レノボ情報

ThinkPadがついに33915円に

レノボが今年最後に締めくくりとして期末セールを実施してます。

このセールでThinkPadがついに33915円まで値引きになりました。

先週のクリスマスセールで38000円まで値引きしたのが衝撃的だったのに、そこからさらに5000円近く下がってます。

モデルは この激安キャンペーンの定番となったThinkPad SL410です。

・CPU:インテル Celeron プロセッサー T3300 (2GHz)
・OS:Windows 7 Home Premium 32 正規版
・ディスプレイ:14.0型HD液晶 (1,366x768),LEDバックライト
・RAM:2GB PC3-8500 DDR3 (1スロット使用)
・HDD:250GB (5,400rpm)
・光学ドライブ:DVDスーパーマルチ, 固定
・ワイヤレス:ThinkPad IEEE 802.11b/g/n ワイヤレスLAN (WiFi準拠)

キャンペーン価格 39,990円

クーポン適用価格 33,915円

ハッキリ言って 激安ですよね 

いくらまで下がるんだろう・・ さすがにこの辺が限界だろうと思うんだけど

ノートパソコンの中ではThinkPadが一番好きな自分としては、ここまで安いとポチっとしてしまいそうだけど、

今のところノートは必要ないしなあ・・

かなり欲しいけど、使い道がないので指をくわえてみてることにします 

けど けど もし30000円になったら・・ その時は必要なくても買うぞぉ~

| | コメント (0)

レノボのクリスマスセール

レノボが16日までクリスマスセールを開催してます。

この前のボーナスセールよりもクーポンの割引率が高くなっているので必見です。

まずは一番安いThinkPad SL410から

・CPU:インテル Celeron プロセッサー T3300 (2GHz)
・OS:Windows 7 Home Premium 32 正規版
・ディスプレイ:14.0型HD液晶 (1,366x768),LEDバックライト
・RAM:2GB PC3-8500 DDR3 (1スロット使用)
・HDD:250GB (5,400rpm)
・光学ドライブ:DVDスーパーマルチ, 固定
・ワイヤレス:ThinkPad IEEE 802.11b/g/n ワイヤレスLAN (WiFi準拠)

キャンペーン価格  44,940円

クーポン適用価格  38,199円

ボーナスセールでは12%オフだったので39,547円でしたが、今回のクリスマスセールは15%オフなので1348円もお得になりました。

11/20 レノボのボーナスセール・ファイナル

ボーナスセールで初めてThinkPadが4万円を切っただけでも衝撃的だったのに、更に安くなるとは・・

使い道があれば即効で買うんだけど 今のところノートが必要ないので自分は指をくわえて見てるだけです・・ (-。-)y-゜゜゜

それとCorei3搭載のThinkPad Edge 14も安くなってます。

・CPU:インテル Core i3-370M プロセッサー (2.40GHz)
・OS:Windows 7 Home Premium 32 正規版
・ディスプレイ:14.0型HD液晶 (1,366x768),LEDバックライト
・RAM:2GB PC3-8500 DDR3 (1スロット使用)
・HDD:250GB (5,400rpm)
・光学ドライブ:DVDスーパーマルチ, 固定
・ワイヤレス:ThinkPad IEEE 802.11b/g/n ワイヤレスLAN (WiFi準拠)

キャンペーン価格  54,810円

クーポン適用価格  46,589円

これもボーナスセールよりも1644円安くなってます。

どちらも安くなっているのでお買い得だと思います。

4万円を切ったSL410の方がお得感を感じるけど、コストパフォーマンスはEdge14の方が高いと思うので、自分だったらCorei3搭載のEdge14を選びますね。

| | コメント (0)

ThinkCentreのオールインワンモデル

レノボの一体型デスクトップモデルのThinkCentre・Mシリーズに新しいモデルが加わりました。

一体型モデルは以前からM90z All-In-Onegが販売されていて、今回は発売されたのはM70z All-In-Oneというモデルで、大きな違いはディスプレイの大きさです。

