« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

第2回ゲームフェスタ・3

会場では約60タイトルのゲームがプレイできるようになっていました。

といっても 前回のゲームフェスタにもあったタイトルも多かったので、物珍しいといった感じはありませんでした。

自分もそこまでオンラインゲームが好きというわけではないのでひと通り目を通した程度です。

けど 自分がまだ唯一プレイしているプリウスオンライン がありました。

Prius

前回の時はなかったので人気が全然ないのかなと思っていたけど、ここに持ってくるってことはある程度プレイヤーも多いということなのかな

このゲームではもちろん一人の自分キャラでしかプレイしたことが無いので、このデモ機のキャラを操作してみて違う視点でプレイしてみました。

自分のはレベル35にようやく達したばかり 

けど このデモ機はレベル60でした 頼もしい 

Prius2

早速、いままで強い敵がいて行けなかった土地に堂々と足を踏み入れて、地形を把握しておきました。

それと テラシルゲートで移動できる地域にハイメスというところがあって、自分のレベルではまだワープ出来ないけど、このデモ機のレベルだと行けるようなので行ってみました。

Prius3

神秘的なところでしたね。

ここも出歩いて開拓しておこうと思ったけど、これはレベルを上げて自分のプレイヤーで足を踏み入れるとします。

Prius4

それから せっかくレベルの高いキャラでプレイしているので、今まで散々やられまくった敵にお礼参りをしにいきました。

さすがにレベル60だと強いね !(^^)!

自分を倒しまくってくれた相手には余裕でした。

けど ダンジョンの敵は別でした。

レベルが自分と同じ35くらいなのにデモ機のレベル60のキャラでも勝てない時がありました。

てゆうか このデモ機のキャラは自分のキャラと全然違うタイプなので技も解らないから仕方ないっていうのもあるんだけど

ダンジョンの敵は地上の敵を同じレベルでも強さが全然違います。

そのためにパーティ編成をしないと入場できないようになっているんだなあ・・

自分も仲間を探して一緒に冒険してみようかな

それこそがオンラインゲームの醍醐味だろうし

Prius5

ということで 第2回ゲームフェスタの記事を3回に分けて書いてきましたが、正直いってそれほど面白くはなかったです。

ゲームの種類も似たり寄ったりだったし、イベントもイマイチ

唯一、インテルのだけ興味深かったくらいだ。

それと プリウスオンライン があったのは嬉しかったね (^^)

来年もまたやるのかな? 次はわざわざ足を運ぼうという気はないけど、

ゲームフェスタって6日くらい開催しているから立ち寄る暇がないということはないだろうから、また覗くことになりそうだね (*^_^*)

Pcgamefestalogo2_3

| | コメント (0)

ついに動作不能なジャンク品をゲット!

といっても パソコン関連のアイテムではないんだけどね

秋葉原の中古パソコンショップ(?)で購入したので、ネタもないので記事にしてみた。

「ジーエフ」というショップの2店舗で500円だった保証ナシのラジカセを3台買ったんだけど、3台とも動きませんでした (ToT)/~~~

なぜ 今さらラジカセを しかも3台も買ったかというと・・

現場仕事でラジオを使っていて埃やごみですぐに壊れてしまうので、安い時に買いだめをしておこうと思って3台も買ったんだけど、まさか3台全部動かないとは・・

まずは昔よくあった横長のSANYOのカセットデッキです 

おしゃれなテレコってやつね 懐かしいなあ~ 

箱はボロボロだったけど、中身はキレイなんじゃないかなと思いました。

Sanyo1

予想通り中身はきれい  てゆうか 新品なんじゃねーかな

Sanyo4

けど まず電源コードが入ってなかった 

仕方なく単一電池をかき集めて入れたけど、動く気配全くなし・・

ちなみにこのラジカセは2つ買ってきたんだけど、もうひとつは・・

Sanyo5

トレイが開きっぱなしで閉まんねぇ~ 

よくみると上のボタンも沈んでいて、中のローラーみたいな機械部分も曲がっていた。

なんだこりゃぁ~ ここまでひどいの店頭に出すなよ 

おそらく勝手に中身を見れたと思うから、見なかったのが敗因だったな

てゆうか キレイな方も動かなかったんだから全部似たようなものだろう

そして もうひとつはCDラジオです これもSANYO

Sanyo2

これは箱から出してよく確認してから買ってきたので期待してました。

中には先ほどのラジカセのようにトレイが開きっぱなしのものや、液晶パネルに変な文字が滲んでいるのもあったので、一番まともだと感じたのを買ってきたんですが・・

Sanyo3

これも動かねー 

ラジオ機能だけあればいいんだけど、電源すら入らない・・

ということで ごみに1500円も投資してしまいました。

それにしても ここまで全く動かないジャンク品を掴んだのって初めてだな・・

今まで数多くのPCパーツのジャンク品を買ったけどほとんど使えたし、

使えなかったのも2つあったけど、電源くらいは入ったものだ。

なので ジャンク品は通常使えると思っていたけど、これに懲りて気を付けよう。

今回買ったジーエフなどという怪しいショップなんかは保証がちゃんとあるモノ以外は手を出さない方が無難だな

まあ 1500円程度の被害なのでよかった

勉強になりました。

Radiocassete

| | コメント (0)

第2回ゲームフェスタ・2 (インテル)

第2回ゲームフェスタのこの日のイベントは地下のファイナル・ファンタジー関連と、1階のメインステージでいくつかのタイトルがありました。

地下は広いし暖かいのでいいんだけど、1階はいつものイベントのように奥でなく入口のところでやっていたので寒かったです。

しかも この日は風が強く、まさに”凍えそう”なくらいの寒さでいつもと比べると人も少なかったです。

自分も見ないですぐ帰ろうと思ったけど、もうすぐ新CPUが出ることもありインテルだけは聞いてきました。

いつものごとく天野氏が語ってくれていて、さすがに「寒い」を連発してました。

Ff9

ホントにこの日は寒かった 

このインテルのトークイベントのお題は「ゆくCPU・くるCPU」で、くるCPUはもうすぐ発売のSandyBridgeで、ゆくCPUは自分が持っているLynnfieldとClarkdallのことでしょう。

