど。

とりあえず富士通、NECは使ったので、やっぱり次はソニーを使ってみたいです。

とにかく ソニーのパソコンはスタイリッシュでカッコいい 

Sony Style(ソニースタイル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FireFoxとウィルスバスター

今日FireFoxを更新したら「MozillaJapanブログ」というMozilla関連の情報が表示されたので読んでみると

ウィルスバスターの付属機能のトレンドツールバーのおかげでFireFoxがクラッシュ(強制終了)するので、これに対する対策が記載されてました。

Firefoxtrendtoolbar

MozillaJapanブログ ウィルスバスター(Firefox版Trendツールバー)をお使いの皆さんへ

自分もFirefoxとウィルスバスターの組み合わせでブラウザのクラッシュに悩まされていたんですが、

トレンドマイクロに電話して修正プログラムをインストールしたらクラッシュしなくなりました。

このMozillaJapanブログではその修正プログラムの適用を促しているようです。

やはり Firefoxとトレンドツールバーは相性が悪かったんですね。

ということは IEではこういう不具合はなかったのかな?

最近はIEをほとんど使っていないのでわかりませんが・・・

けど この修正プログラムはウィルスバスターのアップデートでインストールされるらしいので、現在はわざわざ修正プログラムをインストールする必要はなさそうです。

けど ウィルスバスターを使っていて未だにFirefoxがクラッシュするという人はトレンドマイクロのホームページから修正プログラムをダウンロードした方がいいです。

Virusbustertrendtoolbar

トレンドマイクロ 修正プログラムダウンロードページ

それにしても ホントにトレンドツールバーっていらねーよなあ

なんで あんな余計なもの付けるんだろうな 全く・・

ウィルスバスターに手を焼かされっぱなしだな 最近はCMを見てるだけでもムカつくぜ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iiyama PLE2210HDS (PLE2208HDSと比較)

先週末もマウスコンピューターのダイレクトショップで展示品に使用したモニタが安く出ていたので買っておきました。

今回購入したのはiiyamaのPLE2210HDS という21.5インチのモデルで、以前記事に書いたくらい欲しかったモニタなので先々週に2台も買ったばかりだけど迷わず購入しました。

4/6 モニタの選択・3 (iiyama)

P1000148

このモデルはエコパネルを使っていて消費電力が24Wとかなり省電力になってます。

是非とも使用時間が長いテレビに使いたかったので念願かないました !(^^)!

でも ディスプレイ部に少し傷のようなものがありました 

P1000146

展示にしようしていた時に付いたんだろうけど・・

あんまり目立つ傷ではないし映像を出力していれば全くわからないけど、いくら展示品のアウトレットとはいえ大事な部分に傷が付いていれば神経質な人でなくても気にするだろうな・・

まあ 10500円だったし中古でもこんな値段で買えないので自分は全然気になるどころか大満足ですけど (*^_^*)

でも 先週も同じiiyamaのPLE2208HDS-B2 というモデルを買ったんですよね・・

今考えると先週我慢しておけばよかったとちょっと後悔・・・ 

せっかくなので、この2つのモデルを比較してみました。

今回買ったPLE2210HDSの方が新しいモデルで、大まかな違いは消費電力とHDMI端子の有無です。

P1000163

PLE2210HDS 入力端子部分

2210の方がHDMI端子が付いてますが、2208の方は付いてません。

しかも 2210ってHDMIのケーブルも付いているんですよね。

P1000145

通常はどこのメーカーもHDMIケーブルは付いてないんだけど、iiyamaのモニタには付いているみたいです。

とりあえず 全面で並べてみました 左が2210、右が2208です。

P1000153

2210の方がスマートでスッキリした印象です。

ただ スタンドの高さも低くなっているのが残念 (-"-) もちろん高さ調節はできませんから

P1000167

背面もだいぶデザインが違いますね 自分としては2208のiiyamaの大きなロゴが気に入ってたりして・・ (*^_^*)

P1000156

横や上から見比べると2210はだいぶスリムになったのがよくわかります。

P1000162

P1000158

たしかに薄い方が軽くてスタイリッシュでいいんだけど、スタンドがなんか安っぽく感じるんだよなあ

2210の台座は薄いせんべいって感じがするんだよなあ

P1000169

PLE2210HDS 台座部

光沢があるのも自分的にはイマイチ・・

一方2208の台座は大きくて古いイメージだけど、こういう感じの方が自分は好きです。

P1000168

PLE2208HDS 台座部

まあ 全体的にスッキリしている2210の方が省スペースで使いやすいでしょうけどね。

どちらもいいデザインだと思います。

P1000170

そして 一番重要な映像を見てみることにしました。

まあ 所有しているモニタとそんなに変わらない薄い発色でシャープな映像だと思います。

P1000185

電源や細かい設定をするボタンはべゼル下の底面に付いてます。

P1000192

なので 前にボタンが出ているので2208よりボタンが押しにくいです。

スッキリしたスリムボディには前面のボタンが似合わないので出せなかったんでしょうね。

こんな感じで以前から欲しかったのモニタなので満足なんですけど、自分にとって大きな難点があります。

この2210も2208と同様にスピーカーを搭載しているんですが、音量がかなり小さくて少し放して設置するととあまりよく聞こえません 

最大にしてもテレビを視聴するにはちょっと厳しいです。

なので テレビの声が聞き取りづらいから外付けのスピーカーを付けてます 

Dsci0396

2208は音量も十分でテレビで使うにも満足だったので、iiyamaのスピーカーはすべて似たような出力だと思っていたけど、モデルによって違うようですね。

ということで 比較して感じたのは HDMI端子を搭載していて消費電力が低いPLE2210HDS の方がもちろんいいんだけど、

スピーカーを重視する自分としてはPLE2208HDS-B2 もそれほど差がなくいいモデルだと思います。

それに 2208もエコモードで26Wになるし、HDMIは今のところ使っていないので

はっきりいって自分はどちらを使ってもいいんですよね。

厚みのあるデザインでモニタらしい2208のスタイルの方が好きだし。

でも テレビに使用するのに一番重要なのは省電力なので、2210の方をテレビにしてます。

2210にもエコモードが付いているので標準の24Wからさらに消費電力を下げれますからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PT2にそっくりな地デジチューナー

PT2もそろそろ生産終了して次の新しいモデルが出る日も近いのかなと思っていたところ、

PT2とそっくりなチューナーがあるんですね。

まだ発売されていないようですが、予約は受け付けているようです。

Deculturept2

AKIBA-PC Hotline 「DECULTURE PT2x2」参考記事

写真を見るとPT2とおなじシャープのチューナーを使っているし、パッと見は基盤の色以外はほとんど同じに見えます。

メーカーは不明で値段は同じ16800円、性能はPT2を超えるらしいと云われてます。

でも ドライバやSDKのメーカーサポートが期待できないらしく、ケースと固定するブラケットも付いていないみたいです。

PT2でさえ設定が面倒だったのがより敷居が高くなっているようです。

それに 固定するブラケットを付けなかったってことは生板ケース用ってことなのか? そんなことなないか 

それにしてもそっくりだよなあ

見た目は基盤が緑のPT2よりも赤いこっちの方がカッコいいね  

アースソフトのホームページでは「類似品にはご注意ください」と出ているので、このチューナーが発表されてから記載されるようになったんじゃないのかな (*^_^*)

ただ このチューナーは5月1日に発売予定だったらしいけど、未だに発売されていないみたいです。

不具合修正などまだいろいろと問題があるという記事もありました。

そんな感じのチューナーのわりには予想に反して予約も多いようです やはり「PT2を超える」と云われているせいだろうな

でも PT2もだいぶ普及したと思うので、このチューナーは本当のマニアしか手を出さないんじゃないかな

自分もPT2を一つ持っているので このチューナーに手を出すことはないでしょう。

Dsci0915

PT2

もう設定した後の不具合を解消するのに何時間もかけて検索で調べて対策を講じるのは懲り懲りだし (+o+)

このチューナーはPT2よりもそういうことが多そうだし。

まあ 挑戦してみたいという気持ちも少しはあるけど、同じ16800円だもんね 

ちょっと 高いよなあ

Pt2torable

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無線LANプリンタ

以前から欲しかった無線機能を搭載しているプリンタを買ってきました。

購入したのはHPのB109Nというモデルでツクモ の展示処分品で4980円でした。

P1000171

無線LANプリンタがこんなに安く手に入ると思ってなかったのでルンルン気分でいたら

次の日ソフマップ の町田店に行ったら値段は同じ4980円でしたが、ポイント10%還元で実質4500円だったので凹みました ((+_+))

まず ここでひとこけ 

そして とりあえず設定してみました。

海外メーカーなので案の定マニュアルはCDでしたけど大まかな設定の紙は入っていたので、プリンタにそこまで詳しい説明はいらないだろうと思っていたら

・・・用紙はどこに入れるんだろう? 

こんなことがわからないなんて・・ と思いながらHPのWEB上のカスタマケアのページで見ると

このプリンタって下のトレイに用紙をいれるんですね。

P1000178

自分が今まで使ったことのあるプリンタって上から用紙を入れて下から印刷されて出てくるというタイプしか使ったことがなく、それが普通だと思っていたので全くの予想外でした 

最近のプリンタってこういうタイプが多いのかな?

いや この前買ったレックスマーク のプリンタも用紙は上からだったよな もちろん5年前から使っているエプソンのPM-A850も

Dsci1920

では 下のトレイから用紙を取り込んで印刷したのはどこに出てくるのかなと思っていたら

この下のトレイの上部から出てきました。

P1000184

まあ 普通に使えるからいいんだけど なんか違和感が・・

ドライバのインストールを実行しながらいろいろと設定をしていくみたいなんだけど、これも手順がよくわかりませんでした。

インストール中はパソコンだけを見ていればいいのかと思ったけど、並行してプリンタの液晶でも設定しなければいけないみたいです 

P1000183

印刷やスキャンの確認みたいのをやるんだけど、こんなのふつうはパソコン上で指示が出るでしょ

だから なかなか進まなかったみたいで、こんな同時に設定するものなんか初めてだからわからねーよ

なんか手のかかるプリンタだなあと思いながら メインの無線の設定に入りました。

B109nsetup

とりあえず最初にUSBで繋ぐと無線の設定を読み取ってくれるので、読み取りが完了して自動でセットアップを始めたんだけど

B109nsetup2

プリンタのIPアドレスがパソコンに対応していないというメッセージが出てエラーになりました。

パソコン内の無線設定の読み取りが上手くいかなかったと思って手動でWEPキーを入力したけど同じようにエラーが出てしまいます。

さすがにお手上げなのでHPのカスタマーケアセンターに電話しました 

まず聞いたのは パソコンのIPアドレスが大体192から始まるのに対し、なぜプリンタのIPアドレスが169という全然関係ない数字から始まるのか聞いてみたところ

サポートの方もイマイチ原因がわからないようで もしかしたらセキュリティソフトがポートを塞いでいるのでおかしなIPアドレスを拾ってるのではないかと言われたので、

このプリンタをインストールしているパソコンに入っているノートンのシマンテックに電話して機能を停止する操作方法を聞きました 

使っているバージョンはノートンのアンチウィルス2010なんだけど、2010のバージョンから機能を停止することはできなくなったようで、管理画面の項目をオフにすることしかできないみたいです。

Norton2010

まあ 以前のバージョンは完全機能停止ができたけど、msconfigでの操作が面倒でしたからね 楽になりました。

そして 再び無線の設定をしてみたんだけど、同じエラー画面が出てきました。

また HPの方にかけ直して対策を聞いてみました 

先ほどインストールしたCDに入っているドライバをアンインストールしてオンラインのドライバをダウンロードして入れなおしたり、IPアドレスを替えたりしたんですが、

結局無線を設定することはできませんでした 

サポートの方もこれ以上はわからないみたいなので聞きたいことをすべて聞いて電話を切りました。

サポートの人間がわからないとなると自分で原因究明するのは困難だし、これ以上プリンタごときに時間を費やすのは勿体ないので

無線で使うことは諦めることにします。

いつもだったらもっと調べて挑戦するんだけど、今回のこのプリンタに関しては何もかもうまくいかなくてイライラするので、そのうちぶん投げて壊しそうなのでやめておきます。

