« AMDのFusion APU搭載マザーが登場 | トップページ | PT2 録画中に逆さまになる »

GeForce GT 440

ここ最近はintel6シリーズチップセットの不具合やAMDのZacateの登場などが話題をさらってますが、NVIDIAからひっそりとGeForce GT440が出ていたようです。

OEM用にも同じモデルがあるようですが、全く別物のようです。

OEM版がコアクロック 594MHz、メモリ 800MHz、

今回登場した製品はコアクロック 810MHz、メモリ 1600MHzで、

同じGF108コアを採用しているGT430(コアクロック 700MHz、メモリ 1400MHz)のオーバークロック版というイメージです。

TDPは65Wで補助電源を必要としないので扱いやすいとは思うけど

コレって・・ 売れるのかな?

たしかに省電力派の自分はある程度の性能があって補助電源を必要としないグラフィックボードは好きなんだけど、それだったらTDPは50W以下に収めておきたいところです。

ある程度の能力があるからTDPもそれなりなんだけど、3Dゲームをプレイするには中途半端だよなあ・・

中途半端の中の中途半端って感じだな って 自分で何言ってるのかわけわからなくなったwww 

|

« AMDのFusion APU搭載マザーが登場 | トップページ | PT2 録画中に逆さまになる »

グラフィックボード」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« AMDのFusion APU搭載マザーが登場 | トップページ | PT2 録画中に逆さまになる »