検証

パソコンの電気代計算

先日調べ物をしていたらパソコンにかかる電気代を計算できる

「皮算用計算機」というサイトをみつけました 

Cost1

皮算用計算機

以前からパソコンの使用にかかる電気代がどれくらいなのか知りたかったので、見つけたときは感激しました !(^^)!

この計算機は搭載している各種パーツをドロップダウンから選んでいくと電気代が算出されるという便利な計算機です。

まあ その時の使用状況や環境で正確とまではいかないだろうけど、大体の目安にはなると思うので我が家にある6台のパソコンの電気代を算出してみました。

一番最初はP55チップのパソコンです。

・マザーボード MSI P55-GD65
・CPU Corei5-750
・メモリ 4GB
・ハードディスク HITACHI-1TB
・VGA GeForce9800GT
・電源 KEIAN GORIMAX750W

CPUやビデオカード、ハードディスクはほとんど種類が揃っているので問題ないです。

マザーボードの電力はわからないので25Wの「普通のM/B」にしておきます。

メモリもDDR2-800にしておいて光学ドライブは種類がわからないので「普通のDVDドライブ」にしておきます。

電源は安物だからないと思ったらありましたね KEIANのところに 変換効率は70%くらいにしておこうかな

マウスやキーボードはほとんど電気は食わないので省いていおきました。

ファンもよくわからないので省きます。

1日の使用時間を10時間、1ヶ月の使用日数を毎日に設定しました。

そして 計算したところ こんな感じでした。

Cost2

1日の電気代が24.41円・・・ なんだこんなものか 

1ヵ月で743円・・・ これくらいだったら

1年間で8916円・・・ ・・・1年で1万円近くいくのか 馬鹿にならないな 

まあ このパソコンはほとんど起動しないので1年で3000円程度くらいかな

1日だと大したことないように思えるけど、年間トータルで考えると安いとは思えなくなるよなあ・・

次はCorei5と同じTDPのCore2Quad搭載のパソコンです。

・マザーボード GIGABYTE GA-EP45-DS3R
・CPU Core2Quad-Q9550
・メモリ 4GB
・ハードディスク SAMSUNG 750GB
・VGA RADEON-HD4770
・電源 ANTEC EA650W

このパソコンにはPT2が付いているんだけど、キャプチャカードのところにちゃんとありました。

Cost3

PT2を記入したところ19.3Wと記載されました 結構電気食うんだなあ

そして 電気代は

1日24.96円、1ヶ月760円、1年だと9117円とCorei5のパソコンを越えてしまいました。

CPUのTDPは同じだけどビデオカードは25W低いし、電源もANTECの80プラスの電源で変換効率も10%高いのにQ9550のパソコンの方が年間200円も高くなってしまいました。

これはPT2が大きく影響しているみたいです。

ちなみにPT2の入れないと年間7277円なので2000円も安くなります。

ホントにそんなに電気食うのかな? PT2って

地デジの映像を1日10時間観ているという設定なのかな それだったら結構電気は食いそうだな

このパソコンは結構使う方だけどPT2はほとんど使用してないのでここまで電気は食わないと思います。

ピクセラのPIX-DT012-PP0 icon を付けてテレビ用に使っているパソコンで算出したところ このチューナーだと11.3WとPT2の消費電力の半分くらいでした。

iconicon

もしかしたらPT2の消費電力は4番組同時視聴の計算だったりして  そんなことはないか (*^_^*)

ちなみにテレビ用に使っているパソコンはPentiumDualCore-E5300とRADEON-HD4350で使っていて、年間の電気代は6465円で、ピクセラのチューナーを外すと5223円です。

とにかく地デジ視聴は電気を食うってことですね 

そして 最後に一番使うパソコンです マイホームデザイナーやこのブログの投稿に使っています。

・マザーボード GIGABYTE GA-EP45-DS3R
・CPU Core2Duo-E7400
・メモリ 3GB
・ハードディスク HITACHI 1TB
・VGA GeForce9600GT(省電力版)
・電源 KEIAN KEP-570W J

このパソコンは補助電源なしの9600GTの省電力版を使っていますが、「9600GT GE」というのがそうだと思います。(たぶんGreenEdition)

電源の変換効率を78%で算出してみたところ (そんなに変換効率は高くないかな)

年間5851円の電気代でした。

我が家では2番目に電気代が安いパソコンでしたけど、このパソコンは使用頻度が高いので算出した電気代を上回っていると思います。

Cost4

 

