« GeForce GT240 | トップページ | 六角大王で初音ミクを動かしてみた »

パソコンフェア2010秋 (マウスコンピューター)

次はマウスコンピューターを覗いてみました。

ゲーミングモデルのG-Tuneです。

P1010361

メーカーパソコンらしからぬ大きいケースがたまんないよな

このゲーミングモデルにはZOTACのGeForce GTX470が付いてました。

P1010355

P1010357

ケースが大きいからGTX470でもかなり余裕があります。

電源はSCYTHEの鎌力4の750Wか・・ これだけのグラフィックボードを付けるならENERMAXやコルセア辺りを採用して欲しかったなあ

ゲーミングモデルといえば やはりファイナルファンタジーXIV推奨認定モデルが売れ筋でしょうね。

たしか RADEON-HD5770搭載モデルだと10万円くらいだから、FFのモデルとしてはお手頃価格です。

これはエントリーモデルかな

P1010362

これにはMSIのマザーボードが使われてます。

P1010358

これらのパーツを見るとマウスコンピューターは自作パソコンに近いですね。

マザーボードはいちよマウスコンピューター用のOEMになっているので、オーバークロックは出来ないと思います。

でも これだけ自作に近いと、壊れてもパーツの流用ができるので便利です。

富士通やNECだと独自のマザーボードを使っているので、パーツによっては流用は厳しいです。

ここも3Dのデモをやってました。

P1010356

このLGの3Dモニタも出た当時は高かったけど、だいぶ安くなりましたね。

ただ このアクティブシャッター方式はNVIDIAのグラフィックボードとメガネが必要だから安上がりとはいかないね。

それから iiyamaのLEDモニタも展示してました。

P1010359

iiyamaはマウスコンピューターに吸収合併されたけど、iiyamaのブランド名は残してあるみたいです。

自分もPLE2210HDSというモデルを使っていて、マウスコンピューターの秋葉原ダイレクトショップで買いました。

それから iriverも傘下に入れたようで、デジタル音楽プレイヤーも販売するようになったようです。

P1010262

P1010263

珍しい形のプレイヤーもいくつかあって、とくにこのキティのプレイヤーが面白いです。

P1010265

一見なんだかわかんないけど、下に接続端子が付いてます。

P1010266

こんな感じでマウスコンピューターはさらに商品の幅を増やしましたね。

先ほども言ったようにこのメーカーのパソコンは自作に近いので、組み込みが面倒でイヤになったら使ってみたいです。

マウスコンピューター/G-Tune

|

« GeForce GT240 | トップページ | 六角大王で初音ミクを動かしてみた »

マウスコンピューター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« GeForce GT240 | トップページ | 六角大王で初音ミクを動かしてみた »