PCケース

テレビ用パソコンのケース交換

地デジチューナーを入れているパソコンを違うケースに移し替えました。

今まではオウルテックのMicroATX用のCrystalGazerに入れていたんだけど、MicroATX用とはいえ大きくて厚みがあるし、このケースはかなりファンがうるさい 

Owltech

その分冷却はバッチリなんだけど 

けど このパソコンはテレビ視聴以外では使わないので、冷却効果よりも置き易さを重視したいので デスクトップ型のコンパクトなケースに移し替えました。

移植先はAbeeのsmart SC120Dです。

Case2

このケースは購入した時に試しに組んだだけで使っていなくて、高さやスペース的にもモニタを置く台に適しているで、いつかはモニタを上に載せてテレビ用に使用しようと思ってました。

7/15 Abeeのデスクトップ型PCケース・smart SC120D

けど このケースはマザーボードを裏返しにして搭載するようになってるのでメンテナンス性が悪く、使いづらいのでモニタの台として使っているだけでした。

けど せっかくのケースなので、ただモニタの台として使うのも勿体ないから本格的に使用する目的で組むことにしました。

早速組み込み開始です まずは光学ドライブから

Dvddrive

この白い光学ドライブはこのケースの為に安い時に買っておきました 白いドライブの特価品って意外と少ないんですよね。

次にハードディスクの設置

Hdddrive

これがこのケースで一番簡単かな 組み上げてからの増設も容易いと思います。

そして電源ユニットを付けて配線を手前のスペースに寄せておきます。

Cord

マザーボードを逆さに搭載するので配線は手前に寄せておかないと入らないんですよね 

そして マザーボードを土台につけて配線を繋げて、これでとりあえず動かせるための取り付けは完了です。

P1020099

ここからが大変だったなあ~

うまく配線を逃がして密閉するのに障害にならないようにするんだから

このケースは外観はスッキリしていいけど、内部はゴチャゴチャになって最悪だ 

ちなみにチューナーはピクセラのPIX-DT012-PP0 icon で、グラフィックボードはGIGABYTEのGV-R435OC-512I(RADEON HD4350)です。

Gv435oc512i

このグラボはロープロファイルだけどこのケースの後方スペースは高さがあるので、通常の大きさのボードでも入るようになってます もちろんあまり長いのは無理ですけど。

そして 四苦八苦しながらようやく配線のよけてマザーが乗った土台をひっくり返して付けたんだけど、引っかかっているみたいでしっかり閉まりません。

邪魔していた配線はすべてずらしたのになんで?

強引に押しこもうとしても入っていかないので、何かが邪魔していることはたしかなので押しながら覗いてみると・・

Groboout

あっ! グラフィックボードが手前の段差に引っかかってるじゃね~か 

なんだよ~ ロープロファイルだからそんなに長くねーのに・・

これが入んないんじゃほとんどのグラボ無理じゃん 

このケースの手前部分はキーボードを配置できるようにスペースがあります。

Case1

なので手前の部分のスペースが使えないのでかなり短い基盤のボードでないと無理みたい・・

チューナーは基盤自体が短いので大丈夫だからグラボを外せば搭載可能なんだけど、このマザーはG41のアナログ端子しか付いてないので、外したら地デジが見れなくなってしまいます。

仕方ないのでこのケースへの移植は諦めることにします 

ということで この前まで使っていたけど現在は空いているAntecのNSK2480に移植することにしました。

いやあ~ さっきのsmart SC120Dに比べると取り付けが楽チン 楽チン 

Nsk1

3分の1くらいの時間で組み上がりました。

自分は頻繁にパーツやケースの組み換えを行うのでこういうメンテナンスに優れているケースでないとダメだね 

けど 何故最初からこのケースにしなかったかというと、このケースはsmart SC120Dほど横幅はないけど奥行きがあるので置いている机の手前のスペースが狭くなるのと、モニタを設置したいケース後方には通気孔があるので手前か横に置くことになりバランスが悪いから、違う使い方をしようと思ってました。