こんな感じで所有しているパソコンの電気代を調べてみたけど、結構面白いです 

もちろん使用状況によって違ってくるし それにモニタが入っていないので設定どおりに毎日10時間使っていたら算出した数値よりも大きくなるでしょうね。

でも これを目安にすればパソコンのパーツを組むのに大いに参考になると思います。

気を付けるのはCPUとビデオカードですよね この2つのパーツが一番電気を持っていくから

自分も年末年始に毎日4台のパソコンを起動させて使っていて その月の電気代がいつもより3000円くらい上がっていたのでパソコンのせいだと思って

HD4850から4770に、9600GTを通常版から省電力版に替えたりとしたけど、1ヶ月程度でパソコンだけでそこまで電気代があがるわけないからエアコンが一番影響しているんだとおもいます。

結構寒かったしね 

ちなみにこの計算機によると1年間を通して4850と4770だと1200円、9600GTの通常とGEだと400円程度しか変わらないのでわざわざ買うことなかったです 

まあ そんなに電気代をケチりたいんだったらオンボードVGAのパソコンを使えばいいってことか (*^_^*)

でも この皮算計算機はおもしろくて便利でいいです 作った方に感謝します m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電源チェッカー

最近電源が使えるかどうか調べられる電源チェッカーというものを知ったので、探していたらAmazonにあったので注文しました。

Dsci1204

もっと大きいかと思ったら意外と小さいです。

そして 1台だけジャンク品で買って動かない電源があるので、本当に動かないかチェックしてみました。

メインのATXの20/24ピンともう一つのサブの4/8ピンを差し込んで、チェッカーが点灯して動作すれば使えるということで

そして 測ったところ・・・

Dsci1210

あれっ? チェッカーが点灯した 

たしか ASUSのマザーボードってランプが付いていて電源を入れると点灯するんだけど、この電源使った時は点灯しなかったんだよな

なんだ 使えるじゃねーか 

以前検証した時はスイッチが入ってなかったのかな? まあ ジャンク品で500円だったのでどうでもよかったんだけど、使えると解ると気分が良いです 

これがディスプレイで表示される項目です。

格出力のプラスマイナス10%くらいが目安だそうです。

Dsci1209

Electronicchecker

サイズ社 PowerSupplyTester 詳細ページ

ジャンクショップでコレを使えば外れを買わなくて済むな! !(^^)!

まあ チェッカーなんて使わせてくれねーだろーけど・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今度はGeForce9800GTでSLI

土曜日のツクモ の蚤の市で玄人志向のGeForce9800GTを買ってきたので、再びSLIをやってみました。

Dsci0852

現在使っているP55-GD65 にLEADTEKの9800GTを使っているので、この玄人志向の9800GTをセカンダリに追加しました。

Dsci0865

コアクロックなどのスペックや長さはほとんど同じみたいです。

玄人志向のグラフィックボードだからもっと機械っぽいデザインかと思ったけど、「SPARKLING」と書いてある白いファンがなんとも爽やかなイメージだなあ

Dsci0864

そして 2枚目の9800GTを付けて起動させました。

Dsci0868

自分が感じたのは 前に同じ性能の8800GTでのSLIよりも温度が高いです。

トップやリアのファンからの風を手に当ててみたら、SLIといえど起動して間もない時だと冷たい風だけど、今回は序盤から暖かったです。

てゆうか この玄人志向の9800GTがかなり熱を持つような気がします 

そして気が付いたことがひとつ・・ ブリッジを付けるのを忘れてました・・・ ((+_+))

Dsci1388

このブリッジを付けなかったから熱くなったのかと思ったけど、3D性能が多少落ちるくらいで関係ないみたいです。

まあ とりあえずは機能しているかどうか調べるため3DMARK06でスコアを測ってみました。

3dmark069800gtsli

スコアは17108 8800GTのSLIとほとんど同じです 当たり前か (*^_^*)

そして OC・Genieでオーバークロックした状態でも計測してみました。

3dmark069800gtslioverclock

とりあえずは20000を超えているので上々のスコアです。

ということで 無事SLIが機能しているようです。

でも なんでこんなに熱を持つんだろう 8800GTの時は全く同じELSAのボードだったけど、

今回はメーカーが違うから多く熱を持つのかな?