逝ってしまうのか Lynnfield・・ よけい寒くなってきた・・

まずは今年の懺悔から始まって、6コアのCorei7 970が安くならなかったことや LGA1156と1155の互換性がないことが挙げられてました。

はあ~  今さら懺悔されても困るぜ 

互換性が保てなかった理由はシステムの転送速度(DMIだったかな)がLGA1156では限界だったから仕方なかったようです。

2012年登場予定の次世代CPUのIvyBridgeは互換性を保てるようにすると言ってました。

Intel

といっても IvyBridgeでも新機能が追加されて性能も向上させるんだから、たとえソケットは同じでもSandy用に使われるP67やH67のチップセットがIvyに対応できるのかな? と思うのは自分だけだろうか

IvyはSandyの32nmからさらにシュリンクされて22nmになるらしいから全く違うCPUになるような気がするから、その可能性があるような気がします。

まあ 蓋を開けてみなければわからないけどね 自分はSandyはパスする予定なので、どう変化するのか楽しみです。

ちなみに2010年登場予定のIvyBridgeは「アイビーブリッジ」という呼び名でいいみたいです 天野氏がそう呼んでいたので。

そして おもしろかったのはSandyBridgeとチップセットの使い分け方でした。

オーバークロックなどでCPUの性能を伸ばしたいならP系、内蔵グラフィックを利用してエンコードの性能を伸ばしたい人はH系、1年くらい様子を見るX系といった感じに3タイプに分けてました。

Intel2

まあ 自作ユーザーはP系が一番多いんじゃないかな オーバークロックはみんなしてみたいだろうし。

けど SandyBridgeってベースクロックをあまり上げれないみたいだから、オーバークロック重視となると必然的に倍率を変えれるKの付くモデルになりますけどね。

H系は内蔵GPUを利用してのエンコードがかなり速くなるようです。

このことはこの前閉店したT-ZONEの方から聞いてました。

インテルの内蔵GPUもかなり性能が向上したようですね。

もちろんある程度の性能をもったグラフィックボードには敵わないけど、1万円以下のグラフィックボードよりは高性能らしいです。

ということは GeForce GT430やRADEON HD5450よりは優れているということなのかな。

まあ 普通に使うならH系がいいでしょうね

ちなみにこのH系はK付きモデルをつけてもオーバークロックができない場合があると言ってました。

これらのことを聞いて思ったのは SandyBridgeはオーバークロックに対してかなりシビアになっているんだなあと感じました。

そして 最後のX系というのは来年終盤に出るSandyBirdgeのハイエンドモデル対応のLGA2011のことを言っていたのかな?

このハイエンドモデルも楽しみです たぶん買わないけど

こんな感じでCPUの情報をいろいろと聞けたので、寒い中我慢した甲斐がありました。

Pcgamefestalogo2_3

| | コメント (0)

第2回ゲームフェスタ・1 (FF-XIVイベント)

春に開催したゲームフェスタの第2弾が今日から開催していたので覗いてきました。

Photo1_5

前回のように数多くのオンラインゲームのデモ機が展示してありました。

ひと通りのタイトルを見て回る前に、地下でファイナルファンタジーのトークイベントがあったので見てきました。

サンタの格好したおっさん二人がコタツに入って語っているというものでした。

”FF-XIVはこんな感じでキャラが自由に動く・・” てなことを言っていたと思います。

Ff1_3

このトークイベントはFFをプレイしていないと全然解らないみたいなので、ほんの10分くらいで退きました。

攻略本みたいなのが展示してあったけど、オンラインゲームのもあるんだなあ・・

Ff5_3

ただ ここにあったのはFFのXIの本で、XIVのはまだなかったと思います。

Ff4_3

自分も昔はロールプレイングやアドベンチャーゲームで行き詰ると攻略本を買ったことがよくあるけど、最近はネットで調べた方が早いよね 本買うのも勿体ないし

キャラクターを作成するコーナーもありました。

Ff7_3

これもプレイしたことがない自分にはわけがわからないのでスルー

オリジナルグッズも多数展示してありました。

Ff13

マウスやキーボードもいいけど、自分は無線LANルーターに興味がありました。

これはファイナルファンタジーXIVの動作認定プログラムにて推奨認定を獲得したプラネックスのルーターで、以前に開催された秋葉原のイベントで見たことがあって興味が湧きました。

無線だと回線が途切れて上手く動作しないことがあるからオンラインゲームには向かないんだけど、推奨認定を獲得したということはかなり受信感度が良さそうです。

今後はバージョンアップで新機能を搭載するようなので未知の魅力があります。

ベルサールの地下で開催されたFFのイベントはこんな様子でした。

やはりプレイしてないのでおもしろくはなかったなあ・・

けど 最近はFF-XIVのバンドルされたASUSのENGTX460 DirectCU/2DI/1G/FF14 iconがかなり安くなっているから購入を検討してます。

GeForceの中で一番欲しいGTX460だし、FF-XIVが付いてないのより安いのでお得ですよね。

icon icon

ちょっと前にこのグラフィックボードの記事を取り上げた時は16980円最安値だったけど、最近はまた少し値が落ちて15000円くらいで販売している時もあります。

なので そろそろ買ってもいいかなと思うけど とりあえずもう少し値が落ちないかなと様子を見てます。

このイベントはイルミネーションが綺麗でしたね やっぱり クリスマスだよな 

Ff11_2

Ff3

これでFFをプレイしていて内容がほぼ把握できたら もっとおもしろかったんだけどね

Pcgamefestalogo2_3

| | コメント (0)

次世代CPUの検討

もうすぐSandyBridgeが登場する。

これを待ってたという人も多いだろう

もちろん 自分も新世代のCPU登場にはワクワクする。

けど LGA1155という新しいソケットに換えたために、自分が所有しているLynnfieldと互換性が無く、僅か1年足らずの現役生活になってしまうのは非常に残念で仕方がない。

てゆうか 1年でソケット換えるなよ 

ちゃんとインテルのロードマップを把握していればLGA1156&Lynnfieldを買わなかったかもしれないけど、去年の4月に自作パソコンを始めた自分にはその当時にそこまで知識があるわけがない。