結局半日を棒に振りましたから。

簡単に考えていたけどプリンタの無線設定って難しいのかな・・

今まで無線LANを難なく設定できたので甘く見てたけど、もっとネットワークの勉強しないとダメかもしれないですね 

それにしても このHPのプリンタは扱いにくい

インストールしていると同時に設定画面が出て手順を把握しにくし、インストールする時間がかなり長くて途中で中止することもできないので、一通り完了させないとパソコンの電源すら消すことができません。

それと ホームページに詳しいマニュアルが出てるんですが、手順がイマイチわかりにくいんですよね。

それと わけわかんないユーティリティソフトが多いし。

そういえば Photoshop Elements 8 の体験板が入っていて、製品版も9800円という安い値段で購入できるみたいだったので

自分もそのうちPhotoShopを購入しようと思っていたから その体験版をインストールしてどんな感じなのか試してみようとしたけど、IEが停止して何故かインストールできませんでした 

OSやブラウザの一時的な不具合かと思って再起動したら、先ほどの体験版のところに行けなくなってしまいました。

なくなったわけではないだろうけど、インストールされるHPのプリンタのアプリケーションってわかりにくいから適当にたどり着いたところは探すのに苦労しそうです。

まあ このプリンタに関しては何やってもうまくいかないね 

今までエプソンレックスマーク の設定がスムーズだったから余計にそう思います。

この2つのプリンタは無線ではないから簡単なのは言うままでもないけど、HPのプリンタは通常のUSBでの使い方でもわかりづらかったです。

やはり 自分みたいなお子ちゃまはわかりやすいエプソンやキャノンのような国産メーカーの方がいいみたいです (*^_^*)

HPは敷居が高かったのかな・・

でも ここまで手古摺ったのは久しぶりです。

ということで USBを繋げて普通に使うことにします。

今回HPのカスタマーケアセンターに初めて電話したんだけど、親切で対応がいいですね 

わからないのに長々と話に付き合ってくれるし、なんとか解決させてあげようという気持ちが感じられました。

HPのサポートは評判がいいので噂通りでした。

こういうところをNECあたりは見習ってくれねーかな

わからねーとすぐ電話を切ろうとするし、さっさと電話を切りたいというのミエミエなんだよなあ。

”パソコンはダメ 修理もダメ 電話の対応はもっとダメ” しょうがねーよな ホント・・

これでHPのサポートの質がわかったので、次にメーカー製のパソコンを買う時はデスクトップはHPにしようと思います。

プリンタはもう懲り懲りだけどね (*^_^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワールドカップ観戦でわかった地デジチューナーの不都合な面

最近はワールドカップで盛り上がっていて、とくに日本が決勝トーナメントに行けるかもしれないのでおもしろくなってきました。

もちろん自分も観戦してます 

P1000120

PT2とピクセラのPIX-DT012-PP0 iconの2つの地デジチューナーを使っているのでどちらかで観ていたんですが、

違和感に気付いたので、2台で観戦して見比べてみました。

P1000132

違和感があるというのはPT2の方で、映像のブレがひどくて視聴しづらいです 

モニタの性能なのかと思って速い応答速度のモニタに替えて視聴してみたんだけど、変わりませんでした。

液晶は横の動きに弱いらしいので横にカメラを素早く切り替えるサッカーは仕方ないのかなと思ったけど、以前視聴した時はこれほどの違和感を感じませんでした。

なので PIX-DT012-PP0 の方で視聴してみたところ、映像のブレなど全くなく違和感はありませんでした。

これはもしかして・・と思い以前から気になっていたことも検証してみました。

それは ドラマなどでキャストの名前が横に流れるシーンで残像を引きづって流れて字をほとんど読み取ることはできないのはモニタの応答速度の差だと思っていたけど、

この現象が起こるのはPT2だけで、PIX-DT012-PP0では残像は全くなく、最近のモニタの一般的な応答速度の5msでも違和感なく視聴できることもわかりました。

P1000092

自分はずっと地デジ放送は2msの応答速度でないと厳しいと勘違いしてました。

なので 明らかにPT2がおかしいのでTVTestのレンダラを変えたりといろいろと設定をやり直してみたけど、改善されませんでした。

もしかしたら チューナーの性能の差なのかな?

でも 検索で調べても映像のブレなどの不具合の報告はそれほど多くないので、設定でどうにかなりそうなんだけど・・

でも これ以上PT2の問題で検索で調べるのはかったるいのでこのままでいいや (-。-)y-゜゜゜

次々と問題が浮上するから切りがないよな 

まあ PT2は録画専用として使うのが最適だしね。

それにしても ピクセラのチューナーは名が通っているメーカーだけあって性能もいいし使いやすいです。

PT2だけでは心配なので買っておいたんだけど正解でしたね 

ただ PIX-DT012-PP0の方も問題があるんですよね・・・

最近一定の時間になると情報の画面が出てかなりウザいです。

P1000088

なんでこんな画面が勝手に出てくるのかわからないので、サポートセンターに電話して聞いてみたところ 

自ら設定しないとこの画面は出てこないらしいです。

もちろん自らこんな余計な設定をするわけないです。

てゆうか 設定以前にこんな余計なもの付けるなよ  いらねーだろ!!

キーボードのDキーを押せば消えるんだけど、この画面が出るとテレビ番組が小さくなるのでかなり腹が立つけど、 

原因がわからないので仕方なくこのまま使ってます。

iconicon

それと このPIX-DT012-PP0は使い始めの時にグラフィックボードの新しいドライバを入れたら音声しか出ず映像が出なかったので、

調べてみたら古いドライバでないと使えないとピクセラのホームページに出ていたのでわざわざ古いドライバを入れました。

そのことについてサポートに尋ねたら 「現在は新しいドライバでも不具合の報告はない」と言っていたので新しいドライバ(ATI Catalyst10.5)を入れてみました。

すると 映像もちゃんと出て ”やっと 新しいドライバでもまともに使えるようになったんだあ” と思っていたら

映像が波打つようになって、先ほど書いたPT2と同じように横に流れる字幕の残像が出るようになったので、再びアンインストールしました。

そして Catalystのコントロールパネルは削除されてドライバの方は残ったままだったけど、とりあえずこれで元の正常な状態に戻りました。

なので 前から思っていたんだけど、Catalystのコントロールパネルが原因だと思うんだけど・・・

これがあると必ず何かしら不具合が生じるんだよなあ

まあ PIX-DT012-PP0を付けてるパソコンはテレビのみの使用なのでCatalystのコントロールパネルがなくても使えるからいいけど、

他の作業でも使うならコントロールパネルがないと不便だよなあ

だから PIX-DT012-PP0はこのテレビ用パソコンでしか使えません。

こんな感じで自分が所有している地デジチューナーは2つとも問題があります。

パソコン用のチューナーはしょうがないのかな・・・

アイ・オー・データやSKnetなどのチューナーもいろいろと問題があるモデルがあるらしいですからね。

まあ その辺は割り切って使うしかないか・・・

Tvtunertorable_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

LGからピポット機能対応モニタが登場

LGから画面を回転できるピポット機能対応のW2246PM-BF というモデルがでました。

LGのピポット機能のモニタの登場はW2442PA-BF以来だと思います。

大まかな仕様としては非光沢パネルで21.5インチのフルHD解像度、スピーカーも搭載してます。

W2246pmbf

LG W2246PM-BF 詳細スペック

このモデルは自分の欲しい機能をほとんど備えているので、こういうタイプのモニタが登場するのは非常にうれしいです !(^^)! 

また欲しいモデルが増えてしまいました (*^_^*)

ピポット機能があれば縦表示を容易にできるので縦長のホームページを見るのに非常に便利だし、

この機能があるということは縦に回転したときに下に当たらないような高さが必要になるからスタンドがスライドして上にあがる昇降式にしてあるので、モニタを物の上に乗せないで自分が好きな視点に合わせられるのがいいところです。

自分にとっては回転よりも昇降機能の方が重要なんですよね。

こんな感じで少年マガジンを下に置かなくて済むし ね (*^_^*)

Dsci0262

非光沢パネルなので映り込みもなく目も疲れにくいし、スピーカー搭載なので別途スピーカーを用意する必要もありません。

一番注目しているのは消費電力が26Wに抑えられていることです。

LGのモニタはLEDバックライトのモデル以外は大体40Wくらいなので、だいぶ省電力になってます。

最近はパソコンの消費電力が非常に気になるので、使っていてコンスタントに電力を使うモニタがこれだけ低いと安心して長時間使えます !(^^)!

こんな感じで自分の好きな機能がほぼ揃っているといっていいでしょう。

難点は HDMI端子がないことくらいです。

現時点でHDMIは必要ないけど、この先必要になるかもしれないのであった方がいいです。

それと 応答速度が2msだったらよかったかな

このモデルの登場はドスパラの店舗案内ページ で秋葉原本店に入荷したという記事が出ていたので知りました。

W2246pmbf_3

ドスパラ秋葉原店 店舗案内ページ

とういうことで 昨日、秋葉原で見てきました。

他の店舗も覗いてみたけど、ここしか置いてなかったと思います。

Imgp0555

シンプルで飽きのこないデザインなので、外観も自分の好みです !(^^)!

最近のモニタって縁に光沢があって艶やかになっていて、とくにLGの現在のモデルはほとんどがそういうデザインです。

自分が先週購入したW2361VG-PF もそういうオシャレなデザインです。

最初はいいかもしれないけど こういうデザインって飽きるよね 

それに 古くなって汚くなってくると一層悪く見えるようになるし。

そして 自分が一番気になる昇降機能がどこまで上がるのか試してみました。

自分の視点だと高さ70cmのデスク上からディスプレイの最上部まで55cm前後が一番見やすい位置なんだけど、

このW2246PM-BFの昇降だと一番高くしても48cmくらいでした。

上の方に展示してあったので正確に測れなかったかもしれないけど自分の視点よりも少し低いことは確かです。

なので このモデルを使うときも少年マガジンのお世話になりそうです (*^_^*)

それと 写真で見てとおり下からの視野は通常のTNと同じく暗くてほとんど見えないです。

でも 実物を見てさらに欲しくなりました !(^^)!

値段は16800円で出ていて、ドスパラのオンラインショップ でも同じ値段でした。

W2246pmbfdosparaweb

ドスパラ W2246PM-BF商品ページ

ドスパラのオンラインショップは1万円以上は送料無料なので、持ち帰りを考えると自分はオンラインショップでの購入の方が楽でいいかな。

他のオンラインショップがどれくらいの値段で扱っているか調べてみたけど、まだ出たばかりなせいか2万円くらいが相場みたいで、安いところで17800円くらいです。

それと まだ価格ドットコムにはこのモデルは出てませんでした。

珍しいな いつもは発売前でも掲載してるんだけど

ということで 今すぐ購入するならドスパラのオンラインショップ だけど、急いで買うこともないのでしばらく値が下がるのを待ってます。

自分が購入検討に入る値段は14000円くらいからかな しばらくは我慢、我慢 

今まで販売されていたピポット機能対応モデルに比べるとかなり安いから

縦表示を頻繁に使いたい人には願ってもないモデルですね。

※追記

6/24の時点ではフェイス iconが15797円で最安値です。

この調子でいくと秋までには14980円くらいまでは下がりそうです。

icon icon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HPのFINAL FANTASY XIV推奨認定モデル・HPE-290jp

HPからFINAL FANTASY XIV推奨認定モデルが出たようです。

FINAL FANTASY XIV自体はまだサービス開始されていないみたいなので、βテストに参加するためのモデルみたいです。

モデルはHPE-290jpで スペックは

CPU:インテル Core i7 -960 プロセッサー
OS:Windows 7 Home Premium 64bit
メモリ:12GB(2GB x 6) 
HDD:1TB HDD
ドライブ:DVDスーパーマルチドライブ
グラフィック:NVIDIA GeForce GTX260

 164,430円

スペックがすごいから値段もすごいなあ 

昨日このFINAL FANTASY XIVのベンチマークでテストしてみたけど、かなり重くてフルHDでの計測だとミドルスペックのグラフィックボードでは話になりませんでした 

Ffxivbench11

だから 昨日の記事でRADEON-HD5870やGeForce-GTX480クラスでないとフルHDで快適に動かないんじゃないかなと書きました 

6/17 ファイナルファンタジーXIV オフィシャルベンチマーク

この推奨モデルはGTX260なので、本当にベンチマークと同じくらいの重いゲームならミドルスペックより少し性能がいい程度のGTX260では厳しいような気がします。

まあ GTX260を使ったことがないのでわかりませんけどね あくまで公開されているGTX260のベンチのスコアを参考にして思ったことなので。

ただ CPUがかなりスペックが高いのでGPUの能力をカバーできるのかな?