そういえば GIGABIYTEとLEADTEKの9600GTでSLIを組んだ時も多少不具合が見られたので、やっぱり全く同じボードの方がいいのかな

まあ わざわざSLIで使うこともないので、これ以上熱を持つようならシングルで使おうと思います。

でも なぜか SLIって やってみたくなるんですよね (#^.^#)

Sli

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BIOSTAR TF7150-M7

これもフェイス のじゃんじゃん亭で買ったジャンク品のマザーボードですが、

箱に入っていて付属品も全部入っているので、普通の中古品にしか見えない1980円のマザーボードにOSを入れて使用してみました。

モデルはBIOSTARのTF7150-M7で、GeForce7150のチップセットが入ったマザーボードです。

BIOSTARのマザーで組むのは初めてですね。

Dsci0826

てゆうか うちの自作のマザーボードは全部GIGABITEですけど・・(*^_^*)

この前動作確認をしているので使えることはわかっていたので、

遊ばせていたオウルテックのCRYSTAL・GAZERに組んでみました。

iconicon

Dsci1070

ハードディスクは1TBと250GBがあったけど、ほとんどはNASの方にファイルを保存するから最低限の容量で十分なので、

この前ツクモ で買ったSeagateの80GBのハードディスクを採用しました。

1980円でしたけど、やっぱり80GBでこの値段は高いよなあ・・ 最近は1TBで5980円くらいのがあるし

Dsci1071

一回組んだことのあるケースなので、組み込み作業はすぐに完了しました。

そして Vista・HomePremiumのインストールです。

Dsci1073

Dsci1075

もう この画面は見飽きたなあ・・  ここ半年くらいで20回はインストールしたし

そして 80GBしか容量はないけど、いちよパーティションで仕切っておきました。

Dsci1080

さあ これから長いインストールが始まるので、洗濯をしに行ってきま~す

Sentaku

そろそろ ファイルのコピーも終わったかな

そして ようやくユーザー名の記入なども終わってOSのインストールが完了したようなのでドライバのインストールです。

Tseries

最初はわけわかんないドライバのオープニング画面だなあと思いました。

とりあえず自分は右上のアイコンの「ドライバ」をクリックして チップセット、ディスプレイ、オーディオ、LANのドライバをインストールしました。

Biostardriver

ドライバの下のアイコンの「ユーティリティ」にオーバークロックやRAIDなどのアプリケーションが入っています。

Biostarutility_2

GIGABITEみたいに一辺にインストールはできないみたいで、一つ一つインストールです。

まずはチップセットから

Biostarchipset2

最後の「NVIDIA HD・・」のところに「??」が並んでるけどなんだろうなあ?

自分が「?」って感じなんだけど

Question

まあ いいや とにかくインストール

その次はディスプレイかな

Biostardisplay

オーディオです

Biostaraudio

そして 最後にLANです

Biostarlan

これでドライバのインストールも完了で、ようやくBIOSTARのTF7150-M7のマシンの完成です。

早速、システムの確認をしてみました。

Biostarwellcome2

メモリは2GB搭載したのに1.87GBしか認識されてないです なんでだろう?

そして このマザーボードにはGeForceのグラフィックチップが入っているので、どれだけの性能なのか手っ取り早く調べるため

Vistaではお馴染のパフォーマンスの評価のスコアを見てみました。

Biostarscore

Windowsエアロなどに関係する「グラフィックス」では3.1

3Dパフォーマンスの「ゲーム用グラフィックス」では3.0と5つのカテゴリー中で最低でした。

やはり いくらGeForceとはいえオンボードではこんなものなんですね オンラインゲームはこれじゃ無理だな

でも 動画再生は多少きれいなのかと思って再生してみたら・・

映像の動きがカクカクして グラフィックボードが入っていないパソコンで3Dゲームをやっているような感じになりました。

Dsci1019

グラフィックのドライバは入っているのになんでだろう?

と思っていたら Windows・Updateの更新プログラムにGeForce7150の更新があったので、

更新のインストールをして 再び動画を再生してみたらスムーズに再生するようになりました。

付属のCDに入っていたドライバでは古かったのかな?