そもそもLynnfieldが登場した時だって発売1週間前にTWO-TOPで展示してあったP55マザーボードを見てようやく気付いたくらいだから。

自分がLGA1156のシステムを購入した理由は、LGA775のように長く続いていくソケットだと思ったことと、SLIをやってみたかったからです。

SLIが一番の目的だったのでLGA1366のX58系でもよかったんだけど、X58は短命と聞いたのでLGA1156のP55にしたんだけど

LGA1156の方が全然短命じゃね~か <`~´>

X58はなんだかんだいって2年は現役だし、来年の終盤に出てくる次世代ハイエンドモデル(LGA2011?)が出てくるまでは安泰だろう。

なので SLIのCrossFireのマルチGPUの性能を引き出すことを考えても、あの時X58とCorei7の900シリーズを買っておけばよかったと後悔してます。

P55系だとグラフィックボードを2枚挿すとx8とx8になってしまうけど、X58系だと2枚挿してもx16とx16のフルレーンで動くから、こっちの方が本当のマルチGPUといった感じだろう

LGA1156を買った頃はそこまで知識がなかったので、知っていたらSLIが真の目的だったから絶対買ってないな・・ 

まだ1年近く現役続行ということもあり、終息の前に一度X58系のシステムを組んでみようと最近検討中です。

今までCorei7の900シリーズとX58チップセットのマザーボードを安く手に入れる機会が何度かあったけど、TDPが高いのでどうしても購入に踏みきれませんでした。

けど 終息する前に1度爆熱CPUを扱ってみたいと思う。

ちょうど季節は冬だし、ちょっとした暖房器具としても使えそうだし (*^_^*)

いくら消費電力が高いシステムのパソコンといえど、エアコンをかけているよりは電気代は全然かからないしね 

ターゲットとしてはCorei7 950です 960当たりが価格改定してくれるとありがたいんだけど。

まあ 買うといっても安く出ていたらだけど。

Corei7 870を2個も持っているのにそれほど性能差のない950をわざわざ一般的な値段で買うのは非常に馬鹿らしいし

まあ これから1年のんびり秋葉原の価格帯をチェックしていこうと思う。

次世代CPUの話から逸れてしまったけど、とりあえずSandyBridgeは今のところスルーしようかと思う。

先ほども言ったようにCorei7 870を2個も持っているし、SATA3.0への対応は嬉しいけどUSB3.0はまだネイティブに対応していないらしいので、その次の世代まで待ってみようと思う。

製造プロセスもLynnfieldの45nmから32nmにシュリンクされたけど、デュアルコアのClarkdallと変わらないし。

その次の2012年登場予定のIvyBridgeが22nmにシュリンクされるみたいだし、ちょうどその頃に次世代OSのWindows8が登場予定なので、この時にまとめて新しいシステムを構築するのが一番おもしろいかもしれない。

そんな感じなので 今回のSandyBridgeはパスしよう

とくに今回はLGA1156の早期終息がムカついて買う気がしねーや

そういえば 自作を始めた去年の4月にLGA775のシステムを3セット組んだらLGA1156の登場

そして 念願だったCorei7 870を2つも手に入れて喜んでいたら またソケットチェンジ

ずっと踊りっぱなしだな オレ ((+_+))

| | コメント (0)

HPのデスクトップ版の100円キャンペーン・2(s5530jp/CT)

現在HPが開催している100円でアップグレードできるキャンペーンはかなり魅力があります。

まず100円というのがすごいですよね。

ということで 第2弾はAMDのCPUを搭載したモデルのs5530jp/CTを取り上げてみます。

・Windows7 HomePreimium 64bit
・AthlonⅡ X2 220
・メモリ2GB
・ハードディスク250GB
・DVDスーパーマルチドライブ
・Radeon HD5450
・地上・BS・110度CS対応ダブルチューナー

 49980円

この標準の構成を下記の中から一点を105円でアップグレードできます。

・PhenomⅡ X6 1045T
・メモリ8GB(2GBx4)
・ハードディスク1TB
・GeForce GT320
・HP 2210m 21.5インチワイド液晶モニター

自分だったら モニタも捨てがたいけど、やはり6コアのPhenomⅡ X6 1045Tを選びますね。

標準構成のAthlonⅡ X2 220が物足りないということもあるんだけど、なにより6コアを使ってみたいというのが一番です。

実は以前にPhenomⅡ X6 1090Tを購入したことがあります。

P1010994

インテルの6コアは高すぎて手が出ないので、イベントで激安だったということもあり買っておいたんですが、

マザーボードがなかなか安く入手できなかったので結局使うこともなく売却してしまいました。

最近になって秋葉原ではAMDのマザーボードが安くなることが多いので、もう少し待って一度は組んで試してみたかったと後悔してます。

PhenomⅡ X6とはいえそんなに安くは手に入らないですからね。

なので 未知のパフォーマンスを体験したいということもあり、このモデルのアップグレードはPhenomⅡ X6 1045Tがお勧めです。

それか HP 2210m 21.5インチワイド液晶モニターですね。

このモニタも通常だと2万円くらいはするだろうからお得だと思います。

その他のメモリ、ハードディスク、グラフィックボードはそれほどお得には感じないです。

メモリとハードディスクは最近かなり安いし、HD5450からGT320では大したスペックアップになってないしね。

しかし 6コアCPUで地デジチューナーが付いて50085円か・・ 安いなあ

| | コメント (0)

HPのデスクトップ版の100円キャンペーン・1(s5550jp/CT)

HPがまた100円でパソコンのスペックをアップグレードできるキャンペーンをやってます。

以前はノートパソコンだったけど、今回はデスクトップ4種類に対しての100円キャンペーンです。

Hp100upgrade

HP 100円キャンペーン詳細ページ

どのモデルもかなり魅力あるアップグレードです しかも 100円だしね 

とりあえずは自分も持っているCPUということもあって、一番お勧めのアップグレード対象モデルを取り上げてみます。

モデルはs5550jp/CTです。

・Windows7 HomePremium 64bit
・Core i5-650
・メモリ2GB
・ハードディスク250GB
・DVDスーパーマルチドライブ
・Radeon HD5450