自分がプレイしているみたいプリウスオンライン にCPUのスペックの方が動作に影響するゲームもあるしね。

でも Core2Quad・Q9550とCorei5・750でもスコアが振るわなかったのでその可能性は低そうですね。

それにしても16万は高いなあ・・ 

PS3でも出るみたいだから、ファイナルファンタジーだけプレイするんだったらPS3を買った方が全然安上がりだね (*^_^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ファイナルファンタジーXIV オフィシャルベンチマーク

ファイナルファンタジーXIV オフィシャルベンチマークが昨日から公開されているようなので、

早速ダウンロードしてみました。

Ffxivbench1

ファイナルファンタジーXIV ベンチマーク ダウンロードページ

とりあえずダウンロードサイトに行くと スクウェアエニックス、NVIDIA、インテルの3箇所でダウンロードできるようです。

とりあえず自分はスクエニでダウンロードしました。

2~3分でダウンロードも終わり解凍して実行してみました。

言語が選択できるようですね。

Ffxivbench2

使用許諾契約書に同意すると設定の画面になります。

XIVのベンチはキャラクターを選べるようですね。

Ffxivbench4

それと解像度も選べるので、最初にインストールしたパソコンは22型の1680x1080なので、「HIGH」のフルHDにすると全部表示されないから「LOW」の1280x720にしておきました。

そして わくわくしながらSTARTボタンをクリックしたら・・・

Ffxivbencherror

こういうダイアログで出てきて実行できませんでした。

これって DirectXのランタイムだよなあ 3DMARK06が入っているのでランタイムは入れてあるはずなんだよなあ でないと 3DMARK06を実行できないですから。

もしかしたらファイルが壊れているのかもしれないと思い、NVIDIAとインテルでもダウンロードしてみました。

Ffxivbenchnvidiadownload

けど やはり「d3dx9_41.dllがみつからない・・・」というダイアログボックスが出ます。

どうやらd3dx9_41.dllが入ってないのは確かなようなので検索で調べてみたら

自分のパソコンに入っているランタイムは古いから実行できないみたいなので、マイクロソフトから最新の「DirectX エンドユーザーランタイム」をダウンロードしました。

Directxnewruntimeistall3

マイクロソフト DirectX エンドユーザーランタイム ダウンロードページ

そして 早速インストールを実行すると

Directxnewruntime

なるほど 3DMARK06の時にインストールしたランタイムとはダイアログボックスが違いますね。

以前のバージョンと同じように同意して進んでインストール完了です。

Directxnewruntime4

これでようやくベンチマークを起動させることができます。

さあ 気を取り直して再び実行です。

ちなみに実行したパソコンのスペックはCPUがCore2Duo・E8400、グラフィックボードがRADEON-HD3450なのでGPUはロースペックのマシンです。

Ffxivbench5

このベンチは右上にCorei7のロゴがずっと出てます。

AMDのCPUには向いてないのかな? なんて (*^_^*)

前のFFベンチは動物などのユニークなキャラだったけど、今度のは人間キャラがメインですね。

Dsci0887

ファイナルファンタジーXI オフィシャルベンチマーク

てゆうか それぞれのシリーズのキャラなんだろうけど、自分はプレイしていないから全くわかりません。

ドラゴンクエストは5タイトルくらいプレイしたけど、ファイナルファンタジーは一番最初のをファミコンでプレイしたくらいかな

ああ・・ そういえば プレステでも一つだけプレイしました。

いくつか忘れたけどスコールっていう主人公が出てくるシリーズです。

でも ファミコンの方はセーブデータが消えてしまって、プレステの方はとんでもなく強い敵に殺されまくって先に進めず

どちらもクリアできませんでした  なんか FFって縁がないというか合わないんだよなあ・・・

ちょっと話は逸れてしまったけど  このFF-XIVベンチは戦闘シーンなどもあって迫力を感じるんだけど、GPUが低スペックなせいかコマ落ちがかなりひどいくて見れたもんじゃないです (-_-)

前のXIベンチに比べるとかなり重そうだなあ

そして 結果は・・・

Ffxivbenchvostroscore

スコア 344 この数値だとどれくらいなのか調べてみると

Ffxivbenchscore

【1500 未満】動作困難・・・ まあ 問題外ってことですね 

ということで まともなグラフィックボードの入っているパソコンにインストールしてみました。

今度のマシンはCPUはCore2Quad・Q9550、グラフィックボードはRADEON-HD4770を搭載しているのでかなり期待できます !(^^)!

先にベンチをインストールしてDirectXランタイムを入れる前に実行してみたら・・

実行できました  新しいランタイム入ってたのかな? 

ということで こっちのパソコンはお手軽にできて手間が省けました。

再びベンチ実行です。

Ffxivbench10

Ffxivbench6

ミドルスペックの中でも性能が高いHD4770だけあって動きが全然違いますね 当たり前だけど (*^_^*)

GPU温度は4770だと最高でも66度くらいです。

Ffxivbench9

Sapphireのリファレンスモデルだけどあまり熱を持たないので、やっぱり40nmのHD4770は優秀だと思います。

Ffxivbench8

順調にスコアが伸びていったようにも見えましたが・・ 結果は

Ffxivbench7

3260・・・ えっ ちょっと待てよ 3000だと評価は

「やや 快適」だって  うそだろ 3DMARK06で13000くらいは叩きだすパソコンだぜ 

このパソコンは23インチのフルHDのモニタを付けているので、1920x1080でもスコアを計ってみました。

動きは先ほどの1280x720の時よりはかなり動きが悪いです まあ 解像度が一気に上がったんだから当たり前だけど

うわ~っ スコアがぜんぜん上がっていかねーじゃん  結果見たくねーナ 

結果は・・・

Ffxivbench11

1720・・ 評価でいうと「重い」です しっ 信じられん このスペックで・・ 

このベンチは当然ファイナルファンタジーXIVの動作を基準に作られているんだろうから

ファイナルファンタジーXIV ってそんなに重いのか?

それとも パソコンの調子が悪いのかと思って3DMARK06を走らせてみたところ

13000は越えたので悪くはないです。

3dmark06ninevista

そういえば 以前のファイナルファンタジーXIはRADEONの4000番台のスコアがかなり悪かったので、もしかしたらGeForceだと劇的に変わるのではと思い、

Corei5・750とGeForce9800GTを搭載しているマシンで計測してみました。

総合的にこっちのパソコンの方がスペックは上だと思います。

再びダウンロード→インストールをして 期待感を込めてベンチを実行してみました。

結果は・・

Ffxivbenchp55

2827・・って さっきのパソコンより悪いじゃね~か 

最後の悪あがきでCPUだけOCGenieでオーバークロックして測ってみても2909止まりでした。

Dsci1524

3DゲームのベンチなのでCPUでなくGPUをオーバークロックして計測したかったんだけど、温度が79度まで達していたのでやめておきました。

やっぱり 4770と違って9800GTはかなり熱を持つなあ オーバークロックするのがちょっと怖いよね (*^_^*)

Ffxivbenchp552

しかし 重いようなあ ファイナルファンタジーXIV ってどれくらいのGPUを積めば快適なんだ?

このスコアを見るとRADEON-HD5870やGeForce-GTX480くらいの性能がないとフルHD解像度で快適に動作するスコアが出ないんじゃないかな。

でも そこまで要求スペックが高いゲームなんてあまりないと思うので、ベンチが大袈裟に作られているんじゃないかと思うんだけど。

その証拠にベンチが終わってそのままにしておくだけで他の動作がかなり遅くなります。

だから スコアが出たらすぐに終了させないと次の作業ができませんね。

ということで ファイナルファンタジーXIV オフィシャルベンチマークを利用した感想は

予想よりもだいぶスコアが低いの凹みました (-_-;)

Ffbnch

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ワコムのBAMBOO COMIC

ワコムのペンタブレット・BAMBOO COMICで最近遊んでます。

このブログで記事の内容が解りやすいようにイラストを加えようと1年前に買ったんですが、

使ってみてペンタブレットで絵を描くのはかなり難しいのでずっと机の中に眠ってました 

P1000030

それに さし絵スタジオ という便利なソフトを教えてもらって、サンプル素材をアレンジしてイラストを簡単に導入できるようになったので、わざわざ自分で描く必要もなくなったし。

でも せっかく買ったのに使わないのは勿体ないので、机の中からひっぱり出して使ってます。

このBAMBOO COMICはイラスト製作用のアプリケーションがいくつか入っていて、

とりあえずは有名なComicStudioから使い始めました。

まあ 体験板みたいなものなので機能は製品版と比べてだいぶ制限されているようです。

Bamboocomic1

久し振りに小学生の時によく書いていたキン肉マンを書いてみました。

やっぱり 鉛筆で紙に書くのと違ってペンタブレット用のペンだとかなり書きづらいです 

自分がよく壁に描いたイラスト(?)も書いてみたけど・・ やっぱり思うように書けないなあ・・

Vbnm02

なので ペンでうまく書けないなら紙に書いた絵をスキャナで取り込んでなぞった方がいいみたい 

まず スキャナで取り込んで

Page

そして これをなぞってみました 

Vbnm01

これでバッチリ! リーゼントが決まったぜ  てか そんなに変わんないか ハハハ・・・ 

色も付けてみたけど、このように黒と灰色しか使えないんだよなあ・・

カラーパレットをほかの色に変えても反映しないし・・ やっぱり試用版だから制限されているのかな?

まあ これから使いながら機能を把握していきます。

ちなみにこのComicStudioの製品版を調べてみたら 一番高いのだと4万円くらいするんですね。

実際にマンガを描いている人はこれくらい高いのを使っているんだろな・・

安いのだと1万円くらいのがあるみたいです。

次にDELETERというメーカーの CG illustを使ってみました。

Deletercgilust1

これも有名なソフトなのかな?

先ほどと同じようにスキャナで取り込んでなぞってみました。

このソフトは色を付けることができました 

やっぱり 線だけでは絵にならないですからね

それと 先ほどのComicStudioではスキャナで取り込んだ画像を下敷きにして、新しくレイヤーを作成してその上に絵を描こうと思ったけど、

取り込んだ画像のレイヤーを表示しているとなぞったペンの後が表示されないので、取り込んだ画像を表示したり消したりと確認しながらでないとうまく書けませんでした。

けど このCGillstは取り込んだ画像を表示しながらなぞっていても、ペンの後が反映されるので

ComicStudioよりも描きやすいです。

そして 色を付けて仕上がりました。

Deletercgilust3

デコラ作 「弱い者いじめする不良」

う~ん バッチリ (ToT)/~~~ 

絵を描くだけならCGillstの方がいいみたい。

”描くだけなら” といったのは 試用版なのでファイルを保存できないようになっています。

「イベントを保存」という機能でとりあえずはファイルを保存できるけど、ファイルを開くだけで次からは編集して保存ができないようです。

Deletercgilust4

自分はマンガを作成するわけではないので、別にこれだけの機能があれば十分です。

このCG illustが今のところ一番使えるかな

それに 製品版もComicStudioよりも安くてお手頃な価格です。

それから 同じDELETERのCOMICWORKSというソフトも似たような機能で使いやすいです。

Comicworks

注意点はスキャナで取り込む時は先に大きさを調整しておかないとそのままの大きさで読み込むので、かなり大きくなってしまいます。

これも保存できないようになっていますが、「Web用に縮小保存」で画像だけなら保存できます。

どちらもマンガを描くなら製品版を買えってことですね。

とりあえず自分の使い道は ストーリーのあるマンガを描くわけではなく1場面のイラストだけで十分なので

先ほどやったようにペンタブレットでいきなりイラストを描くのは難しいので、鉛筆で下書きしたイラストをスキャナで取り込んでなぞって仕上げたり

さし絵スタジオ の素材をアレンジして、もっとわかりやすいイラストを作成することです。

それと せっかくだから4コマくらいのマンガは描いてみようかな 

小学校の頃まではよくマンガを描いていたんですよね~

ちなみにどうでしょう 「弱い者いじめする不良」は?

