« P55A-UD4のユーティリティ・2 (EasyTune6とGPUオーバークロック) | トップページ | ノートン2011にバージョンアップ »

P55A-UD4のユーティリティ・3 (Dynamic Energy Saver 2)

次は電力制御ツールのDynamic Energy Saver 2(以下DES2)を触ってみました。

以前のDESはCPUの電力削減だけだったけど、このP55A-UD4のDES2はグラフィックボードやハードディスク、チップセット、メモリまで削減してくれるようです。

インストールして起動して見ると 以前のとはインターフェースが全然違いますね。

Des1

左上にはCPUの消費電力が表示されます。

すごいなあ・・ 消費電力がわかるなんて・・

まあ どこまで正確かはわからないけど参考になるので、このCPUのワット数の表示は嬉しい機能だと思います。

そして 右上のDES2のロゴの入ったボタンを押すと起動します。

Des2

メーターのところが青く光って省電力モードに入ります。

下に省電力モードになるパーツは光るようになっていて最初はCPUとファンだけで、左下のPowerSavingLevelを2に変えるとグラフィックボードとハードディスクまで省電力モードになり、3にすると6つすべてが省電力モードに入ります。

その横のAdvancedだともっと細かく設定することができます。

Des3

この省電力モードがどれほど効果があるのか試してみました。

手っ取り早くCPUに負荷がかかるベンチのCINEBENCHを実行して、負荷が高めの場面での消費電力は

オフだと55.98W

Cinebenchdes2off

オンにすると48.03Wでした。

Cinebenchdes2on

とりあえず8W近くは抑えられています スコアはほぼ同じでした。

PowerSavingLevelを3にすると38Wまで抑えることができたので、Advancedで絞ればもう少し消費電力が落ちるかもしれないです。

こんな感じで消費電力を絞ることができるこのDES2は省電力派の人には使えるんじゃないかな 

とくに CPUの消費電力が表示されるのがいいです。

けど このツールをインストールするとフリーズしてしまうという事例が多く出ています。

自分のは今のところ不具合はないんですが・・

ハードかソフトの関係で誤動作するのかな?

それと 電力制御のツールってあまり安定していないようですね。

だから 最近のインテルのCPUは電力制御は優秀らしいので、こういう電力制御関係のソフトを利用せずに普通に使っていた方がいいかも

自分は不具合が生じない限りは使っていこうかと思います。

|

« P55A-UD4のユーティリティ・2 (EasyTune6とGPUオーバークロック) | トップページ | ノートン2011にバージョンアップ »

GIGABYTE」カテゴリの記事

マザーボード」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« P55A-UD4のユーティリティ・2 (EasyTune6とGPUオーバークロック) | トップページ | ノートン2011にバージョンアップ »