M90zは23インチだったけど、今回登場したM70zは19インチになりコンパクトになりました。

画面が小さくなったので値段の方は安くなったけど、基本的な構成はM90zと同じみたいです。

安い方のベーシックモデルだとクーポン適用で7万円台で購入できます。

「ThinkCentre M70z All-In-One」 ベーシックパッケージ

・CPU:インテル Pentium デュアル・コア プロセッサー G6950 (2.80GHz)
・OS:Windows 7 Home Premium 32 正規版
・ディスプレイ:19.0型液晶 (1,440×900)
・RAM:2GB PC3-10600 DDR3 SODIMM (1スロット使用)
・HDD:250GB (7,200rpm SATA)
・光学ドライブ:スリム・DVDスーパー・マルチ
・イーサネット:内蔵インテル製ギガビット・イーサネット 

キャンペーン価格  81,900円

クーポン適用価格  73,710円

まとまったスペックだと思います。

一体型モデルは内部スペースが通常のデスクトップよりも狭いのでノート用のモバイル版CPUを採用しているモデルが多いですが、このモデルはデスクトップ用のCPUを採用しているのでパフォーマンスも良いと思います。

ちなみにCorei3を搭載したパフォーマンスパッケージはクーポン適用で88830円です。

23インチのM90zでは大きいという人には、この値段が安くなって扱いやすくなったM70zはお勧めです。

自分は・・ 表示するスペースが広い方が作業しやすいのでM90zの方が欲しいです。

M90zは夏に開催されたレノボ祭りで見てきたけど、ハードディスクやメモリなどの内部バーツの脱着は簡単に出来るようになっているし、デザインもカッコよかったです。

Imgp0977

Imgp0982

Imgp0988

7/29 レノボ祭りin秋葉原・6 (ThinkCentre M90z All-In-Oneの分解)

内部のスペースが広く”これが一体型?”って感じでした。

なので その分厚みはありました。

今回登場したM70zはこのM90zよりも小さい分少し手狭になっているだろうから、M90zに比べると多少やりにくくなっているかもしれませんね。

けど 内部構成にまだ余裕がありそうだったので、19インチに縮小されても問題なくカスタマイズが出来ると思います。

今思えば M90zはそれだけ大きかったんだよなあ・・

やっぱり設置スペースを考えるとM70zの方がいいかも (*^_^*)

| | コメント (0)

レノボのボーナスセール・ファイナル

レノボのボーナスセールでThinkPadがかなり安くなっていて、一番安いので3万円台のモデルがでてます。

以前に4万円台前半まで行きましたが、3万円台は初めて見ました。

その3万円台のThinkPad SL410のスペックを見てみます。

・CPU:インテル Celeron プロセッサー T3300 (2GHz)
・OS:Windows 7 Home Premium 32 正規版
・ディスプレイ:14.0型HD液晶 (1,366x768),LEDバックライト
・RAM:2GB PC3-8500 DDR3 (1スロット使用)
・HDD:250GB (5,400rpm)
・光学ドライブ:DVDスーパーマルチ, 固定
・ワイヤレス:ThinkPad IEEE 802.11b/g/n ワイヤレスLAN (WiFi準拠)

キャンペーン価格  44,940円

クーポン適用価格  39,547円

CPUがCeleronとはいえデュアルコアだし、メモリとハードディスクの容量も十分です 

しかも ディスプレイがLEDバックライトというのがうれしいですね !(^^)!

気を付けなければならないのはクーポンコードの適用です。

Lenovocoopon

この赤い丸で囲んだクーポンコードをコピーして、購入時のカートに貼り付けないと39547円にはなりません。

ここがわかりづらくてそのまま購入してしまう人もいますけど、せっかく5000円くらい安くなるので勿体ないです。

それとCorei3のモデルも4万円台の破格の値段で出てます。

モデルは ThinkPad Edge 14です。

・CPU:インテル Core i3-370M プロセッサー (2.40GHz)
・OS:Windows 7 Home Premium 32 正規版
・ディスプレイ:14.0型HD液晶 (1,366x768),LEDバックライト
・RAM:2GB PC3-8500 DDR3 (1スロット使用)
・HDD:250GB (5,400rpm)
・光学ドライブ:DVDスーパーマルチ, 固定
・ワイヤレス:ThinkPad IEEE 802.11b/g/n ワイヤレスLAN (WiFi準拠)