絵がうまいって? よく言われます  (ウソ)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

iiyama PLE2208HDS-B2

マウスコンピューター のダイレクトショップで週末に開催していた展示モニター大処分市で買ってきたもう1台のモニタ

PLE2208HDS-B2のセッティングです。

これは21.5インチなので箱もそれほど大きくなく持ち帰るに楽でした。

P1000045

中を開けてみて・・・ なんか小さく感じるなあ 

P1000060

一緒に買ってきた23インチのW2361VG-PF をセッティングした後だからそう感じるのかな

同じ21.5インチのSAMSUNGのP2270と比べてみました。

P1000069

フレームが狭いから小さく感じるだな ディスプレイ部分の大きさは一緒でした 当たり前か 

ついでにアイ・オー・データの19インチとも比べてみました。

P1000071

まあ さすがにPLE2208HDS-B2の方が大きく見えますけど、コンパクト差はあまりない感じがします。

フレームの幅だけでこんなに大きさが違うように見えるんですね。

早速繋げていつものごとく地デジ視聴で検証です。

P1000084

非光沢パネルなので一緒に買ったW2361VG-PF に比べると映像の迫力に欠けるけど、画質は満足です !(^^)!

とくに下から眺めた時の視野角はW2361VG-PFよりこちらの方がいいです。

P1000080

そして スピーカーです。

自分はモニタに搭載しているスピーカーで十分なんだけど、この前買ったAcerのH233Hbmidは音が小さすぎて使いものにならなかったので心配でしたけど、全然大丈夫でした 

1Wx2のわりには音も大きいので、自分が使っている500円の外付けスピーカーよりもいいです。

評判通りiiyamaのスピーカーは質がいいようです。

これだったら外部スピーカーは必要ないな。

それとこのモニタの標準の消費電力は43Wですが、エコモードにすると27Wとかなり削減できます。

しかも 応答速度も2ms(GtoG)で動画向きなので、長い時間使用するテレビ用には絶好のモニタです。

W2361VG-PFのようにテレビ用に使おうと思います。

W2361VG-PFはPT2用で、このPLE2208HDS-B2はピクセラ用にします。

Tvpc

そういえば このPLE2208HDS-B2と似たような名前のモデルがあるんですよね。

PLE2208HDD-B1 というモデルなんですけど、外見は全く同じなのでメーカーサイトのスペックを参照したところ、応答速度が違うようです。

自分が買ったHDSは2msだけど、HDDの方は5msみたいです。

だから PLE2208HDD-B1 の方が少し安いみたいです 500円くらいだけど

こんな感じでこのモニタはついでに買ったようなものなんですけど、なかなかいい買い物をしたと思います。

それにこのモニタにはちゃんとした本形式の取扱い説明書が入ってます。

P1000054

かなり分厚いので、ものすごい細かく載っているのかなと思ったら

英語、フランス語などの8種類の言語のページがあるからでした 

モニタの取説ってほとんどがCDに入っているPDFファイルだから印刷しておかないと設定を確認するときにわざわざパソコンを起動しなきゃいけないけど、

こうやって本の説明書があると手っ取り早く確認できるからいいですね。

三菱でさえ付いてなかったのに さすがiiyamaだね 

後、HDMI端子を搭載していたら最高だったんだけどなあ・・

まあ こんなに安かったんだし贅沢言ったらバチが当たるか・・ (*^_^*)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

LG W2361VG-PF

先週末にまたモニタを買ってきました しかも 2台

最近は多少安くても手を出さなくなったんだけど、秋葉原のマウスコンピューター のダイレクトショップで展示モニター大処分市をやっていて

LGのW2361VG-PFとiiyamaのPLE2208HDS-B2が1万円で出ていたので、買わずにはいられませんでした (*^_^*)

とくに LGのW2361VG-PFは以前に記事にも書いたくらい欲しかったので、展示に使ってたとはいえ通常は18000円くらいするのがこの値段で買えたのはかなりラッキーでした。

4/4 モニタの選択・1 (LGエレクトロニクス)

なので すぐにでも使いたいので帰ってきてこのW2361VG-PFから最初にセッティングしました。

P1000043

台座に少し傷が付いてましたね 展示品だったのでしょうがないか

P1000049

値段的に考えたら全然気になりません (^.^)

取り付けも簡単でモニタ本体と台座を合わせて下のネジを回すだけです。

P1000050

最近流行りの縁に艶があって下だけアクリルの縁になってます。

自分は角ばっている昔のデザインの方が好きですけどね。

P1000057

正面から撮影したかったけど、かなり艶のある光沢パネルなので撮影しているマヌケな自分が映り込んでしまうので、オフの状態では上からしか撮れませんでした 

裏面も光沢バリバリですね  でも カッコいいな 

P1000059

そして パソコンに繋げて画面を表示させてみました。

P1000064

光沢なのでさすがに見栄えがいいけど、色がかなり濃く感じます。

なので 設定を変えてみようと思って操作ボタンを探していたら

横にあるんですね 

P1000067

自分が所有している他の9台のモニタはすべてディスプレイの下のフレーム部にあるので探してしまいました 

早速設定してみようと思って説明書を見ようとしたけど、やはりCDだけで紙の説明書は入ってませんでした。

P1000076

まあ モニタに詳しい説明書が入っているのって見たことないけどね (*^_^*)

そして CDの中のPDFファイルを見ながら設定してみたけど、やっぱり色が濃いなあ・・

P1000065

自分のやり方が違うのかな? モニタの表示設定って輝度とコントラストくらいしかいじったことがないのでわからないので今度ゆっくり調整してみます。

自分は映り込みのない非光沢パネルの方が好きだけど、テレビなどの動画は光沢パネルの方が迫力があっていいですね 

最近はモニタに凝っていて欲しいモデルがたくさんあるけど、自分の納得いく値段でないと買う気になれないので、本当に欲しいモデルを手に入れたことはほとんどないけど、

このW2361VG-PFは現在市場に出ているLGのモニタの中では一番欲しかったモデルなので、かなり嬉しいです。

これでスピーカーが付いていれば一番良かったんですけど、レビューを見ているとLGの搭載スピーカーは期待できそうもないからいいかな

ということで このモニタは地デジ視聴用に使用します。

応答速度も2ms(GtoG)だし、23インチの光沢パネルなのでテレビにはピッタリです 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010 AKIBA PC-DIY EXPO 夏の陣・5

その他のブースは本当に覗いた程度です。

TEAMジャパンです。

Imgp0391

チームジャパンって・・ スポーツをする団体名みたいだね (*^_^*)

Imgp0392

自分もここのメーカーのDDR3のメモリを持ってます。

Dsci1453

とりあえずストックで買っておいたので現在は使ってません。

これはGIGABYTEやSIVERSTONEなどを扱っている代理店のマスタードシードです。

Imgp0443

メーカー企業ばかりなのに なんで代理店が出てるんだ?

おっと ここにものどから手が出るほど欲しいLGのW2442PA-BFあるじゃないですか

Imgp0447

SILVERSTONEのケースやUMAXのメモリなどが展示してあったけど、ほとんどW2442PA-BFを眺めてました 

ここの展示ブースつまらなかったしね

う~ん 見れば見るほど欲しくなる~

Imgp0450

ジャンク扱いでいいから売ってくれないかなあ 

でも この写真のようにちょっと下から覗くと真っ黒だから視野角は狭いね。

まあ 自分は正面でしか使わないので関係ないです。

そういえば インテルがオーバークロックのデモやってました。

Imgp0451

なんだかすごそうだったなあ

Imgp0457

それよりも このマザーボードが気になりました。

Imgp0458

CPUソケットが2つあったので、2種類のCPUが使えるみたい

これが所謂変態マザーってやつか

さっさとこのブースを後にしてしまったけど、もっとじっくり見てくればよかったな 

それからマイクロソフトのブースもありました。

Imgp0551

そういえば Office2010がもうすぐ出るんだっけ

自分は2003と2007、それとキングソフトもあるから必要ないけどね。

Officeの空箱でも展示してあるかと思ったんだけど、なぜかペンタブレットが展示してありました。

Imgp0553

ワコムのBAMBOO FUNですね。

自分も同じワコムのBAMBOO COMIC で最近遊んでます。

ペンタブレットで描くのって難しいんだけど、慣れてくるとおもしろいです。

 

そして 主催のユニットコムです。

Imgp0546

展示してあったのはWindows7キャラのデザインのノートくらいでした。

Imgp0548

これって売れてるのかな?

デザインの種類が豊富なのでよく見てこようと思ったけど、忙しそうで中に入れませんでした。

以上 2010 AKIBA PC-DIY EXPO 夏の陣の様子でした。

規模的にはプチPC-DIY EXPOって感じでしたね 展示ブースも少なかったし。

でも 面白いものもいくつか見れたし、メーカーのスタッフと話も出来たので満足でした !(^^)!

2010pcdiyexpologo_5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010 AKIBA PC-DIY EXPO 夏の陣・4 (アイ・オー・データ、プラネックス)

次はアイ・オー・データです。

Imgp0516

アイ・オー・データからそろそろH.264形式で録画ができる地デジチューナーが出るんですよね。

Pcreporth264tuner

PC Wath 関連記事

予想通りその製品のPRでした。

自分は動画関連のファイル形式がイマイチわからないので、このアイ・オー・データのブースでいろいろと聞いてきました。

自分はH.264(MPEG-4 AVC)はすごい奇麗な画質でファイルの容量が大きいのかと思っていたけど、

地デジを録画したファイルのMPEG-2 TS形式よりも容量が小さく、そのMPEG-2 TSをH.264形式に圧縮して保存する方法が多く使われているということを教えてもらいました。

圧縮したといってもそんなに画質を落とさずに保存できるから多くの人がこの形式で映像を保存するんですね。

ほとんどの地デジチューナーはMPEG-2 TS形式で保存されるみたいなので、これをソフトやキャプチャボードを使ってエンコードしてH.264などにファイルを圧縮しているようだけど、

このアイ・オー・データのGW-MVP/XSW、XSはH.264形式で録画を保存できるので、後からエンコードする手間が省けるので便利だと言っていました。

Imgp0519

それと もっと圧縮することもできるみたいで、2時間くらいの番組を1GB以下に収めることもできるようです。

すごいですね 通常のアナログ放送でさえ4GBくらいはあるからかなり圧縮されているということですね。

だから そのファイルの映像を見たけど 人の顔がぼやけている感じで、さすがに見れたものじゃないですね

せっかくの高画質の地デジ放送を録画する意味がないよな・・

まあ このチューナーを使う人はH.264で保存する人がほとんどでしょう。

このH.264の圧縮率も調整できるので、ハードディスクの残量に合わせて圧縮率を選択できるのは便利だなあと思いました。

値段はダブルチューナーのGV-MVP/XSW iconが21000円、シングルのXS iconが15700円くらいで

6月中旬の予定だから、もうすぐ出ると思います。

icon icon

それから マルチタッチのモニタも展示してありました。

まあ 自分はあまり必要ないかな・・ しかも 高いしね 

Imgp0518

次はネットワーク関連のアイテムを販売しているプラネックスです。

Imgp0529

世界最初といわれるBruetoothです。

Imgp0530

なんか 虫みたい 

Imgp0531

パソコン用無線LAN子機もさらに小さくなりました。

Imgp0533

自分もプラネックスの無線子機を使ってますが、これよりも少し大きいやつです。

GW-USMicroNという子機で自分が最初に買った時はコレが世界最小だったんですよね (*^_^*)


Imgp0054

GW-USMicroN

それから 450Mbpsの無線LANルーターも近々発売するようです。

Imgp0535

これだけのスピードがあればすべて無線でもいいよね。

まあ 距離や障害物でだいぶ変わるだろうけど

Imgp0538

それに 子機の方も対応してないと速くはならないから、全部入れ替えるとなるとお金もかかるし大変だよなあ・・

こんなに速いのでなくていいから300MbpsのMZK-W300NH2に興味があります。

現行モデルでは最速らしいし、値段もお手頃です。

プラネックスは価格がリーズナブルだよな 安いからといって性能が悪いわけではないし。

なぜルーターの方に興味を持つようになったかというと 現在使っているバッファローの無線LANルーターの調子が悪いからです。

まだ1年くらいしか使っていないのにLANポートが劣化して速度が遅くなっているみたいなんだよなあ

6/9 LANポートの劣化で回線速度の低下

だから プラネックスのMZK-W300NH2に換えようか検討中です。

安いので今すぐ買ってもいいんだけど、設定が面倒なんですよね・・

また一からパスワードやIDを設定することを考えると かったるいです。

まあ もう少し様子を見てバッファローの無線ルーターがこれ以上足をひっぱるなら買い替えます。

子機は全部プラネックスのGW-USMicroNなので丁度いいしね (^.^)

そのバッファローのブースもありました。

Imgp0504

自分の使っているパーツや周辺機器で大きな不具合が出てるのはバッファローだけなんだよな・・

だから 悪いイメージが強いです。

まあ 製品のバリエーションは豊富だし、自分も使っている機器はバッファローが多いのでしょうがないのかな 

Imgp0507

この新しそうなモデルのルーターはどうなんだ?