Dsci1101

それとも あの「?」が悪影響を及ぼしていたのかな・・・

そして 先ほどのパフォーマンスの評価も「グラフィック」のスコアが0.1上がって3.2になってました。

Biostar32

ついでにファイナルファンタジーのFFペンチ3での計測もしてみました。

Dsci1094

スコアは1889でした 4年前のモデルの富士通CE70J7が1500だったので、少しグラフィック性能がいいくらいなのかな

まあ オンボードのわりにはFFのデモでのパフォーマンスはなかなかよかったです。

総括して考えると 1980円のわりにはなかなか使えるマザーボードだと思います。

でも BIOSTARってイマイチ人気がないですよね。

その理由のひとつにメーカーサイトの言語選択に日本語がないからじゃないかな

Biostarsite

BIOSTAR メーカーサイト TF7150U-M7製品情報ページ

まあ 大まかな仕様なら代理店のMVKでわかります。

Mvk

MVK TF7150U-M7製品情報ページ

このモデルは2007年の後半に出たモデルですけど、まだ新品を販売しているところがありました。

Pa0_0075

近くのパソコンショップの「ZOA」というところで9980円で販売していました。

意外と高いんだなあ・・ 

BIOSTARって2流メーカーってイメージがあるし、しかも古いモデルなので10000円近くもするなんて・・・ ちょっと高いよね

Pa0_0074

やはり グラフィックがGeForceということで高いんだろうな

でも 所詮オンボードなので、グラフィックボードを付けた時に比べたら、

Vistaのパフォーマンスのスコアで示している通り さすがに3D映像は落ちますからね。

でも ディスプレイの設定はNVIIAのコントロールパネルなので、グラフィックボードが入っている時のように設定できるし、

Nvidiacotrolpanel

背面のインターフェースもアナログのD-SUB15ピンはもちろん、DVI-Dのデジタル端子とHDMI端子も付いているので、

Dsci1102

地デジも視聴できると思うので長く使えそうなマザーボードですね。

地デジといえば 自宅はまだ視聴できる環境ではないだよなあ・・

アンテナを立てるか、NTTの光フレッツにするか選択肢はいくつかあるけど、

国が支援してもう少し安くして欲しいよなあ

まあ 自分だったら

アンテナの設置は最初の料金だけで済むけど結構な値段がするから

突然の引っ越しなども考えておいて 手っ取り早く月額625円のNTTの光フレッツにするけど

どっちにしてもこの値段じゃ無理かな 高い!

Chideji

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャンク品のマザーボードの検証 (FOXCONN P4M800P7MA-RS2)

そして 最後に検証するのは、

前にも買ってきたものと同じFOXCONNのP4M800P7MA-RS2です。

Dsci0987

前に検証した時は電源は入ったけど、古いのでCPUがCeleron・E1200に対応していなかったみたいなので起動しませんでした。

このマザーボードもメーカーのサイトにマニュアルやドライバがあるから心配はないんですが、

P4m800driverdownload

メーカー製品情報ページ

とにかく情報がほとんどないマザーボードなので

対応CPUもサイトのページにPentium4とD、CeleronDと書いてあるだけで細かい型番が載っていないので同じくらいの年代で合わせるしかないです。

価格ドットコムでも情報が得られないのはこのマザーボードくらいです。

P4m800kakakucom

価格ドットコム P4M800P7MA-RS2ページ

でも このページを見る限りでは2006年の12月あたりに登場したらしいですね。

ということは 先ほど検証したASUSのP5NDS-SLI Deluxeよりも新しいモデルのようです。

なんで また同じのを買ってきたかというと、新しく買った方はドライバCDやマニュアルが付属していたからです。

Dsci0988

とにかく情報が少なくて、自分にはとてもミステリアスに感じたマザーボードなので詳しく知りたいということもあってわざわざ買ってしまいました。

でも マニュアルを見てみたところ 日本語で書いてあるところもあるんですが、

折りたたんだ大きい紙きれ一枚なので、とにかく大雑把にしか書いてないので有力な情報を得るまでには至りませんでした。

Manual

Dsci1095

まあ なんとか組める情報は確保してあるから・・ いいか って感じです。

それに失敗して壊してもストックがあるし

そして 2枚のP4M800P7MA-RS2を見比べてみました。

Dsci0989

同じ製品のはずなんだけど 中央のヒートシンクの色が違います。

それと表記が違うところもありました ロットが違うと多少の変化があるのかな

まあ せっかく買ってきたんだからこのマザーも起動させてみるつもりです。

年代が近いのでおそらくCPUはP5ND2-SLIと同じのを使えるだろし、メモリはDDR-400なので、CE70J7のが使えるので ついでに組めるのでお手軽でいいかも

まあ こんな感じでまたジャンク品のマザーボードを3枚も買ってきてしまったので、家の中が賑やかになってしょうがないです。

これ以上買うと置く場所にも困るから ジャンク品で遊ぶのはこれだけにしておこうかな

どっちにしても 使うことはないですからね ただ組むだけ

早く組んでマザー達に仕事を全うさせてあげないと・・・・

Motherthink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャンク品のマザーボードの検証・2 (ASUS P5ND2-SLI Deluxe)