 59850円

この標準の構成をを下記の中から1点を100円でアップグレードできます。

・Core i7-870
・メモリ6GB(2GBx3)
・GeForce GT320(1GB)
・地デジダブルチューナー

この中でアップグレードするなら、Core i7-870でしょう。

デュアルコアからクアッドコアへのアップグレードなのでかなりのスペックアップだし、自分も使っていて一番お気に入りのCPUなのでお勧めです。

P1010018

もちろんCore i5-650もCore2Duoシリーズよりも性能がいいので、通常使う分には十分すぎるほどのCPUですが、

100円でCore i7-870になるならそれほどお得なことはないと思います。

ちなみに自分はこのCore i7-870を2個所有していて、性能を考えて当分は安泰だと思ってます。

まあ 来年早々にはSandyBridgeのCore i7-2600が出てしまいますけど 気にしない 気にしない 

なので このアップグレードではCore i7-870しかないと思います。

てゆうか 他のがパッとしないですね・・

メモリが2GBから6GBにアップグレード出来るみたいだけど、このモデルってチップセットがH57なのでメモリがデュアルチャンネルなのに何故2GBを3枚搭載するのかが疑問です。

2GBを2枚と1GBを2枚ならデュアルチャンネルとして機能するんだけど・・ 

X58チップセットのトリプルチャンネルなら理解できるので、おそらく間違えているんじゃないかなと思います。

まあ どっちにしろメモリは最近かなり安くなったので、ここでアップグレードすることはないと思います。

それとグラフィックのGeForce GT320も微妙ですよね。

性能はおそらくGT220と似たような感じだと思うんだけど、Radeon HD5450からそれほどスペックアップしているとは思えません。

これがGTX460あたりだったらお勧めになるんだけど・・

なので メモリとグラフィックは問題外なので、唯一他のアップグレードをするなら地デジチューナーくらいなもんです。

ダブルチューナーだしCPUがCore i5-650で十分というならチューナーですね。

ということで まだ他にも3種類のモデルがあるので、この100円キャンペーンは必見だと思います。

年末だけあってどこのメーカーのキャンペーンも魅力ありますね。

| | コメント (0)

ThinkPadがついに33915円に

レノボが今年最後に締めくくりとして期末セールを実施してます。

このセールでThinkPadがついに33915円まで値引きになりました。

先週のクリスマスセールで38000円まで値引きしたのが衝撃的だったのに、そこからさらに5000円近く下がってます。

モデルは この激安キャンペーンの定番となったThinkPad SL410です。

・CPU:インテル Celeron プロセッサー T3300 (2GHz)
・OS:Windows 7 Home Premium 32 正規版
・ディスプレイ:14.0型HD液晶 (1,366x768),LEDバックライト
・RAM:2GB PC3-8500 DDR3 (1スロット使用)
・HDD:250GB (5,400rpm)
・光学ドライブ:DVDスーパーマルチ, 固定
・ワイヤレス:ThinkPad IEEE 802.11b/g/n ワイヤレスLAN (WiFi準拠)

キャンペーン価格 39,990円

クーポン適用価格 33,915円

ハッキリ言って 激安ですよね 

いくらまで下がるんだろう・・ さすがにこの辺が限界だろうと思うんだけど

ノートパソコンの中ではThinkPadが一番好きな自分としては、ここまで安いとポチっとしてしまいそうだけど、

今のところノートは必要ないしなあ・・

かなり欲しいけど、使い道がないので指をくわえてみてることにします 

けど けど もし30000円になったら・・ その時は必要なくても買うぞぉ~

| | コメント (0)

RADEON最上位のHD6900シリーズ

ようやく「Cayman」ことRADEON最上位のHD6900シリーズのHD6970、6950が登場しました。

ちょっと前に出たHD6800シリーズはミドルクラスで、一世代前のHD5800シリーズよりも性能が劣るということもありあまり売れてなさそうだけど、

このハイエンドモデルのHD6900シリーズは待ってた人も多いだろうから、品数があれば結構売れそうな気がします。

いくつかのオンラインショップでもすでに販売していて、HD6970はほとんど残ってないようです。

ハイエンドモデルの初期出荷は少量だけだから仕方ないですけどね。

気になる消費電力は6970が250W、6950が200Wくらいのようです。

6970の250Wはちょっと高いよなあ・・ GeForceのGTX580でさえ244Wに抑えられているし。

まあ 自分はハイエンドには無縁なのであまり関係ないですけど。

もし 使うなら値段と消費電力を考えると6950の方です。

カードベンダーはやっぱりSapphireかな

| | コメント (0)

NineHundredのファンが壊れた?

NineHundredに収めているパソコンを見てみたら、フロントファンが動いてませんでした。

ブルーLEDは点灯していたので気付きませんでしたが、ファンが回転してません。

外してコードを整理したり、電源プラグを繋ぎなおしても回りません 

P1020490

ファンが壊れたんだろうと思い付け換えようとしましたが、試しに掃除してもう1度試してみました。

それほど使っていないマシンなんだけど結構埃が溜まってるなあ・・

P1020496

とりあえずエアダスターである程度飛ばして、ティッシュできれいに拭きました。

おお~ 結構キレイになるもんだなあ 

P1020498

そしてダメ元で繋いで電源を入れてみると・・

P1020491

回った~  \(^o^)/

埃が原因で回らなかったみたいです。

けど 回らないほど溜まっていたようには思えなかったんだけど

やはり NineHundredのような通気孔が多いケースはマメに掃除した方がいいみたいですね。

うん NineHundredのフロントファンは二つ回ってないとね 

P1020499

このNineHundredはお気に入りで2台使ってます。

もうかなり古いモデルだから最近安くなってきましたね。

けど 冷却性は抜群なのでもう1台くらい買ってもいいかな

とにかくファンが壊れてなくてよかったです。

回らなくなったら まず掃除だな・・ 勉強になりました 

| | コメント (2)

