« P55A-UD4のユーティリティ・1 (SMART QuickBoostとメモリの設定) | トップページ | P55A-UD4のユーティリティ・3 (Dynamic Energy Saver 2) »

P55A-UD4のユーティリティ・2 (EasyTune6とGPUオーバークロック)

次はEasyTune6(以下ET6)を使ってみました。

このツールは以前のモデルのマザーボードにも付いていたユーティリティで、GA-EP45-DS3Rで使っているシステムにもいちよ入れてます。

けど ほとんど使ったことがないので、今回のP55A-UD4でよく見ておくことにします。

モデル的にはEP45-DS3RとP55A-UD4は2年以上の差があるけど、機能はほとんど変わらないです。

大きな違いはP55A-UD4のET6にはTunerにQuickBoostの機能があります。

Et6tuner

これはP55A-UD4のユーティリティ・1で使ってみたSMART6のQuickBoostと全く同じです。

ただ SMARTのQuickBoostと違うところはBIOSのように細かく設定出来るモードがあります

右上にあるModeにQuickBoostの他にEasyとAdvanceの項目があって、Easyだとベースクロックだけ、Advanceだとメモリの周波数や電圧なども調整できるようになってます。

Et6tuneradvace

このAdvanceのツールがあればわざわざBIOSで設定しなくてもいいんじゃないかな 

このツールは今度じっくり検証してみます。

その他のツールは まずCPU

Et6cpu

CPUの詳細データですね これがあるとCPU-Zいらないね

次はメモリ

Et6memory

これもCPU-ZのSPDと似たようなものです。

次はグラフィックです

Et5graphics

このツールは以前使ったことがあって、GeForce 9600GTをオーバークロックしたことがあります。

けど 何も考えず適当に上げたので調子悪くなってすぐに戻してしまいました。

今回は少しずつ上げてやってみました 使うグラフィックボードはGeForce 9800GTです。

まずはコアクロックを600から675、メモリとシェーダーも少しずつ上げておきました。

Et5graphics675

とりあえずこれくらいなら動作も安定しているようなので、ベンチを走らせてみたところ

3DMARK06で13736でした。

3dmark06gpuoverclock675

通常クロックだと12900止まりなので、800程度アップしてます。

温度も69度なのでまだ行けそうです。

次はコアクロックを715MHz、メモリ969MHz、シェーダー1615MHzまで上げてやってみました。

動かないだろうなと思ってやってみたけど、まだ快適に動きました。

CINEBENCHでは通常32くらいが35.27に

Cinebenchgpuoverclock715

FF-XIVベンチではこの構成で最高が1600だったのが1734まで伸びました。

Ffxivgpuoverclock715

まあ 格上のGPUのスコアには程遠いけど、やはりグラフィックのベンチだけあってある程度は伸びますね。

これ以上のクロックアップで挑戦してみたけど、さすがにベンチが途中で終了したりでうまく動きませんでした (+_+)

GPUのオーバークロックはCPUに比べて壊れやすいみたいなので、これくらいでやめておきます。

それに どうせだったらもっと性能の高いGPUでやってみないとおもしろくないしね。

そして 残りのET6の項目は

SMARTは これもCPUのオーバークロックツールみたいなんだけど・・

Et6smart

試しに右から2番目のTurboを押したらフリーズしてしまいました 

仕方なくリセットボタンを押して再起動をかけたんだけど、OS自体が起動しなくなりました。

このツールはC.I.A.2というらしく、CPUのパワーを自動的に調整して性能を最大限に発揮するツールらしいです。

けど どんな時に使うのかな?

結局OSすら起動しないので、BIOSをリセットしたら起動しました。

BIOSの中にもC.I.A.2があるので、ここで無効にすればOSが起動するようになるようです。

便利なツールなのか解らないけど、自分はこのSMARTはいらないな 

そして 最後にH/W Montorです。

Et6hwmonitor

これはよくあるCPUやシステムの温度計ですね。

ちょっと見辛いな・・ これだったらCPUIDのH/W Montorなどの他のツールの方が使いやすいと思います。

ということで 一通りET6のツールを見てきたけど、システムの情報がわかるので入れておいてもいいと思います。

それと オーバークロックをするならTunerやグラフィックあたりは使えそうなので、今度TunerのAdvanceで細かく調整してCPUのオーバークロックしてみようと思います。

ただ SMARTのC.I.A.2だけは使い方がよくわかりません。

それと またフリーズしたら困るからこれだけは触らないでおこう

|

« P55A-UD4のユーティリティ・1 (SMART QuickBoostとメモリの設定) | トップページ | P55A-UD4のユーティリティ・3 (Dynamic Energy Saver 2) »

GIGABYTE」カテゴリの記事

マザーボード」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« P55A-UD4のユーティリティ・1 (SMART QuickBoostとメモリの設定) | トップページ | P55A-UD4のユーティリティ・3 (Dynamic Energy Saver 2) »