ジャンク品のマザーボードの検証・1の続きで2枚目の検証レポートです。

モデルはASUSのP5ND2-SLIのDELUXEというモデルでした。

Dsci0984

名前の通りNVIDIAのグラフィックボードを2枚挿してグラフィック性能を向上させるSLIを実現できるマザーボードです。

Sli

自分が買った理由ももちろんSLIができるので買いました。

SLIは前から興味があって、ゲームをそんなにプレイするわけではないので必要ないけど、

一回は構築してみたいと思っていました。

でも SLIに対応したマザーボードはかなり高額なので、使う用途が特別あるわけではないのにそんなにお金を出せないので諦めていたので、ラッキーでした。\(^o^)/

ちなみに1240円でした。

P5nd2sli1

P5ND2-SLIのスペック表示ページ

そして 早速このマザーボードのことを調べてみたら

発売されたのが2005年の4月ということで、思ったよりだいぶ古いんだなあと思いました。

自分が初めてパソコンを買って使い始めた富士通のCE70J7が2004年の10月だから、その半年後に出たんですね。

デザインに古さは感じないし、SLIということでもっと新しいモデルなのかと思ってました。

てゆうか SLIってそんな前からあったんですね。

Akibapchotline

AKIBA PC-HOTLINEでのP5ND2-SLI Deluxeの発売当時の様子

AKIBA PC-HOTLINEで発売当時の記事が掲載してありました。

AKIBA PC-HOTLINEさんのページで箱の写真などを見たけど、豪華で高そうなイメージです。

値段も30000円近くしたみたいですね 昔は今よりも高かったから当然か・・・

そして 気になる対応CPUを調べてみたら、Pentimu4、PentiumD、CeleronDの現在はほとんど新品が売られていない古いCPUでしたね まあ 4年以上前だから当たり前か・・

P5nd2slicpusupport
P5ND2-SLI DELUXEのCPU対応表

というと このマザーに使えるCPUは持ってないので、BIOS起動は現在無理です。

CE70J7もPentium4ですが、ソケットが478なので流用ができないので残念 (-_-)

それにメモリもDDR2-667なので これも持ってないから手に入れておかないと

P5nd2

まあ なんだかんだいっても使えるかどうかまだわかりませんからね。

パーツは持ってないからインストールテストなどはできないけど、

とりあえず通電テストだけでもやってみました。

Dsci0985

おっ! 光った 光った  とりあえず電気は入るようなので希望が持てます。

よしっ とにかくCPUとメモリをなんとか安く買ってこよう!

たしか CPUはドスパラ の中古品でPentium4の2.8G(520)が1780円で出ていたなあ

でも SLIを組むので出来ればCE70J7と同じくらいの3.2Gくらいは欲しいなあ・・・

Fujituce70f7_2

メモリは出来れば1GBくらいは欲しいかな たしかソフマップ で新品が2000円くらいだったかな

まあ とにかく組んでみないと買った意味がないので、必要最低限のパーツを揃えて、

それで使えることがわかったら メインのグラフィックボードです。

調べてみたらこの年代だとGeForceの7000番台当たりですね。

76OOGTあたりが適しているようです。

最近の200系はもちろん、9000、8000番台だとCPUが非力だから能力を発揮できそうもないですからね。

このマザーボードを買った帰りにT・ZONE でASUSフェアをやっていて、ASUSの9600GTが6000円で売っていたので、買おうか迷ったんですけど買わなくてよかったです。

とにかく 中古で安い7000番台でSLI対応のグラフィックボードを探してきます。

今回はSLIだから2つ同じのを手に入れてこないと意味ないんだよな・・・

ドライバ関係もあるみたいなので とりあえずは安心かな

P5nd2slidownload
P5ND2-SLIダウンロードページ

ということで これからパーツ集めをしようと思います。

CPUはPentimu4で、グラフィックボードも7000番台で構成しても 最近のCore2シリーズのCPUで9000番台あたりを一基搭載したスペックよりも落ちるだろうけど、

一回はやってみたいです SLIを

では 最後にFOXCONNのマザーボードを  つづく

Sli

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャンク品のマザーボードの検証・1 (ASUS K8V-MX)

先週末でいくつか買ってきたジャンク品の中で

マザーボードが3枚あったので検証してみました。

Shop_4_custom

このマザー3枚はフェイスのジャンクショップの”じゃんじゃん亭”で、ただでさえ安いジャンクなマザーボードがタイムセールで半額だったので3枚も買ってしまいました!(^^)!