FF XIV付きのGTX460が通常版よりも安い

最近秋葉原のショップの覗いていて思ったんですが、ファイナル・ファンタジーXIV(以下FF-XIV)付きのASUSのENGTX460 DirectCU/2DI/1G/FF14 がどんどん値が下がってきてます。

発売当初は30000円くらいだったのが、先週末はどこのショップも16980円まで値下がりしていました。

来年早々に後継版のGTX560が登場する情報があるので、むしろ自然の流れなんだろうけど、

不思議なのはFF-XIVが付いてない通常版のENGTX460 DirectCU/2DI/1GD5よりも安くなっていることです。

性能は同じなのでFF-XIVをプレイしたい人はもちろん、プレイする気ない人でもFF-XIV付きのGTX460を買った方が断然お得ですよね。

先週末に秋葉原に行った時にツクモの店員さんに何故FF-XIV付きがこんなに安くなったのか聞いてみたら、

はっきりとした理由はわからないけど、このFF-XIV付きパッケージがかなり売れ残っているので、とにかく在庫を減らすことが目的ではないかといってました。

なるほど在庫の問題か・・ おそらくどこのショップも通常版よりも多く仕入れているんだろうけど、全然売れないから早く在庫を処分したいんでしょう。

やはり FF-XIVの人気が予想よりも伸びなかったのが原因なんじゃないかな

ベンチマークやβ版などでかなり盛り上がっていたので、ゲームが解禁になって爆発的な人気を誇っていると思っていたら、

Ffxivbench8

予想に反して人気はイマイチなようです。

自分は実際にプレイしていないからわかりませんが、”期待外れ”という声をたまに聞きます。

それにプレイ当初は無料だけど、一定期間を過ぎると毎月1500円くらいの料金がかかる設定らしいですね。

そういう料金的な敷居の高さもあってプレイヤーが増えないんじゃないかなと思うんだけど・・ ってそれはドケチな自分だけかな (*^_^*)

自分は一つのゲームをプレイするのに毎月金を払うくらいなら 安いPS2のソフトでも買ってきていろいろなタイトルをプレイする方がよっぽどお得なんじゃないかなと思うので、このFF-XIVはプレイする気はありませんでした。

けど 不評が効いたのか無料期間を延長するようです。

Ffxivnomoney

Game Watch関連記事

期間は未定でとりあえずは当分無料でプレイできるようです。

せっかくなので自分もプレイしてみようかな・・ ちょうど年末年始も近づいていることだし

なので このENGTX460 DirectCU/2DI/1G/FF14 を買っておこうかなと検討中です。

現在出ているGeForceではGTX460が一番欲しいし、それにこれはビデオメモリ1GBなのでとくに欲しいです。

768MBのモデルとは同じGTX460でも別物と捉えた方がいいみたいなので、GTX460を買うなら全体的にスペックが上の1GB版と決めてます。

この無料期間延長で今までよりは売れ行きは伸びるだろうから、買うなら早めに買っておいた方がよさそうだな。

| | コメント (0)

HAFの新モデル HAF 912 Advanced

CoolerMasterのHAFシリーズに新モデルが登場しました。

HAF 912 Advancedというモデルで、今まで出たHAFの中で一番小型になります。

Haf912_2

CoolerMaster HAF 912 Advanced詳細ページ

廉価版という印象だけど、”High Air Flow”の名を受け継いでいるだけあって強力なエアーフローは健在のようです。

リアに120mm、フロントとトップには200mmの大型ファンを搭載してます。

トップに200mmのファンを搭載しているのはよく見るけど、フロントまで200mmのファンを採用しているケースはそれほど多くないと思います。

昨日早速ショップで覗いてきました。

P1020465

デザインはフロント両脇のブロックのような凹凸が以前のモデルより突き出た感じになってます。

印象としては安っぽくなった感じ・・ まあ これは好き好きでしょう。

大きさもHAFシリーズの中では最小だけど、元々HAFって大きめのケースなので 他のメーカーのミドルタワーよりも小さく感じるということはなく”ゴツい”という印象は健在でした。

けど その横にHAF-Xがあると見劣りしてしまうね・・

P1020466

けど HAF-Xは3万円くらいするので、これに手が届かないけどHAFが欲しいという人には良いんじゃないかなと思います。

もちろん自分もHAFというケースが好きなので、新しく登場したHAF 912 Advancedには注目してます。

まだ出たばかりなので16000円くらいだけど落ち着いてくれば1万円を切るかもしれないので狙い目です。

icon icon

| | コメント (0)

レノボのクリスマスセール

レノボが16日までクリスマスセールを開催してます。

この前のボーナスセールよりもクーポンの割引率が高くなっているので必見です。

まずは一番安いThinkPad SL410から

・CPU:インテル Celeron プロセッサー T3300 (2GHz)
・OS:Windows 7 Home Premium 32 正規版
・ディスプレイ:14.0型HD液晶 (1,366x768),LEDバックライト
・RAM:2GB PC3-8500 DDR3 (1スロット使用)
・HDD:250GB (5,400rpm)
・光学ドライブ:DVDスーパーマルチ, 固定
・ワイヤレス:ThinkPad IEEE 802.11b/g/n ワイヤレスLAN (WiFi準拠)

キャンペーン価格  44,940円

クーポン適用価格  38,199円

ボーナスセールでは12%オフだったので39,547円でしたが、今回のクリスマスセールは15%オフなので1348円もお得になりました。

11/20 レノボのボーナスセール・ファイナル

ボーナスセールで初めてThinkPadが4万円を切っただけでも衝撃的だったのに、更に安くなるとは・・

使い道があれば即効で買うんだけど 今のところノートが必要ないので自分は指をくわえて見てるだけです・・ (-。-)y-゜゜゜

それとCorei3搭載のThinkPad Edge 14も安くなってます。

・CPU:インテル Core i3-370M プロセッサー (2.40GHz)
・OS:Windows 7 Home Premium 32 正規版
・ディスプレイ:14.0型HD液晶 (1,366x768),LEDバックライト
・RAM:2GB PC3-8500 DDR3 (1スロット使用)
・HDD:250GB (5,400rpm)
・光学ドライブ:DVDスーパーマルチ, 固定
・ワイヤレス:ThinkPad IEEE 802.11b/g/n ワイヤレスLAN (WiFi準拠)