キャンペーン価格  54,810円

クーポン適用価格  48,233円

今まで見たCorei3のモデルは安くても5万円台前半だったのでかなり安いと思います。

こちらもLEDバックライトを採用しています。

これもクーポンコードの適用で48233円になります。

39547円のSL410と、48233円のCorei3搭載のEdge14・・ どちらも魅力的な値段なので迷いますね 

もちろんちょっとした使い道ならばSL410で十分なんですが、ちょっとした作業でも高速に処理したいなら奮発してEdge14の方がいいですね。

自分だったら・・ ノートの場合は自作デスクトップみたいにスペックアップが難しいので、長く使うことを考えてCorei3のEdge14かな

| | コメント (0)

レノボの30000円台のCore2Duoデスクトップ

世間はシルバーウィーク真っただ中ですね 自分の休日は1日だけですけど 

レノボが23日の木曜日までの期間限定セールを開催してます。

ThinkPadのモデルがいくつか安くなってますが、今回のセールでの目玉商品は3万円台のCore2Duo搭載のThinkCentreです。

モデルはThinkCentre A58 Towerというミニタワータイプで、早速スペックの方を調べてみました。

ThinkCentre A58 Tower 特別価格パッケージ

・CPU:インテル Core 2 Duo プロセッサー E7500 (2.93GHz)
・OS:Windows 7 Home Premium 32 正規版
・RAM:2GB PC2-6400 DDR2 (1スロット使用)
・HDD:320GB (7,200rpm,SATA)
・光学ドライブ:DVDスーパーマルチ
・イーサネット:内蔵ギガビット・イーサネット

 34,860-

メーカーパソコンによくあるスリムタイプやコンパクトなモデルではないので、大きめのボディなので置くスペースを考慮しないといけないですね。

けど 拡張性に優れているので、ハードディスクの増設などのカスタマイズに適しているので長く活躍できると思います。

それに一番の注目点は、今まで見たCore2Duo搭載のデスクトップの中では最安値だと思います。

29000円くらいのモデルは他のメーカーでも見かけましたが、CPUがCeleronやPentiumの下位モデルだったので、Core2Duo搭載モデルとしては破格の値段です。

Corei5、i3の登場でだいぶ少なくなってきましたが、性能はそこまで差はないと思うし、未だに人気があるのでお買い得だと思います。

自分も1台・・ と行きたいところだけど、Core2Duo搭載パソコンは3台もあるので、さすがに必要ないかな (*^_^*)

まあ 自分が3台も所有しているくらいCore2Duoは扱いやすいのでお勧めです

| | コメント (0)

レノボ半期決算セール第2弾

レノボが半期決算セール第2弾を9/9(木)までやってます。

最大で15万円以上のモデルが25%OFFになるのでお買い得です。

といっても 15万円のモデルなんてなかなか買えるものではないのですけど・・

ということで 格安だけど性能は優れているモデルを取り上げてみます。

モデルはThinkPadのL412です。

「ThinkPad L412」 ベーシックパッケージ

・CPU:インテル Core i3-350M プロセッサー (2.26GHz)
・OS:Windows 7 Home Premium 32 正規版
・ディスプレイ:14.0型HD液晶(1,366x768)
・RAM:2GB PC3-10600 DDR3 (2スロット使用)
・HDD:160GB (5,400rpm)
・光学ドライブ:DVDスーパーマルチ, 固定
・ワイヤレス:ThinkPad IEEE 802.11b/g/n ワイヤレスLAN (WiFi準拠)

キャンペーン価格 :¥ 57,960

クーポン適用価格 :¥ 52,164

このキャンペーンでは安い部類ですが、コストパフォーマンスが一番すぐれていると思います。

なんといっても  Core i3-350M搭載のノートが52164円で買えるのはかなりお得だと思います。

これより安い4万円台のモデルもありますが、CPUがCeleronなのでCore i3-350Mに比べると処理能力がかなり落ちるし、

Core i7、i5の高性能モデルもありますが、安くなっていても10万円くらいします。

なので 値段と性能のバランスが一番優れているモデルが このCore i3-350M搭載のL412だと思います。

このL412もレノボ祭りで見てきました。

Imgp1039

比較的安いモデルなので、特別な良いという印象はなかったけど、触ってみた感じは使いやすそうでした。

まあ 値段もリーズナブルなので無難なモデルといえるでしょう。

自分はこのLシリーズやSLシリーズのようなエントリーモデルのノートが欲しいんです。

ちなみにL412は14型ディスプレイですが、15型のL512も同じ値段で出てます。

自分だったら持ち運びを考えて14型のL412がいいです。

| | コメント (0)