Nsk3

まあ 手前のスペースの問題は我慢するとして モニタの設置位置はまた考えるとしよう。

ということで NSK2480をテレビパソコン用ケースとして使うことにしました。

Nsk2

ビデオデッキっぽいフォルムなのでテレビ用には合ってるよね 

やっぱりAntecのケースはいいね 

それに比べてAbeeのケースはダメだな・・・ 

グラフィックボードを付けて使うようなケースではないと言ってしまえばそれまでだけど、使えないならもっとコンパクトなケースにした方がよかったんじゃないのかな

なんといってもマザーボードを裏返しに搭載するというのが一番最悪だよな

それにしても何に使おうかな コレ

自分が所有しているパソコンはすべてグラフィックボードを付けていて、このケースに収まるような短いボードは1枚もありません。

だから オンボードで使うしかないな・・

となると オンボードでもある程度の性能があるAMD785Gくらいかな このケースで活用できそうなのは

Abeeって日本のメーカーなんだけど、イマイチなケースが多いよな

アルミでえらくバカ高かったり、フロント吸気が下にあるケースが多く、このケースも下から吸気するようになってます。

フロントファンが付いているケースに比べるとエアフローの効率がかなり悪そう。

もうAbeeのケースに手を出すのはやめておこう

やっぱり自分はAntecだな と実感した今回のケース交換でした。

現在Antecのケースは5台も所有しているし、これからもAntecのケースは買おうと思う。

それだけに Antecショールームの閉鎖が残念でならないね 

| | コメント (0)

NineHundredのファンが壊れた?

NineHundredに収めているパソコンを見てみたら、フロントファンが動いてませんでした。

ブルーLEDは点灯していたので気付きませんでしたが、ファンが回転してません。

外してコードを整理したり、電源プラグを繋ぎなおしても回りません 

P1020490

ファンが壊れたんだろうと思い付け換えようとしましたが、試しに掃除してもう1度試してみました。

それほど使っていないマシンなんだけど結構埃が溜まってるなあ・・

P1020496

とりあえずエアダスターである程度飛ばして、ティッシュできれいに拭きました。

おお~ 結構キレイになるもんだなあ 

P1020498

そしてダメ元で繋いで電源を入れてみると・・

P1020491

回った~  \(^o^)/

埃が原因で回らなかったみたいです。

けど 回らないほど溜まっていたようには思えなかったんだけど

やはり NineHundredのような通気孔が多いケースはマメに掃除した方がいいみたいですね。

うん NineHundredのフロントファンは二つ回ってないとね 

P1020499

このNineHundredはお気に入りで2台使ってます。

もうかなり古いモデルだから最近安くなってきましたね。

けど 冷却性は抜群なのでもう1台くらい買ってもいいかな

とにかくファンが壊れてなくてよかったです。

回らなくなったら まず掃除だな・・ 勉強になりました 

| | コメント (2)

HAFの新モデル HAF 912 Advanced

CoolerMasterのHAFシリーズに新モデルが登場しました。

HAF 912 Advancedというモデルで、今まで出たHAFの中で一番小型になります。

Haf912_2

CoolerMaster HAF 912 Advanced詳細ページ

廉価版という印象だけど、”High Air Flow”の名を受け継いでいるだけあって強力なエアーフローは健在のようです。

リアに120mm、フロントとトップには200mmの大型ファンを搭載してます。

トップに200mmのファンを搭載しているのはよく見るけど、フロントまで200mmのファンを採用しているケースはそれほど多くないと思います。

昨日早速ショップで覗いてきました。

P1020465

デザインはフロント両脇のブロックのような凹凸が以前のモデルより突き出た感じになってます。

印象としては安っぽくなった感じ・・ まあ これは好き好きでしょう。

大きさもHAFシリーズの中では最小だけど、元々HAFって大きめのケースなので 他のメーカーのミドルタワーよりも小さく感じるということはなく”ゴツい”という印象は健在でした。

けど その横にHAF-Xがあると見劣りしてしまうね・・

P1020466

けど HAF-Xは3万円くらいするので、これに手が届かないけどHAFが欲しいという人には良いんじゃないかなと思います。

もちろん自分もHAFというケースが好きなので、新しく登場したHAF 912 Advancedには注目してます。

まだ出たばかりなので16000円くらいだけど落ち着いてくれば1万円を切るかもしれないので狙い目です。

icon icon

| | コメント (0)