キャンペーン価格  54,810円

クーポン適用価格  46,589円

これもボーナスセールよりも1644円安くなってます。

どちらも安くなっているのでお買い得だと思います。

4万円を切ったSL410の方がお得感を感じるけど、コストパフォーマンスはEdge14の方が高いと思うので、自分だったらCorei3搭載のEdge14を選びますね。

| | コメント (0)

GeForce-GTX570の発表

昨日の23時にGeForce-GTX570が発表されたようです。

Gtx470

AKIBA PC Hotline GeForce-GTX570発表記事

性能は前の世代のGTX480に近く、どちらかという480よりも優れているようですが、

TDPは219Wに抑えられていてGTX480の250Wを31Wも下回っているのは嬉しいですね。

こうなるとGTX480が売れなくなってしまいますね・・ 値段も30000円台らしいし

またショップが頭を悩ませるところです。

480の性能でTDPが下がったとなると自分もがぜん興味が湧いてきましたが、やっぱり 使うグラボはTDPは200W以下のモデルにしておきたいな

なので 自分が待っているのはGTX560あたりです。

出るとしたら来年でしょうね 今年はNVIDIAから出る新GPUはこのGTX570でおしまいみたいですから

まあ TDPが高いといっても219Wなら手持ちの電源の容量で何とか間に合いそうなので、もし安く入手出来るならこのGTX570を使ってみたいです。

icon icon

| | コメント (0)

Lian-Li &Lancool EXPO 2010 その2

Lian-Liは新しいイメージキャラクターを採用したようです。

ロングヘアーのリン・リーと

P1020379

ショートカットのリン・ランです。

P1020383

最近はこういった少女キャラを採用するメーカーが増えたような気がします。

この前のリンクスのイベントで発表したMSIも少女キャラだったし

そして 今回も早組みのプレゼンがありました。

去年は比較的組み込みが楽なPC-K62だったけど、今回はちょっと面倒な蜘蛛型のMINI-ITX用ケースのPC-T1です。

P1020406

最初は小さいので簡単なのかと思ったけど、バラバラの状態から組むのんでかなり大変そうです。

やはりスタンド部分になる足が一番面倒そうでした。

P1020419

パーツが小さい分ネジ穴が大きく露出してないから、穴に入れるのも一苦労だろうな・・

序盤の様子を見てかなりかかるだろうなと思ったけど、さすがは組み込みのスペシャリスト 足を組み上げるとどんどんスピードアップしていきます。

P1020429

結果は21分26秒 大方の予想は30分だったけど、予想よりもだいぶ早く完成しました。

P1020442

しかし このケースの組み込みは大変そうでしたね。

この蜘蛛型のケースは少し興味があったけど、これを見たら興味が薄れました 

絶対買うことはないだろう

この蜘蛛型のラジコンもありました。

P1020447

よく出来ているけど パソコンとは関係ないよね (*^_^*)

ということで Lian-Li &Lancool EXPO 2010はこんな感じで期待通りの楽しいイベントでした。

来年も開催する予定らしいので楽しみです。

自分もLian-Li のケースを1台だけ持ってます。

Imgp1180

PC-A70という古いモデルですがE-ATXまで搭載できる大きさでフルアルミのボディなので、現在は組み込んでいないけどお気に入りのケースです !(^^)!

2lianli_2

| | コメント (0)

Lian-Li &Lancool EXPO 2010 その1

PCケースメーカーのLian-Liのイベントがカフェソラーレで開催していたので覗いてきました。

ケースメーカーだけあって色々なタイプのモデルがありました。

P1020341

  P1020364

P1020340

Lian-Liのケースというと、こんな感じで大きめのタワー型ケースのイメージがあります。

けど コンパクトなケースも種類が豊富でした。

P1020346

MINI-ITX用のキューブタイプもありました。

P1020393

自分の好きなHTPCタイプもあるんですね デザインもなかなか 

P1020356

SilverStoneのGD04に似てますね まあ HTPCはどこも似たり寄ったりか・・

今回の注目の新製品はPC-K63です。

P1020374

これはPC-K62の後継モデルなので、Lancoolブランドということになります。

丁度隣にAMDバージョンの赤いK62があったので比べてみると、K63がだいぶ丸みを帯びたデザインになりました。

P1020361

幅は同じだけど、奥行きと高さが大きくなってます。

なので 内部の作業もしすくなっているようです。

P1020370

去年のLian-LiのイベントでK62の早組みを見た時に、”なんて作業しやすいケースなんだ”と思ったけど、そのK62よりもやりやすいなんて・・ いいなあ 

値段的にもこの辺が一番狙い目でしょう。

このK63が出たことによってK62が安くなりそうだから、K62狙いもいいかも

けど このイベントの展示モデルで一番欲しいと思ったのはコレです。

P1020353_2

PC-V2120というサーバータイプの大型ケースです。

大きいので下部にはキャスターが付いてます。

このケースは現在市販されている一番大きいHPTXを搭載出来ます。

P1020400

HPTXというとEVGAのClassified SR-2ですね。

270wsw555a1_md_1_2

このClassified SR-2を搭載できるケースってあまりないから貴重です。

これくらい大きくなるとケースというより小さいタンスだね (*^_^*)

P1020349

2lianli

| | コメント (0)

プリウスオンラインのプレイ日記・17

ガイガスを獲得できたので、これで怖いものはないです。

けど 敵をたくさん倒してゲージを上げていかないと召喚出来ないので、いざという時の為に敵を倒しておかなければいけないのはちょっと面倒・・ 

それに ある程度ゲージが溜まった時にアニマをスーパーサイヤ人みたいにパワーアップさせると一からやり直しになってしまいます (-_-;)

Prius171

けど サポートも強力になるし、ウザい子供から一気に色っぽくなるので、これはこれで満足なんだけど 

だから 使うべき場面の為に敵を倒して経験値を貰えるミッションクエストをたくさんこなすことにしました。

使うべき場面といえばボスキャラとの対戦ですね。

ということで このレベルでもなかなか勝てないボスキャラ戦で活躍してもらいました。

まずは「訓練を妨害しろ」でのボルトルゾック調教師との対戦です。

この近隣の敵はレベル33まで上げた自分には余裕だったので、ボスキャラも大したことが無いだろうと思ったのが大きな間違いで、このボルトルゾック調教師に3回やられました 

Prius172

デカいから攻撃力があって、レベル30のくせしてオレより全然強い!

