HPの新モデル

HPのファイナルファンタジーXIV 推奨認定PC 冒険Readyモデル 2

HPのファイナルファンタジーXIV 推奨認定PCの第2弾が出たようです。

Pavilion Desktop PC HPE-390jp/CT ファイナルファンタジーXIV 推奨認定PC 冒険Readyモデル 2

CPU:Core i7 -930
OS:Windows 7 Home Premium 
メモリ:12GB (2GB x 6)
HDD:500GB HDD
グラフィックス:NVIDIA GeForce GTX460(1GB)

 119,700円

最初の推奨認定モデルはCPUがCore i7 -960、グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX260で、価格が164,430円でした。

6/18 HPのFINAL FANTASY XIV推奨認定モデル・HPE-290jp

CPUの性能は下がったけど、グラフィックスの性能が上がって価格が下がったので、求めやすくなりましたね。

自分は実際のゲームをプレイしたことが無いのではっきりしたことはわかりませんが、色々と聞いた話によるとCPUは930で十分じゃないかな

グラフィックスは260でもいけると思うけど、推奨認定されている460の方が安定していると思います。

なので この第2弾の方がファイナルファンタジーXIV向きといえるでしょう。

でも メモリは12GBもいらないと思うけどね (*^_^*)

| | コメント (0)

HPとオンライン麻雀ゲームのコラボ

様々なキャンペーンやコラボレーションを展開するHP

今度は麻雀のオンラインゲームとのコラボです。

雀龍門という麻雀ゲームで3Dなので実際に対局している気分を味わえるようです。

3Dゲームってアクション系だけかと思っていたけど、麻雀でも3Dがあるんですね。

それに オンライン上のプレイヤーと対戦できるので 気分は雀荘です。

最近はやらなくなったけど昔はよくやってなあ 徹夜で 

その頃は昼間の日差しがしんどかったです 

この雀龍門の推奨モデルがHPのTouchSmart 600PCです。

タッチパネル式なので、まさに牌を掴んでいるような気分が味わえそう 

タッチパネルと麻雀か・・ 考えましたね 

そのコラボの特典の内容は

HPのロゴをあしらった"HP雀卓"と"HP雀牌"がゲーム内に登場したり、

イベント特設ページに出現したタッチパネルをすべて開封する事が出来るとコラボ特別アイテムが貰えるようで、

さらに抽選でTouchsmart 600PC もしくはホ゜ケットメテ゛ィアト゛ライフ゛640GBのプレゼント企画もあるようです。

Touchsmartが欲しいよなあ 

こんな感じで面白い特典もあるので この雀龍門をプレイしてみようかな・・

いや 待てよ たしか麻雀をやらなくなったのは負けまくってやめたんじゃなかったっけ?

しかも オンライン上の相手だと近隣の知り合いより強そうだしなあ・・

もしプレイするにしてもほどほどにしておかないとね

負けるとムカつくんだよなあ 雀卓ひっくり返したくなるくらい 

オンラインだとそのターゲットはモニタになるということか・・ 

モニタぶっ壊しそうだからやめておこうかな (*^_^*)

Majhan



| | コメント (0) | トラックバック (0)

HPのFINAL FANTASY XIV推奨認定モデル・HPE-290jp

HPからFINAL FANTASY XIV推奨認定モデルが出たようです。

FINAL FANTASY XIV自体はまだサービス開始されていないみたいなので、βテストに参加するためのモデルみたいです。

モデルはHPE-290jpで スペックは

CPU:インテル Core i7 -960 プロセッサー
OS:Windows 7 Home Premium 64bit
メモリ:12GB(2GB x 6) 
HDD:1TB HDD
ドライブ:DVDスーパーマルチドライブ
グラフィック:NVIDIA GeForce GTX260

 164,430円

スペックがすごいから値段もすごいなあ 

昨日このFINAL FANTASY XIVのベンチマークでテストしてみたけど、かなり重くてフルHDでの計測だとミドルスペックのグラフィックボードでは話になりませんでした 

Ffxivbench11

だから 昨日の記事でRADEON-HD5870やGeForce-GTX480クラスでないとフルHDで快適に動かないんじゃないかなと書きました 

6/17 ファイナルファンタジーXIV オフィシャルベンチマーク

この推奨モデルはGTX260なので、本当にベンチマークと同じくらいの重いゲームならミドルスペックより少し性能がいい程度のGTX260では厳しいような気がします。

まあ GTX260を使ったことがないのでわかりませんけどね あくまで公開されているGTX260のベンチのスコアを参考にして思ったことなので。

ただ CPUがかなりスペックが高いのでGPUの能力をカバーできるのかな?

自分がプレイしているみたいプリウスオンライン にCPUのスペックの方が動作に影響するゲームもあるしね。

でも Core2Quad・Q9550とCorei5・750でもスコアが振るわなかったのでその可能性は低そうですね。

それにしても16万は高いなあ・・ 

PS3でも出るみたいだから、ファイナルファンタジーだけプレイするんだったらPS3を買った方が全然安上がりだね (*^_^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HPのミニノートPC デザイナーズ・コレクション第3弾

HPからまたオシャレなネットブックが出るようです。

今回は「蝶」をテーマとしたデザインです。

マウスまでデザインされてる すごいなあ 

全体の色がゴールドっぽいから高級感がありますね。

今回もこのネットブックのデザインを手がけたのはデザイナーのヴィヴィアン・タムです。

もちろんデザイナーの世界はわからないけど、結構有名なデザイナーらしいですね。

気になるスペックは以下の通りです。

HP Mini 210 Vivienne Tam Edition

CPU:インテル Atom プロセッサー N450
OS:WindowsR 7 Home Premium 正規版 (32bit)
メモリ:2GB
HDD:250GB
ドライブ:オプション
ディスプレイ:10.1インチ ワイド ハードコート・クリスタルビュー・ディスプレイ

価格は63000円からのようです。

まあ 女の子が使っているとカッコイイかな

男が持っていたらちょっとキモいかも

HPのオンラインショップは4月26日、家電量販店などの店頭では28日から販売するようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HP新製品発表会inカフェ・オールダン (ノートパソコン)

このHP新製品発表会inカフェ・オールダンの記事も4回目で長くなってしまいましたが、

最後にノートパソコンのことを担当者にいろいろと説明してもらいました。

ネットブックと同じで通常のノートもデザインが施されてます。

これは Corei7搭載のモンスターノートのdv7です。

Dsci2023

14日の発表会の演劇でやってましたが、動画のエンコードをしながら他の作業してもサクサク動くという化け物スペックのノートです。

それと モバイル用のCorei7があるなんて知りませんでした。

Dsci2019

画面も17インチと自分が5年前から使っているデスクトップの画面と同じです。

ここまで来るともはやノートではないですね。

価格は140000円近くするので、リッチな人向けですね。

それから 高級感たっぷりのノートもありました。

Dsci2039

表面が何で出来ているのか忘れたけど、他のメーカーではないボディらしいですが、型番などは覚えてないです さすがに種類が多すぎて覚えきれなかった・・

そして 自分が前から気になっていたディスプレイが回転するtx2です。

Dsci2043

これがあると便利で作業効率もあがりますね。

それと タッチパネル式なので、こういう風にたたんで絵を描くことも出来そうです。

Dsci2057

この状態で立てかけることもできるから、どんな用途でも対応できるのがすごいですね。

Dsci2053

こうやって変わった見方も・・・ 意味ないか

Dsci2045

デザインももちろん施されてます まあ ネットブック達に比べると大したことないけど

Dsci2050

これだけの利便性で値段が80000円台なので、ちょっとだけ欲しいなあ・・ まあ 自分はノートにはあまり興味がないので必要とする時が来ない限りはもう買いませんけど。

Dsci2058

まあ 自分が今一番使ってみたいノートパソコンです。

以上 表参道のカフェテラスで開催したHPの新製品発表会のレポートでした。

一回の記事で簡潔に書くつもりが、4記事にも膨れ上がってしまいました 

Dsci2034

それだけいろいろな機能や特徴があるのでどうしても長くなってしまうんですよね。

それに パソコン業界の世界一のメーカーの商品だと、どうしても興味が湧かずにはいられないですから。

それから カフェテラスということでパンやケーキまで戴いてきました 

Dsci2141

ごちそうさまでした m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HP新製品発表会inカフェ・オールダン (一体型デスクトップ&モニタ)

HPのタッチパネル式デスクトップのTouchSmartの新モデルは前の秋モデルよりも画面が小さくなりました。

Dsci2059

前モデルでは画面が大きすぎるという意見が多かったらしく、前モデルは25インチと22インチだったのが、600の23インチ、300の20インチというふうに縮小されたようです。

たしかに画面が大きすぎると手で動かしにくいかもしれないなあ 

20インチの300くらいが一番いいかも

まあ 離れた操作をしたり、映像の視聴だったら23インチの600がいいかな。

Dsci2032

今回も触ってみたけど便利だよなあ

慣れれば絵も書けるんだろうな

Dsci2093

だから 便利なだけに値段はハイエンドクラスのデスクトップなみに高いです 値段がもう少し落ち着いたら欲しいなあ・・ (*^_^*)

それから タッチパネル機能が付いていない通常の一体型デスクトップです。

MS200というモデルです。

Dsci2108

ディスプレイも18.5インチなのでよりコンパクトに感じます。

こういう感じでディスプレイの下のスペースにキーボードを収納できるのがよりコンパクトに納まっていいですね 

Dsci2106

このHPの一体型デスクトップのデメリットといえば CPUがノートパソコン用を採用していることです。

せっかくのデスクトップなので、それなりのパフォーマンスが欲しいですよね。

デルの一体型デスクトップはちゃんとデスクトップを採用しているので、スペース的な問題は解消されるはずだから そのへんはHPももう少し頑張ってほしいです。

それから 自分はHPのモニタにも注目してます 

HPのモニタは光沢パネルでスピーカー内蔵なので、自分が一番使い勝手がいいタイプです。

元々光沢パネルから使いだしたので非光沢が最初は見づらくてしょうがなかったです。

最近はだいぶ慣れてきたけど やっぱり光沢の方がいいかな。

それと 音質は特別こだわらないので、外付けのスピーカーは邪魔なので内蔵型が場所を取らなくて好きです。

だから 18.5インチのモニタが10500円なので購入するつもりでしたが、よく行くドスパラ でバッファローの22インチが12000円で出ていたので結局購入しませんでしたけど、

最近自作を作りすぎてモニタが2台ほど足りないので、再び購入しようか検討中です。

中でもディスプレイが回転するタイプがかなり欲しいです 

実際に回転するタイプが展示してあったので回してみました。

Dsci2091_2

おおーっ これは便利!!

それと 多少ながらも上下にスライドして視点を替えることもできます 

Dsci2090

目線が違うだけで目や腰の疲労度が違いますから これはいいです。

モニタで有名なEIZOは前からこういうモデルがありますが、かなり高額ですので、

HPのw2228という22インチのモデルは上下のスライドは出来ないけど、回転が出来て28980円なので自分が今一番欲しいモニタです。

ちなみに上下のスライドまで出来る2309pは安くても39900円なので ちょっと手が出ません・・

でも EIZOのこの機能が付いているモニタに比べればだいぶ安いので必見ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HP新製品発表会inカフェ・オールダン (ネットブック)

HP新製品発表会inカフェ・オールダン(デスクトップ) でデスクトップの中身を見ながら記事を書きましたが、今度はHPのノートパソコンのデザインに触れてみます。

最近のノート、とくにネットブックはどこもデザインに凝ってますが、ノートの担当者から話を聞いて

HPほどデザインに力を入れているところもないんじゃないかと思いました。

やはりネットブックで一番鮮やかなのはこのデザインのモデルでしょう。

Dsci2027

実際見ると とにかくきれいです  淡紅藤という名前のカラーで自立する女性を連想させるカンナの花のモチーフらしいです。

でも 欲しくても女性向けですからさすがに自分は使えないけど・・ 

このデザインとなっているフィルムを見せてもらいました。

Dsci2136

前からノートのカバー模様ってどういう感じで再現しているのか気になっていたんですが、

こういうフィルムで施しているんですね。

Dsci2139

Dsci2137

焼き付け塗装などのもっとすごい手法で再現してるかと思ったので、ちょっと拍子抜けしたけどコストをかけるすぎると値段も高くなってしますから この方法が一番いいんだろうな

この製品は新モデルというわけでなく秋モデルからありましたね 冬モデルからOSはWindows7になりますけど。


このネットブックのMini110はこの他にも変わったデザインがありました。

Dsci2024

これは「白磁」というカラーで渦のようなデザインです。

「閉じ込められた多くのエネルギーが、行き場を求めて回転し、ぶつかりあっている様をモチーフ」というイメージらしいですが、よくわからんなあ・・・ まあ 凝ったデザインだとはおもいますけど。

そして 鮮やかさでは淡紅藤に劣りますが、一番凝ったデザインはこれでしょう。

Dsci2037

ここに描かれているのは絶滅危惧種の動物とさまざまな花で、立体的にデザインが再現されてます。

このデザインにはほとんどの方が絶賛していましたが、残念ながらデジカメではこの立体感が再現できません。

スタジオなどで撮影しないと写真では再現できないようです。

とにかく このHPのMini110のデザインは数あるネットブックの中では一番だと思う。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

HP新製品発表会inカフェ・オールダン (デスクトップ)

14日水曜日のHPの新製品発表会の延長で、担当者から製品の詳細を聞けるイベントが表参道のカフェ・オールダンで開催したので行ってきました。

Dsci2067

14日の新製品発表会よりも個人的な対談でノートとデスクトップの詳しい説明が聞けたのでよかったです。

今回はデスクトップの内部が見れたので、この中を見ながら担当者にいろいろと質問してみました。

これはスリムタイプのs5000の製品です。

Dsci2119


Dsci2111

コンパクトモデルだけあってかなりきつきつの押しこまれた構成でしたね しょうがないか

メモリはこの写真でいうと右上の光学ドライブとその左のCPUファンの下にあるので、

ドライブを取るか、CPUファンを取らないとメモリ交換が出来ないから サイズを増設したいユーザーには面倒かも

Dsci2116

電源は270Wなので「物足りないなあ・・」と言ったら これくらいでも十分らしいです。

まあ スリムタイプだし大きな増設を考えて購入する人はいないだろうから。

ちなみにケースの大きさは背は低いですが、横幅が広いので意見が分かれそうだなあ

それと 横置きで使うようにはなっていないということです。

まあ 別に横に倒して使っても支障はないですけど。

このにs5000はCorei5のモデルがあるので、自分も使っていることもあってCorei5モデルはお勧めです。

それから ハイエンドモデルのe9000のデスクトップの中も見せてもらいました。

Dsci2033

自分はこのモデルが一番興味がありますからね コレの中が見れただけでも大満足 

Dsci2131

これはケースもミドルタワーくらいのスペースがあるので余裕のある配置です。

電源もAcbelを使っているなどケチった構成ではないですね。

Dsci2127

それから驚いたのは 所詮メーカー製なのでCPUファンは純正に近いようなものを付けてるかと思ったけど、ヒートシンクがついているある程度のファンが付いてました。

まあ この9000系はX58のCorei7のモデルもあるので、さすがに発熱のことを考えているんでしょうね。

Dsci2128

自作とは違う考えた配置や低コストでのパーツ構成は勉強になります。

そして これは中が見れなかったけど格安モデルのp6000も展示してありました。

Dsci2103

このモデルは20000円台とかなりお買い得モデルです。

自分も1台くらいはHPの製品を使ってみたいので、前のモデルのp6000を購入しようか検討しましたが、OSがWindows・VistaのHomeBasicだったのでやめました。

仕事の文書作成だけで使うならHomeBasicでもいいけど、家庭で使うにはエアロもないし淋しいOSですからね。

でも この冬モデルからWindows7のHomePremiumが標準OSなので、ちょっと欲しくなっちゃったなあ・・ でも スペックが前のモデルより少し落ちてます。

でも 20000円台だし HPを試してみたいです。

まあ 予算と置く場所に余裕があれば・・ ですけどね。

今回のイベントはデスクトップの内部まで見せてもらったので大満足です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本HP 個人向けPC新製品発表会・2

日本HP 個人向けPC新製品発表会のつづきです。

昨日見てきたHP の冬モデルを見てみました。

まずは自分が一番興味があるデスクトップからです。

Dsci1980

一番スペックが高いe9000のモデルは3種類のパターンです。

e9260はAMD785Gのチップセットの搭載したAMDのCPUを採用するモデル

e9280はX55チップセットを搭載するインテルの新型CPUのCorei5、i7を採用します。

自分はP55でCorei5を使ってますが、X55は市場に出てないので詳細は不明です まあ LGA1156ソケットなのは間違いないようです。

e9290は今までの秋モデルのe9190とはOSがVistaからWindows7に替わったくらいでほとんど変更点はなく、従来通りのX58チップセットです。

Dsci1977

e9260は秋モデルのe9160、e9280は秋モデルのe9180のモデルチェンジといった感じで、

100番台の番号が1から2に上がったという見方らしいです これは他のモデルも一緒だと思います。

たしかにHPの製品は4ケタの細かい番号に分かれているから把握しづらいので、3桁目が1から2に繰り上がっただけなら、前の秋モデルと比較しやすいです。

次は一番リーズナブルな価格のp6000のモデルです。

このモデルは今まで通りにCore2系を搭載できるLGA775ソケットを採用するみたいです。

まあ Corei5やi7の一般向けが登場したからといって今でも活躍しているCore2DuoやQuadが廃れるわけないですからね。

4種類のパターンのラインナップで 東京生産モデルのp6220と

海外生産の量販店モデルのp6250、6270、6290です。

オンラインショップで購入できるのは東京生産モデルのp6220だけということですね。

そして コンパクトなケースで一番使い勝手がいいs5250です。

Dsci1990

パターンはnForce430チップのAMDのCPUを採用するs5230と

P55チップのインテルのCPUを採用するs5250の2種類です。

このs5000系が一番出るんでしょうね カスタマイズはともかくスペースを取らなくてしかも高性能だし。

次は一体型デスクトップのタッチパネル式のTouchSmartです。

Dsci1988

これは秋モデルでもIQ500と800の2種類だったので、今回も300と600の2種類です。

秋モデルではインテルのCPUしか採用しなかったけど、今回は300にAMDのCPUを採用したらしいです。

600は従来通りのインテルのCPU搭載です。

Dsci1986

展示場ではこのTouchSmartが一番人気がありましたね 

次から次へと手が出てきて、画面を触りまくりです。

自分はバリューコマースEXPO2009で体験した来たので今回は混んでいたこともあってタッチしなかったけど、やっぱり便利だと思います。

Dsci1991

それと タッチパネル式ではない一体型デスクトップのMS210というモデルも登場したらしいです。

このモデルは見れなかったんですが、仕様はCPUがAMDを採用してディスプレイは18.5インチということです。

18.5インチの画面だとデルのStudioOne19と同じでイメージがダブりますね。

値段は70000円くらいなので、StudioOne19より少し安いです。

最後にノートパソコンなんですが、ノートは新製品なのが秋モデルからの継続なのかよくわからないし、あまりノートには興味がないので気になったのはdv7とMini110くらいです。

Dsci1984

dv7はCorei7を搭載しているハイスペックノートです。

発表会の劇中にありましたが 動画をエンコードしながら他の作業をしてもサクサク動作するという化け物みないなノートです。

ちょっと古いデスクトップでもきつくて動きが悪くなるのにすごいですね。

まあ 値段はものすごく高いんだろうけど・・

それと ネットブックのMini110ですね。

Dsci1975

今回もいろいろなデザインがあるようです。

ネットブックはもうファッションアイテム化されてきてますね。

Dsci1982

ということで HPの新製品発表会を見てきましたが、海外メーカーなので国産メーカーよりもカスタマイズの自由度と価格の安さが魅力的ですね。

それにHPはサポートの評価も高いので、サポートの質を期待して国産メーカーを買うならHPの方が断然いいです。

自分は富士通とNECを使ってますが、サポートの質は悪いし、スキルも低いので全く頼りになりません。

だから 自分である程度調べたりして対処できるようになったので、その点では良かったかかもしれないです。

この先メーカー製のパソコンを購入することはないかもしれないけど、もし購入するならHPデル くらいです。

お金と置く場所に余裕があればHP のパソコンを1台くらいは欲しいんですよね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本HP 個人向けPC新製品発表会

今日はパソコンメーカー大手のヒューレット・パッカード の冬モデルの新製品発表会に行ってきました。

Dsci1999

場所は丸の内の丸ビルで開催しました。

東京駅は初めて降りたんだけど、なんか雰囲気が他の大きい駅とは違いますね。

ビルはもちろん多いけど なんか昔の雰囲気も残しているような感じが とくにレンガの建物は

丸ビルは駅から目と鼻の先なので、駅員さんにとりあえず聞いてすぐにたどり着くことが出来ました。

Dsci2002

そして このビルの7階で開催していたので、チェックを済ませて入場しました。

そういえば HPのイベントに来るのは初めてです しかも こんなに大規模な発表会は

13時半から始まって まずは日本HP株式会社の小出社長のあいさつから始まりました。

Dsci1927

Dsci1926

この小出社長は前に新聞で拝見したことがあります 当たり前だけどすごい人なんだなあと思ったのを覚えてます。

生で見れてちょっと得した気分 

それから もうすぐWindows7が発売されるということもあって マイクロソフトの樋口社長のあいさつもありました。

Dsci1932

Dsci1930

日本のIT界の2台巨頭といったところなんでしょうね すごいなあ

それから お二方のあいさつが終わって「HP家の人々」というパソコンの便利性をホームドラマみたいにした演劇が始まりました。

Dsci1941

Dsci1951

劇団の人たちなんだろうな かなりわかりやすく伝えていました けど これはあまりいらなかったかなという感じ (*^_^*)

でも この演劇の中で出てきたパソコンが今回の新製品の冬モデルでした。

まずはこの演劇で一番気になったのは、Corei7を搭載しているdv7というノートパソコンです。

Dsci1984

劇中では動画をエンコードしながら他の作業でもサクサク動くということ謳っていたので、CPUはもちろんすごいけど、グラフィックボードも搭載しているらしいです。

ノートも最近のモデルはすごいですね。

それと 気になったのは やはりデスクトップのハイスペックモデルです。

E9000版台のモデルは従来からあるX58系のCorei7モデルはまだ継続中で、P55系のCorei7、i5やAMD785Gのチップセット搭載のAMDCPUのモデルも追加されました。

Dsci1980

自分はこのモデルが一番気になりますね。

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Acer ASUS BTOショップ CPU GIGABYTE HPの新モデル Mac情報 MSI NEC故障レポート office2007 Office2010 PCケース PT2 windows 7 お得な情報 ごあいさつ アナログ機 アフィリエイト イベント イベント、フェスティバル インターネット接続 ウィンドウショッピング ウェブログ・ココログ関連 エプソン オンラインゲーム キングソフト グラフィックボード ゲーム サポートセンター ジャンク品 セキュリティ ソニー情報 ソフトの操作 ソーテック デュアルブート デルのお買い得情報 デルのサポート情報 デルの新モデル トラブル トラブル対策 ドライバ ニュース ネットブック ネットワーク ハードディスク バックアップ パソコン店舗情報 パナソニック フロンティア ブラウザ プリウスオンライン プロバイダ ベンチマーク ペンタブレット マイホームデザイナー マウスコンピューター マザーボード メモリ メーカーサポート情報 モニター レノボ情報 中古パソコン 今週のデルのキャンペーン 便利グッズ 内部清掃 初期設定 動画編集 周辺機器 地デジ用チューナー 富士通情報 故障・修理 新モデル 検証 設定 購入日記 電源 BTOカスタマイズ HPのお買い得情報 NEC情報 OS PCソフト PCパーツ Webサイト作成