まあ 半額の対象だったのは箱はもちろん、ドライバCDなどの付属パーツはなにも付いてない袋に入ってるだけの商品だけですけど

ということで お楽しみの検証をしてみました。

まずはASUSのK8V-MXです。

Dsci0986

AMDのソケット754対応のマザーボードです 490円でした。

このマザーを買った理由は 前の週に買ったSempron・SDA3000がソケット754だったので、これに対応するマザーボードを探していたので丁度よかったです。

Dsci0953

ちなみにこのSempron・SDA3000もじゃんじゃん亭で500円でした。

他にも箱に入っていて付属品がすべて揃っているBIOSTARのマザーがあったんですが、

1980円だったのでわざわざ組んで長く使う気はないので、この490円の”本当にジャンク”って感じのマザーボードにしておきました。

とりあえずはCPUとマザーだけで電源を入れてみようとしたんですが・・・

スイッチのコネクタを挿すピンが見つからないんですよね・・・

だから マニュアルをダウンロードしてみました。

K8vmx_2

かなり古いマザーボードなのでないかと思っていたけどありました。

そしてマニュアルを見てみたんですが あるはずのものがない・・・・

つまりピンがないみたいです。

K8vmxconecta

K8vmx2_2

ということで スイッチが使えないなら起動は無理そうです。((+_+))

もう1枚同じのがあったからそっちにすればよかったなあ・・・ ガックリ

なので このソケット754での構成はひとまずお預けです。

でも このマザーボードはかなり昔のモデルだけど、ドライバなどはメーカーが提供しているんですね。

K8vmxdownload

ASUS K8V-MXダウンロードページ

まあ ASUSだからかもしれないけど、もう1枚ASUSのマザーを買ってきたので

これで心配はないです。

まあ これはこれで分解して遊んでみようかな 490円だし

さて 次もASUSのマザーですが、これは珍しかったのでかなり興味が湧きました。

つづく

Mothebord

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャンク品の動作確認・3

ジャンク品の動作確認・1ジャンク品の動作確認・2の続きです。

長すぎてしまったので、これで最終回です。

ジャンク品の電源とギガバイトのGA-EP45-DS3の動作することが確認できたので、

前から試してみたかったジャンク品のマザーボードの動作確認に入りました。

まずはジャンクとはいえ程度がよさそうなBIOSTARのTF7150U-M7から検証しました。

Dsci0826_2

最初のテストではさっき使えることが確認できたKEIANのKEP-570Wではなく

Dsci0934_3

前にドスパラ で買ったジャンクケースに付いていた電源で試してみました。

とりあえずさっきのギガバイトのGA-EP45-DS3のテストの時で使えることが確認できたので最初はこの電源で試してみました。

Dsci0932

これはかなり古い電源で、SATAのコネクタが付いてません。

検証で使っているハードディスクはシリアルだけど光学ドライブはIDEなので、ハードディスクは付けなくてもBIOSは起動するみたいなのでこれでも大丈夫だと思って繋げてみたところ

マザーボードの電源が入るんだけど、起動しませんでした。

電源が入らないということは設定も問題かと思って、マザーボードのサプ電源に繋ぐ4PINのコネクタがこの古い電源にはないので、

KEP-570Wに付け替えて真ん中にある4PINのコネクタに差したところ

Dsci0923

Dsci0910

おーっ 無事ロゴ画面までいきました\(^o^)/

これは結構掘り出し物だったかも

でも 先ほどギガバイトのGA-EP45-DS3で動作確認したときは4PINのコネクタのサブ電源を差さなくても起動したんだけどなあ マザーボードによって違うんですね。