Lian-Li &Lancool EXPO 2010 その2

Lian-Liは新しいイメージキャラクターを採用したようです。

ロングヘアーのリン・リーと

P1020379

ショートカットのリン・ランです。

P1020383

最近はこういった少女キャラを採用するメーカーが増えたような気がします。

この前のリンクスのイベントで発表したMSIも少女キャラだったし

そして 今回も早組みのプレゼンがありました。

去年は比較的組み込みが楽なPC-K62だったけど、今回はちょっと面倒な蜘蛛型のMINI-ITX用ケースのPC-T1です。

P1020406

最初は小さいので簡単なのかと思ったけど、バラバラの状態から組むのんでかなり大変そうです。

やはりスタンド部分になる足が一番面倒そうでした。

P1020419

パーツが小さい分ネジ穴が大きく露出してないから、穴に入れるのも一苦労だろうな・・

序盤の様子を見てかなりかかるだろうなと思ったけど、さすがは組み込みのスペシャリスト 足を組み上げるとどんどんスピードアップしていきます。

P1020429

結果は21分26秒 大方の予想は30分だったけど、予想よりもだいぶ早く完成しました。

P1020442

しかし このケースの組み込みは大変そうでしたね。

この蜘蛛型のケースは少し興味があったけど、これを見たら興味が薄れました 

絶対買うことはないだろう

この蜘蛛型のラジコンもありました。

P1020447

よく出来ているけど パソコンとは関係ないよね (*^_^*)

ということで Lian-Li &Lancool EXPO 2010はこんな感じで期待通りの楽しいイベントでした。

来年も開催する予定らしいので楽しみです。

自分もLian-Li のケースを1台だけ持ってます。

Imgp1180

PC-A70という古いモデルですがE-ATXまで搭載できる大きさでフルアルミのボディなので、現在は組み込んでいないけどお気に入りのケースです !(^^)!

2lianli_2

| | コメント (0)

Lian-Li &Lancool EXPO 2010 その1

PCケースメーカーのLian-Liのイベントがカフェソラーレで開催していたので覗いてきました。

ケースメーカーだけあって色々なタイプのモデルがありました。

P1020341

  P1020364

P1020340

Lian-Liのケースというと、こんな感じで大きめのタワー型ケースのイメージがあります。

けど コンパクトなケースも種類が豊富でした。

P1020346

MINI-ITX用のキューブタイプもありました。

P1020393

自分の好きなHTPCタイプもあるんですね デザインもなかなか 

P1020356

SilverStoneのGD04に似てますね まあ HTPCはどこも似たり寄ったりか・・

今回の注目の新製品はPC-K63です。

P1020374

これはPC-K62の後継モデルなので、Lancoolブランドということになります。

丁度隣にAMDバージョンの赤いK62があったので比べてみると、K63がだいぶ丸みを帯びたデザインになりました。

P1020361

幅は同じだけど、奥行きと高さが大きくなってます。

なので 内部の作業もしすくなっているようです。

P1020370

去年のLian-LiのイベントでK62の早組みを見た時に、”なんて作業しやすいケースなんだ”と思ったけど、そのK62よりもやりやすいなんて・・ いいなあ 

値段的にもこの辺が一番狙い目でしょう。

このK63が出たことによってK62が安くなりそうだから、K62狙いもいいかも

けど このイベントの展示モデルで一番欲しいと思ったのはコレです。

P1020353_2

PC-V2120というサーバータイプの大型ケースです。

大きいので下部にはキャスターが付いてます。

このケースは現在市販されている一番大きいHPTXを搭載出来ます。

P1020400

HPTXというとEVGAのClassified SR-2ですね。

270wsw555a1_md_1_2

このClassified SR-2を搭載できるケースってあまりないから貴重です。

これくらい大きくなるとケースというより小さいタンスだね (*^_^*)

P1020349

2lianli

| | コメント (0)

Antec NSK2480

以前から欲しかったAntecのPCケースのNSK2480をようやく手に入れることができました。

P1000891

このケースでテレビパソコンを組んでみたいと思っていたので、念願叶ったりです !(^^)!