Imgp0508

性能は自分のより良さそうだけど

でも バッファローのルーターを買うことはもうないでしょう。

やっぱり プラネックスかな

2010pcdiyexpologo_4

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010 AKIBA PC-DIY EXPO 夏の陣・3 (ASUS、CoolerMaster)

こういうイベントには必ず出展しているASUSも覗いてみました。

Imgp0460

今回はマザーボードの新しいモデルがずらりと並んでました。

Imgp0461

この辺のモデルはすでに販売しているのかな? 

Rampageなどのマザーはオーバークロッカー専用マザーみたいなものなので普通に使おうとするとおかしな症状がでるというクセのあるマザーボードと聞いたことがあるので、

定格で使っている自分には今のところ買うことはないと思います。

次は日本ではまだ発売されていないモデルです。

これはSocketAM3のAMDのCPU用マザーボードです。

Imgp0468

Imgp0465

デザインがすごいよなあ  見てるだけでもパワーを感じるぜ 

ミリタリーベースのX58チップのマザーボードです。

Imgp0464

デザインが本当にミリタリーって感じです。

このモデルはヒートシンクにセラミックを採用しているようです。

Imgp0469

Imgp0470

マザーではあまり使われていない色だからインパクトあるよなあ

そして 自分が一番興味があったのがこのモデルです。

Imgp0463

このマザーもX58チップセットなんですが、グラフィック機能がないX58にAMDのGPUを搭載しているようです。

Imgp0467

なので グラフィックボードを付けなくても映像を出せるからお手軽です。

といっても この辺のマザーを使う人は必ずグラフィックボードを付けるでしょうけどね。

そして このマザーのすごいところは MSIのBig Bang-FUZIONと同じようにGeForceとRADEONを組み合わせて使えるという超マルチGPUな機能を搭載しているようです。

Imgp0475

今年の初めにBig Bang-FUZIONのデモを見た時は驚いて、他のメーカーもやりそうだなと思ってたら、早速ASUSが採用したみたいですね。

Pcreportbigbanfuzion

1/16 MSIの究極マザーボード・Big Bang-FUZION

余っているグラフィックボードをまとめて使えるのは便利だよね。

それに このIMMENSITYというマザーはヒートシンクが面白い形をしてます。

Imgp0471

鳥の羽? くちばし? 丸いところが目に見えるからくちばしって感じが強いなあ どっちにしても鳥のイメージでした。

それにしてもすごい形だよなあ

モニタも展示してありました 

Imgp0473

たしかASUSのモニタって消費電力が低いんだよなあ 値段が安いなら使ってみたいね。

Asuslogo_2

次はCoolerMasterを覗いてみました。

Imgp0489

このCoolerMasterも毎回出展しているのでちょっとだけ見て立ち去ろうかと思ったら

自分が欲しいケースが展示してあったので、しばし釘付けになりました。

Imgp0492

HAFの大きい方ですね たしか932

かと思ったら HAF-Xという新しいモデルのようです。

Imgp0495

これについては新製品発表会で詳しく取り上げられてました。

Imgp0512

内容はあまりよく覚えていないけど、以前のHAFより内部の取扱いが便利になったらしいです。

とくにオプションでキャスターを付けられるのはいいかも

Imgp0513

これだけ大きいケースは持ち運びが困難だからキャスターは付いていると楽だと思います。

ちなみに自分もこういうアイテムを使ってます。

Dsci1068

デスクの上に置くならいらないけど、自分みたいにデスクの下に置くには便利です。

自分は頻繁に周辺機器の取り外しをするので、これがないと床が擦れてボロボロになるし。

やっぱりカッコいいよな HAF 

Imgp0493

ハードディスクのトレイも便利だし

Imgp0500

大きいハイエンドグラフィックボードも楽に搭載できるしね。

Imgp0502

以前記事にも書いたけど、自分が欲しいのはHAFのミドルタワーの方なんですよね。

3/21 CoolerMaster HAF922

だから HAF-Xのミドルタワー版が出たら欲しいなあ

もちろん 現在出ているHAF922でもいいし 今一番欲しいPCケースです。

HAFのようなごついケースだけでなくおしゃれなケースも展示してありました。

Imgp0498

このケースは前からあるモデルみたいですね。

色を女の子っぽくして新たに投入したのかな

Imgp0499

まあ 自分は興味がないのであまりよく見ませんでしたけど。

そして 電源ですね。

Imgp0490

CoolerMasterの電源ってどうなんだろう?

まあ 老舗のメーカーだし悪いってことはないよな それにこのSILENT-PROというモデルは80PLUSのゴールドだしね。

この電源も高そうだな 

ということで CoolerMasterのブースも楽しめました。

というよりも HAFがあったからだけど (*^_^*)

2010pcdiyexpologo_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010 AKIBA PC-DIY EXPO 夏の陣・2 (グラフィックボード)

グラフィックボードを出しているメーカーもいくつか出展していました。

Saphhireは自分も使っているのでお気に入りのメーカーです。

Imgp0414

その中でも注目すべきは やはり6画面出力できるEyefinity6のRADEON-HD5870です。

Imgp0426

前にゲームフェスタでも触れましたが、出力ポートはすべてHDMIなんだよな

Imgp0423

DVI-Dだと6個も付けるスペースないもんね 

このグラボは多数の画面を使うゲーム専用のグラフィックボードというとこだろうね。

その6画面ゲームをAMDのブースでやってました。

Imgp0440

最初見た時はすごいと思ったけど、最近頻繁に見るようになったのでいい加減見飽きたな。

それから現在最強のHD5970です。

Imgp0425

そりゃそうだろうね HD5870を二つ乗せてるんだから

ちなみにTDPは294W  何ワットの電源を使うんだろう?

そして VAPOR-Xのモデルです。

Imgp0417

このVAPOR-Xはリファレンスモデルに比べるとかなり冷却に優れていて、長く使うならVAPOR-Xとショップの店員さんに言われたことがあります。

その分値段は高いんですけどね (*^_^*)

Imgp0421

ローエンドモデルも展示してありました Sapphireは品数が多いなあ

Imgp0419

自分が使うならこの辺で十分かな ゲームはそんなにやらないし 

もう少し価格が落ちたらHD5450を使ってみようかな

やはり使用するならDirectX11対応なのでWindows7だよね。

Imgp0418

次もSapphireと同じくATIのグラフィックボードを販売しているPowerColorです。

Imgp0520

このメーカーはあまりよく知らないんですよね

名前もPowerCooler「パワークーラー」だと思っていたし  パワーカラーだよね

ここもEyefinity6のHD5870がありました。

Imgp0522

まだSapphireだけだと思っていたけど、もういろいろなメーカーでも出ているようですね。

ここもいろいろなタイプのファンのモデルがありました。

Imgp0525

Imgp0524

ファンレスのHD5770、5750のモデルがあったけどちゃんと冷えるのかな?

まあ ヒートシンクはかなり大きいのが付いてましたけど。

それから 4画面で何かやろうとしていたんだけど このモニタ・・ 自分が使っているバッファローのFTD-W2233HSRみたいだな

Imgp0521

1年前に買ったんだけど、現在は影も形も見ないくらい市場から消えてしまったけど、こうやって使われていると嬉しかったりします (*^_^*)

そして最後にZOTACです。

Imgp0428

ここはNVIDIAのGeForce専門ですね。

最近普及してきたGTX400シリーズが展示してありました。

Imgp0429

性能はいいんだろけど、ATIと比べて消費電力が高すぎるよね 

だから もっと下位モデルが出るのを待ってます。

それから miniITXが展示してありました。

Imgp0433

ZOTACはマザーボードも出しているんですよね。

ケースに組んであるパソコンもあるんだよなあ それも展示してありました。

Imgp0438

なるほど こういう感じで搭載しているんだ 

小さいから組むのは面倒そうだね (*^_^*)

2010pcdiyexpologo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010 AKIBA PC-DIY EXPO 夏の陣・1 (オウルテック、LG)

今週末はベルサール秋葉原で「2010 AKIBA PC-DIY EXPO 夏の陣」というイベントを開催しているので覗いてきました。

フェイスTWOTOPパソコン工房 の株式会社ユニットコムの主催です。

Imgp0488

去年の秋に開催したPC-DIY EXPOよりは参加企業が少なかったですね。

とりあえずはひと通り覗いてきました。

まずはオウルテックです。

Imgp0394

電源のSeasonicが有名ですね。

Seasonicは品質が優れていてかなり評判がいいので自分も使ってみたいんだけど、高すぎて手が出ないです 

そのSeasonicのXシリーズという新しいモデルをPRしてました。

Imgp0395

80PLUSのGOLDですね 変換効率85%以上だっけ? 電気代を多少節約できそうだから欲しいなあ・・

そういえば オウルテックって自宅から近い所に会社があるんですよね。

なので 製品の初期不良や保証期間内に壊れた場合は郵送せずにそのまま会社の方に持ち込んでもいいかと聞いてみました。

事前に連絡しておけば直接持っていってもOKだそうです。

修理は一日でも早くしてもらいたいですからね

自分が持っているオウルテックの製品といえば・・ このアクリルケースくらいですね。

Dsci1657

ケースの色とブルーLEDがキレイなので気に入っているんですが、ファンの音が結構うるさいです 

そのうち電源も使ってみたいです Seasonicでなくてもいいから (*^_^*)

そのオウルテックのブースでデモに使っているモニタをよく見てみたところ

Imgp0399

自分が欲しくて欲しくてたまらないLG電子のW2442PA-BFじゃないですか~ (◎o◎)/!

Imgp0401

デモなんかで使うなら自分に売ってくれよ~ 

未だに忘れられないモニタです もう市場にはほとんど残っていないみたいなんだよなあ・・

次はそのLG電子のブースです。

Imgp0413

もちろん3DモニタのW2363D-PFがメインでした。

Imgp0408

ステージで製品の発表もやってました。

Imgp0543

モニタ内部のセルが銅で細かく表示できるなどいろいろと製品の説明をしてましたが、イマイチよく把握しきれませんでした 

自分はまだ3Dはいいかな 

それよりも展示したあった超解像技術のLEDのモデルの方が興味あります。

Imgp0407

LEDの省電力にももちろん興味がありますが、ぼやけているところをクッキリと映し出す超解像技術を通常のモニタと比較してどれくらいの差があるのか試してみたいです。

よく見るとアバターを流してました。

Imgp0406

つい最近観たけど 噂どおりおもしろかったです !(^^)!

これを超解像モニタや3Dモニタで観てみたいですね 通常でも迫力満点なので 

それと書き込みもできるブルーレイのスーパーマルチドライブも展示してありました。

Imgp0412

再生専用は持っているけど書き込みのできるドライブは持っていないので、

だいぶ安くなってきたようだしそろそろ買おうかな 

2010pcdiyexpologo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iiyamaのLEDバックライトモニタ・PLE2472HD-B1

iiyamaからまた新しいモデルのモニタがでました。

PLE2472HD-B1というモデルで今度は24インチのLEDバックライトで、今日から販売するようです。

Pcwatchple2472hdb1

PC.Watch 「iiyama、LEDバックライトの24型フルHD液晶」

この前25Wの省電力版のPLE2410HDS が出たばかりなのに・・

5/21 iiyamaの省電力24インチモニタ PLE2410HDS

モニタは新しいモデルの投入が早いですね。

スペックはホワイトLEDバックライトを採用していて、通常の消費電力が24Wに抑えられ

エコモードにするとさらに35%削減できるようで、価格は30000円前後です。

このモデルの感想としては・・

出たばかりとはいえさすがに値段が高いし、この前出たPLE2410HDSと1Wし変わらないので、低コストで省電力志向の自分としたはあまり魅力がないような・・

それとメーカーのホームページでスペックを参照したところ

Ple2472hdspec

メーカーサイト PLE2427HD-B1スペック詳細ページ

スピーカーが搭載されていないようです。

iiyamaのモニタはほとんどのモデルにスピーカーが付いているのに、このLEDモデルはなぜスピーカーを付けなかったのかな?