まあ ボスキャラにレベルはあまり関係ないか・・

なので 現在のレベルだと厳しいので、ガイガス先生にやっつけてもらいました 

自分キャラで戦っている時はかなり大きく感じたけど、ガイガス先生に比べれば小さい小さい 

Prius173

自分ではダメージを少しずつしか削れなかったけど、一振りで物凄いダメージを与えてくれます 頼もしい 

Prius174

ガイガスは召喚している時間が短いけど、余裕で時間を余して倒すことができました。

ガイガス先生がいるとボスキャラなんか全然怖くなくなります。

次は赤い谷の村周辺のクエストの「大地の魔神」で登場するブーリン族の祭司長も強かったので、ガイガス先生を召喚しました。

Prius175

物凄い強いというわけではないんだけど、いつもギリギリのところで勝てないので、時間が勿体ないのでガイガス先生にお任せしました 

Prius176

Prius177

いやあ 強い強い  アッという間に倒してくれました 

ここまで強いのは反則だね 

これで進めるとつまらないという人も多いだろうけど、自分は横着なのでガイガス先生にこれからも助けてもらいます (*^_^*)

| | コメント (0)

Antec EarthWatts 650

先週末のリンクス感謝祭の日にAntecの電源の EarthWatts 650(EA650)を買ってきました。

リンクス感謝祭の抽選に参加するにはリンクスで取り扱っている製品を買うことが条件だったので、とりあえずこれにしておきました。

P1020279

このEA650は最近安くなってきて、今回は5980円でした。

とりあえず5980円が今のところ最安値だと思うけど、これからさらに値が下がりそうな気がします。

これを購入したショップの店員さんに聞いたら、やはり古いモデルということで値段が下がってきているようです。

古いからといってこのEA650が6000円以下で買えるのは自分的にはかなりお得だと思います。

ちなみに最初に買ったやつは7980円でした。

P1020283

この電源の気に入っているところは熱をあまり持たないところです。

オーバークロックして使えばある程度は熱を持つと思うけど、定格だったら電源の後ろを触ってみると冷たいくらいで熱をほとんど持ちません。

P1020330

他の電源は普通に使っていてもある程度は熱を持ちますからね。

まあ 他の電源というのは安物ですけど・・ (*^_^*)

それにこの値段で3年保証は嬉しいです。

こんな感じで自分が使ってみて一番よかったのでもう1台調達したというわけです。

とういことで 早速組んでみました。

P1020284

このモデルは今流行りのプラグインではないので、余ったケーブルをまとめるのが大変なのが難点です。

すでに使っているのはケーブルがごちゃごちゃでケース内が大変なことになっているので、今回はきれいにまとめようとしましたが

P1020285

やっぱり ダメだ  お掃除が苦手な自分には無理みたい

自分はプラグインの方が向いているみたい (-_-;)

| | コメント (0)

Antecのメディアコントロール用フロントパネル VERIS

この前のリンクス感謝祭で面白い物を貰ってきました。

VERISというPCケースのフロント部分に搭載するパネルです。

P1020278

リモコンが付いていて、これでパソコンの電源を入れたりマウス替わりにポインタを動かすことが出来るようです。

P1020321

これらの機能を活用するかどうかは置いておいて、とりあえずPCケースのフロント廻りの装飾に良いと思ったので付けてみました。

5.25インチベイに取り付けて電源を一本繋ぐだけかと思ったけど、リモコンでパソコンの電源の入り切りができるとあって、接続は意外と面倒でした。

同じAntecのNineHundredに付けるんですが、このVERISのフロントパネル部分を最初に取り付けてしまうとやりにくいので、少し手前に出した状態で作業開始です。

P1020288

まずは 電源の24ピンコネクタを延長ケーブルなようなもので継ぎ足します。

P1020286

何故こんなものを付けるんだろうと思っていたら、この延長ケーブルには3ピンの端子が付いていて、この端子を付けることによってパソコンの起動ができるようです。

その3ピンをVERISの裏側内部の基盤に挿しこみます。

P1020289

そして この基盤にケースのパワースイッチのコネクタをボードから外してこちらに挿しこみます。

P1020293

そして この基盤から出ているパワースイッチコネクタをマザーボードの方に挿し換えます。

P1020296

なるほど このVERISのフロントパネルを通じて起動させるためのコネクタの挿し換えですね。

これでようやくVERISをネジで固定できます。

P1020298

う~ん だいぶカッコよくなったな 

そして 最後のコネクタをマザーボード上のUSBピンヘッダーか、もしくはUSBポートの方に取り付けます。

せっかく内部に取り付けるのにUSBポート接続では意味がないので、USBピンヘッダーの方に取り付けようと思ったんだけど、USBは9ピンだけどこのコネクタは4つしか穴が開いてません。

挿していいのかかなり迷いましたが、これは4ピン分だけさせばいいみたいです。

P1020294

上段が5ピンなので、下段の4ピンの方に挿します。

アースやプラスマイナスが決まっているので、マザーボードの仕様書を見て方向だけは間違えないようにしました。

こうやって穴が少ないコネクタをUSBピンヘッダーに付けるのは初めてだったので、最初はなかなか怖くて挿せませんでした。

以前にUSBと似たようなピンを挿したら焦げくさい匂いがしてパーツが壊れたことがあったので、それからは確実に同じピンでないと怖くて挿せないようになりました。

以上で取り付けは完了です。

そして ドライバのインストールです。

P1020304

規格の小さいメディアだからスリムタイプの縦置きケースだとやりにくそう・・

言語を選択するとインストールが始まります。

Veris1

iMONのiMEDIAN HDいうメディアプレイヤーみたいですね 初めて聞いたな

大まかに見てみたけど、Windowsメディアプレイヤーより少し機能が増えたって感じのアプリケーションです。

よく使いそうなのはピクチャとミュージックくらいでしょう。

この中にテレビの機能があるので、PT2のアプリケーションを動かすことができると便利になるなあ 

Veris2

とくにリモコンでチャンネルが変えられるようなったら最高なんだけど

まあ おそらく使えないと思うけどね (*^_^*)

このiMEDIAN HDは使いながら機能を覚えていこうと思います。

そして 一番楽しみにしていたフロントパネルは

P1020320

P1020328

おお~っ! カッコいい 

オーディオっぽくていいです やっぱり同じAntecの製品だけあってNineHundredには合います。

メディアプレイヤーなんかよりこっちの方が大事なので、うまくまとまってよかったです !(^^)!