レノボの新モデル「ThinkCentre M70e Small」

レノボのスモールタイプのデスクトップに新しいモデルが登場しました。

ThinkCentreのMシリーズのM70e Smallというモデルです。

レノボのスモールタイプのデスクトップって結構安いんですよね。

ということで 一番安いパッケージのスペックを調べてみました。

ThinkCentre M70e Small お買い得パッケージ

・CPU:インテル Celeron プロセッサー 450 (2.20GHz)
・OS:Windows 7 Home Premium 32 正規版
・RAM:2GB PC3-8500 DDR3 (1スロット使用)
・HDD:160GB (7,200rpm SATA)
・光学ドライブ:DVDスーパー・マルチ
・イーサネット:内蔵ギガビット・イーサネット

キャンペーン価格 :¥54,810

クーポン適用価格 :¥49,329

クーポンを適用すると5万円を切るので、新しいモデルでこの値段だったら安いです。

しかも コンパクトなタイプなので置く場所も困らないので、オフィスではもちろん、家庭でも使い勝手がいいと思います。

自分みたいにタワー型のごつくて大きいケースばかり使っているとこういうコンパクトなケースが欲しくなるんですよね。

それに レノボのスモールタイプのデスクトップはコンパクトなわりにはメンテナンスも楽です。

この前、レノボのイベントでスモールタイプの分解デモをやっていて、ほとんどドライバーを使わないでパーツの分解が出来るので、メモリの増設やハードディスク交換も簡単に出来るようになってます。

Imgp1060

Imgp1077

Imgp1072

7/28 レノボ祭りin秋葉原・5 (ThinkCentreのスモールタイプと分解セミナー)

自分が大きいケースを使う理由のひとつに広くてメンテナンスが楽だからというのがありますが、これだけ簡単だと小さくてコンパクトなケースでもいいなと思います。

このお買い得パッケージのCPUはCeleronのシングルコアなので、必要最低限のスペックといった感じですが、Core2Duo・E7500搭載の「Core 2 Duoプロセッサー搭載パッケージ」が67,473円で出てます。

ちょっと高いけど、自分としては長く使うことを考えてこちらの方がお勧めです。

| | コメント (0)

レノボ祭りin秋葉原・13 (まとめ)

イベントの終盤に 「Why ThinkPad?」というタイトルのThinkPadの製品についてのセミナーがありました。

自分がレノボの製品で一番欲しいのはThinkPadなので、もちろん聞いておきました。

Imgp1100

ThinkPadってとにかく種類が多すぎて把握しきれないです 

自分も今回のイベントである程度のモデルの大まかな概要は把握できたと思うけど、グレードまで把握するにまだまだ勉強が必要です。

Imgp1101

ThinkPadの全モデルに付いているのかわからないけど、「省電力マネージャー」という機能のおかげでバッテリーの残量と消費電力が一目でわかるようになっているようです。

Imgp1103

バッテリーの残量表示くらいなら他のメーカーのノートにも大体付いているけど、結構曖昧みたいですね。

けど ThinkPadの省電力マネージャーは結構正確らしいです。

それと 消費電力がわかるのはいいなあ

自分は電気代をなるべく削ろうとしてるので、消費電力が非常に気になるから この機能は欲しいです。

それから 周辺機器も他のノートよりも豊富ですね。

Imgp1105

レノボ祭りin秋葉原・12でも触れたけど、種類だけでなく利便性が高いアイテムも多いです。

そして なんといってもThinkPadの売りは頑丈で壊れにくいとこですね。

Imgp1107

様々な厳しいテストに合格してようやく製品として出荷できるようです。

けど こうやってスライドで説明しても説得力がイマイチだということで、実際に拷問テストを行いました。

Imgp1109

来場者に思いっきり体重をかけてノートパソコンを踏んでもらうといった方法で頑丈さをアピールしようとしたんですが・・

Imgp1112

壊れてしまったようです 

これにはさすがに場内が笑いに包まれました \(^o^)/

セミナーの司会の方がうまく笑いに持って行ったからよかったけど、関係者は笑えないよなあ 

Imgp1108

ちなみにこの司会の方をどこかで見たことあると思ってずっと考えていたら

AMDのお偉いさんだった土居憲太郎氏だったんですよね。

自分も自作パソコンを始めて1年ちょっとなので、あまりこういう要人は知らないんだけど、

去年の秋に開催されたDIY PC EXPOでAMDのセミナーの司会をやっていました。

Dsci0644

2009/11/1 DIY PC EXPO 2009 セミナー (ENERMAX、AMD)