モニタのスピーカーはおまけみたいなものとよく言われているけど、自分は音質に拘らないので搭載スピーカーで十分だし、

iiyamaのスピーカーって他のメーカーよりも良いと聞いてます。

もしかしたら LEDの関係で付けなかったのかな?

スピーカー分の消費電力が加わると28Wくらいになっちゃうもんね (*^_^*)

それを考えるとこの前出たPLE2410HDS の方がいいような気がするんだけど。

値段も今回登場したLEDのPLE2472HD-B1が約30000円に対し、

PLE2410HDSの相場は21000円前後なので、別途スピーカーを用意することを考えると PLE2410HDSの方が断然コストパフォーマンスが高く手が出しやすいです。

しかもNTT-X store だったら期間限定だと思うけど色が黒のB1だと19500円で出てます。

なので 自分がこの2つのモデルでどちらかを選ぶなら断然PLE2410HDS です。

でも 自分が狙っているのはどちらでもなくピポット機能が付いているPLB2409HDS です。

立て続けに新しいモデルが出たにも拘らず未だに高いんだよなあ 

しかも PLE2410HDSよりも高いです。

やっぱり ピポット機能が付いているから値が落ちないのかな・・

出てから1年半くらい経つのでそろそろ市場から消えそうだけど、もう少し値が下がるまで辛抱して待ってます。

ということで 今回出たiiyamaのLEDバックライトのモデルは自分としては微妙なところだけど、

LEDを探しているけど海外メーカーはイマイチという人には朗報だと思います。

造っているのは海外だろうけど、日本のメーカーということで安心感はありますよね。

自分も今まではパネルバックライトも3年保証のLGが一番興味があったけど、最近はiiyamaの方に替わりました。

それに LEDは低発熱だからこれからの季節には最適です。

自分が使っているほとんどのモニタは結構熱くなるので、暑い夏の部屋の温度を一層高めてくれます 

まだ高くて手が出ないけど、そのうち使ってみたいね

軽くて低発熱のLEDバックライトのモニタを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

P45-8D Memory Loverのスイッチ修理レポート

以前にMSIのマザーボード・P45-8D Memory Loverのスイッチトラブルについての記事を書きました。

P45-8D Memory Loverのスイッチトラブル

このP45-8D Memory Loverにはボード上にパワースイッチとリセットスイッチが付いているんですが、

Dsci1703

このスイッチが”硬い” ”戻りが悪い”などのトラブルが多いので、MSIのサイトでも率先してサポートに対応しています。

自分のは硬いけど使えないことはないので、修理に出そうか迷っていましたが

結局、先週修理に出しました 送料も佐川急便なら着払いでもOKだし。

MSI本社のある台湾に送るので修理期間は2~3週間くらいと言っていたけど、1週間で戻ってきました。

早速 中を開けてみると検証報告書が入ってました。

P458dbottonsupport

検証に使ったパーツや正常動作確認に使用したベンチマークソフトなども記載してありました。

ただ 動作確認の欄に未再現に印が付いているんだけど、これどういう意味なんだろう?

自分のはボタンが硬いだけで不具合はないということなのかな

とにかく報告書よりもボタンがどうなっているかが重要なので押してみました。

すると 前より硬い・・・

しかも 前は押して引っかかる感じはなかったけど、なんか引っかかるような・・

実際ボタンを押したときにどうなるか試してみたいので、再び組み込みました。

P1000036

そして 何回かパワースイッチとリセットスイッチを押してみて、一回だけパワースイッチで電源を切った後にすぐに起動することがありました おそらく引っかかっていたんでしょう。

感じとしては以前よりも押す力が弱くても反応するようになった気がします。

硬くなったというより押すストロークが短くなったという感じです。

だから 強めに押したときに引っかかるのかも

P1000039

強く押さなければ引っかかることはないようで大丈夫だと思うけど、なんか不安だよなあ・・

以前よりも硬くなっていることは確かだし。

このスイッチの硬さを比較しているのは同じMSIのP55-GD65で、これもボード上にスイッチが付いていて

P45-8D Memory Loverよりも全然柔らかく押しやすいです。

Dsci1523

MSI P55-GD65 スイッチ

このP55-GD65と比べると硬かったので修理に出したんだけど、このP45-8D Memory Loverはこれくらいの硬さが通常なのかな?

でも とりあえずは使えていたからわざわざ修理に出さなければよかったです。

まあ ボード上のスイッチを使わなければいいことだから いいか・・

生板のケースで組むわけではなく通常のケースで組む予定だから、ボード上のスイッチでパソコンを起動するわけではないしね。

ケースのスイッチが壊れた時にボード上にスイッチがあると便利だなあと思っていた程度ですから。

ということで これから修理出そうとしている方は

今のところ不具合がなく使えているなら修理に出さない方がいいと思います。

まあ ボード上のスイッチを多用する人ってあまりいないだろうけど。

今回のMSIの修理に関しては 

パーツは扱いやすいし、サポートセンターも対応がいいのでMSIは好きなんだけど、スイッチが柔らかくなるどころか硬くなって帰ってきたので ちょっとガッカリです (-_-)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LANポートの劣化で回線速度の低下

最近WEBページの表示が遅くなったので、この前NTTに問い合わせたところ

回線には問題がなく、アクセスポイントとして繋いでいるバッファローの無線LANルーターに原因があったということを以前記事に書きました。

Myblognetwork

5/22 光回線の速度測定

無線なら障害物などで左右されるので仕方ないけど、ケーブルを繋いでいる有線状態でNTTのONUとかなり回線速度の差があります。

回線は遅かったり繋がらなかったりする時はあるけど、とりあえずはインターネットはできるので壊れてはいないようです。

ルーター自体が劣化してきたのかと思ったけど、去年の1月に買ったからまだ1年ちょっとしか使ってません。

だから 1年くらいで劣化というのも考えにくので、設定などで改善できるのか聞いてみたくてバッファローのサポートセンターに電話して聞いてみました。

ちなみに使っているのはWZR2-G300Nというモデルです。

Buffalowzr2g300n

バッファロー WZR2-G300N詳細ページ

まず 先日のNTTとのやり取りで回線速度を測定した時に、NTTのONUに繋ぐと290Mbpsも速度が出るのに対し、

WZR2-G300Nに繋ぐと72Mbpsと速度がガタ落ちすることを伝えたところ

このWZR2-G300Nは100Mbpsまでしか対応していないみたいで、そこから2~30くらいは落ちるので、72Mbpsだったら正常な速度らしいです。

それを聞いた時は「あ~ なるほど 」と思ったけど、このルーターって300Mbpsじゃなかったっけ?

WZR2-G300Nの300は300Mbpsということなんじゃないのか バッファローのホームページにも300Mbpsって書いてあるぜ 

それとも LANポートからケーブルで繋ぐとそれくらいしか出ないのかな?

まあ 後からこのことに気付いたので問いただすことはできませんでした 

次に 以前よりも確実に回線の調子が悪いということを伝えたら、

LANポートの劣化が原因かもしれないということでした。

Imgp0387

まだ1年ちょっとしか経っていないに劣化しちゃうの? 

サポートの方もまだ新しいので可能性としては低いと言っていたけど。

そして最後に 以前感度が悪くなったような気がして問い合わせた時はチャンネルを変えると改善されると言っていたので、チャンネル設定で改善されるか聞いてみたところ、

これは無線で使っている場合だけでケーブルで繋いでいる有線の場合は関係ないようです。

ということで 結局対策らしきことが見つからないのでそのまま使うしかないです。

でも WZR2-G300Nに繋いでいたらページが表示されるのを待つ時間が長いし、表示されない時があってかなりストレスなので、有線はケーブルを全部ONUに繋ぎ替えることにしました。

ちなみに表示されないというのはデル のサイトで、繋がらない時が頻繁にあります。

Dellnoaccess

昨日記事を書くのにサイトにアクセスしたらまた繋がらないので、ONUにたまたま繋いでいた別のパソコンでアクセスしたところ速効で繋りました。

速度が遅いのはわかるけどWZR2-G300Nの方だけ繋がらないというのも変だよなあ・・

以前の記事でデル のサイトは繋がらない時があると書いたことがあったけど、デルのせいではなく自宅の無線LANルーターが原因だったということがわかりました。

この前のリンクシェアの見本市の時にそのことをデルのスタッフに言っちゃったんだよなあ・・

デルのスタッフさん ごめんなさい あれはうちのルーターが原因でした m(__)m

U

ここまで調子悪いとあまり使う気になれないけど、無線で繋げているパソコンが使えないので仕方ないです 

まあ バッファローの無線LANルーターはもう買わないだろうな

LANポートの劣化ではないかもしれないけど、1年で性能が落ちたのは確かだから。

保証期間しかまともに使えないというのはひどいね。

ソニータイマーを思い出しちゃったよww

他の原因としてはケーブルの劣化や速度対応していないというケースもあるけど、同じケーブルで付け替えて改善されているから関係なさそうです。

それと ファームウェアをダウンロードして適用すると改善される場合もあるようです。

改善される可能性は低いようなので 自分は面倒だからやらないけどね。

この前のモニタを修理に出した時といい なんかバッファローの製品って信頼性が薄いな

12/10 バッファロー製モニタの修理レポート

自分はパーツや周辺機器を100種類くらい使っているけど、大きな不具合が出てるのってバッファローの製品だけなんだよなあ 

これから絶対買わないということはないけど、競合商品で目ぼしいのがあれば選ばないようにしておこう。

Buffalono

| | コメント (0) | トラックバック (0)

六角大王でアニメーション作成

3Dモデリングは自分にはまだ難しいので、アニメーション作成に挑戦してみました。

この六角大王 はモデリングよりも動画作成に使う人が多いようですね。

まあ 動画作成も簡単ではないと思うけど、こちらの方がおもしろいそうです。

作成するアニメーションは普段自分が練習しているキックボクシングのミドルキックのフォームをつくってみます。

とりあえずは人物キャラなんだけど、六角大王にはアニメ調の素材がないので

さし絵スタジオ の素材を使いました。

同じ会社の姉妹品なのでお互いのファイルを使えるのは便利です。

使う素材はいつも使っている「男とび職」です。

Rokkakuyouchara

拡張子の形式によっては六角大王で使えないファイルもあるので、ファイルメニューの「六角大王Super形式で保存」でNASに保存しました。

そして 六角大王でこの素材を開いて手足を動かします。

Kickblog1

手足が動かせるように骨組が入っているんだけど、これが未だに思い通りにいきません 

移動ツールと回転ツールで動かすんだけど、移動ツールだと他の箇所も一緒に動いてしまうことが多いので難しいです 

なので ほとんど回転ツールの方で動かしてます。

Kickblog2

この回転ツールはこのように円が表示されて動かしやすいです。

大きく動作を変えるなら移動ツールの方がいいみたいです。

Kickblog3

そして アニメーションウィンドウを出して、いろいろとポーズを変えた時に「立体0 骨組(人物)」の欄に右クリックしてフレーム番号にキーを入れていきます。

Kickblog4_2

動かしたら大体2~5フレームずつキーを入れていきました。

その間のシーンは動かした過程どおりの動きをするみたいなので、あまり無理な変化をするとアニメの動きがおかしくなるようです。

あまりうまく動かせなかったけど こんな感じでいいかな 最後のフォームは決まったな

Kickblog5  

さしスタのアニメ調は3頭身なので頭が大きすぎて手のガードが顔を覆いきれないね 

今度作る時はこの前作った頭の小さいニューデコラ君を使おう。

これだけではつまらないのでソリッド立体ツールの円柱を利用してサンドバッグを入れて、ジムのマットが赤なので色も付けておきます。

これで完成です。

Kickblog6

ちなみにこれがリアルななめらか面表示です。

Kickblog8

ずっと同じ表情ではおかしいのでライブラリウィンドウから怒っている表情を一番下の・・・/face/に蹴る直前のフレームに追加しておきました。

そして 簡易再生して仕上がりを見てみます。

う~ん やっぱりうまく骨組をうごかせなかったせいか手の動きが不自然だなあ・・

まあ しょうがないか これからテクを磨いていきます。

最後に仕上げ再生 レンダリングですね。

Kickblog7

これは結構時間がかかるので気長に待つとします。

そして ようやく出来たのがこんな感じです。

さすが仕上げだけあってリアルです。

でも これはアニメのキャラなので動画もアニメ調の方がいいですね。

今回は蹴り一発だけなのでフレーム数も少なく簡単に出来ましたが、

これにパンチや膝打ちなどのコンビネーションを加えるとなるとかなり難しいそうです 

まあ 少しずつ作業していって いつかは2人のキャラが対戦しているシーンを作ってみたいです。

やっぱりモデリングよりもアニメ作成の方がおもしろいです !(^^)!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