Dsci0915

ここまでいけば多少おかしくても使えそうですからね

そして BIOSの画面に行ってみました。

Dsci0914

自分にはお馴染のAward社のBIOSでした。

このマザーボードのマニュアルは英語しかなく、メーカーのサイトに行っても日本語のページはないので、使い慣れているBIOSだと安心です。

そして OSもインストールできるか調べてみたら、ちゃんと認識してできるみたいです。

Dsci0264

まだ使い道が決まってないのでインストールは途中でキャンセルしておきました。

これでTF7150U-M7が動作することがわかったので、次は本当のジャンク品のマザーボードです。

このFOXCONNのP4M800P7MA-RS2というマザーボードは古いみたいなので、探すのに苦労しました

まず このマザーボードは他のメーカーみたいに真ん中の大きく型番が記載されていないので、どれが型番なのかわかりませんでした。

PCI-EXPRESSのスロットはなくAGPスロットだし、SATAのソケットもあったんですが、

Dsci0945

Dsci0947

最近のマザーボードとタイプが違うので最初はないと思ってました。

さあ それでは動作確認です。

Dsci0931

必要最低限のパーツを繋いで電源オン

・・・・電源は入るけど画面が出ないなあ・・

いろいろと手を尽くしたけど、現状の構成では無理なようです。

やっぱりCPUだよなあ

今回の動作確認で使っているCPUはCeleron・E1200で、このマザーボードは古すぎて対応してないから起動しないんじゃないかなと思います。

今度、またジャンクのCPUを探して検証してみようと思います。

これで本日の検証は終了です。

やっぱり新品のパーツを組むよりもおもしろいですね。

動くかどうかドキドキするし、動かなくて当たり前 動いたらラッキー\(^o^)/という感じでやっているし

これが新品のパーツだと 動いて当たり前 動かなかったら問い合わせないといけないし、ショックもでかいです。

FOXCONNのマザーボードは今のところは起動しなかったけど、ジャンクショップのじゃんじゃん亭で購入したのはほとんど使えてます。

まあ 壊れてるのばかり出していたら誰も買わなくなるしね。

動作確認するのが面倒でジャンクに出しているのかもしれないし

とにかくジャンク品で遊んでいるのがおもしろいので、またじゃんじゃん亭で面白そうなのを買ってきます。

昨日はこの他に外付けスピーカーとAMDのSempron・SDA3000を買ってきました。

Dsci0950

Dsci0953

二つとも500円でした。

そういえば このCPUはフェイス のオンラインショップで980円で出てましたね。

こっちは中古と書かれていないので新品みたいですね 

まあ このCPUでパソコンを長く使うわけではないので、壊れてなかったら安い方がいいので

Sempronはソケットが754なので またこのCPUが使えるマザーボードをジャンク品でみつけようかな

AMDはまだ一回も使ったことがないので組んでみたいです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャンク品の動作確認・2(電源使用可能)

ジャンク品の動作確認・1の続きです。

とりあえず最初に以前から持っているギガバイトのGA-EP45-DS3でジャンク品のKEIANのKEP-570Wが使えるかどうか調べてみました。

Dsci0054_2

Dsci0934_2

使えるかどうか試すだけなのでケースにわざわざ組むのも面倒だなあと思って、

今回は 以前に買っておいたアクリルの基盤に設置して検証しました。

Dsci0908

そして スイッチを昨日買っておいたので、これで丸裸のまな板ケースってやつが構成できます。

このアクリルパーツは様々な種類があっていろいろな形のケースを組み立てて作ることができます。

Lubicという組み立てアクリルパーツのメーカーです。

メーカーのオンラインショップで購入できますが、店頭では秋葉原のTZONE にあります。

自分もそこで基盤とスイッチを買ってきました。

結構楽しそうなので、今度面白いのを作ってみようかな

ということで話は反れましたけど、とりあえず組んでみました。

Dsci0905

う~ん なかなかいい光景だなあ

そして とりあえずこれにモニタとCPU、メモリ、電源、スイッチの最小限のパーツを付けてスイッチをオンにしたところ… あれっ? 電源が入らない

やっぱりジャンク品だから壊れていたのかなと思ったら 電源の後ろのスイッチがオフになってました・・・((+_+))

気を取り直して再び電源をオンにしたら

入った 何とか使えそうです これで長持ちしたら最高ですね 1500円だし

でも BIOSが起動しないので”まさか ツクモの査定したやつ本当に壊したんじゃねーか?”と思ったら、

光学ドライブを付けたらBIOSが起動しました。

Dsci0927

やっぱりドライブ類を付けないとBIOSまで起動しないようですね。

ついでに新品のハードディスクも付けておきました。

とりあえず BIOSも異常ないみたいだし大丈夫なようです。

まあ 他も壊されたというのも考えすぎだし(*^_^*)

さて GA-EP45-DS3とKEP-570Wが使えることが分かって ここからが本題です。

以前にフェイスのじゃんじゃん亭で買っておいた2枚のマザーボードが使えるか検証です。

1枚はBIOSTARのTF7150U-M7という2年前のモデルらしいです。

Dsci0826

これは1980円とジャンク品にしては安くはないけど、箱や中身も揃っていて普通の中古品と変わらない状態です。

Dsci0829

もう1枚は袋に入ってるだけの本当のジャンクって感じでモデルは

FOXCONNのP4M800P7MA-RS2というモデルで検索してもほとんど出てこないので、いつ頃販売していたのかもわからないです。

Dsci0830

これから 本題の2枚のマザーボードの動作確認です。

長くなってしまったので またしても つづく


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャンク品の動作確認・1(電源の機能と買い取り査定)