「兄貴」と呼ばれている方で、話が非常に面白くてかなり人気のある方なのでよく覚えてます。

なので なぜ AMDの土居さんがレノボのプレゼンをやっているのかセミナーが終わった後に直接土居さんに聞いてみたら、

AMDを辞めて現在はレノボの製品事業部のThinkPad製品担当をやっているらしいです。

後から調べてみたら 昨年の12月にAMDを退職していたらしいですね。

自分が見たDIY PC EXPOの1カ月後には退職したということだから、あの時からすでに辞めることは決めていたのかな?

とにかく 久しぶりに聞いた土居さんの話はおもしろかったです !(^^)!

ThinkPadが壊れて笑いで済んだのは土居さんのトークと人気でうまくごまかせたって気がします (*^_^*)

Imgp1114

兄貴って呼ばれているだけあって風貌もちょっと厳つい親方って感じで、IT業界にはあまりいそうにないキャラなので、現場職人の自分としてはこういう感じの方は好きです。

そして 最後にThinkPadを1名にプレゼントしてくれるじゃんけん大会があって参加したけど、またしも1回目で散りました (ToT)/~~~

どうも このじゃんけん大会は弱いよなあ・・

プレゼントしてくれるThinkPadのモデルはX201だったかな

高性能モデルで20万円くらいするそうです。

自分はそんな高性能モデルはいらないから エントリーモデルのSLシリーズを5名くらいに増やしてプレゼントしてほしかったです。

欲しかったら自分で買えってことかな・・  

まあ ノートが必要になったらおそらく買うと思いますけど。

ということで 13回に分けてレノボ祭りin秋葉原の模様を書いてきました。

レノボには興味があったけど、製品のことはThinkPadのSLシリーズ以外はほとんど知らなかったので、ある程度は知ることができていい勉強になったイベントでした。

Imgp1059

| | コメント (1)

レノボ祭りin秋葉原・12 (ThinkPadのその他のデモ、周辺機器)

そういえば ThinkPadの分解セミナーでも内部を見れましたが、

展示ブースでもThinkPadの内部構造を公開してました。

Imgp1012

Imgp1013

相変わらずノートの内部はデスクトップに比べるとパーツが凝縮されていて複雑な構成なので、パッと見ただけではわけわかんないです。

以前分解して元通りに出来なかったし、これを見ると頭がイテー 

Imgp1014

こっちの分解構図はよくわからなかったんだけど、パーツをすべて取り除いた状態なのかな?

Imgp1010

穴がいっぱいあって そこに何かを詰め込むおもちゃみたい 

これは液晶ディスプレイの開閉試験を実演していて、長時間開閉して閉まりが悪くなるような不具合がでないようにこうやって長い時間テストするようですね。

Imgp1020

へぇ~ ノートパソコンの蓋(?)ってこういう風にテストするんだ~

たしかに 開け閉めを繰り返して上と下でずれたりしたら持ちにくし、カッコ悪いもんね。

Imgp1017

Imgp1016


それから ThinkPad用の便利な周辺機器もありました。

Imgp1091

USBキーボードなどはありきたりだけど、おもしろかったのはノートそのものを拡張させて周辺機器を追加させるドッキングアイテムといった感じです。

カバーのようになっていて、これをドッキングさせると光学ドライブや拡張ポートなどが使えます。

Imgp1096

Imgp1093

こんな感じで薄いボディのノートに厚みが増します。

モデルに使っていたのはThinkPadのX201で、このモデルには光学ドライブが付いていないので、これを合体させることによって光学ドライブが使えるようになります。

このアイテムはカタログやWEBページにも記載されていないので詳しいことは分かりませんが、おそらくX201専用の拡張機器だと思います。

確かに便利なんだろうけど、値段は1万円以上するみたいだし わざわざこんなものまで導入するんだったら初めからたくさんの機能が付いているモデルにすればいいと思うんだけど・・