展示品を安く売ってもらったので、傷や汚れはありますけどね。

内部は使っていないのできれいです。

P1000892

標準で12cmファンを2基搭載しているので、薄型のケースにしては冷却は優れてそうです。

P1000893

そして なんといっても80PLUSの380Wの電源が標準で搭載されているのは嬉しいです。

P1000894

自分が持っている電源ユニットはほとんど500W以上だけど、テレビ用に使うから380Wもあれば十分です。

念の為、電源チェッカーで調べたところ問題ないようです。

P1000897

さあ 念願のNSK2480のテレビパソコンを組んでみます。

現在PT2を付けて使っているAMD785G+AthlonX2 240の構成をそのまま移し換えました。

まずは光学ドライブからです 少しずらして上にあげると簡単に取れるようになってます。

P1000902

フロント部分はシルバーなので、シルバーカラーの光学ドライブに換えたんですけど、IDE接続のドライブなんですよね・・

P1000901

P1000903

このケースはマザーボードと光学ドライブのスペースはフレームで仕切られていて、フレームの穴から通してマザーボードに繋ぐんだけど、穴が狭いのでIDE接続ケーブルは横幅があるのでちょっと邪魔です 

P1000920_2

まあ 最近はIDE接続のドライブを使う人はあまりいないと思うけど、このケースはSATAのドライブを使った方がいいと思います。

次はハードディスクです。

ハードディスクは縦に搭載するようになっています。

P1000918_2

なので 上と下でシリコンブッシュを付けて特殊ネジで取り付けるようになってます。

下はひっくり返さないと付けられないのが不便だね。

P1000900

そして マザーボードを取り付けてパーツの移し替え完了です。

後は配線廻りですが、先ほど述べたIDEケーブルを使わなければすんなりいくと思います。

P1000907

これで ようやく完成です。

P1000905

いつものごとく配線はゴチャゴチャだけど気にしないでおこう (+_+)

そして いざ起動!  けど OSが起動しない  ”え! なんで!?” と思ったら

ハードディスクの電源ケーブルを繋いでませんでした ちょっと焦った~ 

気を取り直して起動してみたところ無事起動しました。

冷却に優れているSuperFlowerのSF800/RRからの移し替えだったのでかなりの温度差が出るかと思ったけど、地デジを視聴するくらいならほとんど変わらないです。

Nsk2480temp_2

まあ AMD785のオンボードで視てるからグラフィックボードの余計な熱が出ないし、動画再生支援機能のおかげでCPUの負荷も30%前後だから変わるわけないか。

それと このケースのエアフローと右サイドの2基の12cmファンも効果が出てるんだと思います。

けど もっと負荷をかけるとSF800とでは差が出るだろうけどね。

ということで 念願だったNSK2480のテレビパソコンが構成できたので満足です !(^^)!

パソコンっぽくないビデオデッキのようなこのフォルムがいいんだよなあ~ 

P1000913_2

唯一不満といえば このケースの上にモニタを置いてテレビを見ようと思っていたけど、上のカバーの通気孔を塞いでしまうので、横にずらして置くか別々に置いた方がいいみたいです。

P1000915_2

P1000922

この点が誤算でした このケースはラックのように別の段に配置して使うことを検討しようと思います。

| | コメント (0)

Antecショールームの閉店

11日にAntecのショールームが閉店しました。

Imgp0634

このショールームは代理店のリンクス・インターナショナルが経営していて、AntecのPCケースを触ってモデルを確かめることができる貴重な施設でした。

それにスタッフの方が親切に詳しく教えてくれました。

展示しているだけで直接販売しているわけではないのに、ショップよりも丁寧に対応してくれるのでとてもありがたかったです。

自分もエアフローやパーツ配置の相談に乗ってもらってかなり役立ちました。

なので このAntecショールームの閉店はものすごく残念です 

連休には閉店イベントをやっていて、これで最後なので行ってきました。

イベント内容はサイン会やスライドショーなどがあって、最後だけあって大勢の人が詰め掛けてなかなか中には入れませんでした 

やっとこ入ると寄せ書きコーナーがありました。

Dsci0048

Dsci0052

せっかくだから自分も描いておきました 

スライドショーはここのマスコットキャラクターのアンテッ子の今までの歴史みたいなのを流してました。

Dsci0033

原画も流してましたね。

Dsci0015

Dsci0025

それから サインって色紙にするのかと思ったら、みんなケースのカバーなどにして貰ってましたね。

記念に自分もNineHundredかP183のカバーを持ってくればよかったかな (*^_^*)

Dsci0054

そして なんといってもほとんどの人の目当ては景品争奪ジャンケン大会でしたね。

展示してあったケースやポスター、小物などが景品でした。

ケースはまたジャンク品として販売するのかと思っていたけど、すべて無料で放出とは太っ腹だね

Imgp0628

こんな流れで面白いイベントだったけど、それ以上にショールームの閉店が残念で仕方ないです。

ここのショールームではケースに関することがいろいろと聞けたし、ケース自体の販売はしてないけど付属品は販売していて非常に助かりました。

それと ジャンク品として安くケースを売ってもらったり、夏にリンクスがGIGABYTEの取り扱いを終了したのでジャンク品としてマザーボードも破格の値段で放出してました。

ジャンク品といっても取扱をやめてサポートができないから安く放出するだけで、自分が購入したのは中身は新品だったので現在元気に稼働してます。

こんな感じでショールームにはいろいろな面でお世話になったので

とにかく ”ありがとう” と言いたい

出来れば復活して欲しいな 

Imgp0631

| | コメント (0)

SilverStoneの新製品発表会・2010秋 その2

今回のSilverStoneの新製品はおもしろいデザインのモデルがありました。

P1010403

FT03というモデルで、形は・・ まさにごみ箱? 

上部も蓋みたいなので一層ゴミ箱感が・・

P1010405

蓋を開けると・・ ちゃんとしたパソコンのインターフェースになってます 

P1010406

このケースは上部が通常のケースでいう背面にあたります。

通常のデスクトップだと背面から配線などがたくさん出ていて、その分スペースが多く取られているので、

P1010485

上から出すことによって省スペースで使うというのがこのケースのコンセプトらしいです。

まあ 上からでも垂れ下っている分は邪魔になってスペースが取られるけど、背面よりはマシだろうな

右サイドにハードディスクなどのドライブを搭載するようです。

P1010408

3.5インチベイが3つとSSD用の2.5インチベイが1つあります。

フロントパネルを外すとこんな感じ

P1010411

ファンが斜めに搭載されてます 大き目のファンだからこういう配置になったんでしょうね。

左サイドからはグラフィックボードが見えます。

P1010414

これはRADEON HD5850です ケース自体に幅はないけど高さがあるので、縦に搭載するからこんな大きいボードも付けられます。

なかなか興味深いケースです 発売されて店頭に出回ったら話題になるんじゃないかな。

これはHTPCタイプの新製品ですね。

P1010400

これじゃデザインが解らないですね カバーをかけるとこんな感じになるケースです。

Ml03

このケースの特徴は車のタワーバーみたいなのが付いているのと、USB3.0のケーブルが付いてます。

写真の青いケーブルがUSB3.0のケーブルです。

そして RAVENの新しいモデルのRV03です。

P1010424

全モデルのRV02から細かいところが改良されたようです。

P1010467

それと このケースも裏側にハードディスクを搭載できるようです。

P1010471

フロントベイにも搭載できるので合計10個の3.5インチハードディスクを搭載できるようです。

P1010479

すごいなあ・・ でも そんなにハードディスクを付ける人は滅多にいないだろうけど (*^_^*)

このケースも背面のI/O部分を上部に持ってきてます。

P1010398

なので グラフィックボードも当然縦配置です。

P1010399

このRV03もカッコいいよな 1度使ってみたいね。

P1010397

これらの新製品は来月末あたりに登場するらしいです。

それから 新製品ではないと思うけど、馬鹿でかいモンスターケースには驚きました。

P1010416

TJ11というモデルでサーバー向けのモデルだと思うんだけど、こんなでかいケースもあったんですね。

P1010401

このHD5850の三枚挿しもすごいなあ 

P1010421

こんな感じで久しぶりのSilverStoneのモデルを見た感想は 相変わらずこのメーカーのケースは豪快だなと感じました。

とにかく圧巻するケースが多いです 大きさだけでなくデザインやパーツの搭載位置も他のメーカーにはない独自のコンセプトを持ってますね。

自分はまだこのメーカーのケースを持っていないので、1台くらいは持っておきたいなあ

今まではHTPCタイプのモデルが一番欲しかったけど、展示機やプレゼンを見ていたらRAVENの方が欲しくなりました。

そういえば ビンゴ大会でまだ未発売のRAVENをプレゼントしてたっけ

P1010505

カッコよかったなあ  ホワイトっていうのがまたサイコー 

ブラックのケースに比べるとホワイトのケースって少ないし、埃も目立たないからいいんですよね。

P1010507

これが欲しくてビンゴ大会に参加したけど、全然ダメでした 

世界で1台のこのケース使ってみたかったなあ・・

いや 飾っておくだけでもいいね。

ということで 充実したイベントでした。

次のSilverStoneの新製品発表会も楽しみにしてます。

Silverstonelogo_2

| | コメント (0)

SilverStoneの新製品発表会・2010秋 その1

連休初日にカフェソラーレでマスタードシード主催のSilverStoneの新製品発表会をやっていたので覗いてきました。

P1010426

まずは展示品を物色 

電源から

P1010370

850Wのプラグインか・・ いいなあ これくらいの容量のプラグインの電源が一つ欲しいです。

これが今回の新製品の電源です。

P1010369

以前の大容量モデルは1200Wの80PLUS・GOLDだったかな?

今回の新モデルは1350WのSILVERです。

これはPCI-Expressだけでも16本あるんだっけ? 大容量だけあってケーブルの数がかなり多いです。

P1010441

自分が一番気になった電源はコレです。

P1010371

ファンレスの500Wです。

オールシルバーの電源も珍しいけど、上部はシートシンクに覆われているのでかなり重いです。

静音性を重視する人にはいいだろうけど、ファンはあった方がいいような気がするな・・

小物もいくつか出てました。

これはケースファンですね 大きいファンの方が欲しいな 

P1010377

これはUSB3.0のリムーバブルケースかな?

P1010378

これはSATAの6Gbps用のホットスワップベイってやつかな

こういう周辺機器ってあまり使わないからよくわからないな でも こういうのを活かすとパソコンがより便利になるんでしょうね。

さあ 気になるケースの方です。

キューブ型のケースです。

P1010383

MINI-ITXで組む予定はないけど、一つくらいは小型PCを作ってみたいなあ

これはHTPCことホームシアターパソコン用のケースですね。

P1010387

このモデルは店頭で見たことないんだけど、新製品なのかな?

HTPCケースもどんどん形がカッコよくなってくるなあ

自分はこういうタイプのケースが好きなのでテレビパソコン用に1台持っています。

パソコンらしくないオーディオっぽいデザインがサイコーなんだよね 

これはよく見かけるGDシリーズです。

P1010388

このモデルは比較的安く出ている時が多いのでお手頃なHTPCケースだと思います。

自分も1台くらい買っておこうかなと思っているモデルです。

これはオーソドックスなミドルタワーケースです。

P1010389

シンプルすぎて自分はあまり興味ないかな・・ でも トップにファンが付いているし、そこそこ使えるケースなんじゃないのかな

そして この展示しているケースで一番欲しいと思ったのが このケースです。

P1010384

FT02というモデルで、外観と内部構造のどちらも最高です 

P1010394

上部のカバーは外れるようになっていて、こんな感じになってます。

P1010393

下部には大型のファンが3基も搭載されてます。

P1010395

こんな感じで全てにおいて満足できそうなモデルで一目惚れしました 

それと 外観がシルバーやホワイトのケースって最近気になるんですよね。

P1010385

ケースは黒が多いので埃が目立つし、夏場は日に当たるところに置けないしね 

このイベントで展示してあるモデルで一番気に入ったケースです。

次は新製品に触れてみます。

Silverstonelogo

| | コメント (0)

Super FlowerのSF800RR/NPS

Super Flowerのケースを手に入れました。

Dsci0005

SF-800RR/NPSというモデルでその上にSF-1000というモデルがあります。

ホントはSF-1000が欲しかったんだけどね (*^_^*)

P1000555

このモデルは内部が真っ赤に塗装されています。

P1000558

ごく一般的なモデルで普及しているのかと思ったけど、いちよ限定モデルのようです。

Superflower

AKIBA PC-Hotline 「SUPER FLOWER SF-1000RR/NPSの概要 」

Super Flowerってなじみが薄いから知らない人も多いと思うけど、ケースと電源がメインのメーカーのようです。

Superflowermakersite

SuperFlowe メーカーサイト

メーカーサイトも日本語に対応していないから馴染みが薄いですね。

ファンももちろん赤色LED付きタイプで、フロント、リア、トップ、サイドと4箇所も標準で付いてます。

P1000560

とくに サイドパネルに付いている大型のファンが冷却効果をより高めてくれそうです。

サイドパネルにこれだけ大きなファンが付いているケースを使うのは初めてです。

P1000559

それでは 早速組み込み開始です

とりあえず光学ドライブから取り付けていって、このケースは手回し出来るプラスネジで各パーツを取り付けることができるので、ほとんどドライバを使わないで済みます。

P1000565

といっても 長く使うならしっかりドライバで締めておいた方がいいですね。

自分の場合は1ヶ月くらいで外してしまうので仮止めくらいで十分です。

外したベイのカバーにはフィルタが付いていました。

P1000562

これだと埃が入りにくいのでいいですね 安い割にはなかなか考えて作られてるなあ 

そして 次はハードディスクです NineHundredのようにベイごと取り外せるタイプですね。

前面にファンがくっ付いてます。

P1000561

P1000567

そして 他のケースに組んであったマザーボード一式と電源を付けて 組み込み完了です。

このケースは電源が下置きなので、CPUの補助電源がちょっと遠いですね。

P1000569

このマザーはオンボードグラフィックを使うからグラフィックボードを付けてないけど、大きいグラフィックボードを付けるなら延長ケーブルが必要になると思います。

自分は電源下置きの方が好きなので、こういうタイプのケースの方が好きです。

ちなみに電源はドライバでしっかり締めておきました 

さあ 電源スイッチを押して起動です。

自分が現在使っているケースはほとんどブルーLEDファンなので、シャーシとファンが赤い内部がどれだけ綺麗なのか楽しみでした 

P1000575

あれっ? 青い光が見えるぞ!? 

そうだ  このケースに付けた電源のファンがブルーLEDだったんだ・・ 

でも そのおかげでおもしろいイルミネーションになったな 

P1000573

意外とイケるかも 

まあ 近いうち電源だけ交換してみよう。

それにしても これだけ赤に染まるとすごいよな 

かなり豪華に感じます やっぱり キレイだな 

P1000577

でも 青は気分が落ち着くけど、赤を闘争心を駆り立てられるって云うけど

このケースを見てたらホントにキックの練習に行きたくなってきたぞ 

Kick1

今日は負ける気がしねーゼ  (ウソ)

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

Acer ASUS BTOショップ CPU GIGABYTE HPの新モデル Mac情報 MSI NEC故障レポート office2007 Office2010 PCケース PT2 windows 7 お得な情報 ごあいさつ アナログ機 アフィリエイト イベント イベント、フェスティバル インターネット接続 ウィンドウショッピング ウェブログ・ココログ関連 エプソン オンラインゲーム キングソフト グラフィックボード ゲーム サポートセンター ジャンク品 セキュリティ ソニー情報 ソフトの操作 ソーテック デュアルブート デルのお買い得情報 デルのサポート情報 デルの新モデル トラブル トラブル対策 ドライバ ニュース ネットブック ネットワーク ハードディスク バックアップ パソコン店舗情報 パナソニック フロンティア ブラウザ プリウスオンライン プロバイダ ベンチマーク ペンタブレット マイホームデザイナー マウスコンピューター マザーボード メモリ メーカーサポート情報 モニター レノボ情報 中古パソコン 今週のデルのキャンペーン 便利グッズ 内部清掃 初期設定 動画編集 周辺機器 地デジ用チューナー 富士通情報 故障・修理 新モデル 検証 設定 購入日記 電源 BTOカスタマイズ HPのお買い得情報 NEC情報 OS PCソフト PCパーツ Webサイト作成