昨日、また秋葉原に行った時にジャンク品をいくつか買ってきました。

2週間前にも行ったんですけど、やはりフェイス のジャンクショップの「じゃんじゃん亭」は欲しくなるアイテムがたくさんあります。

Shop_4_custom

今回買った掘り出し物は1500円で買ったKEIANの570Wの電源です。

Dsci0934
現在、これと同じ似ている電源を自作に組み込んでるので、壊れた時に交換できる部品があるかもしれないと思って買っておいたんですけど、

Dsci0001

ちょっと違うモデルのようです。

調べてみたら、現在使っているのがKEP-570W/Jで ジャンク品の方はKEP-570Wというほとんど同じモデルのようで、違いは

使い方に合わせて12Vを2系統で使用(Split)と1系統に統合して使用(Combine)してSplitとCombineの切り替えスイッチが手動か自動の違いで、自作ですでに使っている方が自動で ジャンク品の方が手動みたいです。

Dsci0938

通常の使い方だと2系統のSplitの方が効率よく安定しているけど

グラフィックガードによっては1系統が20Aを超えるもの、また、SLI等で使用の際、それが逆に弊害になり動作しない場合があるみたいです。

そんな時に切替スイッチを2系統のsplitから1系統のcombinedにすることで正常に動作するみたいですね。

まあ これは大きなグラボを搭載した時には便利だけど、自分にはあまり必要ないかな

それに すでに使っている自作機はGeForce9600GTだからそれほど電力も使わないだろうし、自動で切り替わるらしいから安心です。

Dsci0064

ちなみにこのSplitとCombineのことはここのサイトで調べました。 詳しく調べたかったら見てください。

ということで 切り替えくらいの違いなので中の部品は流用できるかもしれないです。

そんなことよりも とりあえずは使えるかどうか試してみないと

とりあえず前にじゃんじゃん亭で買っておいたジャンク品のマザーボード2枚と、

以前使っていたギガバイトのマザーボードで検証してみました。

ジャンク品のマザーボードははじめて検証してみるんだけど、なぜ 使えていたギガバイトのマザーボードを検証するかというと・・・

昨日ツクモで買い取り査定をしてもらいました。

査定額が自分の購入した金額よりも上だったので、現在使っていないということもあり遊ばせておくのも勿体ないので売却しようと思って査定してもらったんですが、

メモリのスロットを引いたら折れていたらしく買い取り対象ではないということだった。

Dsci0942

もちろん折れていない状態で持っていたので聞いたら レバーを引いたら折れていたということだった。

自分が持って行った時は壊れていなかったんだから”こいつが壊したんじゃねーか”ということも考えらるんだよなあ

でも 査定専門でやっているプロなんだろうから強引に引いたりはしないし、一番端のスロットなので引くときにグラフィックボードに押されたり当たっていたので、自分が知らぬ間に壊していたかもしれないという可能性が高いので、疑念を抱きながらもツクモの買い取りセンターを後にしました。

まあ これに懲りてマザーボードなどの精密パーツの売却はしないようにします。

自分の見てる前で査定してくれればいいんだけど、だいたい奥の方で電源を通して検証するんだろうから壊そうと思えば壊せるしな

売却できなかったのは残念だけど、このマザーボードは中古でも結構な値段するし、フェイス の本店ではアウトレット品が未だに7980円という高額で売られていましたね。

メモリのスロットはレバーが一つ壊れただけなので、4つもあるから自分が使う分には支障はないので、また使い道を考えます。

ちなみに査定額が6800円で 自分が購入した金額は6771円です 欲張りすぎたかな(*^_^*)

それで 査定してもらって余計なとこいじくられて壊れてないか調べてみました。

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Acer ASUS BTOショップ CPU GIGABYTE HPの新モデル Mac情報 MSI NEC故障レポート office2007 Office2010 PCケース PT2 windows 7 お得な情報 ごあいさつ アナログ機 アフィリエイト イベント イベント、フェスティバル インターネット接続 ウィンドウショッピング ウェブログ・ココログ関連 エプソン オンラインゲーム キングソフト グラフィックボード ゲーム サポートセンター ジャンク品 セキュリティ ソニー情報 ソフトの操作 ソーテック デュアルブート デルのお買い得情報 デルのサポート情報 デルの新モデル トラブル トラブル対策 ドライバ ニュース ネットブック ネットワーク ハードディスク バックアップ パソコン店舗情報 パナソニック フロンティア ブラウザ プリウスオンライン プロバイダ ベンチマーク ペンタブレット マイホームデザイナー マウスコンピューター マザーボード メモリ メーカーサポート情報 モニター レノボ情報 中古パソコン 今週のデルのキャンペーン 便利グッズ 内部清掃 初期設定 動画編集 周辺機器 地デジ用チューナー 富士通情報 故障・修理 新モデル 検証 設定 購入日記 電源 BTOカスタマイズ HPのお買い得情報 NEC情報 OS PCソフト PCパーツ Webサイト作成