それよりも 自分に目に留まったのはこのノートを設置しているスタンドです。

Imgp1097

このスタンドは台座から出ているアームで高さを変えることが出来て、こんな感じで折りたたむことも出来ます。

Imgp1095

Imgp1099

それと 前方のY字になっている部分の下には滑りやすい物が付いていて、左右の方向を軽く変えることができます。

Imgp1098

便利なノートスタンドだと思ったので、値段を聞いてみたところ4830円ということでした。

これだけ便利で4830円はかなり安いと思います ノート用のスタンドって安くても5000円くらいしますからね。

しかも 先ほどの拡張機器はX201専用だったけど、このスタンドは乗せるだけなのでノートなら何でも使えるとスタッフが言っていました。

ちなみに正式な名称はエッセンシャル・ノートブック・スタンドです。

自分も以前ノートを使っていた時は、腰が悪いので姿勢を良くして操作しようとスタンドを使ってました。

Pa0_0060

値段は同じくらいだけど、立てかける時はフックで引っかけるようになっていて作りがかなり安っぽいスタンドでした。

けど このスタンドは色や形も安っぽさは感じなくてカッコいいです 

現在ノートを使用していないので特別必要ありませんが、もし ノートをまた使うようになったらこのスタンドを使いたいです。

こんな隠れた名品があるなんて・・・ こういうイベントは見ておいた方がいいですね

| | コメント (0)

レノボ祭りin秋葉原・11 (ThinkPad Edge、Lシリーズ)

次はEdgeシリーズです。

Thinkpadedge15logo

Thinkpadedge15photo

このEdgeシリーズは15.6型の15、14型の14、13.3型の13と3種類あります。

15と14はインテルのCorei5とi3を採用してますが、13はAMDのAthlonとTurionを採用しています。

このモデルはどういう位置づけかわからないけど、スタンダードのわりに値段が高めです。

次はLシリーズのL412です。

Thinkpadl412wirelesstv

ここではノートパソコンの画面を無線でハイビジョンテレビに表示というデモをやってました。

イマイチ掴みどころのないデモだったので、早々と立ち去りました。

Thinkpadl412wirelesstv2iogo

このLシリーズは比較的安いモデルだと思います。

ということで 展示したあったThinkPadの全モデルに触れてきましたが、自分が狙っている一番安いモデルのSLシリーズがなかったんですよね。

SLシリーズはキャンペーンで4万円ちょっとで出ている時もあるので、将来買う可能性が一番高いモデルなので見ておきたかったんだけど 残念 

でも ThinkPadのいろいろなモデルを見てきたけど、やっぱりデザインがシブくてカッコいいと思います。

もちろん デザインだけなく衝撃にも強いので持ち歩くのに適しているのも魅力の一つですけど。

やっぱり 1台は欲しいな ThinkPad

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

Acer ASUS BTOショップ CPU GIGABYTE HPの新モデル Mac情報 MSI NEC故障レポート office2007 Office2010 PCケース PT2 windows 7 お得な情報 ごあいさつ アナログ機 アフィリエイト イベント イベント、フェスティバル インターネット接続 ウィンドウショッピング ウェブログ・ココログ関連 エプソン オンラインゲーム キングソフト グラフィックボード ゲーム サポートセンター ジャンク品 セキュリティ ソニー情報 ソフトの操作 ソーテック デュアルブート デルのお買い得情報 デルのサポート情報 デルの新モデル トラブル トラブル対策 ドライバ ニュース ネットブック ネットワーク ハードディスク バックアップ パソコン店舗情報 パナソニック フロンティア ブラウザ プリウスオンライン プロバイダ ベンチマーク ペンタブレット マイホームデザイナー マウスコンピューター マザーボード メモリ メーカーサポート情報 モニター レノボ情報 中古パソコン 今週のデルのキャンペーン 便利グッズ 内部清掃 初期設定 動画編集 周辺機器 地デジ用チューナー 富士通情報 故障・修理 新モデル 検証 設定 購入日記 電源 BTOカスタマイズ HPのお買い得情報 NEC情報 OS PCソフト PCパーツ Webサイト作成