マイホームデザイナーで古い和室を再現

このマイホームデザイナーを購入した当初に自宅を再現してみたんですが、

説明書もろくに読まずに手っ取り早く作成したので和室のデザインが違います。

デフォルトで和室を設定すると現在では主流の大壁なので、昔風の長押と柱で仕切られた壁の和室の再現に挑戦してみました。

Myhomewa2

Myhomewa1

とりあえず長押の取り付けからやってみました。

長押は梁で作るので「梁の配置」で配置します。

Myhomewa3

配置した梁は天井から長く伸びているので高さを設定します。

高さ設定方法をデフォルトの「天井につける」から「床からの高さを設定」にして 床からの高さの数値を入力します 大体1.8mくらいなので入力する数値は1800mm前後ですね。

Myhomewa5

そして 梁の高さに幅を入力します これも大体10cmくらいだから100mm前後です。

これで長押を再現できました。

Myhomewa6

次は仕切っている柱です。

これも「柱の配置」からの操作になります。

Myhomewa7

四角形を選んで配置します そうすると黒い四角形が記されます。

これで柱が配置されました が 壁と同色でよくわかりませんね。

Myhomewa8

なので これに色を付けます。

ついでに先ほど配置した長押と廻り縁も色を統一します。

これでほぼ自分の部屋を再現できました。

Myhomewa9

でも これで完成ではないんですよね 長押の下にある枠の鴨居が付いてないので窓枠に隙間が出来てしまいました。

Myhomewa10

なので 長押の下に鴨居、付け鴨居を配置します。

これも長押と同じように「梁の配置」でプロパティで位置や幅を入力して配置します。

まだ色は変えてませんが とりあえず配置できました。

それと 四隅に柱があったのを忘れていたので配置しました。

Myhomewa11

Myhomewa12

そして 鴨居に色をつけてようやく完成です。

Myhomewa13

上にも物入れの襖があったので追加しました。

Myhomewa14

これでようやく完成です 

せっかくここまで昔風の和室を造ったので、自宅にはないですが床の間を造ってみます。

床の間の部分は階段だったので階段を外して、階段を設置すると自動的に配置される吹き抜けも削除しておきます。

間取り編集画面で床の間を配置してプロパティで床の間らしく床高を少し上げておきます 天井高も自動的に高さが差し引かれます。

Myhomewa15

そして 「壁を編集」で壁開口を選択して床から下がり壁の開口部の寸法を入力します 2mくらいだから2000mm前後でしょう。

Myhomewa16

先ほど配置した柱を床の間用の床柱に変えます 床柱は「柱の配置」で円柱を選びました。

そして 最後に下がり壁の枠になる”落とし掛け”をつけます これも先ほどと同じように梁で作成します。

これで 配置は完了です。

Myhomewa17

これに円柱と落とし掛けのデザインと奥の面の壁だけアクセントを付けてみます。

床柱には床柱用のテクスチャが用意されていて、「内装材設定」から”壁紙を貼る”で材質タブにあります。

Myhomewa18

落とし掛けに色を付けて 奥の壁面だけクロスを貼って

これで完成です。

Myhomewa19

まあ なんとか様になったけど、よく見ると所々襖と柱の隙間があったり上の廻り縁も柱よりは出ているんですよね・・・

Myhomewa20

なので 完全ではないです  てゆうか 微調整が非常に難しいです。

ドラッグでの調整はグリッドをオフにしてもなかなかうまくいってくれないので、数値での入力の方がいいみたい

それと 間取り編集と立体化を行ったり来たりしてとかなり疲れました 

なので ある程度間取り編集で設定した後はできれば立体化ですべての作業を行った方がいいですね。

それと 微調整が難しいからどうしても3Dで角度を回転させて何回も確認しなければいけないので、

3D回転の画面ばかり見ていると気分が悪くなります さすがに 

なので このマイホームデザイナーは少しずつ操作に慣れながら作成していった方がいいですね。

自分はせっかちなので一気に覚えようとするから疲れてしばらくやらなくなっちゃうんだろうな・・ (-_-;)

でも 和室だからこんなに手古摺るんだと思います。

和室は実際施工するのも大変ですからね とくに古風なタイプは

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レノボの四半期末決算セール Final

レノボの四半期末決算セールの最後に42280円のThinkPadと

デスクトップのThinkCentreがモニタ付きで29860円とかなり安く出てます。

値段表示はThinkPadが47880円、ThinkCentreが34860円と出てますが、クーポンを適用すると5000円引きになります。

まずは42280円のThinkPadから モデルはThinkPad SL510です。

CPU:インテル Celeron プロセッサー T3000 (1.80GHz)
OS:Windows 7 Home Premium 32 正規版
ディスプレイ:15.6型HD液晶(1,366x768) VibrantView
RAM:2GB PC3-8500 DDR3 (1スロット使用)
HDD:160GB (5400rpm)
光学ドライブ:DVDスーパーマルチ, 固定
ワイヤレス:インテル WiFi Link 5100 (802.11a/b/g/n)

キャンペーン価格 : ¥ 47,880-
クーポン適用価格 : ¥ 42,880-

以前にこのモデルを取り上げた時はクーポンがなかったんですけど、今回はクーポン適用で5000円も値引きになるのでかなりお買い得です。

でも クーポンの存在ってイマイチわかりづらいですよね 

使い方がわからずに購入してしまって損したという人も多いみたいです。

クーポンは商品の一覧などのページの上の方に大体出てます。

Lenovocopon

これをコピーしてカートのeクーポンのところの「コード入力」と書かれているボックスの中に貼り付けて「適用」をクリックすれば自動的に値引いた額が算出されます。

これが クーポンを適用して42880円になった見本です。

Lenovocopon2_2

こういうシステムって買い慣れていないとわかりにくいです。

5000円も違うので適用しないとかなり損することになります。

こういった感じで行えばThinkPadが42880円という安い値段で購入できます。

次は29860円のThinkCentreです。

ThinkCentre A58e Eco UltraSmall 特別価格パッケージ

CPU:インテル Celeron プロセッサー 450 (2.20GHz)
OS:Windows 7 Home Premium 32 正規版
ディスプレイ:15.6型HD液晶(1,366x768) VibrantView
RAM:2GB PC2-5300 DDR2 (2スロット使用)
HDD:160GB (5400rpm)
光学ドライブ:DVD-ROM
イーサーネット:内蔵ギガビット・イーサネット

キャンペーン価格 :¥ 34,860-
クーポン適用価格 :¥ 29,860-

29000円くらいのデスクトップは以前にデルやHPのキャンペーンで出たことはありましたが、モニタは付いてませんでした。

でも この特別価格のパッケージはモニタがついての値段ですから破格といっていいでしょう。

まあ 安いといっても自分みたいに何台か所有していれば買ってもしょうがないけど、

もし ”何でもいいからパソコンが今すぐ欲しい” という人には朗報だと思います。

中古パソコンだってこれだけ整っているスペックだったら3万円以上しますからね。

最近中古パソコンの方が高く感じるのは自分だけだろうか・・

Chuukotakai

こんな感じで四半期末決算セール Finalはキャンペーンの最後だけあって今まで見た中では一番安いです。

それと レノボは送料がすべて無料みたいですね。

Lenovosouryoumuryou

カートに入れても送料が表示されないので調べてみたら全製品送料無料のようです。

たかが送料と思いがちだけど、これが結構ばかにならないです。

デルやHPは送料がかかるので、表示されている値段が安くて”いざ購入”とカートに行くと

送料が加算されて”なんだ 高いじゃねーか”って思ったことがある人も多いと思います

自分もデルのパソコンとモニタを買った時はキャンペーンで送料無料の時に購入しました。

高くても5000円くらいだろうけど カートで加算されるとお得感が薄れると思う人も少なくないんじゃないかと思います。

レノボは他のメーカーよりも高いイメージがあったけど、こういうところはサービスがいいですね。

ちなみにこの四半期末決算セールは6月10日(木)までやってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AMDからも新しいCPU

インテルの倍率可変のKシリーズばかり取り上げられていて気付かなかったんですが、

AMDからも新しいモデルのCPUが出ていたようです。

Pcwatchathlon640

PC Watch 参考記事

3種類ぐらい投入されたようですけど、

注目はクアッドコアのAthlon II X4 640でしょう。

Athlon II X4 シリーズは現在635まで出ていて、今回の640は最上位のモデルで動作クロックが3.0GHzで、

機能やTDPは従来のAthlon II X4 シリーズと変わらないようです。

価格も現在12000円前後なので、3.0GHzのクアッドコアということを考えるとかなり安いですね。

icon icon

AMDのクアッドコアはリーズナブルな値段でいいですね 

クアッドコアは現在2つ使っていて、Corei5-750が20500円、Core2Quad-Q9550が26500円だったので やっぱりインテルは高いよなあ・・ 

性能はいいんだろうけど、そこまで負荷のかかる作業をすることはないし、

オーバークロックを常用することがない自分にはAthlon II X4 シリーズで十分だよなあ

いや デュアルコアのAthlon II X2 シリーズで十分かも (*^_^*)

AMDのパソコンは1台もないので一回使ってみたいです CPUは安いし、オンボードグラフィックもインテルより性能がいいしね !(^^)!

まだ使ったことがないAthlon II X2 シリーズの240を持っているので、AMD785Gのマザーボードがもっと安くなったら組んでみようと思います。

Dsci2268

それと このAthlon II X4 640が出たことによって1月に登場した下位モデルの635の価格が下がって1万円以下で買えるようになったみたいです。

インテルでは2万円以上のデュアルコアのモデルがあるということを考えるとかなり安く感じます   

下位モデルといっても動作クロックが2.9GHzだから新しい640と0.1GHzしか変わらないので、性能は体感できないくらいの差でしょう。

なので 新しい640よりも今は1万円以下の635の方が魅力あるね (^.^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

六角大王で顔のモデリング

六角大王で人の顔の作成に挑戦しました。

前に作った時はデスマスクみたいになってしまったので、再び挑戦です。

さて とりあえず左右対称にするのでレイヤーウィンドウの人の形をしたアイコンをクリックして

標準レイヤーから対象レイヤーに変えます。

Rokkakulayer2

まずは「折れ線入力ツール」で正面の位置で線を繋いで顔のパーツを作っていきます。

この六角大王でのモデリングは線を引いて形を作って面を張っていくんですが、

3Dなので角度を変えて形成していくのが非常に難しいです 

目鼻口を作ったら横面に変えて奥行きの調整です。

正面で引いた線は横にすると線がすべて重なっているので、角度を変えてパーツを確認しながら奥行きを調整します。

Rokkakulayer3

この奥行きの調整が一番難しいんだよなあ・・

下手にいじると形が崩れるので、目などのパーツごと奥行きを変えるなら

「立体選択/移動ツール」で選択して切り取り→貼り付けした方が早いですね。

そして 大まかな形ができたら線を増やしていきます。

Rokkakulayer4

さらに線を増やして唇を作ってみました。

おっ! これはうまく作れたのでは  

Rokkakulayer5

今まで作った中では一番様になってます !(^^)!