ちなみにこのVERISは2種類貰いました。

このNineHundredに付けたのは5.25インチベイを2つ分占有する「MultiMedia Station Premier」です。

もうひとつの「MultiMedia Station Elite」はそれより小さいタイプなので、5.25インチベイを一つだけ使います。

これはPT2が入っているSuperFlowerのSF800RRに付けました。

P1020327

1スロット分だからPremierよりも豪華さに欠けるけど、スリムタイプのケースなどに合いそうです。

もちろんこのSF800RRにも合っていて満足です !(^^)!

けど 思ったのは 抽選の外れの景品とはいえこんな豪華なモノ貰ったのは初めてです。

ただの試作品か何かと思ってもらったけど、販売している製品っぽいので調べてみたら、

2008年くらいから販売していたようですが、現在は販売しているところはほとんどないみたいです。

Tukumoveris

Antecには自分が所有しているNSK2480に似たHTPCタイプのFUSION REMOTEというリモコンで操作できるケースがあるんですが、これとほとんど同じみたいです。

アプリケーションもiMEDIAN HDが採用されているようだし。

発売当初は13000円くらいしたみたいで、いくら終息モデルとはいえこんな豪華なものが貰えるなんてラッキーでした。

| | コメント (0)

リンクス感謝祭2010 その2

リンクス感謝祭は展示品も楽しめました。

AntecのフルメッシュケースのLANBOY AIRです。

P1020151

しつこいほどのレッドLEDファンです。

これはコルセアのケースを用いたスーパーハイエンド仕様のマシンです。

P1020155

CPUがCore i7 980XでマザーボードはEVGAのCrossfield、VGAはGeForce GTX480だったかな

ちなみに抽選の1等がこれと同じような仕様のマシンだったようです。

総額30万円以上の構成だそうです 超豪華 

これもコルセアのケースをミリタリーカラーにしたMSI仕様です。

P1020158

最近のMSIは耐熱に優れているミリタリークラスの部品を使っているので、迷彩カラーのイメージが定着してきました。

もちろん このケースは非売品です。

コルセアの高性能水冷キットです CWCH70だったかな

P1020164

すごいなあ・・ けど これを付けるといったらかなりのハイスペックマシンだから、自分にはあまり縁がなさそう ((+_+))

でも 一回水冷クーラーを使ってみたいな

それから 「とある・・」だっけ? そのアニメのデザインのケースもありました。

P1020165

自分は興味ないので欲しいとは思わなかったけど、好きなアニメのデザインだったらいいかなと思いました。

P1020166

そして これが一番傑作だったかな

P1020170

まあ よく考えること (^^)

たしかに電車のデザインはケースの形に合っているかも 

こんな感じで展示品もなかなかでした。

P1020174

そして 最後の2つのセッションを見てきました。

MSIはこの前のDIY PC EXPOで聞いたミリタリークラスの話からでした。

P1020224

最近の部品は向上しているからただでさえ寿命が長いのに、このミリタリークラスはさらに長寿命なので10年くらいは使えるんじゃないかな

といっても 10年も使い続けるユーザーはほとんどいないだろうけど (*^_^*)

それからキャラクターが誕生したようです。

P1020228

リンクス系はこうやってキャラが誕生するから親しみやすいね。

それからMSIのGeForce GTX480のグラフィックボードの「N480GTX LIGHTNING」の説明もありました。

P1020231

GTX580が出てるのに今さらな感じだと思うんだけど。

そういえば 先ほどのミリタリーカラーのケースの裏側を見せてもらったら、キャラクターが描いてありました。

P1020216

なかなか良いんじゃないかな 

MSIは好きなメーカーのひとつなのでこれから頑張って欲しいです。

そして 最後にNVIDIAのセッションです。

内容が秘密だったので、次のモデルの話だと期待していたら また3Dの話だった・・ 

P1020256

イベントのたびにこの話だから、もういい加減聞き飽きたな 

それに自分は3D環境を持っていないので意味ないし

最後にこの前出たばかりのGeForce GTX580の話をしてましたね。

P1020264

これが出る前まで最強だったGTX480から性能が上がって消費電力が落ちているので、もうGTX480が売れないだろうな・・

それと静音性も以前のハイエンドモデルより優れているようです。

P1020270

けど 自分はこれくらいのハイエンドは無縁だから、次の狙い目として考えているミドルレンジのGTX560あたりの話が少しでも聞ければよかったんだけどなあ・・

まあ まだ先の話なので今は語ってくれないでしょう。

そういえば このセッションで使われていたベンチが面白そうで気になりました。

P1020275

宇宙人がダメージを受けて損傷していくのがリアルでした。

このベンチはNVIDAのサイトからダウンロードできるようなので、そのうち落として遊んでみようかな。

ということで リンクス感謝祭はこんな様子でした。

リンクスは有名なメーカーが集まっているから自然に注目されますね。

夏にGIGABYTEと切れたと思ったらMSIと締結するし

Antecのショールームがなくなって淋しくなったので、こういうイベントを年に2~3回くらいやってほしいですね。

まあ3回は厳しいか (*^_^*)

それと リンクスの取り扱い製品を購入すると抽選に参加できるので、いくつか購入してやってきました。

もちろん当たらなかったけど、外れにしてはかなり豪華な賞品をもらいました。

P1020278_2

さすがリンクス 

これからも一層繁栄していって欲しいです。

P1020212

Linkslogo

| | コメント (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »