office2007

ワードでの年賀状作成

年賀状は毎年Officeのワードで作成しているんだけど、はがき作成の機能は1年間でこの時くらいしか使わないので、毎年思い出しながらやるのでかなり高率が悪いです。

差し込み文書のボタンを探して プリンタの印刷の方向が逆にならないようによく確認して・・ といった感じでスムーズにいかないのは毎年恒例です。

よほどプリントされているはがきを買ってきて宛名を書いて出す方が全然早いんだけど、

せっかくOfficeが入っているので、なるべく活用しようということで年賀状はワードで作成するようにしてます。

で 今年は初めてOfficeの2007の方で作成します。

Letter5

Office2007自体は一昨年から使っていて昨年の年賀状作成時にも使おうと思っていたんだけど、

ずっと使い続けてきた2003と操作方法がだいぶ変わって機能自体を探すのが困難だったので、去年までの年賀状は2003の方で作成してました。

今年はなんとか2007の方でやってみました。

まずは宛名や文面を決める印刷ウィザードを探してみたけど、「差し込み文書」タブの”差し込み文書の開始”をやってみたけど、ウィザードが出てきません。

何回やっても自分の希望通りのが画面が出てこないので適当にいろいろなボタンを押してみたら、

左から2番目のアイコンの”はがき印刷”を押してようやく印刷ウィザードが出てきました。

Letter6

はあ~ これを探すだけで結構時間食ったなあ・・  まあ これは2003の時でも毎年忘れて探しているので同じか (*^_^*)

ウィザードさえ出てくれれば後は2003と同じなので、文面を選んで自分の住所や名前を入力してといった感じで手順に沿って進んでいくだけなのでここだけは簡単です。

Letter7

ということで 1時間以上かかってようやく完成しました。

そして プリンタの方向をよく確認してと

毎年必ず1枚くらいは逆に印刷してしまうので、ここを一番慎重にやらないとね

ということで 今年はなんとか1枚も間違えませんでした。

Letter8

が プリンタのインクが少なかったので1枚は写りが悪かったのでやり直しました。

結局1枚は失敗ということだね (-_-;)

毎年のこととはいえ手古摺りすぎだよな・・ ハハハ 

使い方をメモしておいたので来年用こそは素早くできるかな

インクも前もって交換しておこう 

ということで 本年度も旬な話題や自分の行った設定や対策を記事にしていくので よろしくお願いします。

Motituki

| | コメント (0)

Office2010優待アップグレードキャンペーン

今年の6月頃発売予定のマイクロソフトのOffice2010の優待アップグレードキャンペーンが開始されたようです。

キャンペーン期間中にOffice2007を購入すると3000円で2010にアップグレードできるようです。

Office2010upgrade

Microsoft Office2010優待アップグレードキャンペーン詳細ページ

対象商品はMicrosoft Office 2007の製品版とアップグレード版のパッケージ製品と

プレインストール PC での購入が対象です。

だから DSP版は対象外のようです。

すでにベータ版は配布されているんですよね。

自分は2003と2007を持っているけど今のところほとんどOfficeを活用する作業をしないので

この話題にはあまり興味が無いです。

それに モデルチェンジすると操作方法がガラリと変わって覚えるのが大変なので

作業効率を考えるなら古くても使い慣れている方がいいと自分は思います。

とくに2002、2003から2007は大幅にインターフェースが変わったので操作方法を探すのにかなり苦労しました 

なので 新しい方が機能が増えるから作業用途が広がるんだろうけど、従来のモデルの方が便利だという人もいますからね。

でも そんなこと言ってるといつまでも古いのから脱却できないんだよなあ・・

とにかく このOfficeのモデルチェンジに関しては賛否両論だと思います。

まあ 話のネタにベータ版くらいは使ってみようかと思ってます。

ちなみに優待アップグレードが適用される期間は

パッケージ版が3月5日~発売日まで

プレインストールPCは3月5日~10月31日までです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりにOffice2007を使ってみて

昨日は久しぶりにマイクロソフトのOffice2007のWordを起動しました。

とりあえず面接用に履歴書を作成しようとテンプレートを使おうと思ったんだけど

どこにあるのかわからない・・・

5年前から使っているOffice2003なら作業ウィンドウを表示させればテンプレートのカテゴリーがすぐ出てきて インストールされてるテンプレートやオンライン上のテンプレートをすぐ使えるんですが、

Office2003word

Office2007には作業ウィンドウがないのでわかりません。

とりあえずは開発タブに文書テンプレートのアイコンがあるんだけど、これは設定をするところみたいでテンプレートを呼び起こすところではないようです。

Officekaihatsu

一通りいじってみたけどお手上げだったので検索で調べてやっとテンプレートを出すところがわかりました。

なんてことはない 左上のOfficeボタンを押して新規作成すれば出てきました。

Officeを起動すると最初に新規のページが出てくるから、いくつかファイルを作成するときでないと新規作成から新しいページを開かないのでわかりませんでしたね (*^_^*)

Officenewpage

便利だなあと思ったのはOffice2007は2003みたいにマイクロソフトのOfficeOnlineのページに行かなくてもサイドバーにテンプレートのカテゴリーが出るので手軽にダウンロードできるのもいいです !(^^)!

Officetemplate

でも 2003からインターフェースが大幅に変わったので、昔の感覚で使おうとすると躊躇してしまいますね (-_-;)

Officeword

たかが履歴書を作成するのに1時間近くもかかってしまいました 

便利にはなったんだろうけど ちょっと変え過ぎだよなあ・・


| | コメント (0) | トラックバック (0)

無料のOfficeソフト OpenOffice.org

現在パソコンが5台あるけど、ワープロや表計算のできるマイクロソフトのOfficeが入っているのは2003と2007が1台ずつの2台だけです。

作業する分には2つもあれば十分なんですけど、Officeの入っていないパソコンでは開けないので不便に感じることがあります。

かといってマイクロソフトのOfficeはものすごい高いので買えないです。

ワード、エクセル、アウトルックの入った一番安い2007のPersonalでも、OEM版で20000円、

パッケージ版だと一番安いオンラインショップでも37000円くらいはします。

これだったらマイクロソフトのOfficeに一番近いと言われているキングソフトオフィス2010だったら5000円くらいなのでコストを考えてこちらの方がいいです。

キングソフトオフィス2010

でも 自分はもうOfficeには1円もお金をかけたくないので、Officeと互換性のあるフリーソフトを探していたら ようやく見つけることができました。

OpenOfficeというフリーソフトで、文書作成ソフトや表計算ソフトはもちろん パワーポイントと互換性のあるソフトも入ってます。

早速ダウンロードすることにしました。

ダウンロードはフリーソフトのダウンロードでお馴染みの窓の杜のopenofficeのページからダウンロードに入りました。

Madonomorioffice

このOpenOfficeを導入するパソコンにはJavaが入っていないので、下の(Javaランタイム付属版)のダウンロードをクリックです。

この画面でダウンロードが始まります。

Dellopenofficedownload

ダウンロードが完了したら 実行してセットアップです。

Dellopenoffice1

Dellopenoffice2

保存先のフォルダの選択です。 まあ Cドライブでいいでしょう

Dellopenoffice3

さあ インストールの開始です。

Dellopenoffice4

Dellopenoffice6

最初は上の「すべて」にチェックしてインストールの方がいいでしょう

Dellopenoffice7

ここからが本番のインストールみたいです。

Dellopenoffice8

Dellopenoffice9

自分の場合はJavaも一緒にインストールです。

Dellopenoffice10

Dellopenoffice11

これでインストール完了です 早速起動してみました。

とりあえず設定ですね

Dellopenofficestart1

Dellopenofficestart2

まあ この辺は適当でいいでしょう

Dellopenofficestart3

Dellopenofficestart4

ここでの登録は任意なので、とりあえずは登録しませんでした。

Dellopenofficestart5

やっと Officeを使えるところまで来ました。

とりあえずは各用途のアプリケーションを見てみました。

文書ドキュメントのWriter マイクロソフトのOfficeでいうとWordですね。

Dellopenofficewriter

ちょっとアイコンなどがちゃちくて安っぽく感じるけど、インターフェイスは2002とほとんど同じです。

次はエクセルにあたるCalcという表計算ソフトです。

Dellopenofficecalc

これもoffice2002とそっくりです 無料なのによく出来てるなあ

それから見たことないアプリケーションなので比較できないけど、後4つアプリケーションがあります。

Dellopenofficeimprese

これはImpressというアプリでPowerPointにあたるものです。

WordやExcelの次に必要とされているOfficeソフトですね。

自分は見たことがないのでよくわかりませんが・・

Dellopenofficedraw

これは図形描画のDrawというアプリケーションです。

わざわざ図形描画のアプリがあるということはWriterやCalcでは図形を作成できないのかもしれないです。

Dellopenofficebase

これはデータ管理などで利用するBaseというアプリです。

Excelでいうフォームやピポットテーブル、マクロなどの機能がありました。

これもCalcにはなく別のアプリケーションになっているんですね。

Dellopenofficemath

これはMathという数式のアプリケーションのようです。

関数などに使うのかな? ちょっとこのアプリはよくわからないです。

そして 最後にテンプレートも充実しているようです。

Dellopenofficetemplate

オンライン登録すると多くのテンプレートを使用できるんでしょうね。

とりあえず一通り見ての感想は フリーソフトの割には充実していると思いました。

そして 一番重要なマイクロソフトのOfficeとの互換性です。

早速、文書ソフトと表計算ソフトを試してみました。

まずはマイクロソフトのOfficeのWordで作った文書をWriterで開いて見ました。

Dellopenofficeword

おーっ しっかり表示できます。 悪くないです!(^^)!

次はExcelのファイルをCalcで開いてみました。

Dellopenofficeexcel

これも何の狂いもなく表示できました。

このソフトはかなり優れモノですね。

なんといってもすごいのは マイクロソフトのOfficeでは以前のバージョンのファイルを開くことはできますが、古いバージョンでは新しいバージョンのファイルを開くことはできません。

だから 自分の使っている環境だと 2003のファイルを2007で開くことはできますが、

2007のファイルは2003では開けないので不便ですけど、

このOpenOfficeの3.1.0というバージョンだと2007のファイルも開けるので、

ある意味マイクロソフトのOffice2003よりも便利です。

まあ だからといって2003のパソコンにOpenOfficeをインストールはさすがにしないですけどね。

やはり マイクロソフトのOfficeの方が高いだけあって機能は優れていますから

会社などの重要ファイルを扱うなら、やっぱりマイクロソフトのOfficeを使った方がいいと言われてます。

だから 家庭用でちょっとしたことに使うなら このOpenOfficeで十分だと思います。

それに本家のマイクロソフトも次期モデルのOffice2010は無料で配布するらしいので、今からマイクロソフトのOfficeを買うのは非常に損だと思います。

このOpenOfficeで用が足りるなら無料なのでお勧めします。

もしくは もう少しマイクロソフトのOfficeとの互換性が高い方がいいというなら

値段は5000円くらいかかりますが キングソフトオフィス2010がお勧めですね。

まあ それだけマイクロソフトのOfficeが高すぎるということです ぼったくりに近いよな

キングソフトオフィス2010

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Microsoft・Office2003の機能を2007で探す方法

最近の日課は前にパソコン教室で習ったエクセルの復習です。

4年前に習ったからOffice2002の受講だったので、復習を兼ねて最近メインで使っているVostroに入っているOffice2007の機能を探しながら学習してます。

Dsci0648

そんなにすごい機能を使うわけではないので、ごく一般的な機能の検索なのでほとんどは自力で見つけられますけど、

たまに見つけられない機能もあります。

2003ではメニューバーのデータのカテゴリーにあった「フォーム」というのを探していたんですけど、見つからなくてネットで検索で調べていたら

マイクロソフトのダウンロードセンターに便利なプログラムをダウンロードできます。

Officehelp1

ここのページの下の方にダウンロードできるボタンがあるので、そこで一時的なダウンロードです。

Officehelp2

上がパワーポイント、真ん中がワード、下がエクセルのサポートプログラムです。

そして このファイルを保存にしてもファイルを開けないので、そのままファイルを開きます。

Officehelp3

そうすると一時的にフォルダに保存されるようです。

Officehelp4

そして この?マークが付いているファイルを開くと

Excelhelp4

このオンラインサポートのプログラムが開きます。

とりあえずは「フォーム」を探してみます。 スタートボタンをクリックです。

Excelhelp1

ここで2002かな 前のOfficeが出てきて、

Excelhelp2

前のモデルと同じように機能をクリックします。

そうすると 2007に切り替わって

Excelhelp3

画面で機能の見つけ方を教えてくれます。

これはかなり便利です。

今まで自力で頑張って探していた時間が勿体ないです。

この機能を紹介している記事ははOKwaveで見つけたんですけど、

マイクロソフトがもっと宣伝して教えてほしいもんだよなあ

あれだけ高い値段で販売しているんだから

キングソフト みたいに安ければ文句いわないけど。

でも このことを知ったので、2007での機能探索がスムーズに行きそうです。

ちなみに画像の通りに「フォーム」の機能はExcelのオプションからユーザー設定ですべてのコマンドを表示させれば出てきます。

2007は探してもみつからない機能はこのユーザー設定で探すと結構みつかりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マイクロソフトoffice2007のExcel操作日記

最近は、以前に通っていたパソコン教室で使ったOffice2002の教材テキストを引っ張り出して

現在メインで使っているVostroに入っているOffice2007と機能を照らし合わせながら復習してます。

Dsci0647

ちょっと前にWordを復習した時は、機能を探すだけでもかなり大変だったけど

慣れたせいかだいぶ楽に機能を探し出せるようになりました。

でも なかなか見つけられない機能もあります。

まずはセルを確定してEnterキーを押して次にどのセルに移るかの設定です。

デフォルトではEnterキーを押すと下のセルに行きますが、自分は右横に行くようにしたかったんですけど、

これがなかなか見つかりませんでした。

左上にあるOfficeボタンから下の「Excelのオプション」ボタンをクリックして

Officebutton

左に並んでいる「詳細設定」の一番上の項目で設定できたんですけど、これを見つけるのに一苦労でした。

でも Officeでインターフェイスや右クリックでも出てこなかったら、この「Excelのオプション」で探すと結構見つかります。

Exceloption

他の機能でいうとユーザー設定リストですね。

自分がよく使う連番や月、火、水などの並びの数字や文字をドラッグして反映させることを設定できる機能なんですけど、

2002だとメニューバーのツールからオプションにいくとユーザー設定リストがあったけど、

2003tooloption

2007だと「Excelのオプション」から基本設定に「ユーザー設定リストの編集」というボタンがあるので

2004usersettei

ここでドラッグすると自分の登録した文字を並ぶユーザー設定リストができます。

書式などのよく使う機能はほとんど「ホーム」にありますね。

「挿入」タブではグラフやリンク、画像の挿入などがよく使う機能です。

「ページレイアウト」タブでは細かい印刷の設定などができるページ設定があります。

「数式」タブでは名前の通り関数の導入はここでやります。

「データ」タブで一番使うのはリストなどを作成してドロップダウンの項目を作る入力規則かな。 アウトラインやフィルタの設定もここです。

「表示」タブではウインドウの切り替えあたりが一番活用するかな。

そして これも「Excelのオプション」の基本設定でチェックを入れて表示させる「開発」タブにマクロがあります。

2002や2003に比べると、2007はインタフェースが全く違うので機能を探すのに大変だし、使いづらいですけど

Excel2003
2003 Excel インターフェース

Officeexcell2007
2007 Excel インタフェース

まあ 現在必要な機能は大体探すことが出来たので、これだったら2002を使わずに2007オンリーでもいいです。

それに2007の方が便利な機能を見つけました。

グラフを使って作業しているときに、グラフ内のプロットエリアやデータ、セルなどを書式設定のダイアログボックスを出しているとき、

他の項目の書式設定に移りたい時にいちいちダイアログを閉じなくても項目をクリックするだけでその項目の書式設定に移れます。

例えば、データの書式を設定していて次はプロットエリアの設定をしたくなったら、プロットエリアを選択するだけで書式設定のダイアログが出てきます。

2007graphshosiki

2002や2003では一回一回ダイアログを閉じないと次の設定に行けませんでしたから、便利だと思います。

使いこなせれば新しいだけあって便利なんですけど、

このグラフで作業しているときによく使うグラフにデータを追加するやり方がわかりません。

2002だとそのデータをドラックしてグラフ内にドロップすれば反映されるんだけど、

2007ではできないです。

とりあえずこのグラフにデータの追加の方法は近いうちに探します。

まあ こんな感じでなんとか今のところはほとんどの機能を探すことができましたけど、まだマクロやアウトライン、ピポットテーブルなどの難しい機能の復習をするので

これからですね。 2007のExcelが使いやすいかどうか見極めるのは




| | コメント (0) | トラックバック (0)

キングソフトのOffice2010

激安ソフトのキングソフトから早くもOfficeの2010年バージョンのKingsoft Office 2010が登場しました。

キングソフトオフィス2010

今年もまだ半分も過ぎてないというのに まあ早いこと。

とりあえずインターフェイスは全モデルのKINGSOFT Office2007と変わってないみたいですけど・・・

まあ Microsoft Officeと互換性がるのは前と変わらないので安心ですね。

マイクロソフトの現行モデルのMicrosoft Office2007のファイルは開けるし、

Microsoft Office2002、2003に慣れている人には最適だと思います。

自分は最近はMicrosoft Office2007を使っているので、Microsoft Office2002,2003とはだいぶ変わりましたので、

Microsoft Office2007

Officeword2007


Microsoft Office2003

Office2003wa

2007を敬遠している人も多いと思うので、そういう人はこのキングソフトのOfficeがいいですね。

それと 今度のKingsoft Office 2010は次期OSのWindows7対応を保障しているので、安心して長く使えそうです。

こういう仕事や家庭で頻繁に使うソフトって、いくら便利になるからと言って使い方を大幅に替えるのは困りますよね。

自分も古いパソコンに入っているMicrosoft Office2003と照らし合わせながら なんとか2007のWordは使えるようになりましたけど、

とにかくMicrosoft Office2007はインターフェイスが2003とまるっきり違うので、機能を探すのに苦労しました。

なので、現在メインで使っているデルのVostroにMicrosoft Office2007を付けてかなり後悔しましたね。

それにMicrosoft Officeはパソコンに付いてくるOEM版でも21000円と高額なのに比べて、キングソフトのOfficeは4980円とかなりリーズナブルな価格ですからね。

まあ 付けてしまったからVostroが壊れるまでは使いますけど、次にOfficeのようなソフトを付けるとしたら、マイクロソフトのOfficeは絶対に付けないでしょう。

その時にまだキングソフトが頑張っていたら 導入してみたいです。

でも キングソフトは本当にサービスいいですよね。

自分はキングソフトのOfficeは使ったことないけど、セキュリテイソフトのKingsoft Internet Security Uは現在使ってます。

Kingsoft2

ネットの口コミでは「動作が重い」というのが多かったですけど、思ったよりはマシだと思います。

まあ スキャンをしているときは作業するのがかったるくなりますけどね。

でも 512MBのメモリなので、最近のパソコンだったらそんなに重くないんじゃないかなと思います。

とにかく このキングソフトはこれからも頑張って反映してほしいです。

マイクロソフトが値段を下げざるを得ないくらいに

キングソフトオフィス2010

| | コメント (0) | トラックバック (0)

office2007のWord操作日記

最近はマイクロソフトのoffice2007の機能を把握しようと頑張ってます。

2台のパソコンに入っているので、勿体ないから使えるようにならないと。

前にパソコン教室に通っていたときに習ったoffice2002のテキストを開いて、とりあえずは古い富士通のパソコンに入っている2003と照らし合わせながら

デルに入っている2007を操作してます。

前にも書きましたが、インターフェイスがガラリと変わっているので機能をさがすのにかなり苦労します。

Office2003wa たしかに前の2002や2003はツールバーに細かいアイコンが所せましと並んでいて、

いろいろな機能を使うとツールバーが作業するスペースに現れて邪魔くさいというデメリットがありました。

けど これだけしつこくツールバーやアイコンが出てくれると使いたい機能がわかりやすいです。

Office2007wa 反対に現行の2007はインターフェイスを各カテゴリーに分けて表示させるので多少はスッキリして見やすいかもしれませんが

一番上のタブを変えないと他のカテゴリーが見れないので、一括して見渡せないから機能を探すのに大変です。

それに右端に出る作業ウィンドウの表示の仕方が分からないのでヘルプで探していたけど、見つからないので

ネットで検索して調べたんですけど、作業ウィンドウが今回の2007で廃止になってないみたいですね。

それよりも新規作成や印刷、ファイルを開く操作さえ探しました。

まあ この2007の機能を探すポイントは左上のオレンジ色のオフィスマークのボタンですね。

Officemark ここによく使う機能がすぐに操作できるようになって 下の「Wordのオプション」ボタンを押すと

いろいろな設定ができるようになってます。

Officeopsion スペースや段落記号を表示させたり、左上に並んでいるクイックツールアクセスバーによく使う機能のアイコンを並べたりできます。

それにフォームという機能を使いたくて探していても見つからなくて これもヘルプで調べたら

「開発」というタブにあるということだったんですけど、どう見てもそんな名前のタブはないのであきらめたときに

このWordオプションの基本設定のカテゴリーに「開発」タブを表示させるチェックボックスがありました。

こんな感じでWordの復習するよりも2007で機能を見つける方が大変です。

機能の場所さえ見つけてしまえば、設定などをするとき出てくるダイアログボックスは前の2003と同じなので楽なんですけど。

Kaihatsutab それと「開発」タブのところにXMLというカテゴリーがあって、そこでWEBページに関連する作業ができるみたいです。

CSSの添付などのボタンもあって興味深いので、一通り操作できるようになったら詳しく調べてみようと思います。

新しい機能も加わっているので、特に画像の編集や装飾には便利になっています。

使い慣れれば 案外2007の方がいいかもしれませんけど、すべてを使いこなせるようになるのはいつになるのか・・

まあ せっかくオプションで付けてしまったので、せめてメインで使えるようにならないと

また おもしろいことがわかったらアップしようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

office2007初操作

1か月前に買ったデルのパソコンに入っているOffice2007のWordを始めて使いました。

Excelはリンクのコピーの貼り付けなどで使ったことはあるんですけど、Wordは初操作です。

以前使っていたパソコンはOffice2003だったので、インターフェイスがガラリと変ってしまってので操作方法がかなりわかりづらいです。

Word
地図を作成しようと「描画キャンパス」を開こうとして ツールバーを表示させようとしたけどみつかりませんでした。

仕方なくヘルプで検索して ようやく開くことが出来ました。

上に並んでいるタブの「挿入」のカテゴリーで「図形」をクリックして 一番下に「新しい描画キャンパス」をクリックして開くようです。

2003はもっと簡単に開けたと思ったんですけど。

それから印刷ボタンも探しました。

これも見つからなかったのでヘルプに頼りました。

左上の▼のボタンをクリックすると、クイックツールバーをいうのが表示できて 「印刷プレビュー」を表示させて、そこから印刷までいきました。

とにかく2003に慣れていると、2007はわかりづらいです。

自分は前にパソコン教室に通っていて そこでWordとExcelの使い方を習いました。

そこの教室にあったOfficeは2002でしたけど、2003とほとんど変わらなかったので使い方に苦しむことはなかったんですけど

現在使っている2007は全く別物のソフトに近いですね。 とくに見た目のインターフェイスは。

ネットの口コミなどでも「Officeは2007になってから使いづらくなった」というのが多かったので使ってみたら・・

かなり使いづらいです。 というか操作ボタンを探すのに一苦労です。

操作するボタンさえ見つかれば 後はアクションはほとんど同じなので使い慣れている人はわかると思います。

せっかくパソコン教室までいって習得したのが水の泡になった気分です。

モデルチェンジでガラリと変えるのはいいけど、あまりにも変わると全然わからなくなりますよね。

もう少し考えてほしいですよね。 マイクロソフトは

だからキングソフトに人気がでてくるんじゃないでしょうか。 もちろん値段の面が大きいですけど。

キングソフトオフィス インストール30

このOffice2007をオプションで付けるか かなり迷いましたけど、このデルのパソコンをメインで使いたかったので付けました。

まあ 付けてしまったので元はとりたいから これから操作を覚えていきます。

せっかくだからマニュアル1冊買っておけば手早く操作できそうだし。

使いこなしていって もしかしたら2003よりも便利な機能が追加されて使いやすくなるかもしれませんからね。

ちなみにヘルプはかなり使えると思います。 以前の2003はヘルプを使ったことがほとんどないので、はっきりと比較はできませんが

わからないことがすぐ引き出せるような気がします。

現在3台あって1台は2003が入っているんですけど、そっちは一度壊れて安心できないので使いたくないし

それに 2007を早くマスターしたいです。 せっかく最新のOfficeなんですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Acer ASUS BTOショップ CPU GIGABYTE HPの新モデル Mac情報 MSI NEC故障レポート office2007 Office2010 PCケース PT2 windows 7 お得な情報 ごあいさつ アナログ機 アフィリエイト イベント イベント、フェスティバル インターネット接続 ウィンドウショッピング ウェブログ・ココログ関連 エプソン オンラインゲーム キングソフト グラフィックボード ゲーム サポートセンター ジャンク品 セキュリティ ソニー情報 ソフトの操作 ソーテック デュアルブート デルのお買い得情報 デルのサポート情報 デルの新モデル トラブル トラブル対策 ドライバ ニュース ネットブック ネットワーク ハードディスク バックアップ パソコン店舗情報 パナソニック フロンティア ブラウザ プリウスオンライン プロバイダ ベンチマーク ペンタブレット マイホームデザイナー マウスコンピューター マザーボード メモリ メーカーサポート情報 モニター レノボ情報 中古パソコン 今週のデルのキャンペーン 便利グッズ 内部清掃 初期設定 動画編集 周辺機器 地デジ用チューナー 富士通情報 故障・修理 新モデル 検証 設定 購入日記 電源 BTOカスタマイズ HPのお買い得情報 NEC情報 OS PCソフト PCパーツ Webサイト作成