« FUSION搭載マザーが続々登場 | トップページ | HPの東京生産4周年ありがとうキャンペーン »

intelの新SSDとSandy用マザー販売再開の動向

明日2月28日にインテルからSATA3.0(6Gpbs)対応の「510シリーズ」が登場するようです。

販売は正式には1日からみたいだけど、28日に購入できるみたいです。

エルミタージュ秋葉原 「どっちだよ」

ラインナップは250GBと120GBの2種類で、昨日秋葉原で行われたイベント「自作の祭典2011」での記事を見ると、

250GBモデルは最大でリードが500MB/s、ライトが315MB/sのかなりの速度が出るようです。

Intel510series

AKIBA PC Hotline 「インテル初の6Gbps SATA-SSDが近日発売、最大500MB/s、天野氏がアピール」

しかも 3Gbpsでもライト265MB/s、リード240MB/sの速度が出るのはすごい!

けど ランダムアクセス性能はX25-Mより落ちてしまうデメリットもあるみたい

これだけ速いなら使ってみたいけど、120GBが26000円、250GBは55000円もするので

とてもじゃないけど手が出ないや 

SSDの100GB以上はもっと安くならないと買えないよな・・

いくら速いといってもハードディスクとこれだけ値段の差があると損してる気分だ

まあ SSDは今のところ2つ持っているし、当分はいいかな

Crucialssd

intelといえばSSDなんかよりも興味深いのがSandy用の「intel6チップシリーズ」マザーの再出荷です。

エルミタージュさんとこの記事を見ると再販は予想よりも早いらしく、早ければ来週から不具合を改修したB3ステッピングモデルが販売されるかもしれないみたいです。

ASUSやGIGABYTEあたりは早そうだからすぐ買えるかもしれないな

自分は もう少し様子を・・ 発売キャンペーンのような大きな値引きはもうしないだろうから、マザーボードがもっと安くなってからにしようと思ってます。

CPUの値段は変わらないだろうけどマザーボードは2~3ヶ月もすればモデルによってはだいぶ値落ちするだろうからね。

てゆうか チップセット不具合問題でSandyBridgeへの熱が冷めてしまいましたね 

|

« FUSION搭載マザーが続々登場 | トップページ | HPの東京生産4周年ありがとうキャンペーン »

マザーボード」カテゴリの記事

ハードディスク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« FUSION搭載マザーが続々登場 | トップページ | HPの東京生産4周年ありがとうキャンペーン »