これにもっと線を増やして いよいよ面を張ります。

面を張れるのは繋がれた線が三角形と四角形だけで、五角形などの多角形にならないように線や点を増やしていきます。

線をいくら引っ張っても多角形になってしまうときは「頂点選択/移動ツール」でCtrlキーを押してクリックすると点を追加できるので、点を増やしてどうにかすべての面を張ることができました。

Rokkakulayer6

まあ 前回よりは顔らしくなったかなあ・・

そして 最後に目玉を入れます。

これは「ソリッド立体ツール」の”球”を選択して球体を作ります これは簡単だね。

これでパーツの作成は完了で 次は色を付けます。

肌の色と目玉、唇の三色だけですけどね。

Rokkakulayer7_2

うん なかなかいい感じ  

線を消さないといけないので、表示をなめらか面表示に変えます。

Rokkakulayer8

やったー! 前回よりも顔らしくなった !(^^)!

自分にしては上出来です ♪

アニメ調表示も見てみました。

Rokkakulayer9

アニメ調でも悪くないね

さあ それでは仕上げのレンダリングです。

仕上げ表示(レンダリング)で設定をしてから開始します。

室内だと真っ黒になったりするので一番明るそうな明るい屋外での設定にしました。

そして レンダリング開始です。

レンダリングってCPUのパワーをフルに使うんですね。

Rokkakulayer10

ベンチマークの計測以外でCPUの使用率が100%まで行ったのを初めて見ました。

このパソコンはCore2Quad・Q9550なのでCPUの使用率が100%まで行くということは

マルチコアに対応しているということですね。

それにしてもGPUの温度が全く上がらないところを見ると やっぱりレンダリングにGPUは関与しないんですね。

そして 仕上がってこんな感じになりました。

お~っ!! やっと 顔らしくなった \(^o^)/

Rokkakulayer12

でも リアルすぎて怖~っ 

まだまだ線を増やしてもっとなめらかにしないといけないんだけど、とりあえずは今回は顔らしくなったので良しとします。

それにしてもモデリングって難しいですね 

何でも一から物を作るってことは容易じゃないよなあ・・・

このモデリングはたまに挑戦する程度にしておいて、動画作成の方に力を入れていくつもりです。

この六角大王は動画作成に使っている人が多いみたいですからね。

ちなみに今回の顔のモデリングはとうふやさんのホームページの六角大王講座を見ながら作成しました。

Rokkakulayer11

とうふや 六角大王講座

この六角大王講座は基本的なモデリングのコツが書いてあるので大変参考になります。

さすがにとうふやさんみたいにうまくできませんでしたけどね (*^_^*)

とうふやさん ありがとうございました m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さし絵スタジオで人物合成

このブログで使っているイラストはさし絵スタジオ の素材をアレンジして使っていて

いつも使っているキャラは飽きたのでオリジナルのキャラを作成してみました。

Jinbutsugousei8

いつも使っているのは「男とび職」というキャラで、素材の中では自分の仕事に一番近いので採用してます。

このさし絵スタジオには人物の合成ができるので、いろいろと試してみました。

ファイルメニューから人物の合成を選択するとダイアログが出ます。

Jinbutsugousei3

Jinbutsugousei1

自分キャラを作る前に女性キャラを作ってみました。

やはり 花があったほうがいいしね 

とりあえずはインパクトある派手なのがいいなあ・・

ということで 

Jinbutsugousei4

バニーガールにしました  使った顔はマンガ系1の中の「少女」です。

この人物の合成は最初の時点では顔が小さいので、これだと表情がよく見えなくてシーンがわかりにくいので一番上の頭身のゲージを動かして頭を少し大きくします。

といっても 通常のアニメキャラは3頭身で頭が大きすぎるので、違和感のないくらいの大きさにはしますけど。

次に髪型も替えておきました。

顔の大きさが変わると髪形がうまく収まらないので選択アイテムの大小や上下などのゲージを動かして調整します。

髪型はマンガ基本の中の「シンプル女髪1」です。

Jinbutsugousei5

これでだいぶ色っぽくなったかな・・・ 

そして 完成したら保存して、次からはサイドバーのファイルからその人物を使うことが出来ます。

すぐに使う場合はファイルが反映されていないので、サイドバーのフォルダが表示されているところを右クリックして最新の情報に更新します。

Jinbutsugousei9

早速、合成したキャラが反映されるかやってみました。

とりあえずは試すだけなのでなんでもいいや 入学式かな? これ

Nyuugakusiki3

これをお母さんの方だけ変えるには範囲選択を解除しておいて作成したキャラをドラッグしてきて お母さんの上で円のような矢印になったらドロップすると

P1000033

お母さんだけバニーガールに変わりました まあ バニーちゃんはこんな感じでいいかな

Nyuugakusiki1
ちなみに これを範囲選択した状態でドラッグ&ドロップしてしまうと

P1000035

二人ともバニーガールになってしまいます。

Nyuugakusiki2
なかなか違和感のあるイラストができてしまいました 

実は今まで一人だけを限定して変えることができないと思っていて、昨日やっとこの方法に気付きました。 

それと 他人数の素材を反映させるのはメモリの容量とCPUのパワーをかなり消費します。

Jinbutsugousei7

Radiotaisou2

このさし絵スタジオはそこまで要求スペックは高くないと思うけど、スペックが高い方が処理が速くて扱いやすいでしょうね。

自分はCPUがCore2Duo・E7400でグラフィックボードはGeForce・9600GTの省電力版を使っていて、とりあえずは快適に使えていると思います。

まあ グラフィックボードはもっと低スペックでも十分使えそうですけどね。

とういうことで とりあえずバニーガールはこんな感じで使っていこうと思います。

Douzo
ナビゲータって感じが一番合いそう  少女の顔なんだけどなんか色っぽいよなあ 

骨組みが入っていていろいろとポーズを変えることができるので、パソコン情報日記の案内役として活躍してもらおう ♪

それと パーツや周辺機器の購入を検討して迷っている時の誘惑キャラとしても使えるな 

そんなことより 自分のキャラを作らないと 

合成の素材を一通り見たけど、これといったのがないんだよなあ・・

なので 結局前のキャラの髪型を変えただけのこのキャラで行きます。

Newmychara
髪型をマンガ基本の中の「シンプル男髪1」を調整して長めの髪にして、顔を以前より小さくしただけです。

とりあえずはこれを基本キャラとしてシーンによっていろいろ変えていこうと思います。

ということで 新しいデコラくんをよろしくお願いします m(__)m

Aisatsu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GeForce-GTX465

NVIDIAの新型GPU・「GeForce-GTX465」を搭載したグラフィックボードが販売開始されたようです。

4Gamer.netさんの記事で詳しく出てました。

4gamernetgtx465

4Gamer.net 参考記事

ゲームサイトだけあってグラフィックボード関連だったらここが一番詳しく掲載してありますね ベンチマークのスコアなども出ていて比較しやすいし 

型番の数字からわかりますが 性能的には先に出ているGTX-470の下位スペックのモデルのようです。

RADEONだとライバルにあたるのがHD5850で、ベンチマークのスコアを見ると似たような感じです 若干HD5850の方が高いかな

自分が一番注目しているのは消費電力で、このGTX465は200Wもあるじゃないですか~ 

4gamernetgtx4652

4Gamer.net GTX465競合製品のスペック表

GTX480や470よりも消費電力が下がって扱いやすくなったみたいだけど、それでも200Wか・・・ って感じです。

あんまり消費電力が高いのは抵抗あるので、使うグラフィックボードは160W以下のモデルに絞ってます。

新しいモデルだしちょっと興味あったけど圏外だなあ・・ 

そう考えると似たようなスペックなのにGTX465よりも50W低いHD5850はかなり魅力あるよなあ 

HD5850が欲しくなってくるね (*^_^*)

icon icon

といっても 自分にはそこまで高性能グラボは今のところ必要ないので、

GeForceだったら9800GTくらいのスペックで補助電源なしのDirectX11対応であればいいかな 

なので 9800GTの後継にあたるモデルが出るのを期待してます。

それくらいのスペックなら型番の数字はいくつになるんだろう?

450? それとも440くらいかな

そういえば 今回出たGTX465って何で末尾が0でなく5なんだろう?

これは4Gamer.netでも書かれていたけど、混乱するからわかりやすい型番にしてほしいよね 

icon icon

Nvidialogo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

倍率変更可能なCorei7、i5のKシリーズ登場

昨日、インテルから新しいCPUが登場しました。

Corei7-875KとCorei5-655Kの2つのモデルで

この新モデルはオーバークロックの設定で倍率を変更できるようです。

4gamernetcorekseries
4Gamer.net 参考記事

てゆうか 通常のモデルは倍率って変更できなかったんですね。

とりあえず 自分が所有しているASUS、GIGABYTE、MSIの3大メーカーのBIOSをいじってみたところ、

AUTOになっていて変えれなかったり、下げることはできても上げることはできないようになってます。

自分もFSBを上げるクロックアップしか設定したことなかったのでわからなかったけど、

倍率くらいは上げれるものだと思ってました 

AMDのBlackEdition系は変更できるようだけど、インテルの現在主流のモデルではCorei7-980Xくらいしか倍率を変更できないようです。

高額なCPUにしか備わっていない機能なので、この2つのモデルも高いのかと思ったけど、

Corei7-875Kが約35000円、Corei5-655Kが約22000円くらいで思ったよりは高くないですね。

Corei7875kfaith2

フェイス 875K、655Kの価格 icon

しかも 875Kは先に出ていたCorei7-870と倍率変更以外は同等の性能みたいで、5万円以上する870を買うんだったら875Kを買う方が断然お得ですよね。

875Kと655Kは純正のCPUクーラーが付属していないのでいくらかコストダウンしているんだけど、それでもかなり値段に差があります。

倍率変更以外は同じって言われてるけど多少違うところがあるんじゃないのかな・・

でないと 870が売れなくなっちゃうよね 

それとも 870に替わって新たに投入といった目的も含んでいるのかな?

性能差がそれほどない860が半額くらいの値段だから比較するとかなりコストパフォーマンスは低いからあまり売れてなさそうだし・・

ちなみに655KもCorei5-650と同等らしいけど、こちらは逆で先に出ていた2万円前後の650より新しい655Kの方が高いです。

こちらはコストパフォーマンスが良さそうだから逆に値段を引き上げたのかな?

今回の新モデルの値段の付け方はイマイチよくわからんなあ 

それはそうと 倍率変更可能ってことはオーバークロック用CPUって感じだけど、このモデルも他のCPUと同様オーバークロックしたら保証外になるんだよね?

オーバークロックしない人はほとんど手を出さないだろうから 実質無保証に近いんじゃないかと思うのは自分だけだろうか・・

まあ とんでもないクロックアップして壊されたのを保証してたらキリがないからしょうがないんだろうけどね。

とりあえず今回の新CPUの感想は

875Kと870が倍率変更以外全く同じ性能なら 870が欲しかった人には朗報だと思います。

icon icon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デルの今週のキャンペーン (6/1~7)

デルの【SOHO法人様向け】デル・オンライン広告限定ページ(デスクトップ)がラインナップが変わりました。

今週はかなり安いデスクトップが出てます。

モデルはいつものVostro230sです。

・インテルCeleron-3300E
・Windows XP Professional SP3(Windows 7 Professional 32ビット
正規版 ダウングレード版)(日本語版)
・メモリ2GB
・ハードディスク320GB
・DVD-ROMドライブ
・デル E190S 19インチ液晶モニタ
・DVD-ROMドライブ
・【無料アップグレード】トレンドマイクロ ウイルスバスター16 (15ヶ月間更新サービス)

 46980円

似たようなパッケージはよく出てるけど、いつもより1000円くらい安いような

一番安いパッケージですがスペックは悪くないと思います。

Celeronといってもグレードが上位のデュアルコアだし、XPと7の2つのOSが付いているので便利です。

メモリ、ハードディスクの容量も十分だし、セキュリティソフトも1年分付いています。

安くてある程度使えるパソコンが欲しいならお勧めです。

これで送料が無料だったらいいんですけどね これに送料が加わると52000円になります。

できれば5万円きっかりにしてほしいね (*^_^*)

それと【SOHO法人様向け】デル・オンライン広告限定ページ(周辺機器)ではこの前取り上げたIPSパネルモニタのU2211Hが1000円安くなって18800円で出てます。

5/29 デルからIPSパネルモニタの新モデル 

自分はこっちの方が気になりますね。

U2211h18800_2

なにしろ消費電力は22Wで、21.5インチのフルHDの解像度だし、

ピポット機能付きの視野角の広いIPSパネルのハイスペックモニタが安くなっていますから。

これで送料が無料(1575円)だったらもっといいんだけどなあ・・ (*^_^*)

デル株式会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »